カテゴリ:お気に入り( 68 )

納豆バーコード

納豆です。金のつぶシリーズ
a0091680_18285935.jpg
何処が面白いかというと・・・・
バーコード。
たまたま買ったものについていたので、大喜び。
今日はあらためてスーパー二箇所に出向き、調査を行ないました。(・・・馬鹿です。)
・・・結果。
納豆コーナーではこの二つをみつけたのですが、子ちゃたA情報の「豆腐コーナーには社長の頭のバーコードが在るらしい」は確認できませんでした。(がせねたか?)
納豆はふたつとも同じメーカーですが、同じメーカーの納豆なら全てこの形式のバーコードという訳ではアリマセン。
売り場で更に詳しく検討。(・・・怪しいです。)
バーコードの下五桁が
10166、10432、10272、10500は従来どおりのバーコード
a0091680_183153.jpg
↓10067、↑10043がイラストつき
太いバーコードの下に対応するゼロが二つ続く。これがお箸と豆になる条件。
ということのようです。
a0091680_18313552.jpg

このメーカー、これまで納豆を食べなかった関西人をターゲットに納豆臭を押さえた製品を開発して新しく市場を開拓した、との記事を先日新聞で読みましたが、こんなちょっとしたところでもユニークなアイデアで楽しませてくれました。
これで売り上げが伸びるってもんでもないでしょうが。
(~などと突っ込みつつ、すでにふたつとも買ってるし~。)

コアラのマーチにも変わりバーコードがあるという噂ですが、とりあえずは、バーコードのグローバル(?)スタンダードともいえる社長の頭のイラストバーコード、ぜひ見てみたい・・・。
[PR]
by chatadon-06 | 2008-03-17 18:15 | お気に入り | Comments(12)

今朝は濃霧で、一面真っ白でした
a0091680_16323748.jpg

で、冷気の中、カチカチのシクラメン
a0091680_1633325.jpg
日が昇るにつれ、すっかりシャキンとします。…毎日感心しきり。

家に入ると、今期は毎日見ているNHK朝ドラの時間。
タイトル画面の背景が、「和」の色合いと図柄で好きです。
a0091680_16444381.jpg
これまでのほとんどのこのNHK朝ドラは、あからさまにご都合主義に思える筋立てと、見えみえの伏線、あまりに良い子、または前向きポジティブ一辺倒のヒロイン。
加えて新人ゆえの初々しさ(・・・・・・汗。)など、見ているこちらが赤面し、いたたまれなくなることが多かったのですが、今回は一味違う。
結構、どたばたで大仰なセリフまわしも多いのですが、細部まで感服する作りのよさに、それも自然な成り行きのように思えてくる、良く出来たドラマです。
毎回、筋立ては見えてしまうのに、でもそれをどう表現するのか、どんなセリフになるのか期待させられます。良く吟味された会話で、ドラマ進行のためのつなぎだけの部分がなく、単なる経過の描写だけでも、見る楽しみを味わえます。
さらに、ヒロインがいつまでもネガティブで不器用、良い子でもなく、頼りない。
どーせすぐ成長して脱皮して綺麗な蝶に、と思っていたら、いつまでもなかなか成長が見られない。でも、なんだか感情移入してしまう。
芸達者の脇役陣も多く、キャラクター一人ひとりから目が離せません。
気に入ってるのは、「天然」なキャラ全開の母親役、和久井映見。
a0091680_16452865.jpg

以前、「動物のお医者さん」のドラマ化に当たり、「ミスキャストか?」との私の懸念を見事に裏切ってくれた菱沼さん役。※
可憐な見た目と裏腹なボケキャラ名人、登場場面が増えてきて楽しみです。

※菱沼さん、と検索するだけで「動物のお医者さん」-Wikipedia がhitします。ご存じない方はそちらをどうぞ。
[PR]
by chatadon-06 | 2008-02-05 16:26 | お気に入り | Comments(4)

