UFO!

八ヶ岳南麓の夏、夏は嫌いなんて言っていても色とりどりで様々な形のズッキーニが並ぶ直売所だけは、なんだかテンションが上がってしまう。
考えてみたら、八ヶ岳南麓、おいしい野菜の最盛期は夏だ。。。
野菜だけが安心して食べられるメタボぎみ体型。
涼しい風にあたりながら、野菜たっぷりの食事ができる。

夫は果物が大好物で、南麓の夏、桃が出始めると直売所でのテンションが上がる。
夏野菜の季節はサクランボ~桃~ブドウとなだれ込む、くだものの季節でもある。
もちろん、もう季節は終わりかと思うが、とびっきりの美味、南麓産ブルーベリーも!
(これでもし、おいしいスイカとミカン類が豊富だったらとっくの昔に移住していたかも。)
ただし、果物はカロリー要注意なのがお気の毒。

さて、前記事KGBの次はUFO

前回八ヶ岳南麓から買って帰ったもの。
黄色いズッキーニ。
こちらは裏(下)側。
a0091680_12494511.jpg

こちらのほうが中央の緑がくっきり鮮やか。
なんでこんなにきれいな必要があるの?って見ほれてしまう色合い。
a0091680_12501012.jpg



以前、これの白バージョンも食べたことがある。
味は同じ感じだった。
白い部分の割合がが高いぶん、全体に柔らかい食感だが、今回も薄切りで炒めたので独特の歯ごたえも残っていた。

南麓は、今頃はもう、トマトの季節に突入してるんだろうな~♪
次行くのが楽しみ。。。

八ヶ岳南麓、おいしい野菜と果物だらけの、夏もやっぱり大好きだ。

                                結局いつでも好きなのだ。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-07-24 12:58 | 野菜 | Comments(0)

トマトの季節

トマトの旬がやってきた。
今年も八ヶ岳南麓のおいしいトマトに出会いたいものだ。

夫は旬でなくともきゅうりとトマトが大好きだが、私は寒い時期ののトマトは好きでない。
ついでに言えば、高いトマトも好きでない。(値段が。笑)
それでも、変わったトマトがあると、迷わず買ってしまうのだ。
↓昨年買った、カゴメの生食用トマト
カゴメのトマト」=ブランドトマト・・・的な響きが印象的だ。
a0091680_17592680.jpg

カルビーのジャガイモも買ったことがある。
a0091680_17594432.jpg

a0091680_18114100.jpg
しかしながら、どちらもその後、見かけない。
なまじ有名ブランドだけに、知名度に見合うだけの味のインパクトが要求されるのかも知れない。

しかし、このトマトの名は凄い。
妻せつ子

妻トマトでもなく、せつ子トマトでもない斬新さ。
a0091680_1814283.jpg

買ったのが春先だったせいか、味はまあまあかな?レベルだった。
こういう成り行きだと、次からは安いトマトを買う筈なのだが、
「いやいや、これほどの名前のトマトだから本来はもっと飛び切りおいしいはず。
今度は妻せつ子の旬の味を試してみたい」・・・とつい思ってしまう、

名前の威力

[PR]
by chatadon-06 | 2010-07-08 17:26 | 野菜 | Comments(0)

史上最大

そろそろブロッコリーの季節も終わりかけている。
ちょっと前に夫に買い物を頼んだら、
ついでに大きなブロッコリーを買ってきてくれた。

最近は茎の太いブロッコリーが増えてきてはいるが、
コイツはこれまでで一番。
もう、今シーズンは記録更新は無いだろう。

我が家的には史上最大。。。。
茎の内部も充実していておいしかった。
a0091680_21494066.jpg
こんなブロッコリーに登場されては、同じような味の面白い野菜
コールラビも、観賞用にしか栽培されなくなりそうだ。
[PR]
by chatadon-06 | 2010-06-08 21:33 | 野菜 | Comments(2)

