恐るべし日本の技術 : 耐水ウォッチ

この時計、就職祝いに夫が買ってくれた。
既に〇十年物。
でもまだ、ちゃんと動き続けている。
時々↓のようなことになるが、それでも立派に時を刻んでいる。
シンプルで時計として必要なものは全部備えているので、動き続ける間は買い換えるつもりはない。
時折、このように水が入る
蒸気・・・レベルでなく、水滴で時刻が読み取れない位
二週間くらいで完全に水は抜けもとの状態になり、その間も何事もなかったかのように動き続ける。初めてこの状態に陥ったのは二十年ほど前。その後パッキングを替えてみたりもしたが、やはり水滴は内部につく。
でも、浸水(笑)しても壊れないとわかってからは、激しく水がかかっても気にせずつけている。

あ、いーのいーの、水入ってても。そのうち乾くから」

・・・古いといっても一応クオーツで、電池式だ。
内部の接点はどうなっているのだろう?想像を絶する丈夫さだ。

ちまたに防水時計は溢れているがそれは水が入らない、という意味で防水、だ。
この時計も購入当初、日常生活防水、だったと思う。

でも今では、水が入っても大丈夫、な時計つまり
耐水ウォッチなのだ、きっと。
はじめは、やわな防水性能しか持たなかったこの時計、幾多の試練に耐えて水に対する耐性を獲得し「耐水時計」に進化したと思われる。037.gif
a0091680_17201198.jpg

進化する時計。・・・・何十年も前に、
進化する機械を作り出した日本の技術力、恐るべし。041.gif

ついでに、大切な時計にたびたびの試練を与えて鍛えた、持ち主の勇気もたたえよう。(違うだろっ。)

画像は二週間前ですが、今日はカラッと乾いて元気に動いてます。偉い

[PR]
Commented by Mezzana at 2008-09-11 01:15 x
先日はわざわざURLのご連絡をありがとうございました♪
後日追記させていただきました。

ところで進化する時計!
進化させる(笑)持ち主!!
持ち主の期待にこたえてしまうところがまた可愛いですね。

でも写真を見ただけで水滴を拭きたくてむずむずむず…。
実物を2週間見続けるのは、せっかちな私には辛い試練です 涙。
Commented by chocodou at 2008-09-11 23:07
私は台所用タイマー付き時計(冷蔵庫にマグネットでくっつくのが特徴だった・・・がその部分は壊れました)を持っています。台所で使っているので、ある時洗い桶にボチャンと落として、完全に浸水したんです。もう捨てようと思ったけど、燃えないゴミの日まで捨てられずにそのままにしていたら、水が乾いて元通りに動いていてびっくり。絶対壊れたと思ったんですけど。その後もう1回水に落としましたが今も元気に動いてます。でもたった2回の試練ですからね。ちゃたろうさんとその時計に負けないよう幾多の試練も耐えて(与えて)みせます。
Commented by chatadon-06 at 2008-09-12 13:50
Mezzanaさん
確かに拭きたくって、むずむずしますよね。
。。。でも二週間の辛抱ですから。笑。
私も、ただ見てるだけじゃ我慢できなくなって振ってみるとか、軽く「とんとん」ぶつけてみるとかしたら?と思いましたが、考えているうちに
1水滴が端によってくる。
2真ん中の軸(?)の部分に水滴が集中する。
3真ん中と周りに分かれていく。
4その他のパターン
・・・など、いろいろ振って実験したくなってうずうずしてきました。
それじゃあさらに「過酷な試練」になりそうなので、中止です。

「蚊取り」画像、こちらも次のホームセンターネタの時にまたこちらの画像を載せてリンクさせていただきますので、その節は宜しく~。
Commented by chatadon-06 at 2008-09-12 13:52
チョコドーナツさん
そうです!諦めてはいけません。
「耐水」だけでなく、そのうちに進化してマグネットなしでも冷蔵庫にくっつくようになるかもしれないので、こちらも根気強く何度も冷蔵庫に貼り付けて・・・。(「耐衝撃」時計になる方が早いかも。)
by chatadon-06 | 2008-09-09 17:17 | 頑張れ! | Comments(4)