岩横のブーケ

10日経ってもまだ前回連休の南麓ねたです。
画像をいくつか。。。
ご当地銘柄肉ナントカポーク・ビーフ・シリーズ第二弾。
甲州信玄豚のロースト
とてもジューシーで味わい深い極上豚。
a0091680_2145850.jpg
新しく南麓に出来たお店トラットリアタダリコにて。

紅葉画像二点、足もとの紅葉
草の黄葉の中の紅葉。
今年芽生えたもみじも、たった二、三枚の葉を染めている。
a0091680_21553140.jpg

岩の脇に生える草の葉の紅葉。
色のグラデーション、イネ科の草らしい長い数本の葉の配置、ほやほやと茂る黄ばんだ葉の風合い。巧まざる自然の造形はさりげないのに圧倒的。
a0091680_22104085.jpg
このままで完璧な秋色のブーケ
[PR]
Commented by hiyasiame50 at 2008-10-23 19:44
うっうっう・・・・・八ヶ岳行きたいなぁ。
ご存知のように我が親族X2 はまだショートステイまでいたらず またもしそのような状況になっても多分絶対200%承服しない方たちでございますので 土日連休旗日は使えず。
平日も夫が有給とって病院へ・・・・という日々ですものねぇ。

ま 愚痴はさておき ↓のほうの富士山の校歌登場ですが
私の中高 (横浜山手の丘 富士山綺麗でした) 歌の途中で「緑濃き OX←学校名 の丘に富士の嶺は~」という登場のしかた。
あくまで学校周りの描写が中心。
一方弟と夫の母校の高校(@湘南地方もちろん富士山は海岸などのランニングの友  ) 一番最初から「「秀麗の富士を仰ぎ~~」でしたわ。爆
富士山は 精神の象徴だっ
たおやかな???私立と 伝統あるばんから公立の立場の違いでしょうかねぇ。
Commented by chatadon-06 at 2008-10-25 17:56
ねいさん
今のうちに、行けるうちに、、、って必死で(笑)行ってます。
先の事は五里霧中ですので。
そちらはなかなか大変のようですね。
ねいさんご夫婦のお体も御大切に。

富士山の歌詞も、間近で「仰ぎ見る」のと、景色で美しく見るのとの違いでしょうかね。おもしろいですね。
私の歌ったのも、「景色系」でしたね。こちらからだと流石に遠くて、「仰ぎ見る」には無理があったのだと・・・笑。
はるか地平の富士じゃどちらかといえば「見下ろす」方が多いから・・・。

「ばんから校歌」のように、「いきなりが~~んと仰ぎ見る」のは、近くにいつも見えてないと様にならないですものね。
by chatadon-06 | 2008-10-22 21:18 | 八ヶ岳 | Comments(2)