電柱・電線観察

通りすがりにカメラを向ける怪しいおばちゃんを警戒する親すずめ。
…あらためて画像を見ると、本当に胡散臭そうに、雀夫婦が悪口言ってるように見える。笑。
↓この中に、巣が写ってます。
a0091680_162865.jpg
雛の声が聞こえるのでそちらを注視していたら、親が穴に入っていった。
いっせいに上がる「頂戴!ちょうだい!」コール。
口の端っこに黄色の部分のある、三角のクチバシが一斉にぱかっと開く様子が目に浮かぶ。
電柱が立ち並び、電線が我が物顔に上空を走る街の雀達。
このごろ瓦屋根が少なくなって、巣を作る場所に苦労してるかな?と思いきや、ちゃっかりと良い営巣場所を確保している。
a0091680_16292869.jpg
少し離れた場所では街路灯の金属パイプの下端から雀が入っていった。
日本中にこんな電柱や街路灯、どれくらいあるのだろう?
営巣「適」電柱の数×雛の数=??   巨大な数になりそう・・・。ぎっしり並んだ雛のくちばしを、一面に並べたら、どれだけの広さになるんだろう? 東京ドーム位にはなるのかな?少なく見積もってもテニスコート何面かにはなりそう。それだけでも
     壮観・・・。
もう少し経つと、親より大きな図体の仔雀が親について飛んで歩くようになるが、今は雛の声を頼りに巣のありかを探すことが出来るので、お試しを。
ちなみに今、ベランダに出てみたら、遠くから雛の「頂戴コール」が聞こえている。
巣はどこだろう?

電線やケーブルだらけの上空では、人間はどれがどれだか判らなくなるのか、USENと札が下がっているものがあった。
a0091680_16335332.jpg
のどかなところだからまだ少ないけれど、都会の真ん中では、縦横に走るケーブルをうっかり繋ぎ間違ったりしそうだから、そのうち上空が名札だらけになるかも。
[PR]
by chatadon-06 | 2008-05-26 15:43 | 通りすがり | Comments(0)