塩入りバターキャラメル

今年は初詣もなく、さして書くべきことも無いので、昨年の書き残しねたをぼちぼちUPします。
フランスの、世界で唯一のキャラメル職人(キャラメリエ)、アンリ・ルルーさんの塩入りキャラメル
世界で唯一の・・・って誰がどう決めるのさっ
・・・ておばさんの疑問はさておいて、昨年末、掃除にくたびれ果てた(精神的にね。)私をほっと和ませてくれた、子ちゃたAのお土産です。
a0091680_21565793.jpg
やわらかく、歯に粘りつき、あま~~~いのにしょっぱい。
でも、おいしい。
a0091680_21574995.jpg
今回は3種類。右がりんご入り。焼りんごの味が濃厚。
中央、看板商品。塩入りバターキャラメルC.B.S.(セー・ベー・エス)。(・・・多分。)
塩味の利いたバター風味とナッツの食感。
左、そば入り。はっきりしないが、蕎麦の実がはいっているようだ。
蕎麦粉の舌触りもある気がする。

歯にくっつく食べ物も、甘いかしょっぱいかはっきりしないものも、どちらも苦手な私なのだが、どっちにもしっかり当てはまるこのキャラメルは何故か美味しかった。

ただし、その甘さとバターの風味、一粒150円以上という価格。
カロリーもお値段も、しょっちゅうという訳には行かないシロモノだ。
[PR]
by chatadon-06 | 2008-01-03 22:02 | お気に入り | Comments(0)

・・・と書いても、アウトドア系の方で無いと意味ワカラナイかもしれない。
IHクッキングヒーターで作るロッジ社のダッチオーブン料理。
今年はクリスマスにも出番が無かったわが家のダッチオーブンが、久しぶりに登場した。
(本体はコンボクッカー、蓋はキッチンダッチオーブン。)
a0091680_22345067.jpg
ブームの白菜ソテーもマンネリ化してきたので、同じくらいの幅に切った白菜の芯部分と豚肉を重ねて蒸そうかと始めたが、途中で人参を入れ、さらに冷蔵庫の野菜室の底のほうから発見(発掘?)したレンコンが参入し、ついでに大豆の水煮まで入ったので、国籍不明のごった煮状態。
水は全く加えなったが、野菜の水分でしっかり蒸し煮に。
野菜の蒸し煮はダッチオーブンに限る・・・。
a0091680_22353544.jpg

巷で人気のル・クルーゼでもきっと同じ様においしく出来るんだろうけれど、アウトドアのオーラ漂うダッチオーブンは我が家にとっては別格。
いつか薪ストーブの上でダッチオーブン・・・。と、望みだけでも持ち続けよう・・・・。

先週のお気に入り、またしてもzopfのパン。
a0091680_22363054.jpg

今回の新顔(我が家では)は・・・
かぼちゃと栗とベーコン入り。コレは先日のレバー入りのように微妙な(当社比)感じではなく、おいし~と素直に楽しめる味でした。
a0091680_22371838.jpg
そして土日限定の名前を忘れたパン。
大きな空洞がぽこぽこあって、中はしっとりもっちりしてました。
a0091680_22374776.jpg


食べてばかりでなく大掃除だって(・・一応)してます。
本日までに洗濯したカーテン48枚。ふぅ。
[PR]
by chatadon-06 | 2007-12-26 22:40 | お気に入り | Comments(4)

まめぐい。
東京駅・駅ナカにお店があるらしい。
日本手ぬぐいの3分の一カットサイズ。
200柄以上が揃っているとのこと。
a0091680_1210676.jpg
手ぬぐいだと使い道が限られるが、これならハンカチサイズ。
色々な柄をそろえても使い道がある♪
かわいい・・・・欲しい。(これ、私のじゃないのです。)
私も買ってきてもらおうかな?でもお店に見に行きたいな。

