一分間の風景        

もう一度だけ風景画像にお付き合いを・・・。


いつものとおり、富士山を眺めながら八ヶ岳南麓を下り、甲斐駒ケ岳を正面に仰ぎながらインター入り口交差点へ到達。
甲斐駒の肩のあたりに真っ白な山頂が見えるが、南アルプスの何岳なのかサッパリわからない。
(誰か教えてクダサイ)
a0091680_11174943.jpg
ここから右折してインターに入り、ぐるっと回って東京方面に向かうと・・・
まず、ぐるっと回りながら八ヶ岳にお別れ。am 11:20
a0091680_2391832.jpg
本線に入ると茅が岳が近付く・・・まだ11:20
a0091680_2394243.jpg

正面は富士山・・・11:21
a0091680_2310711.jpg

右手には甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山、ちらっと北岳。南アルプスの峰々  11:21
a0091680_23102264.jpg

ほぼ一分間でぐるっと大パノラマを堪能。
山以外にも大規模太陽光発電所も一分以内。

さらにこの先、数分間南アルプスと並行して走り、
a0091680_23104254.jpg
茅が岳のなだらかな稜線の向こうに浮かぶ富士へと真直ぐ向かって急坂を下る。
a0091680_23112624.jpg

このあとはひたすら、次第に大きくなる富士山に向かい一直線。
甲府盆地の中で大きく中央道が「く」の字に曲がりるまでぐんぐん富士が大きくなる。

八ヶ岳南麓からの帰り道のお楽しみであると同時に、もう帰るんだという一抹のがっかり感を伴ういつもの風景。


八ヶ岳南麓や風景ばかりでツマンナイという方はこちらをどうぞ。
ツイッター上の癒されるパンダ画像
[PR]
Commented by たまり at 2012-01-19 01:25 x
ちゃたろうさん、こんばんは。
甲斐駒の左肩はアサヨ岳かもしれません。違っていたらゴメンなさい。
パッと山を見て名前なんて分からないです。登った事がある赤岳ですら、多分あれだと思う・・・てな感じです。
長坂はいいI.C.ですね。我が家は給油を兼ねて韮崎から乗ったり、勝沼から乗ったりしています。
ではでは。
Commented by chatadon-06 at 2012-01-22 23:09
たまりさん、こんばんは
こんなに沢山山が見えるのに、確信もって言えるのは、富士山ぐらい。。。
八ヶ岳だって、多分あれが赤岳。しかも見る場所が変わると、え?どれ?って感じだし。
周り中ぐるっと立派な山だらけなので、かえってどれがどれやら確信がなくなっちゃいます。。
赤岳、登ったことがあるんですね、いいな~。
いくら山腹とはいえ、下から見上げるのと、実際に高山帯を歩くのでは、次元がちがいますよね。。
(体力が無いので自力で高所に登ったことはほとんどないのですが。)

この頃はほとんど長坂ですが、通勤割引が100キロ区切りの時は、丁度100キロぎりぎりの韮崎インターを、割引時間が始まる朝6:00ジャスト!によく降りました。
韮崎もインターから真直ぐ南アルプスに下りていく際の雄大な景色が圧巻ですよね。夏の早朝の緑濃い姿が素敵でした。
by chatadon-06 | 2012-01-18 11:18 | 八ヶ岳 | Comments(2)