2017年 04月 30日 ( 1 )

桃・桜三昧 3

4月半ば、八ヶ岳南麓の小屋から安曇野桜仙峡への花見で今年は打ち止め。

再び薪割りに取り掛かり、ようやく次の冬への薪の備えを終えた。(…夫が)

つもりだったが。。

疲れた体(=夫の)を温泉で癒し、翌日朝ごはんを食べながら調べると、各地の桜はまだまだ満開らしい。

…で、混むからあれほどヤダと言っていたのに、折角だからと超有名どころ、「天下一の桜」高遠城址へ。
(平日だしお天気今ひとつだから、満開とは言え混んで無いかもしれないし、高速使わないで杖突峠越えていけば安上がりだし。)

杖突峠を下り、高遠の谷あいに入ると、行く手のあちこちに満開の桜が出迎えてくれる。綺麗なピンクの花。
a0091680_23234603.jpg


高遠城址公園のタカトオコヒガンザクラは今まさに溢れんばかりの満開。
a0091680_23234771.jpg
a0091680_23234730.jpg



ソメイヨシノのちょっとぼんやりした花とは違い、あでやかな、それでいて品のあるピンク。
a0091680_23234871.jpg


駐車場の周りにも見事な満開の桜。
a0091680_23234809.jpg

a0091680_23234953.jpg


曇天でアルプスまでは見えなかったが、城址全体が満開の桜で覆われていた。
大切に手を掛けて護り育ていることが伺える、丈高い大木の桜。
手が届くほどの高さから頭上遥かまで、伸び伸びと幾重にも差し伸べられた花盛りの枝。
a0091680_23235079.jpg


高く伸びた木の姿だけでもうっとり見ほれてしまうのに、こんな美しい花まで咲くなんて、奇跡じゃ無いかと思ってしまう大樹好き。
桜天井の向こう、見下ろす城下町の景色も桜の色に彩られている。
a0091680_23352259.jpg



一期一会の春爛漫の一日。

…この先、高遠城址で桜を見る機会はもうないだろう、たぶん。
来年の春には、また他に見たいものがあるだろうから。

…シニアと言われる歳になってから、
(閉店間際のスーパーみたいに)「蛍の光」が流れる中で、巡る季節を過ごしている気がする。
毎年の春を待ち、紅葉を早く早くと待ちわびながらも、時が過ぎて行ってしまうのが名残惜しい。
次々出会う美しいもの、一期一会の景色すべてがしみじみ愛おしく思える一方で、この先の時間だけでは見たいものをすべて見尽すことは叶わないだろうと、寂しさを感じてしまう。
a0091680_23235169.jpg


とにかく、閉店に間に合うように頑張ってせっせと買い物しちゃわないと!!(…違)





[PR]
by chatadon-06 | 2017-04-30 23:04 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(2)