はあと。
。。。サフランの芽の後に見えているテーブルフラワー。
a0091680_1285055.jpg
こぼれた花びらをふと見ると、綺麗なハート型。
a0091680_1292837.jpg
披露宴会場を飾っっていた物らしいが、こちらまで幸せな気分になってくる。
。。。。。お幸せに♪
    

なんだかステキでないことも。
あれ?冷蔵庫の中においしそうなものが入っている。
引出物かな~?食べて良いのっかな~♪
a0091680_12112587.jpg
・・・と何気なく裏を見ると、裏面半分くらいの面積を占める警告表示。
食べてはいけない・・・と思いっきり言われた気がした。
a0091680_12115863.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2007-11-02 12:02 | お気に入り | Comments(8)

キルフェボンのタルト

ブログ公開一周年なので、奥日光は一回休んで(←まだ続ける気!?)
先日のブログ開始一周年に画像を利用したタルト、切ったところをご紹介。
公開記念日だから??自分でも意味不明。)
食べたい一心でピントが合ってませんが。
ホール一つに見えますが実は二種類のケーキです。
黒糖風味のサツマイモのタルト(手前側・後はりんごのタルト)
a0091680_1214556.jpg
中にはおイモがごろごろ。クリームも黒糖(イモも?)風味なところがにくい。

甘酸っぱいりんごのタルト
a0091680_12244940.jpg
上に載っている角切りのりんごは外側がしんなりと味付けがなされているが、中心はさくさくの生。タルトのなかにはしっかり煮たりんご。色々なりんごが調和しあっているが、食べる部分一口ごとにそれぞれの様々な味わいを楽しめる。
ここのタルトを味わっていつも思うのは、単にフルーツが飾られているのではなく、しっかり味をなじませ、タルト本体との「対比」でなく「調和」で味が作られているところ。
グラデーションのように味を繋ぐ領域があり、さらに果物本来の味が現れるところが技。
HPには
フルーツ生産農家の皆様へ
<契約栽培、および直接取り引き先募集のお知らせ>

というページもあった。ナルホド・・

この店のフルーツと薬蜜のパウンドケーキ
a0091680_1226096.jpg

ウイキョウの薬蜜とイチジク  コウキツの薬蜜とパンプルムス(グレープフルーツ)
クコの薬蜜とプラム トウジンの薬蜜とブルーベリー モクシュクの薬蜜とリンゴ
・・・とかなり変り種で(コウキツ?トウジン?モクシュク??)
恐る恐る食べてみたが、特に香料が効いているなどエキゾチックなわけで無く、なかなか良い味だった。我が家のようなダイエッター(?)にも、小さめで丁度良い大きさです。
そして引き出し式の箱がかわいい!
a0091680_12273465.jpg


食欲の秋です。皆々様、ご用心を・・・
[PR]
by chatadon-06 | 2007-10-11 11:30 | お気に入り | Comments(10)

大きな瓶入りアカシアハチミツを貰ったがなかなか使い終わらない。でも、早いトコ全部使わないと、味を試したいほかのハチミツのところまで、いつまでたってもたどり着けない。
のばらの蜂蜜もまだ箱に入ったまま。なので、早くこの大量の蜂蜜を効率よく料理に使い、使い切ってしまいたい。
以前にもハチミツを効率よく使うべく、蜂蜜入れ(ハニーディスペンサー)を買ってみたことはあるが、どうにも切れが悪く、気持ちよくつかえなかった。

ところが、最近になって新しいショッピングモールの中の店で気になるものを発見。
でも、買ってしまって使い勝手が悪いと、またお蔵入り(廃棄)になってしまうので、
4000円弱という価格をどう評価するかで少し悩んで、前回はパスした。

・・・そんな折、懲りずにまたタンポポ蜂蜜を買ってしまった。
a0091680_15273183.jpg
いよいよ切羽詰って、今回は思い切ってディスペンサーを購入。
デザインもお気に入りだし、何より使い勝手が秀逸。
親指で蓋の端を押さえて開け、注ぐ。
a0091680_1530615.jpg

