ほうとうマイナーチェンジ

先月の八ヶ岳南麓行き。
ほうとうの恋しくなる寒い季節も終わり近いので、
またほうとうを買って帰ってきた。
なんだかちょっと違う気がしたので、以前の画像↓と較べてみた。
a0091680_1735630.jpg

。。。。違う・・・。
今度はカタカナでしっかり名前を主張。
a0091680_1736360.jpg

フジワラだとばかり思ってたら、フジハラだったんだぁ。
字体はどこかで見たようなテイストだけど、ま、いいか。
ほうとうといえば、これまで南麓の何店かで食べたが、また食べたいと思うことがなかった。
有名なほうとう専門店でも、散々待たされた挙句ぬるいほうとうを食べさせられて、
「もう絶対来ない」と心に誓った。
外で食べるほうとうは、茹で麺を味噌味の汁に入れて出しているのではないかと思う。
本来は、あらかじめ茹でずに鍋の中に生のまま入れるものだったと思うが。
以前、(中央道が勝沼までだった頃・・・古。)連休の大渋滞中の勝沼バイパスで入った店のほうとうは伝統の調理法だったらしく、結構美味しかった。
ただ、こうした調理はどうしても焦げ付きやすく、吹きこぼれやすくなるので、店で出すには不都合だ。
で、最近は茹で麺方式になるのだろうが、これでは全く別物になってしまう。
=ほうとう風味噌味煮込みうどん。・・・煮込んですらいないところもあったし。
あれでは生のほうとうを煮込んだときの、あのドロッとした味噌シチューのような味わいが全くなくなってしまう。
最近は甲州の家庭でも茹で麺方式なのだろうか?

筍とほうとうの鍋が並んでいた三月末の自宅キッチン。
a0091680_17363516.jpg
         春と冬が並ぶ季節
[PR]
Commented by おちゃ at 2010-04-08 11:46 x
おおぉ~~~っ!
このほうとう見ると、ブログがちゃたろうさんのか、yannさんのか
区別つかなくなるわ(笑)。
「うめぇ~から食ってみろし」・・・食いたいよ、私も。
正統的作り方は、元関西人で現神奈川県人かつ準信州人
なので、よく知りませんが、やはりしっかり煮込んでもらわないとねえ。

私がほうとうを外食で食べた数少ない経験では、
すごくおいしいのもおいしくないのもあった。
おいしくないのは、麺も野菜も崩れそうなものはあとから入れた
だけみたいな、なんとも味わいのないものだった。

やっぱ家で自分勝手に作るのがええな。
私も「味噌シチュー」風がええわ。

ところでこの画像の筍は別物なんでしょう?
Commented by yann at 2010-04-09 16:02 x
おおお、これはまさしくあのほうとう!
ここんちのシャチョーは若くてイケメンらしいですよ。
そう考えるとますますおいしくいただけますわよねー。
うふふふふふふふ・・・って、わし壊れてますか?
もう仕事つまっちゃって、今ちょっと息抜き中。
ほうとう食べたいよぅ〜。

ふっふっふっ、中央道が勝沼までだった頃をご存知とは、年バレバレですぜー姐さん。

ところで私もこの筍が気になるんですが?
Commented by chatadon-06 at 2010-04-12 12:14
おちゃさん、こんにちは
かぼちゃを入れるのが伝統らしいですが、わたしはちょっと苦手です。甘過ぎるので。
以前書いた豆乳キムチほうとうくらいまでの甘さがちょうどよいかと。

筍は、自宅最寄の西友で買った九州産。
かなり新鮮で美味しかったですが、煮てすぐ食べられるほどではなく、翌日まで煮汁の中でアク抜き待機です。
何気なく撮った画像を見たら、「季節の変わり目的画像だな~」と。で、ちょっと載せてみました。
でも、ほうとうに筍いれてもおいしいですよね。きっと。
じゃ、キムチチゲほうとうにはメンマいれたらおいしいのか?
と一瞬思いましたが、よく考えたら、韓国と中国、なので特に関連はないですねぇ・・・。
Commented by chatadon-06 at 2010-04-12 12:25
yannさん
イケメンなんですか?
イケ麺?・・・笑。

>年バレバレですぜー
え?なんで?
中央道、勝沼から先が開通したのは平成になってからだよ~。
知らなかったの?や~ね。
Commented by chatadon-06 at 2010-04-28 13:00
良い子の皆さん、すぐ年をごまかそうとするおばさんを信じてはいけません。

↑のコメントを読んだ夫は
あれ~平成になってからだっけ~?
とマジ悩んでおりました。
スイマセン。。。。
もちろん、はるか以前に開通しておりますデス。
by chatadon-06 | 2010-04-07 16:48 | 八ヶ岳 | Comments(5)