チチタケ?じゃ無いけど、ちちたけ

前月の八ヶ岳南麓。
巨大なキノコが生えていた。

a0091680_9562731.jpg
これが多分、カラカサタケで、
決してチチタケでないことは十分承知している。
でも、私の脳内ではどうしてもチチタケと呼んでしまう、ある理由がある。



傘が開いた2日目
少し浅黒いが、どう見ても乳房に見える
a0091680_9564812.jpg

更に傘が開いた3日目。
若返って少女の胸元。
a0091680_957367.jpg


          思いつく名はやはり乳茸。。。。

       自然の造形はなんと多種多様、千変万化。

結構大きい私の手(・・・汚れてる。汗)と比較してみた。
a0091680_1559476.jpg

       健やかに育った、大柄で豊かな胸の乙女らしい。。。
[PR]
Commented by yoas23 at 2010-11-04 21:08
例えが良いですね^^
確かに仰るように若い娘さんの乳房に似ています。
ちょっとササクレが目立ちますが・・・(笑)

これはカサタケですが、似ているのは傘ばかりではないのですね。
チチタケと言う名前を他に取られているので仕方無しにカサタケとなったのでしょう。
ご存知でしょうか?このきのこは食べられるきのこですよ。
Commented by おちゃ at 2010-11-05 00:01 x
これ、我が山荘の近くにいくつかありましたよ。
このおっぱいがですね、急速に開いて平らになって行きますね。
そうか、カサタケっていうんだ。
知らなかったなあ。
Commented by たまり(別荘ライフ管理人) at 2010-11-05 00:17 x
ちゃたろうさま、ブログのコメントありがとうございます。
もしかしてちゃたろうさまって、女性の方ですか?
うっかり男性かと思ってしまいました。大変失礼いたしました。
これからもよろしくお願いいたしますねー。

さて、とても大きなキノコですね。
こんなの見たらちょっと怖いと思ってしまうかも。
見ただけで毒にあたってしまうような気になってしまいます。
Commented by takibiyarou at 2010-11-05 07:48
このチチタケ、いや、カラカサタケ
よく出くわしますね、でもなんだか食べる気にはなれません
昔からテンプラやバター炒めにするそうですが・・・
生食は駄目なようですね
Commented by chatadon-06 at 2010-11-05 10:27
yoas23さん、こんにちは
見たときは、こんなに目だって大きいのに虫食いも無いのは毒?と思いましたが、帰ってから画像でぐぐって見たら加熱すれば食用なんですね~。驚きでした。
キノコってホント、ワカリマセンね。
かなり大きいから、一本で何人前、という量ですが、やはりこれからも食べないと思います。
yoasさんのように知識があれば、いろいろなキノコを楽しめるんでしょうけれど、私が毒が無いと確信が持てるキノコは、裏側に特徴があるイグチの仲間だけですので、キノコには手を出さないことにしています。
Commented by chatadon-06 at 2010-11-05 10:32
おちゃさん、こんにちは
何だか、そう思いだすと目のやり場に困る形です。
これが二つ並んで林の中にあったらどうしよう~~と悩むくらい。。。
もっと開いて平らになるとさらに若返って、幼女?

大きくって食べでがありそうですけれど、生だと毒、しかも仲間に大勢毒キノコさんが居て、これと似ているものも
・・・となると眺めるしかないですね。(でも恥ずかしい。笑)
Commented by chatadon-06 at 2010-11-05 10:52
たまりさん、コメントありがとうございます。

>女性の方ですか?

は^^い。女性、というか、おばさんです。
結構年季入ってます。
・・・夫一人、子供(社会人)二人・・・・
こちらこそよろしくお願いしま~す。


↑のキノコは巨大・・なのに無傷。
虫も喰わないってもしや毒?と思いましたが、何と加熱で食用になるものらしいです。(種類に確信はないですが)虫は加熱して食べませんものね~。
今年初めて見たキノコでした。

でも、生では毒だとわかっているのにあえて食べる方も居るのですから、キノコ採りっていうのは秋の特別な楽しみなんですね~。
以前、親に付き合って、山菜取りもきのこ採りも思いっきり楽しみましたが、今の私たちは、貴重な紅葉のこの時期、きのこ採りの時間があればあちこち行くほうが好みです。
Commented by chatadon-06 at 2010-11-05 11:07
takibiyarouさん、こんにちは
そちらには多いキノコなんですね。

昔、父がやたらにキノコ採りにはまっていた時期があり、近隣のキノコを「名人」に教わってとりまくってました。
ジコボウ、紫シメジ、黄シメジ、チョコタケ(ホテイシメジ)、カラマツタケ(?)、クリタケ・・・は私も採った記憶があります。
最近ではこのあたりのキノコはあまり種類も採れなくなっているという噂ですが、やはりこれだけ気候が変わってくると、キノコだって変わるのでしょうか。。
ともかく、あの時期でキノコ採り、山菜取りは堪能しつくしてしまった感じです。
当時は山奥だった周囲も、今ではすっかり開けてきましたし。
by chatadon-06 | 2010-11-04 09:41 | 八ヶ岳 | Comments(8)