バイオリンの根性

a0091680_10134749.jpg
バイオリンの中には魂柱、と言う名の柱が立っている。
構えたときの右手側、f字型の孔の横にあり、のぞくと良く見える。
バイオリンの音を左右する重要な役割を担っているが、固定してあるわけではなく、表裏の圧力で挟まれて立っている。
楽器の神髄・音をつかさどる魂の柱。確かにその通りなのだが・・・
魂柱の読み「こんちゅう」と、漢字の見た目「魂の柱」。
どちらもなんだか西洋音楽とかけ離れた印象がある。
根性、気合、精神、押忍(オス!)、こんな熟語たちの仲間に見える。
以前、何気なくバイオリンの修理価格表を見たら
「魂柱立て直し」と書いてあった。うぅ・・・益々根性主義な感じが・・・。

私の頭の中では「根性叩き直し」とオーバーラップ。
「その魂柱、立て直してやる~~」と怒鳴る声が聞こえる。
・・・で、「根性見せんかいー!!」と脳内妄想は続く・・


(御存知でしょうか、テレビCMでパチンコ玉の特訓もの。
「山あり谷ありだぞ~!」と叫ぶ鬼の教官。これが↑の脳内イメージぴったりデス。)

a0091680_103971.jpg
魂柱を持つであろう、ウチの他の楽器を調べてみる。
勿論他のバイオリンにも、ビオラやチェロにも魂柱は在った。
ちなみにギターにはない。→
ギターの構造はバイオリンの仲間とはかなり違う。
普通サイズのバイオリン(子ちゃたのです)
a0091680_1024227.jpg

a0091680_10241794.jpgこれは私が、ほんの一時期使っていた
八分の一サイズのバイオリン
・・私の、と言っても私がレッスンを受けたのは
幼稚園に入る前。
しがないサラリーマン家庭のささやかな願いは私が「バイオリンを弾くお嬢様」風に育つことだったらしい。・・・この私にバイオリンを習わせたいとは向こう見ずなことをしたものだ。キャラ違いも甚だしい。当然、一年ほどしか続かなかった。
いつもレッスン中に弾きながら(もちろん立ったまま)居眠りをするという離れ業で母を赤面させていたらしい。仕方がないので後ろからおしりをつねって起した母・・。(笑)
今でもこのバイオリンを見ると、(たぶん、朦朧としながら見ていたであろう景色と思われる)、窓から見下ろす角度の、御茶ノ水から駿河台下へ続く坂道の路面が脳裏に浮かぶ。
思えば、あの時弾けるようになっておけば、どんなに今が楽しかったろう。
でも、私は眠くなるようなことを我慢して続けられるほど聞き分けの良い子ではなかった。
きっとちょっとだけ「魂柱の捻じ曲がった」子だったと思う。

a0091680_10463326.jpg・・・孔が小さくて見にくいが、長い年月を経た今でもこの小さなバイオリンの魂柱はちゃんと真直ぐ立っている。
一方、私自身の魂柱は幼い日々からずっと、ちょっと捻じ曲がったままらしい。
もしかしたらあの幼い日々に「立て直し」していたら、もっと素直な子になっていたのかもしれない。でも私は、傾き捻じ曲がりながらも「独自路線」な私を支えてきたmy魂柱の根性に拍手を送りたい。
人の心の魂柱にはいろいろな角度や位置があって、それぞれが違う音色を支えているのだろう。

