夕暮れのタンチョウ

2014年6月の北海道 。。

湯沸岬灯台のようなテイストが素敵な花咲灯台。
a0091680_1834332.jpg

a0091680_183468.jpg



そして柱状節理の作り出した珍しい地形、根室車石を見てから納沙布岬へ向かう。
a0091680_1834137.jpg

a0091680_18341789.jpg

根室半島の崖の上には、先ほどまでより更に遠くまで平らな緑の草原。
a0091680_1834843.jpg


やはりここも、遠くに海が見える場所以外は、平らで広過ぎてとても岬の上の土地とは思えない。
緩やかな起伏は23年前に見た宗谷岬の上の氷河地形に似ている。

道産子の母子が何組も。
a0091680_18341394.jpg

a0091680_18341445.jpg


例によって予定より遅れ気味なので大急ぎで先端の納沙布岬と灯台を北方領土を望みながらまわり、コンビニで翌日の朝ごはんを買い込み、根室半島の付け根に位置する、今夜の宿のロッジのある風蓮湖へと向かう。
夕食はロッジの横のレストランで根室の名物料理、エスカロップ。
a0091680_18341955.jpg


細かいタケノコの入ったバターライスの上にカツ(この日食べたのは地元のシーフードのミックスフライも)がのり、しっかり味のドミグラスソース(?)がかかっている。
エスカロップの美味しさに幸せ気分のうちに、風蓮湖の向こうに夕陽が落ちる。
夫が湖の向こう岸の砂洲の先、夕陽の中にタンチョウの姿を発見。
a0091680_18342171.jpg



極上の味わいの名物料理と美しい夕陽の中のタンチョウ。
カメラのレンズが汚れていたのが残念だが、またしても夢のような北国の風景。
こんな風景にばかり巡り会えて良いのだろうか?
a0091680_18342212.jpg

(やはりこれ迄の人生、よほど良い子だったにちがいない。)


タンチョウは向かいの砂州を背にする場所に移動し、宵闇の中に沈んで行ったが、高緯度地域の夕暮は8時過ぎまで続き
a0091680_18342234.jpg

遠く斜里岳を浮かべる空の端はいつまでも鮮やかに燃え続けていた。
a0091680_18342498.jpg



明日もまたタンチョウが見られるといいな。
[PR]
by chatadon-06 | 2014-07-24 18:33 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)