節分の翌朝

昨日の朝は数日前にもまして綺麗な雪景色だった。
立春の朝日が昇りきるまでのつかの間だけ、木々は枝先まで綺麗に雪化粧していた。
a0091680_16454239.jpg

例年は秋には開けるトップライトのロールスクリーンを今シーズンはずっと閉めっぱなしにしていた(特に理由もなく、ただ面倒だった。)が、雪を見たくてとうとう開けた。
洗いあげた青空を背景に雪が溶けていく速さは、春の陽射しの力強さを物語っている。
a0091680_16455864.jpg


節分の豆がまかれて食べるものが少し増えれば、鳥どもの魔のクチバシもつかの間は庭から遠ざかるかと思っていた。
寒さが厳しくなり、もうすぐ春だというこの時期、例年通りの順番で庭のソヨゴの実が完食され、何本かあるヒイラギ類の実も一粒残らず食べつくされた庭では・・・。
相変わらずの蛮行が行われていた。
a0091680_16465937.jpg

葉ボタンなどキャベツ類の葉がヒヨドリに食べられるようになると
                自宅のあたりはもうすぐ春なのだ。

   全く、とんだ春告げ鳥。。。



節分で撒いた鬼打ち豆の箱。
a0091680_17162185.jpg

鬼だって疲れる。
a0091680_1648514.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2010-02-05 16:18 | 季節 | Comments(0)