ワイルドストロベリーの殖え方

国産野苺たちは、強くて繁殖力があるとは言っても冷涼な気候を好む植物なので
自宅の蒸し暑さには耐えられないと思う。
でも、手元における野イチゴの苗が欲しい。
今すぐ、どうしても欲しい。
だから、西洋野苺、ワイルドストロベリーを買っても良いかどうか
自問自答してみた。
058.gif西洋野苺は一株せいぜい300円くらい。
(そもそも、安くなきゃ欲しくない。^^;) 057.gifでも送料が結構かかる。
058.gifグランドカバーとして使える。057.gif グランドカバーする場所がない。 
058.gif食べられる。057.gif 野苺系はすべて豆のように小さいので喜ぶのは最初の一粒。
058.gifハーブティーになる。057.gif ウチではほとんど誰も飲まない。
058.gif増えたら人にあげられる。057.gif こういう手作り系プレゼントって〇×△●な場合が・・・。 
058.gifかわいいから見ていたい。057.gif はじめの内だけ。 
058.gif丈夫な植物なので先行き手間要らず。
057.gif 増えたり、はびこったりすると持て余す。でも、枯れないうちは捨てられなくせに、かわいそうなので水やりだけはする。だからきっと、なかなか枯れてくれない。で、捨てられない。
060.gif枯らせない♪捨てられない♪ワイルドストロベリ~060.gif
                 ↑カッパエビセンのメロディで

     いちいちうるさいわねっ  
  
・・・衝動買いだということはわかっているが
ストレス解消のためにこの際、許そう。
              ・・・だって欲しいんだもん♪
こうして、ワイルドストロベリー達がやってきた。
宅配便のおにいさん、大切に ↓ 届けてくれて ありがとう。
a0091680_11281475.jpg

子株を先につけて繁殖する為の、長い茎のようなランナー↑ を出すものと、出さない物。
色々調べてみたが、いわゆる、元祖・ワイルドストロベリーはランナーを出すタイプで、ランナーを出さないものは、原種に近い園芸種なのかな?という印象を持った。(私見。根拠は特に無い。)
ランナーを伸ばしてどんどん増えるのが今まで見知っていた苺だった。
ランナータイプは花の時期が限定されている。年に何度も実がなるわけではない。
一方、ランナー無しの方は四季成り。
春から晩秋、時に初冬までと花と実の時期が長い。
この差が繁殖の方法の差によるということを読んで、感心しきり。
つまり、ランナーを出し続けて増えるタイプと、
      ランナーが無く、かわりに年中実をつけようとするタイプ。
こちらは四季なり。(品種名:イエローワンダー :白い実がなる)  今も実をつけ続け、
a0091680_13132986.jpg

花芽が出続けている。   (品種名:ルーゲン :赤い実)
a0091680_13134892.jpg
↓ワイルドストロベリー  :赤い実。
一ヶ月前は一本ランナーが出ていただけで円内に収まっていたが、
今ではこのとおり。
a0091680_1127140.jpg

何もそこまでわざとらしく繁殖パターンを競わなくとも。。。
と思うくらいに、それぞれの流儀でせっせと増殖を企てる苺たち。
感心するやらおかしいやら・・・。
それにしてもこの広がり方の凄さ。
オリヅルランのような観葉系植物にしても良いのでは。
緑のカーテンならぬ、「イチゴすだれ」くらいにはなりそう。
[PR]
Commented by yann at 2009-07-03 16:13 x
す、すげえ!
姐さんこれはスゴいっすよ。
こんなにランナー出して、いじらしいじゃないですか。
うちのは出さないタイプっぽいので、こういうのを見るといいなあと…。
今度私もランナーを惜しげもなく出すやつをゲットしようと思います。
がんばりまうす。
Commented by chatadon-06 at 2009-07-05 00:06
yannさんのお庭のイチゴももランナー出してくれるといいですね。
困っちゃうけど、日々ランナーが増え、伸びてちっちゃな子株の芽が開いてくると嬉しい、でも困る。でもかわいい。
と場所がないとジレンマです。
やはりすだれみたいに垂らしておくのがいいかな~。

by chatadon-06 | 2009-07-02 10:13 | 植物・動物 | Comments(2)