リスの夢…の続き?

前記事、「リスの夢」の続きです。
画像はイメージで、内容は(たぶん)事実とは異なります。



「爆睡だったよ。どんだけ大物だよ。」
…新人研修の後、先輩に揺り起こされた。
まさか、会社辞めて、いやニンゲン辞めて気持ちよくリスになった夢見てました、とも言えず、平謝り。

それにしてもリアルな夢だった。


目覚めた今も、人間の記憶の裏側に体の感覚としての「森の記憶」=鼻腔一杯に森林の香りを吸い込みながら緑の梢に向かって駆け上がり、青空の中をつぎの大木に向かって飛び渡る時の光景が焼きついている。
a0091680_1327119.jpg
巡る季節も
a0091680_13362820.jpg

静かな冬の森の、枝から落ちる粉雪のかすかな音もそこにある。
a0091680_13271599.jpg



もしかしたら、ホントに
さっきの夢の中でリスと入れ替わったのかもな、と苦笑い。
え?じゃ、今のオレってリスで、ホントのオレはリスの体の中ってこと?
こりゃいいや。
ホントのオレはもう会社に来なくて良いんだ。

…でも、そんな「夢の中のリスの記憶」も吹っ飛ぶ、待ちに待った昼飯。
研修中の昼寝とランチの後のコーヒーで頭がスッキリした。
いつもより冴えてる気がするゾ。
リスどころか(笑)、人間としてもかなり頭脳明晰なほうだぞ、きっと。

その証拠に、
何ヶ月も前のことが鮮明に思い出せる。


例えば…


雪の中、


あのカラマツの根元に






a0091680_1336275.jpg



クルミを埋めた時のこと、とか。



a0091680_1336276.jpg


。。。。。。。。。。!?

[PR]
by chatadon-06 | 2015-07-05 12:51 | …な〜んてね。 | Comments(0)