雪雲の季節

先週末、厳しい冷え込みの八ヶ岳南麓。
すっかり落葉したカラマツのむこうから、冷え冷えとした陽光がさしこむ。
a0091680_1662918.jpg

八ヶ岳山頂方向へ振り返ると、黒い雪雲が東へと流れ続ける。
a0091680_1664461.jpg

少し登ったあたりは雪だろう・・・。
買い物のため山を下ってゆくと南アルプスの峰を雪雲が乗り越えてくるところだ。
かすんでいた山肌も
a0091680_1672761.jpg
あっという間に暗くなった
a0091680_1681732.jpg
雪雲の先端が富士山まで覆ってしまいそう。
富士山の山頂近くからたなびく雲は長く伸びて刻々と形を変える。
a0091680_1684667.jpg

見ている間に雲がどんどん吹き流されていく速度は相当なものだろう。
テントや人が吹き飛ばされるのも無理はないと、見ていて分かるような速さ。
独立峰の冬の厳しさを想う。

昼食は新しく出来たレストラン花凪(はな)で
主にわっぱ飯がメインのシニアやメタボにはありがたいメニュー。
ここにも薪ストーブが。・・・涎。(←薪ストーブにも)
a0091680_16185292.jpg

↓レストランの背景、山頂方向の暗雲はまだ降りてこず、雪雲からはずれたこのあたりの頭上は晴天。
でも、「風花」と呼ぶにはあまりに沢山の雪片が一面に舞い降り続けていた。
山の上から風に乗ってくるのだろう。
きっと小海線の上のほうは積もっているにちがいない。
a0091680_16192586.jpg


八ヶ岳南麓、晴天率が高くとも、時折は雪雲に覆われる極寒の季節がやってきた。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-12-22 15:51 | 八ヶ岳 | Comments(0)