レバー・レバー!

zopf:鶏レバーとブロッコリーのミルフィーユ
・・・って感じの名前だったと思う。もちろん、珍しいので即買った。
a0091680_1784290.jpg

家族の評価は・・・
レバーとブロッコリーが入ってるパン。
ウン、レバーの味がする。・・・って当たり前だろうがっっ。
と言っている私も、レバーが入っているパン・・の味だと思う。
そのまんま、そのまんまな味。
その後、フォアグラはレバー味なのかどうか、レバー嫌いはフォアグラもキライかどうかについて暫し検討した。そう言えば子ちゃたどもにはフレッシュのフォアグラソテーを食べさせたことがないので、(うちのような庶民の食卓には普通、上らないと思うが)かなり「レバー寄りの味」だと思っているらしい。
一度食べさせて感想を聞きたいものだ。

鴨のフォアグラ
おりしも、夫と二人で出かけた帰り道、立ち寄ったレストランに「鴨のフォアグラ」があったので頼んでみた。
普通、フォアグラといえばガチョウのものを連想する。ガチョウはもともとは雁の仲間。
鴨より体がかなり大きいから、フォアグラも、どんとおっきい。
鴨だとどのくらいの大きさ、形なのだろう?
a0091680_17132353.jpg
鶏レバーより、それなりに大きいが、レバーな形が見て取れる。
レバー嫌いは形からしてちょっと引くかもしれないな~。
なすとズッキーニのソテーが敷いてあり、一緒に食べると絶妙。
子ちゃたよ、フレッシュフォアグラはレバー味などではなく、とろける脂肪の夢の味なのだよ。
・・・おいしいのだが、フォアグラの意味するところ(脂肪肝)を知っているので、精神的には微妙。脂肪肝へまっしぐら?という不安と裏腹の危険な美味
ふぐは喰いたし命は惜しし」などとテロップのように脳裏に警告表示が点滅する。
カロリー&コレステロールと天罰(笑)を恐れつつ、「半分こ」でちまちま鴨の脂肪肝を食べる善良な夫婦に、健康な未来を・・・。
その週末の体重と体脂肪率は、少し上がったのだった。。。。滝汗
[PR]
Commented by hiyasiame50 at 2007-11-15 09:03
わかります・・・・・・・
コレステロール値が基準値よりちょこっと高い私。
明太子も雲丹もいくらも 一口食べては悩む私。
モツ煮も 砂肝あえも大量に作るのに ちょこっと食べて箸をおく
けなげな私。。。。。。
くやし~~~~~。相方は肝機能が基準値オーバーなのにコレステロールは平常なのでぱくつくのであります。
肝機能二重丸の私はグビグビ飲んでいたら 今度は中性脂肪がっ・・・汗
Commented by chatadon-06 at 2007-11-16 10:51
ねいさん
わ^^い!コレステロール値仲間だ~~。(喜んでどーする・・・)
判って貰えますよね~。ウレシイ。
ウニとイクラ、明太子、鰻、おいしいものばっかりなのに~~~!!!
ビンボー人の味方・卵も!(フォアグラは高いからどっちでもい~けど)牛乳だって、小魚だって控えたら、骨粗少症が予防できないじゃない!
ど~しろって言うのよ! バンバンバン!(机叩いてる)
検診で「腹囲はね~アナタ背が高いからまぁ良いようなもんだけど、ちょっとね~」「コレステロール値は高いけど、善玉も結構高いから、まあねえ」と玉虫色のお話でしたが、書面では限りなくメタボに近い(片足突っ込んだ?)ような判定。
ああ、ウニといくらの二色丼、霜降り牛肉、コレステロールだらけのケーキ。「自己規制かけずに」思いっきり食べたい・・・・・。
昔っから「水飲んでも太る」体質だから、常に「食べちゃいけない」気持ちが背後霊のように付きまとってるのね。TVで見かけるギャル曽根チャンが巨大なデザートやカツ丼をおいしそうに食べてるのが心底羨ましい・・・。
Commented by taisho_k at 2007-11-16 13:45
うまそう・・・
でも、フォアグラって苦手(汗
レバーは好きなんだけどなあ・・・・

