生体防御反応

時折我が家にやってくる結婚披露宴のお持ち帰り花
こうして割り振ってムリヤリ持って帰らせれば、式場は処分費用が節約できるのよね~。
とへそ曲がりな考察はさておき、大体の花がしおれかかっていることが多い。
オアシスから抜き取って切り戻し、活けておいてもそのまましおれてしまう花も多い。
他の花は一晩の水揚げでピンとしたのに、この花は水が上がらず、しおれて一部乾燥してきている。
諦めようかと思ったが、この花が抜けると寝ぼけた景色になるので、何とか生き返らせたい。
a0091680_16535596.jpg

・・・そこで思い出したのが、レタスのしゃっきり感を取り戻す方法。
給食のおばさんが発見したそうだが、50度ほど、熱くて長くは手を入れられないくらいの湯に浸すというもの。植物に危機意識(?)を持たせ、生体防御反応的働きでピンとさせるらしい。
野菜では試してみたことがあるが、花ではちゃんと試して見ていなかったので、実験。
湯につけて10分ほどおいた。
枯れかけ状態は脱したようなので、このくらい戻れば上等かな?とまた花瓶に戻しておいた。
翌日・・・・
すっかり復活。
折れ曲がった花も、折れたままだが先まで水が揚がり、張りのある状態に戻り、そのまま咲き続けている。
a0091680_16541729.jpg


昨日は、どこのお宅の冷蔵庫にもある(無いだろ~)しなびたブロッコリーを湯につけてみた。
しっかりと張りのある硬さに戻ったので、茹でて食べたが、かなり歯ごたえのある食感だった。
防御反応でより固くなったのかもしれない。
またいつか、実験してみよう。


ここまで読んで、「熱い湯で顔のしわがのび、張りが出るのでは?」と思ったそこの貴女。

         実験レポートお待ちしております。。。

[PR]
Commented by Konatu_sw at 2010-12-10 10:45 x
>そこの貴女
アハハ、まんまと見透かされてしまったわ!
顔もさることながらお腹のたるみはどうしましょ!
レポートが入り次第、速報お願いしま~す。

今朝から暮れの大仕事、カーテンのお洗濯していま~す!
ちっとも暮れって感がしないので、無理やり年末感をあおっています。
Commented by ハート・ビーノ・グエル at 2010-12-10 23:49 x
>そこの貴女
アハハ、私も。
誰か!レポート!

ちなみに、脳のシワを増やすには何度のお湯に何分でしょう?
Commented by chatadon-06 at 2010-12-13 15:20
こなつさん、こんにちは
同じく、カーテンの洗濯、してます。
外は本降りの雨ダケド。
でも、唯一、今やる気が出るのはカーテンの洗濯なのデス。

雨降ってる日はカーテンの洗濯くらいしかしちゃいけないですよね?
雨の日に大掃除なんてね、間違ってますよね?
え?明日晴れたら?
・・・晴れの日には晴れの日にもっとふさわしい大事な「何か」※がある筈。(※すぐに適当な事柄が思いつかなかった。。。涙)

ところで、お腹のたるみ。。
そりゃもう、熱~~いお湯にちょっと浸かれば、もと通りのぴちぴちtっと張り詰めた若々しい脂肪が復活してくれますよ~~ん。
Commented by chatadon-06 at 2010-12-13 15:28
はびぐさん、こんにちは

でもネ、しわを増やす話ぢゃなくって、減らす話だから・・・。

脳の場合で言えば、水分たっぷりにふやかすって話になるのかも。。
(ふやけた脳って、私なんか追求しなくても既に・・)

「ふやかす」の逆を行けば「しわが増える」ってことだから、水分を控えたらいいのでは。
喉が渇いたら水でなくアルコール。。脳が脱水を起こすまで痛飲。
しわが増えても命が縮む・・・。
by chatadon-06 | 2010-12-09 16:30 | おぉ~! | Comments(4)