注意・・・・・すれば撃ってもいいの?

猟銃発砲事件で思い出した、八ヶ岳南麓の看板。
a0091680_15192238.jpg
周りに別荘、民家が結構あり、一面の田んぼの真ん中。
どっち向いて撃とうが、人間にあたる確率の方がはるかに高い気がする。
こんなところで実弾発射可能な銃を持って歩いているだけでも危険人物では?
なのに
a0091680_15195754.jpg
発砲注意・・・と書いてあります。
注意すれば撃っていいんだ・・・滝汗。
古い看板の外し忘れ・・・だと思いたい・・・。

続々このあたりに居を構えられる団塊世代を初めとする皆様。
くれぐれもご注意を。
[PR]
Commented by hiyasiame50 at 2007-12-18 08:50
多分 今でも撃ってよいのではなかろうか・・・
20年~22年ほど前にこのあたりやあのあたり 土地を探して週末通っていました。その頃は散弾銃?をもって猟犬を連れた人が歩き回っていました (~_~;)。
ちょっと西よりの富士見坂の北西の森のあたりに結構気に入った場所があって数回見にいったのですけれど 周りから犬の声と銃声が聞こえたので辞めました。
空気が澄んでいる冬だったこともあって もしかしたら遠くだったのかもしれないですけれどやっぱりちょっと・・・・。
今のところも家を建てた当時はいたちや雉がしょっちゅう庭にきていました。そのころ一度だけ敷地の中に猟犬とハンターが入ってきたことあるの。
囲いして無いからね。息子たちが小さい頃だったんで飛び上がりました。
家にたまたま入っていたからよかったけれど犬に飛び掛られたら一大事でした。



Commented by chatadon-06 at 2007-12-19 23:53
ねいさん
山の庭のゆりの根が掘り返されたりしてるので、鹿か猪か、何かは来ているらしいです。
ってことはハンターだっているかも・・・。汗。
もともとは、はきのこの季節が終われば、冬場の森には余り立ち入らないものだったでしょうから、ハンターは人がいることを予想して行動してはいないものなのでは?と思います。一方、この地に自然を求めてきた人は冬の森の散策をするでしょうし、ハンターがそんなに近くをうろうろしている何て予期しないでしょう。
うちも夏場に敷地内の地蜂の巣をごっそり掘り取られたことがありますし人が庭を走り抜けることも。蜂追いはご愛嬌ですみますけど、夢中になって周りがちゃんと見えなくなるハンターだっているんでは?
鹿も増えすぎて被害が多いらしいから、狩猟を許可するのは仕方がないのかもしれないけど、人が出歩かないところだけにして欲しい。
今シーズンは特別猟期が延びて3月までずれ込らしいので、気をつけてくださいね。
今じゃ小海線より下には冬場でも人が歩かない所なんて無いんじゃないかな~。
お役所さ~ん、今じゃ北杜市の山の中には沢山の老夫婦(笑)やら孫やら飼い犬やらが飛び跳ねてますよ~。

Commented by takibiyarou at 2007-12-20 06:26
おはようございます
ほんとに「鉄砲」は恐いです
家の近くは禁猟区なんですけど、それでもハンターはいます
なんででしょう
役場に電話すると、特別許可が出ているようです
そんなこと知らない私たちは、ノエルと一緒に散歩しています
熊と間違えられやすいノエルです、「熊ちゃいまんねん」のベストでも着せなければ危なそうです
だいぶまえですが、原村のすぐ下を車で通行中、いきなり銃を向けられた恐い経験もあり、この時期の散歩が気になります
遊びの猟はやめて欲しいです・・・
地蜂採りにも困っています
腐った肉や魚をいたるところに針金でぶら下げて
遊んだ後も回収せずそのまま帰ってしまいます
散歩でノエルが釣られます・・・
Commented by chatadon-06 at 2007-12-21 21:47
takibiyarouさん
黒ラブちゃんは仔熊に見えますね、確かに。
季節柄、ノエルちゃんは「トナカイのかぶりもの」で遠くからでも目立つようにすれば?などとイメージしてみましたが、「鹿」みたいで尚更危ないですね、却下。
「サンタさん」のほうが良いかも。

銃をむけられただの、近くで銃声がとか散弾が、なんて話は昔からあちこちであるようですね。
車に銃をむけられたんですか?狂気の沙汰ですね~。そんな区別も付かないなんて。
ヒートアップしやすい人には猟銃を持って欲しくない気がします。自然や生命に畏敬の念を持てない人にも。

地蜂とりも立派な伝統文化だとは思いますが、昔とは環境が違うという認識を持って欲しいですね。今では人気の無い山奥なんてそうそう在りませんから。
ましてや他人の庭に入って巣を掘りとって行くなんて言語道断。
(我が家には「盗られた」って悔しがる年寄りがいましたので尚更です。笑)
by chatadon-06 | 2007-12-17 15:00 | 八ヶ岳 | Comments(4)