虫たちの春

先週あたり、ドウダンツツジの花の周りをぶんぶんと矢のように飛び交っているミツバチが多かった。
何もそんなに無駄にカッ飛ばなくても、落ち着いてとまったら?って勢いだった。
ドウダンの花が終わると居なくなったので、ドウダンの花にも蜜があるのだろうか?

・・・あちこちでミツバチが減っているらしい。
昨年あたり、北米では原因不明のミツバチ減少で騒ぎになっているというニュースを見た覚えが有るけれど、日本でも果実や野菜の受粉に使うミツバチが激減して困っているという。
イチゴの花のめしべすべてに満遍なく受粉しないと、いびつな形のイチゴになってしまうらしい。
そのため、ミツバチを温室内に放って満遍ない受粉をはかる。
あの沢山の種が全部受粉してできて居るからこそ、イチゴ型のイチゴ(笑)ができるのね、とあらためて感激してしまう。
トウモロコシのヒゲと同じ、精緻な自然の構造。
a0091680_12391063.jpg
さて、そんなミツバチさん※が、しまいこむ予定で洗ったボアシーツの上にとまっていた。
                           ※(多分西洋ミツバチだと思う。でも?)

・・・アナタが貴重だといっても、そこに居られては困ります。
来シーズンまでシーツごとしまっちゃいますよ。
a0091680_12385678.jpg
そんな顔してもダメです。
a0091680_12391234.jpg

君もです・・・・。たとえ宝石のように綺麗でも、そこ、どいてください。
ったく、なんでわざわざ洗濯物の上に・・。
(コヒゲボソゾウムシ?・・・極小。米粒何個分って感じのサイズ。)
a0091680_12393427.jpg

窓にとまってる君は良い子です。
でも、名前がわからない。。極小ですが、触角と体型はカミキリの仲間?
a0091680_12401682.jpg


春先に真っ赤になって脱皮するヨコヅナサシガメもあちこちにで見かけるけれど、グロイので画像省略。見たい方は以前の記事でどうぞ。

庭では植木鉢にとまって羽化しているクサカゲロウ
抜け殻の足の踏ん張り具合がかわいい・・・。
a0091680_12411122.jpg


    056.gifみんな頑張れ056.gif
[PR]
by chatadon-06 | 2009-04-23 12:28 | 植物・動物 | Comments(0)