そうそう、解体したてのまだ温かいレバーって最高にうまいよ(爆
レバーは、時間と共に酸化していくから切り立てが最高にウマイのだ
Commented by chatadon-06 at 2007-11-16 23:18
junoさん
な、生レバーって一体、何の・・・・・?  汗
そー言えば焼肉やさんで一回だけ食べたことがある!笑
イヌイットの生活なんかに結構興味があるので、解体とか湯気の立つ生レバーたべるところとかTVで喜んで見て、いつか食べてみたいな~なんて思ってたこともあったけれど、年とともに消化能力や免疫力に自信が無くなってきたので、今ではこんがりおいしく焼いてからがいいな。
でも、ガッツリ食べちゃいけないのよね。・・悲。
junoさんぐらい「ガテン」な生活してればきっと、「食べても大丈夫」な体質になれると思うので、体鍛えて、パワフルな生活をして、いつかたっぷり食べてやる~~!
Commented by taisho_k at 2007-11-19 15:18
生レバーは「ウシさん」(爆
もう流石にアレだけの体の主を解体するのはイヤです

でもね、イヌイットの人たちとかもそうだけれど
生の方が消化にいいらしいよ
もちろん、量です、量 大量摂取したら体にはよくありません
「腹八分目」がよろしいのです

満足は人をダメにしますから!

モンゴルの人たちの羊の命の頂き方ってスゴイんだよ
「血」一滴も無駄にしない為に、お腹の皮膚を10センチだけ切って肉と皮膚の間に血を貯めてと殺するんだって
一度見てみたいと思いながら・・・・チャンスなし
「命」を無駄にしないで「ありがたく頂く心」が大切ですよね

ムリせず、自分のペースでゆったりと・・・・師走を過ごしたいです。
Commented by chatadon-06 at 2007-11-20 16:13
junoさん
牛・・・。
良かった~鹿とか熊とか、猪とかの生レバー想像しちゃった。

本当に全部食べるのがエチケット(なんか表現が変だけど~)よね。
ライフログにある「大草原の小さな家シリーズ」の他の一冊にも、ブタ一頭解体して全部使い切る様子が出てきます。(一番好きなところだったりします。笑)血も確かソーセージにしてたと思う。
若いときに(笑)、テレビで、極地の人たちは、ビタミン類、特にビタミンCの補給は生肉からしか出来ないこと、生のレバーは最高の栄養補給元であることを知ったとき、とっても感動しました。
そんな知恵が隠されている食文化や、理屈でなく、しぜんと「素晴らしくおいしいもの」として感じることが出来る人間という動物の生命力なんかに。
Commented by taisho_k at 2007-11-24 14:41
いつか遊びに来てくださいね
きっと、楽しい夜が繰り広げられるでしょうね(爆
想像・・・・

実は、私の根底にあるのは・・・「大草原の小さな家」
小さいときに初めて母親からもらった一冊の本がコレでした。
大人になってから、「大人買い」で全シリーズ揃えて(笑)
でも、途中で「父さん」から「父ちゃん」に変わったのはショックがデカかったっけ(笑

ローラのような生活はできないけれど
人間らしい生活に少しでも近づけるように・・・日々を大切にしたいと願います
Commented by chatadon-06 at 2007-11-26 15:36
junoさん
きっと遊びに行く!と夫に宣言(笑)してありますので。
その節はヨロシク。いつになるか判らないけど~。泣

私は「長い冬」が最初です。少年文学全集みたいなのに入っていて・・・。
だから、私の場合最初が「父ちゃん」で途中で「父さん」に変わった。
その時はやっぱり「別物?」って思った。笑
敬虔なキリスト教徒であるインガルス家とは違い、宗教的なバックボーンなど全く無い私ですけど、毎日知恵と力を尽くして自然の中で生き抜くこと、食と食物に工夫を凝らし真摯であること、守るべきもの為には (この本の場合は家族) 闘うことなど、読んでいて子供心に響く部分が多かったです。
でもやっぱり「食」に関する描写が多いのがこのシリーズの魅力でした。
他の絵本でも、児童文学でも、食文化って言うか、食べ物が出てくるものがとにかく好きでした。(三つ子の魂百まで・・・笑)
by chatadon-06 | 2007-11-14 17:03 | 食べ物 | Comments(8)