白・オレンジ・黄色

先週、ランチを食べに和食どころへ出かけた。
自宅近辺では珍しく、リーズナブルで美味しく、
八ヶ岳まで行かなくても(笑)ココならまた食べに来たいと思った。
野菜は契約農家で作っているらしいが、レジの横に
「ご自由にお持ちください」とその農家の蕪が置いてあった。
早速家でサラダにしてみた。
スライスしてハムとわけぎと和風ドレッシングで和えただけだが、
飛び切り美味しかった。
蕪臭さが少なく、甘く滑らかで水っぽくない。
ゆきわらしかぶ
お気に入りに決定。
a0091680_1820132.jpg


そういえば、野菜画像がたまってきていた。
ついでに紹介します。。。
白菜、オレンジクイーン
画像を撮るまもなく、ココまで食べちゃった。
オレンジ、と言うワリには、赤味の少ない濃い黄色なので、
「オレンジってちょっと言い過ぎじゃな~い?」と思っていたのだが、
味噌汁に入れ加熱すると、しばらくは濃い黄色のままだが、そのうちにオレンジに変わった。
市販の人参の中心の近くによく見られる、黄色の強い部分くらいのオレンジ色。
コレならオレンジと自称して良い。と認定することに。
味は水っぽくなく緻密な食感、甘みもある。きっとベータカロテンなど多いのだろう。
a0091680_18204159.jpg


黄色の人参
a0091680_1821344.jpg

時間がなかったので、乱切り気味だが、千切りにして炒めてみた。
黄色の人参。普通の人参。ピーマン。たまねぎ。
何を思ったか(笑)カレー味の炒め物にしてしまったので、たまねぎが人参の色とカレー色に染まり、黄色くなった。黄色い人参がどれか、わかんないじゃない~。ショック。
美味しい人参だったが、黄色い味がするわけでもないので、サラダ、とかスティックとか、色を楽しめないとツマラナイ気がする。
a0091680_1822249.jpg

この人参のラベルに人参です。かつみです。と書いてあった。
かつみ、と言うにんじんなのかと思ったが、検索してもhitしない・・・。
もしかして生産者さんの名前の読み方?・・・謎。
a0091680_18223983.jpg


そういえば紫のカリフラワーは茹でると緑色になるらしい。
でもそれってブロッコリーなのでは・・・。
        ブロッコリー鍋で、茹でながら色の変化を楽しむとか?
同じ野菜の色違い、味もくっきり違うといいのにな~。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-02-13 17:43 | 野菜 | Comments(6)

初夏に水栽培していたヤツガシラ
芽の部分を平たくそぐように切り取って育てて(笑)いたが、あんまりすくすく育つので、地植えしてやることにした。
ちょうどサフランを掘りあげたあとの鉢に、少し土を足して植えた。
a0091680_2157349.jpg
そのまま育てて(※1)いたのだが、なんと秋まで枯れずにいた。
流石に根が張れないので葉も小さいが、根元が少し膨らんでいる。
そこで芋掘り!
平たくつながった状態のものを植えた(※2)のに、なんと、
ころころと別々の芋に分かれている
。あははは・・・。不思議、でもカワイイ。
食べるべきか、親イモとして保存しておくか、検討中だ。
※1枯れそうになるとあわてて水をやること。
※2押し込んだだけ。
a0091680_2158473.jpg

↓この秋に食べた新顔野菜。縮み菜
ターサイのように見えるが、ターサイより網の目状に細かくでこぼこの縮みが入る。
味は普通においしい、菜っ葉系の味。
食感は割合しゃきしゃきして瑞々しい。
小松菜とタアサイを掛け合わせた品種だそうな。
そういわれると、「な~るほど」な味
a0091680_2205934.jpg

