ダッチオーブンと二羽のローストチキン

書くのが遅くなってしまったけれど、今年のクリスマスの食事。

最近、「ばーさんがじーさんに作る食卓」という素敵なサイトを教えていただき、時々のぞいている。
このサイトが、11月に本として出版されたので、購入してあった。
一応全部目は通したが、どうしてもアウトドア系料理に目がいってしまう。
開くと最初にベーコンのページ。次にアウトドアストーブの出ているところ。
他にも様々な素敵な料理があるのだが、このパターンで見るのでなかなか他のページにまわれない。
しかし、時はクリスマス。   クリスマスといえばローストターキー。
おぉ!本には本格ローストターキーが載っているではないか。
ローストといえばダッチオーブン! 決まり!
材料を買い込みに行ったが、ターキーはダッチオーブンには大きすぎるのでチキンにすることに。
けれど、売っていたチキンはちょっと小さめ。絶対余ると思ったが、夫の気合で、2羽買うことに。
・・・今回の「本格詰め物入りロースト」の詰め物には、スパイスやハーブやレーズンがどっさり入る。実は子ちゃたAが、ハーブは苦手、レーズンが嫌いという困ったヒトなので、一羽は本格スパイシーに、もう一羽はスパイスとレーズン抜きということになった。
両方に共通の詰め物には、ホントはスパイス二種類入りのパンを焼いて使うことになっているのだが、うちは全粒粉の食パンにスパイス有り、無し、二パターンで対応。
ベーコン、りんご、パン、にんにくが共通で、子ちゃたA対応版はこれだけを詰める。
a0091680_14143299.jpg本格風はこれにスパイス、レーズン、等フルスペック(笑)。両方をダッチオーブンで作る時間がなかったのと、保険のため、「本格」をダッチオーブンで、「A対応版」をオーブンレンジで焼くことにした。
アウトドア料理大好きな夫のバックアップで、「上火を強くして、蒸し鶏風ではないこんがりロースト」を目指す。
下はIH。上は炭火。
a0091680_1414519.jpg待つこと70分で両方焼きあがり。急いでいたので、形を整えていなかったり、詰め物が多すぎてパンクしていたりしたが、おいしそう。                 オーブンレンジ→
ダッチオーブン↓もちゃんと焼色がついている。a0091680_14151638.jpg
旨みはやはりダッチオーブンの方がある気がするが、「スパイス抜き」もとても好評だった。
私はスパイスのたっぷり入った「これぞ異文化の香り」の本格派がとても気にいった。
今回は、「どうせ入れるのだから」と結構たっぷりスパイスを入れたが、もう少し控えめの、隠し味風にするとまた違った美味しさに出会える気がする。
次はベーコンに挑戦!!・・・だそうです。

キッチンダッチオーブンには、キャンプダッチオーブンのような蓋のふちの「立ち上がり部分」がありません。炭を載せるために中華なべ用の五徳を載せて使っています。
              
[PR]
Commented by 4seasons-kurumi at 2006-12-28 11:08
うをぉおおっ
美味そうですね!!
ダッチオーブン・・・欲しいと思いながら収納する場所がないので なかなか手に入れることができません。
後かたづけがな~・とか、手抜きばっかりの食卓では やはりダメですね。
やってみたい・・・・。
でも台所狭い・・涙
Commented by cinonos at 2006-12-28 21:58
箸持って遊びに行きます・・・(笑
Commented by chatadon-06 at 2006-12-29 00:36
4seasons-kurumi さん
来年のクリスマス、サンタさんに頼んでみたら?
きっとサンタさんが車のトランクから5.5キロの鉄鍋をこっそりとり出して、抜き足差し足階段を登り、眠るあなたの枕元に立ち、・・・・ってホラー映画みたいだけど。
正直、後片付けは大変です・・・。収納も。
でも、やっぱり良いです・・・
Commented by chatadon-06 at 2006-12-29 00:40
シノッチ
最初はナイフで切り分けて、なんてしようとしてたんですけどね。途中から手づかみ、手むしり状態になりました。
うちは食べ物争奪戦がシビアだから、箸持って待ってたらきっといつまでも食べられないよ~。
by chatadon-06 | 2006-12-27 15:00 | お気に入り | Comments(4)