八ヶ岳南麓、独り立ちの季節

7月中旬の八ヶ岳南麓。

巣立ちした雛が親鳥に着いて飛びまわり(と言うか親鳥のまわりをあちこち行き来する雛に親鳥がてんやわんやで餌をやる)姿をよく見かける。
親のそばにいれば概ね種類が分かるが、単独だとなんの幼鳥かわからない。
これは…どこの子?
a0091680_1125849.jpg

ちかくに居たのは
a0091680_11319.jpg



でも、少し離れて
a0091680_113491.jpg


はて….?
家族関係は。。。

別の日。
梅雨明け前の晴れ間に、いつかのシジュウカラのように「虫干し」らしい幼鳥。

呆気にとられるほどの
…とてつもない可愛さ。
a0091680_1132440.jpg




親子か、兄弟か?と思ったすぐ横のもう一羽は全く別の種類。
a0091680_1131822.jpg


一羽が飛び立つと、もう一羽もそちらを見てあわてて飛び立っていった。


翌日、たくさんの小さな鳥の声がだんだん近づいて来るのに気がつき探してみると、生垣の一部がさわさわとさざなみのように揺れながら次第に近づいてきた。
さざなみを起こしているのは幼鳥と言って良いくらいの若鳥たち。
シジュウカラやほかのカラ類、メジロ、エナガなど同じくらいの体の大きさの様々な種類の小鳥たちの集合体。
目の前の生垣と周辺の木々をあちこちつつきながら通り過ぎてゆく。
スポーツの応援席のウエーブのように小鳥たちの群れで生垣が揺れて行く。
生垣が途切れる場所まで来ると群れは林の中に広がりながらも、同じ方向に向かって去っていった。

冬の八ヶ岳南麓ではこうしたカラ類の混群を見かけるが、夏にメジロまで混ざった若鳥の群れを、見るのは初めて。
親鳥の後を追いかけていたヒナたちは独り立ちした(させられた)あとはこうして多種類の仲間とまとまって過ごす時期があるのだろうか?
a0091680_1132147.jpg



みんな、元気に生きて行って欲しい。
a0091680_1132337.jpg







[PR]
Commented by hi-vison_1103 at 2014-08-05 16:26
いい(T_T)
こういう写真、だーーーーいすき!
byくろべ〜
Commented by chatadon-06 at 2014-08-08 15:26
クロエさん、こんにちは。
巣立ったばかりの雛鳥って見るからに「雛々しい」ですよね。
よく撮れた画像で細部まで見ると、ほわほわの綿毛が頭の横っちょに残ってたり、くちばしの横に黄色いパッキンみたいな部分が残ってたり、可愛さ満載でした。
今ではもういっちょ前の若鳥になってとびまわってるようです。
可愛い姿はまた来年。
Commented by hi-vison_1103 at 2014-08-08 20:57
これは一眼レフ?
それともコンパクトデジカメ?
まさかのスマートフォン(^ー^0)
よく撮れてますね〜
byくろべ〜
Commented by chatadon-06 at 2014-08-10 13:27
クロエさん、これはコンデジ画像です。
昨年、それまで使ってたコンデジを壊し、次を買うまでのピンチヒッターとして修理代より安いコンデジをAmazonでポチしました。
ところがこのピンチヒッターが中々のヤツでして。
光学24倍ズーム(35mm判換算で25~600mmに相当)。
画質と色には少し不満があっても、ちっこくてバッグに突っ込める起動力は絶大です。
色はiPhoneの方が良かったり、液晶しか無いので外で見づらい、望遠で寄って行くときにどこ見てるか中々わからないのが難点。
でも、条件がよければ鳥さんが大きく撮れて可愛さがお伝え出来る、嬉しいコンデジです。
Commented by chatadon-06 at 2014-08-15 21:53
↑× 起動力→○ 機動力
by chatadon-06 | 2014-08-05 11:02 | 八ヶ岳 | Comments(5)