味丸という名の大根と葉物野菜、おかのり。(陸海苔。らしい)
味丸はあじにあくや癖が少なく、筋っぽくなくて扱いやすい。
ころっと太いが、長過ぎないので、収納性が良い。
a0091680_2212442.jpg
おかのり。。はまるっきり初めて見た。
今まで見たことのある野菜のどれにも似ていない。
全体に産毛が生えている、丸い緑の葉っぱ。
なんだか、芙蓉やゼニアオイの葉のイメージで余りおいしそうな感じがしない。
(でも、買うんデス。笑。)
天麩羅、味噌汁の具にと売り場の札に書いてあった。
天麩羅がいいな~と思ったが、メタボ警戒中の我が家なので、泣く泣く味噌汁の具に。
緑が綺麗。そして少し加熱すると、とろとろのやわらかさに。
「なるほど、海苔、だわ~~。」と納得。
検索してみたら、江戸時代から食されていたらしく、干してあぶってノリのように食べた、なんて書いてあるサイトまであり、更なる検証の必要を強く感じた(笑)ので、見かけたらまた、買う!
江戸の昔から日本に居た野菜の近くには遠くから来たかぼちゃが売られていた。
a0091680_2264591.jpg
ニューカレドニア産の野菜を買ったのは初めてだ。
             トロピカルかぼちゃ
南太平洋の夕日を見て育ったのね。。。。。でもフツーにかぼちゃ味だけど。
[PR]
by chatadon-06 | 2008-12-16 21:50 | 野菜 | Comments(4)

スーパーの野菜コーナー
!!なにこれっ
a0091680_21241839.jpg
しゃっきり塩味 クリスタル野菜・・・・
a0091680_21244926.jpg
肉厚の葉に小さな透明な水玉がびっしり。
ギャルの持ってるデコ電、(ビーズやスパンコールをびっしりつけた携帯電話)の「スワロフスキークリスタルビーズ版」みたい。
この透明ビーズは塩類を隔離しておくための細胞だそうだ。
検索してみると、なかなかにいわくのある、偉い野菜のようだ。
恐る恐る試食。噛むと「ぷつぷつ」がさくさくとつぶれる。
こんな食感だろうな~と想像するとおりの食感。
そして、確かに、結構しょっぱい。そして酸っぱくもある。特に青菜臭さは無く、とにかく水分たっぷり。何だか体に良さそうな感じはする。
a0091680_2251480.jpg
ひとパック200円弱。
もう一度買うかと聞かれればちょっと??
でも、ある日突然、ポテトサラダにトッピングしよう!とか、ゆで卵のてっぺんに生やしてみよう、とか思い立ちそうな面白野菜。
見た目は不思議な綺麗さがあるので、鉢植えで(水栽培かな?)観賞用の多肉植物としてのほうが面白い気もする。
窓辺からちょっとつまんでサラダにトッピングなんて素敵で楽しいかもしれません。
もう一つ変り種。こちらはバナナ。
a0091680_21251167.jpg
モラードバナナです。普通のバナナの3分の2くらいの長さ。
香りが濃い目で肉質がねっとりとクリーミーな感じ。
バナナ嫌いにも食べられるかな?
と思ってウチの子ちゃたAに食べさせてみたら。。。
「もっと駄目。」だそうです。

逆に言えば、バナナ好きさんは「もっと好き」かも知れません。
[PR]
by chatadon-06 | 2008-04-23 21:22 | 野菜 | Comments(6)

菜花いろいろ

かたくりの里からの帰り道、我が家恒例の野菜直売所詣で
今の時期はハウス苺とハウストマトの旬らしい。
非売品の巨大トマト。
a0091680_125765.jpg
フルーツトマトのようだが、そこまでは甘くない、ちゃんと「野菜の品格」を保つトマト。
でも観光トマト・・・・・?
観光客用?トマト狩り農園ブランド?トマトも観光に行く?
・・・などと色々と考えさせてくれるネーミングだ。
a0091680_126614.jpg

旬の菜花も種々多様。
a0091680_1263687.jpg
↑左からオータムポエム、かきな、なばな、からし菜、とシールには書いてあった。
他に、キャベツと書いただけの芽キャベツの細長いバージョンのようなモノ。↓
a0091680_128583.jpg
そういえば、今までの人生で(笑)キャベツの葉の付け根に、これの小さめのモノを何度も見た覚えがある。
育ちすぎてとうの立ったキャベツの副産物なのか、こういった品種なのかは不明。
a0091680_1294565.jpg

レジかごのなかで光り輝くオータムポエムの花。
こんな綺麗なものを食べられる、春の幸せ
[PR]
by chatadon-06 | 2008-03-27 11:44 | 野菜 | Comments(6)

