「親業」一区切り。

春四月、この春から我が家に学生は居ない。
時間がないし、行くまでも無いかな、とも思ったが、卒業式も最後の最後だからということで、先月末、子ちゃたBの卒業式(学位記授与式と言うらしい)を前半だけ見てきた。
入場待ちの列。
私達が学生だった時代、大学の卒業式にこんなに親が居る光景はありえなかったが、当日の周りのご夫婦は私達とおなじような年代で、同じようにこの大学のOB・OGの雰囲気を漂わせる方々が多かった。
a0091680_1727619.jpg
式の前に教授陣の入場があり、他に撮るものも無いので、私も一応壇上を撮っていた。横の席のOBらしきご夫婦のご主人も立ち上がって撮っていたが、それを見ていた奥様いわく・・・
「そんなの撮ってどうするのよ、爺ぃばかりじゃない。」
・・・ソノトオリデス。と激しく同意。。。
思わず感服する一刀両断の不敵な表現。アナタ、やはりOGですね? 
熱い連帯感を感じた一瞬だった・・・。大笑。
a0091680_17273160.jpg


学生だった頃は想像だにしなかった遠い未来の私達が、
                           今ここにいる不思議。

この式場の多くのOBが同じ思いなのかもしれない。
学生時代に、夫と二人でいつも「ラーメンと狸そば」を半分こ交換で食べていた蕎麦屋は、数年前に無くなっていた。残念。
思い出と感慨に浸りながら’親業’と自分たちの人生にもにちょっと区切りをつけ、もうこの先、一生来ることはないだろう大学キャンパスに別れを告げた。
[PR]
Commented at 2009-04-01 22:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chatadon-06 at 2009-04-03 15:08
鍵コメさん、それはそれは・・・。
子ちゃたBに聞くところでは、それはごく普通なのでは。
というか、そちらが王道、真髄だったりして。笑。
きっとそれで良いのです。(・・・たぶん。)
Commented by Mezzana at 2009-04-03 22:24 x
うわぁ~、お子さんがご自分とおなじ大学を卒業しただけでなく、
ちゃたろうさんとご主人様も、その学校でおなじ時を過ごしたんですか?
すごく素敵ですね!感動です。
ご卒業、おめでとうございました。
これからの人生も、また一段と素晴らしいものでありますように。

↑ アスパラ、イタリアはまだ高いので我慢しています(笑)。
とっても大きくておいしそうですね~♪
ドイツはこれから白アスパラの季節!食べに行こうか計画中です。
Commented by chatadon-06 at 2009-04-04 22:08
Mezzanaさん、こんばんは
祝福のお言葉、ありがとうございます。
夫とは同じときを過ごしたっちゅうか、なんというか、まあその、学生結婚ですのでいやおう無く(笑)一緒に居りました。
でも、まさかこうして(オマケに学部と院の二回も)はるか未来に卒業式に行くとは想像だにしませんでした。

アスパラはこの頃、一年中見かける野菜になってきましたけれど、やはり旬の採りたては格別のお味でした。
・・・ホワイトアスパラの新鮮なものはなかなか手に入らないので、まだ一度も味わったことがありません。美味しいらしいですね~。
缶詰のホワイトアスパラしか食べたことが無いので興味津々、涎だくだく・・・です。
by chatadon-06 | 2009-04-01 17:23 | 季節 | Comments(4)