虫もハブられる?

仲間はずれにされることをハブられると言うそうだ。

八ヶ岳南麓の古小屋のメンテナンス作業に足繁く通う破目になり、とんぼ返りや突貫作業で息をつく暇もなく、温泉だけがのんびりできる時間の、山行きの日々。
スズメバチの巣はあれ以来掛けられなかったので一安心だが、蚊やブヨはあいかわらず居る。
殺虫剤が切れていたので、夫は手近にあったかなり古そうな虫除けスプレーを虫にかけ、
「コレ掛けられた虫は虫に避けられるのかな?」
と言っていた。
私もやはり殺虫剤の代わりに消毒用のアルコールスプレーを蚊に掛けてやったら、ダウンした。死んだのだろうか?でも時々ヒクヒクしているようにも見える。
アルコールで泥酔して居るのかもしれない。
八ヶ岳南麓にはハブられる虫千鳥足で飛ぶ(?)蚊がいるかもしれません。
a0091680_22354427.jpg


こちらは ↓ 自宅近くのホームセンターで。
ナイス蚊っち・・・なんと素敵な名前。
a0091680_22362168.jpg

電池式で電撃で蚊を倒せる(笑)らしい。
後ろ髪引かれる思いで通り過ぎた。
でも、使ってみたい・・・・・。もっともらしい購入理由がでっち上げられないだろうか。
[PR]
Commented by Mezzana at 2008-08-07 05:07 x
>コレ掛けられた虫は虫に避けられるのかな

ははは、本当ですね!観察…自分ではしたくないから
誰かチェックしてくれないでしょうかねぇ?(笑)。
でもムシヨケ-ルって…。

ナイス蚊っち…、も思わず汗かくネーミングですね 汗。
これ自体はイタリアにもありますが、もう少しテニスのラケット
みたいな形をしていて名前も普通だったように思います(笑)。

ちなみに「ハブ」は小学生のとき使っていました。
「あいつ、むかつくからハブね」みたいな(笑)。←今なら問題発言
Commented by chatadon-06 at 2008-08-08 22:39
虫ヨケール・・は、うちの子達が小さかった頃のかも。
今は無いかも知れません、こんな名のスプレー
(いや・・・あの小〇製薬にならあるかも・・・。もっとスゴイ名前のが)

ナイス蚊っち風のものがイタリアにもあるって事、夫におお受けで、爆笑してました。
日伊の男性陣(女性も?)がラケット振り回してちっちゃな蚊を追いかけるトコロ、両方想像すると楽しいです、確かに。
もしお互いの姿を見たら親近感感じちゃったり意気投合したりするかも。
ハブじゃなくってハグって展開。
by chatadon-06 | 2008-08-05 22:17 | 何か変・・・? | Comments(2)