八月末の八ケ岳南麓:カンペキな抜け殻

抜け殻とはいえ、ヘビが嫌いな方はさようなら、また次回。




八ケ岳南麓の小屋にはヘビの抜け殻が多い。
なんだか知らんけど、屋根の上にそうとう長いものがあった年もある。

夫が、物置に私が喜びそうなものがある。と言うので早速取材に。

ほうきに絡まる細い紐。
これまで見かけた抜け殻は風雨にさらされてぼろぼろになってからだったが、今回はフレッシュ抜け殻(?)。
干し過ぎてぺらぺらになっちゃった干物のよう。
a0091680_1112960.jpg


わくわくしながら箒をひっくり返すと。。。。
わ~~いわ~~い。
a0091680_11124289.jpg

顔が!

ここまで見事に綺麗に脱げてるなんて、感動!!

しかも、見て御覧なさい、お立会い!
目、眼の部分。
ちゃんと透明な表層が顔の表皮と繋がってる。

近くで見ると飛行機の風防のよう。ゴーグルのガラス部分のよう。
a0091680_11133884.jpg

ワンピース。ひと繋がり。
ヘビが自分の尻尾を飲み込んでゆくとどうなるかは想像上の謎だが、ヘビの脱皮は現実に存在する謎だ。

うろこ模様の身体をしているのだから、表皮とか骨格とかマイナーチェンジで増やしつつ大きくなれば良いものを、何で一気に脱ぎ捨てて大きくなりたいのだろう。
昆虫のように変態するわけでなく、単にサイズアップするだけだから、そこまでしなくてもよいのに。

・・・古い自分を脱ぎ捨てて心身ともにリニューアル。
中途半端は嫌、思いっきりの心機一転したい性格だとか。


脱皮のメカニズムと必然性について。
これも調べたい宿題。。。あ~~時間がほしい。



にっこり顔の抜け殻ヘビ君、また来年、もっと大きな長い抜け殻を期待してるよ。
a0091680_11165954.jpg

(といってもオスなのだろうか?はたまた「年一脱皮」なのだろうか?謎は深まるばかり)
[PR]
Commented by おちゃ at 2012-10-07 06:04 x
蛇も皮を脱ぎ棄てながら、気持ちいい!とかすがすがしい!
って気持ちになるんでしょか。
それにしても見事ですね。顔のあたり、特に。
Commented by chatadon-06 at 2012-10-11 15:19
おちゃさん、こんにちは
きっと、やった~~。すっきりサッパリ。
って感じなんでしょうね。

今、画像を見返してみると、顔以外に開口部がなかったかどうか、確めなかったことに思い至りました。
腹部のどこかに開口部があったかどうか・・・。
確めなかった~~!  ・・・orz

口から脱げるんでしょうか?
やっぱり見たい、脱皮の瞬間。
Commented by ねいさん at 2012-10-12 20:48 x
わーっ 見たい見たい 爬虫類大好き!!
ところが 連れ合いが全くダメな人でして今まで何度も
かわゆい蛇ちゃんやかわゆいイモリちゃん(両生類もダメなんです)が GYA~~~という悲鳴のあとのどたばたで わが視界から消えたことでありましょうか。

と 自然を懐かしむワタクシです。
目下まったく動けません。
BY・・・・・お察しくださいませ。(泣)
Commented by chatadon-06 at 2012-10-17 18:26
ねいさん、お久しぶりで~す
…なのに超亀レスでご免なさーい。
<<(_ _;)>>

今度行ったとき、まだ完璧なままのこってたら、しっかり保存しといて、いつかお見せしますね!

私もどちらかというとカエルやイモリのような表皮柔らか系より、ヘビ、トカゲなどしっかりした手触りの爬虫類のほうが好きです。

あれ?そういえばトカゲって脱皮するんでしたっけ?
しっぽは切れるけど…。
この年になっても未だ知らない事ばかり。自然は楽しい発見満載のワンダーランドです。
Commented by chatadon-06 at 2012-10-17 18:30
続きです

頑張れ、ねいさん。
元気で介護しているってことは、自分が介護される時期まだまだ先なわけで。
私の場合、介護が終わった途端に自分たちが被介護に近づいてるとはっと気がついてしまいました。…orz

なんか、「子育て大変だったけど、思い返せば自分たちも若くて活力に溢れてた」…みたいな、物悲しさ。
by chatadon-06 | 2012-10-06 10:52 | 八ヶ岳 | Comments(5)