今回も++ アリス部 ++に参加させていただきます。
     恥を知らぬおばちゃん魂の持ち主で幸せです。
       (=世の中の不幸せでもあると思いますが・・・)



++ アリス部第一回 ++ ブルー・ブラック の結末(。。。?)です。
                 読んでいない方はそちらを先にどうぞ。


             あ、いや、読まない方がいいか。。。
                                無茶苦茶テイストちがうし。


とにかく、参加してみましたっ。


        もうっっ おもしろくないわっ
[PR]
by chatadon-06 | 2008-11-15 23:31 | アリス部 | Comments(17)

クリックでちょっとだけ拡大します
a0091680_129789.jpg
「あ、栗鼠」か、「蟻・巣」しか思いつかないから、
次回は参加できない・・・・って書いてたと思うけど!
もう、切れそうだわっ
・・・と怒るアリス。(←他人事)


アリス部はこちら
アリス部、ちゃたろう第一回分はこちら


アリス部の皆様、怒らないで下さりませ。
歳に免じてお許しを。

[PR]
by chatadon-06 | 2008-05-16 12:21 | アリス部 | Comments(18)

薄く目を開けてみる。
濃い青。その向こうにゆがんだガラス。
ここは・・・ブルーブラックのインク瓶の中
??視線.を感じる。私を見つめる凝視。

そして突然、周囲に光が溢れる。
遥か上の水面から幾筋もの光の矢が差し込む、ここは水底
慌てて息を止め、水面に浮かび上がる。
ようやく息をつき、見上げる上空にはポッカリと穴が。
・・・私、今度はあそこから水中へと落ちてきたってワケね。
ウサギを追って?トランプの兵士に追われて?今度は何だっていうの?

また、彼の仕業。
彼はいつもお話のインスピレーションを求めて、様々な場所を見つめ、そこに私の姿を再現する。
今は、こうしてインク瓶の中に、そこから連想して水中に、と様々に思い浮かべてる。

そんな風に彼が思い浮べる時、私は突然、その場所で目覚める
いきなり落下し、走り、怒り、逃げ惑い、笑い、恐怖におびえ、物語の世界で右往左往させられる。
そして、彼の思考が物語を離れた時、また無意識の眠りに就く。
次に彼に呼び覚まされるまで。

でも、今日はなんだか様子が違うわ。
彼は居眠りをはじめ、私の夢を見続けている。
夢の中で私はインクびんから出てペンをとる。

そして勝手に動き出し、原稿の中の名を書き直す。
。。。。ルイス。と

ふふっ・・・。
私の横、インク瓶の中にちいさな彼の姿が見える

これは彼の悪夢?  それとも・・・
さあ。この続きをどう書こうかしら?

私はアリス。
水色ではなく、ブルーブラックのアリス

だからちょっと、意地が悪いかもね
a0091680_22174545.jpg


あとがき
アリス部、というとても画期的で面白そうな企画が始まりました。
ずうずうしくも参加させていただこうと思っています。

アリス部の皆様。
アリスは遥か昔、ウン十年前に読んだきり、今回も再読の時間が無かったので、「脳内アリスイメージ」と、たまたま目の前にあったインクボトルをネタに作成。
アリス部第一回の「景気づけ」参加希望ということで、できばえの方はご容赦いただきたいと思っています。
なお、このネタ以外は「蟻・巣」とか「あ・栗鼠」しか思いつかなかったので、次回以降の参加は、したくても出来ない、と思います。ご安心くださいませ。
[PR]
by chatadon-06 | 2008-03-02 22:14 | アリス部 | Comments(16)