コントラバスの魂柱は相当大きく強力だろうな~。
立て直そうと挑む者は、返り討ちにあわないようにそれなりの覚悟が必要に違いない。

[PR]
Commented by Juntax at 2007-05-11 13:12 x
バイオリン、弾けるってすてきですよね! 私の知人は40歳頃から習い始めました。最初はノコギリの目立て作業のような音を出していましたが、今はやりの鈍感力で乗り切り、結構聴けるようになりました。幼児の素養は必ず生きますので、好きな楽器に巡り合うといいですね!
Commented by 4seasons-kurumi at 2007-05-11 17:16
相変わらずオチが小気味良いですな♪
・・とここまで読んで、
「コントラバス」が「コントバランス」に見えた私って・・・
Commented by Konatu_sw at 2007-05-11 19:40
ちゃたさんの魂柱はすてきな人生の音色を奏でているではないですか。
「三つ子の魂 百まで」これは私のあの「電信柱のかみなりさん」のおばあちゃんがよく口にしていた言葉です。
みんな親から一枚しかないけれど素敵な楽譜をもらって人生を奏でているのですね、大いに楽しみましょう。
そしてこれからも素敵なブログで楽しませてくださいね。
ちなみに私のバイオリンの魂柱は随分前からス~~、ス~~と音を立ててあの空間を楽しんでいます。
Commented by paw-a at 2007-05-11 20:18
魂柱・・・・
それは、個性の柱でもあるのでしょうネ。
ちゃたさんの小さい頃・・・・ちょっと思いを馳せてみました。
こっくりこっくりしながら、バイオリンのレッスン・・・
や~めた・・・って言ってしまうことを、遠慮したり、戸惑ったり・・・・♪
優しくて、いい子です・・・・・*^-^*
Commented by chatadon-06 at 2007-05-12 22:29
juntaxさん、はじめまして。
他の家族3人は楽器を弾きますが、私はなかなか出来ません。
楽器を引くのにはちょっと左手が不器用すぎるようで・・・
なんでもいいから人とアンサンブルできるとほんとに嬉しいんですけれど。
もう少し先になるかもしれませんが、ぜひまた楽器に取り組んでみようと思っています。
応援をありがとうございます!




Commented by chatadon-06 at 2007-05-12 22:41
胡桃さん
「相変わらずの落ち」って、
まじめなおばちゃんブロガーに今後も更なる「落ち路線」を強要するような発言。ひどいわっっ(号泣)
コントバランス・・・ですか(爆)。さすが巨匠、シュールな脳内変換です。

Commented by chatadon-06 at 2007-05-12 23:00
こなつさん
どうも私は音符より活字の方が心地よいようです。
私の三つ子の魂にはおやつを食べながら本を読む楽しみがしっかり刻み込まれていて、その後の人生は本好きで運動嫌いでふくよか(笑)なものになりました。
今は○眼で本を読むのが遅くなってしまい、残るは食い気と運動不足。
目下ブログで皆さんが楽しんでいってくれるのが楽しみになっています。
これからもよろしくね。
Commented by chatadon-06 at 2007-05-12 23:11
cocoさん
バイオリンのレッスンはほとんど覚えていないんです。
眠かったことしか・・。でも、発表会の後で、舞台の袖に飾ってあった花と飾ってあったリボンを分けてもらい、とても嬉しかったのを覚えています。
・・・なんか可愛とこもあったじゃないか、自分。なんて思います。
Commented by kanon0719 at 2007-05-14 13:16
ふふふ、相変わらず冴えてますね、ちゃたろうワールド。
私、子供の時バレエを3ヶ月でやめました、あの時続けてたらいまごろは・・・・。
ちゃたろうさんの音楽魂は、文章にばっちり生かせてますよ!
Commented by chatadon-06 at 2007-05-15 10:29
香音さん
ありがと~。
最近、blogを書くのも楽しみの一つになりました。
わが身を振り返ると、何のスキルも資格もない、楽器も弾けない(泣)アルトの高音部も出ない、40にして取った免許もペーパードライバー(従ってゴールド)だし、「継続なくして力なし」って格言でも作れそうな人生です。が、そのことに特に焦りを感じることもなく
「それが何か?」「これでい~のよ自分」
と日々のんびり生きることが結構できるようになったこの頃です。
このように(え、何ナニ?どのように?)「おばさんの悟り」を開くと、今までの人生、何て不自由に暮らしてたんだろう、って不思議だったりします。
by chatadon-06 | 2007-05-11 10:12 | 何か変・・・? | Comments(10)