先月の野菜など

先月はあまり新顔の野菜に出会わなかった。
でも、季節は春。菜の花、花芽の野菜の時期です。
のらちゃん菜・・と書いてあった気がするが、不明。
(道の駅の野菜直売所の場内撮影不可の張り紙に気付いて以来、画像をとれないので。)
たぶん、昨年ののらぼう菜とかなり近い感じ。でも、今年のものはずっと小ぶり。
ハルノノゲシ、という雑草に似ている。
a0091680_21435031.jpg

手前の菜の花と比べると色も少し褐色がかって地味な気がするが、茹でると目にしみるような鮮やかな緑になり、すこぶる美味しい。
今度見かけたら速攻、買おうと思っているけれど、なかなか買いにいけない。

こちらは近所の八百屋で。
山菜のうるい(オオバギボウシの新芽)と比べると白い部分が長い。
うるいのもやし
a0091680_21443447.jpg

茹でている鍋の中、宝石のようなエメラルドグリーンで、葉脈が美しい。(携帯画像なのでくすんでますが
やわらかく、甘みがあって、これはこれで美味しい。
a0091680_21535913.jpg


レインボウペッパー
a0091680_21493739.jpg
a0091680_21502114.jpg
味は胡椒。見た目は七味唐辛子。どっちつかずの哀しいさだめ。。・・・なんちって。
瓶入りだと綺麗なんだけれど・・・結局、たなの飾りです。
[PR]
by chatadon-06 | 2008-03-19 21:38 | 野菜 | Comments(4)

カリブロ・・・・極悪?

a0091680_22375961.jpgコワッ・・・・。
イグアナ?
カメレオン・・
お釈迦様ヘア!?

メキシコあたりの悪党(名前から連想)

漂うオーラはエイリアン・・・。
とにかく得体が知れない物体
欧州からやってきたカリフラワーの仲間だそうですが・・・・
カリフラワーとブロッコリーの中間、だからカリブロなのだろうけれど、どうしてこんなに怖い顔?

いつもの道の駅野菜販売所で発見。もぅ、見た目だけでも買うしかないっ。


・・・茹でてみました。
a0091680_22402584.jpg
カリフラワーともブロッコリーとも違う、パステル調のグリーンに茹で上がる。
木みたい。昨秋の奥多摩の杉林のようにも見える。
一緒に買った人参二色と付け合せにして、マヨネーズで食した。
全体にパステルトーンな一皿。
a0091680_2241149.jpg

食感はカリフラワーそのまま。味はほのかにブロッコリーなカリフラワー。
色の比率が味の比率になってる感じ。

味にはそれほどのインパクトは無いけれど、何しろこの見た目!。
極悪そうな生の容貌と、メルヘンチックな、それでいてなんだか人工的な感じの茹で上がりへの変身ぶり。
野菜としては結構美味しいんですけど・・・

お前は何者ナニをたくらんでる?と聞いてみたくなる、
とにかくこわもての怪しい野菜です。
a0091680_2245897.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2008-01-08 22:34 | 野菜 | Comments(4)

また豆。

シカクマメ
a0091680_14553928.jpg

八ヶ岳南麓では、レストランで地元の野菜が良く使われている。
このシカクマメ、南麓でとれるらしく、以前に清里のレストランのランチで初めて食べた。
薄い衣を着けて揚げたものだったと思うが、衝撃的においしかった。
今回は自宅からいつも買いだしに行く道の駅で発見。
揚げ物はメタボ予防のため避けている我が家なので、不本意ながら茹でてポトフに入れることにした。
さて、このサヤに筋はあるのか?
・・・笑っちゃうことにちゃんとある。
角や狭い面の方にある気がするのだが、実際はひらひらの間の広いほうの平らな面の中央。表裏一対の筋がある。
二つに割ると構造が良く分かる。
このシカクマメ、豆は豆で食用になるし、根には芋が出来るらしい。
a0091680_14561479.jpg

おいしいかったけれど、たぶん、揚げた方が数倍美味だと思う。
うう・・・・。BMIが減ったら、検討しよう。
ご参考までに:
あなたの今の体格は?
体型シミュレーション
[PR]
by chatadon-06 | 2007-09-26 14:59 | 野菜 | Comments(2)