笹子トンネル 九月

今回、9人もの命が失われる大惨事となった笹子トンネル。

笹子トンネルは古いトンネルのせいか、高速道路の脇に立っている「キロポスト」(起点からの距離表示)がトンネルの壁に直接、記されている。
a0091680_1213860.jpg

途中には大和村と大月市の境も記されているのだが、暗さと速度でなかなか画像に撮れないことが多い。
7月に撮ったが、ぶれぶれ。
a0091680_1212345.jpg


だから何時も今度こそ、と助手席でカメラを構えてトンネルに入る。
9月中旬、上り線笹子トンネルに差し掛かると片側通行、速度規制中だった。
キロポストを撮りつつ、作業現場を通過。
a0091680_12135295.jpg


(このときは定期点検とは知らず、天井の水漏れとか、経年劣化の点検かな?と思った.。)
a0091680_12175986.jpg


この時点検に関わった方々はさぞ辛く、口惜しいをなさっていると思う。
....定期点検時に、きちんと危険を推し量れるような点検方法、点検マニュアルが在りさえすれば。。。
....ほんの80日前ころに、検査をしていたのに。。

でも、あななたたちのせいではない。
道路を造る時には後世の維持費や耐用年数もコストに含め、計画するのが当然だろうに、道路公団の時代から民営化後の今まで何十年間もの間、「万が一の事態は、今は起きない」と、素人にも予測可能な経年劣化の危険から眼を背け、とり憑かれたようにインフラのあくなき拡大にばかりお金をまわしたせい。

まさか30数年も前のつり天井の埋め込みボルトと接着剤がそのままとは。
・・・その部分は「造りっ放し」だったとは。。。


亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-12-10 14:16