冷え込む夜は炭火料理。・・・でも危険がいっぱい。

もう一週間前、極寒の八ヶ岳南麓
温泉の露天風呂の脇にはさらさらの雪が融ける気配も無く、寒風が湯煙を吹き払っていた。
あまりの寒さに湯に浸かったままで無いと移動もままならない。
以前の雪の中での露天風呂より遥かに寒い気がしたけれど、湯煙が無いぶん、星が良く見える。
シーズン中は入場制限で入れないこともあった温泉も、流石に人出が少ないこの時期なので露天風呂は貸切状態。
頭上のスバル、オリオン、シリウス・・・など冬の明るい星々をゆっくり眺めて時を過ごした。
冬の大三角の中央を横切り、オリオンの小三ツ星の脇を飛行機が通っていった。
小屋へ帰ってからも相変わらず満天の星だったが、オリオン輝く夜空から、やむことなく雪片が舞い降り続けていた。(夫の画像)
a0091680_181418.jpg

さて、焚き火にも寒すぎるこんな夜、ウチの中で火を楽しむために買ってあった火鉢の登場。
地元製麺所のほうとう入り豆乳鍋にする。
a0091680_1822611.jpg

炭火とはいえ、やはり紅い火が見えるのは楽しい。
食事も中盤に差し掛かった頃、ピピピピ・・・と突然の警告音。
ナニゴトが 起きたか一瞬とまどううち、更に
「空気が汚れて危険です、窓を開けて換気してください」(というような意味の)  女性の声で思い出した、一酸化炭素の警報機。
a0091680_1824325.jpg

この部屋と広い引き戸で接しているいるすぐ横の部屋で換気扇を回しっぱなしだったのに、この部屋の勾配天井の上端部分では一酸化炭素がたまってしまうらしい。
換気をしてからリセットして使ったが、食事が終わる頃、また鳴った。
この警報機は、FF式ファンヒーターの事故対策に、(ウチのはリコール機該当年度の製品では無かったが)点検に来たメーカーがサービスでつけていってくれた。
いままでは、FFヒーターでも、普通のファンヒーターでも鳴ったことが無かった。
これがついていたからこそ今回も室内で炭火を使ってみようと思い立ったのだが・・・正解だった。汗。

翌日は部屋を移してキッチンで七輪料理。
a0091680_18123295.jpg
a0091680_18124514.jpg

七輪だと空気の供給が十分で完全燃焼するせいか、キッチンの天井がフラットのせいか、換気扇により近いせいか、この部屋にもついている警報機はならなかった。
火災報知機能だけでなく、この、ガス漏れ警報機能も別荘必需品のような気がする。

・・やはり開放型の熱源は危険が多い。
皆様、十分にお気をつけ下さい。
囲炉裏、火鉢など室内で火を使う場合、換気だけでなく警報機の設置をオススメします。
火災報知機にこの機能がついているものも多いようです。
テントの中で使えるものもあるような気配ですが、未確認です。


それにつけても、こんな危険の少ない、薪ストーブほしい。笑。
[PR]
Commented by おちゃ at 2009-12-27 20:32 x
こんばんは

私も23日から今朝まで原村でした。
ほうとう豆乳鍋ですか。甲州ですね。
おいしそうですなーー。
最後の開き、高級そう。

薪ストーブがあっても、こういう網を使った焼き物は難しいですよ。
でも屋外に七輪を出して焼くのは、この時期ちょっとねえ。
やはり屋内七輪か。。。
Commented by Konatu_sw at 2009-12-30 10:22 x
いい気分で八ヶ岳の記事をよんでいるのよ。
と、突然来客!
また後ほど遊びに来ま~す。
Commented by yoas23 at 2009-12-31 19:13
夜空の星はやはり冬が美しいですね。
でも寒さが・・・その心配を払拭してくれるのが露天風呂ですね。
良いことを聞きました、早速私ものぼせない程度に・・・(笑)

今年はどうも有り難うございました。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。
来年もよろしくお願い致します。
Commented by Konatu_sw at 2009-12-31 20:23
ちゃたろうさんにご挨拶を、とPCの前にやっと座りました。
なんと、紅白が始まってしまいました。
今年もお付き合いありがとうございました。
南麓の情報をまるでわが身がその場にいるような臨場感あふれるレポート大いに楽しませていただきました。
我が家は当分「山暮らし」の歩調があいそうもありません。
また来年もちゃたろうさんのレポートを指をくわえて読ませていただきます。
どうぞ、佳いお年をお迎えくださいね。
来年もよろしくお願いします!

年末年始はお天気に恵まれれば「お餅を食べているうさぎさん」がみえますよ。
がんばっ!
Commented by 山栗 at 2009-12-31 21:33 x
家の中で、警報機を聞きながらの炭火焼き、これはスリルとサスペンスがありますね。お酒でも飲んでうとうとしていると…。
薪ストーブではほうとう鍋は何とかなるかな、しかし、金目鯛の干物やホタテは無理でしょう。
私はもっぱら、昼食は冬でもかまどを使い薪の火で干物を焼いて食べます。寒いがおいしいですね。

今年1年、楽しい話ありがとうございました。来年もさらに面白い話、期待しています。よいお年を!
Commented by chatadon-06 at 2010-01-02 13:54
おちゃさん、遅くなってスミマセン
金目の開き、国産が無くて、どこやらカタカナの国の産物でした。
でも炭火焼だから、お味は飛び切り。
こればっかりは薪ストーブじゃ出来ないんですね。
やった~!薪ストーブに勝ったゾ。笑。

ところで、「換気扇の下で七輪」なら、山に限らず自宅でも出来そうですね。上手く煙が吸い込まれないと煙で火災報知機がなるかも知れませんが。
Commented by chatadon-06 at 2010-01-02 14:09
こなつさん、遅くなってゴメンナサイ。
昨年はありがとうございました。今年もナニトゾ宜しくお願いします。
私など温暖な海辺の国から山通いと、素敵なライフスタイルでうらやましいです。

今年もいつまで今のペースが保てるか分かりませんが、せっかく南麓に行く以上、精一杯愉しんで、いろいろレポートしたいと思ってます。


年末年始は、「あ~もう次の満月が来ちゃったんだゎ。。。」と月のウサギさんを横目で見ながら慌しくすぎてゆきました。
Commented by chatadon-06 at 2010-01-02 14:22
yoas23さん
こちらこそ、昨年は、「謎のリゾモルファ」などいろいろ教えていただき、ありがとうございました。
今年も宜しくお願いします。

・・・いくら露天風呂からの星が綺麗でも、いつも見慣れている地元の方々はわざわざ極寒の日に入らないようで、内湯で済ませてさっさと帰って行ってました。 笑。
Commented by chatadon-06 at 2010-01-02 14:31
山栗さん、こんにちは。
明けましておめでとうございます、になってしまいました。汗。
こちらこそ、今年も宜しくお願いします。

かまどもあるんですか?素晴しいですね。
薪や炭の火を使う、炎や煙の香を愉しむのが冬の醍醐味ですが、安全性からは「開放型」の燃焼器具には危険もあることが、今回よく分かりました。
・・いろいろ難しいものですね。
by chatadon-06 | 2009-12-26 17:51 | Comments(9)