注ぎつつ親指を離すと、傾けたままで蓋が閉まって蜂蜜の流れが見事に止まる。
a0091680_15304188.jpg

なおかつ切れも良くて、縦に戻して置いてからも、注ぎ口の周りに伝ってこない。
・・・お見事。
a0091680_1531212.jpg

冬になって蜂蜜が固くなったら、注ぎ口がもっと広く無いとうまく注げないかも知れないが、まあ、そのときは湯煎するか、他の方法を考えよう。


・・・時に、たんぽぽは花の香りがビミョーだけれど、たんぽぽ蜂蜜はどうなんだろう?
まだまだ、だいぶ先のお楽しみ。
ちなみにこちらの賞味期限は↓
a0091680_15323450.jpg
その頃までに、ここに味の報告が無ければ、どなたか催促のコメントを・・・
                             (#`´)/☆(´∀`)☆\(`´メ)

その後のハチミツ入れ(2008/1/23記)
バンブルハニーポット、が正式名称です。
うちのメンバーに使わせると、どうも切れが悪い。で、観察した結果、コツをまとめてみました。
↑の画像よりもっと傾けたまま、蓋を閉じる。⇒その状態で垂らしきる。⇒これでほぼ切れますが、その後にもし残っているようなら何かでちょんと拭く。
とにかく、傾けた状態のままで、というのがポイントです。
[PR]
by chatadon-06 | 2007-10-05 15:22 | お気に入り | Comments(2)

松川温泉

八ヶ岳近辺のカラマツの黄葉は美しいが、色とりどりの紅葉のきわみは、東北にあると思う。
標高が比較的低く、様々な広葉樹が何処までも奥深く連なる東北の山々は、すぐそこまで来ている深い雪の季節を前に、色彩の饗宴を繰り広げる。

・・・今日、テレビの旅行番組で松川温泉の映像が流れていた。
3年前、東北へ旅したとき、帰り際に紅葉の盛りの松川渓谷を回った。
緑白色の湯に、青空に生える紅葉を見上げながら、夢のような心地を味わった。
食事もたくさんの種類の田舎料理。丁寧に作ってあって、とてもおいしかった。
TV取材の温泉は別の湯のようだが、私たちが訪れた場所の方がより秘湯の風情が濃かったように思う。
本当に良い湯だったが、帰りの新幹線の中で、自分達がかなり温泉臭いことに突然気が付き、周りの人の視線が気になったのを覚えている。
それだけ薬効もありそうな湯だった。
a0091680_2251133.jpg
     ↑画像は3年前。クリックで拡大します
残念ながら、わが古小屋のある八ヶ岳南麓、北杜市の温泉群は足元にも及ばないようだ。
紅葉も温泉も、東北は何事につけ、ほんとうに奥が深い。

松川温泉にある「松楓荘」。かなりお勧めです。


また行きたい・・・・・・
[PR]
by chatadon-06 | 2007-10-03 22:54 | お気に入り | Comments(2)

ガーデンシクラメンの種

暖冬の間中と、春先まで咲き誇っていたガーデンシクラメン。
忙しさにかまけてほうって置いたらいつのまにか葉はなくなり種だけが残っていた。
原種では、この種の茎がくるっと螺旋状に丸まるので、そのような性質を現すラテン語のcyclamenが語源との記憶があった。今回、ネットで確めるとそういう記述が多かった。
a0091680_10454669.jpg
ウチのも何となく「丸くなりたい・・・・・けどタネが重くて回れない・・・。泣」
って感じだったので
「おお、このことだったのか~」と強引に感激してみる。
ちなみに英語のcircleやcycleはこのラテン語起源のような気がするが、時間がないから調べてない。
さて、先月の事、庭でその後のタネを見てみると、ん?無い・・・・。
周りを探すと、株とは少しはなれたところに、まん丸な種が、からからに乾いて転がっていた。
拾って玄関のカウンター上に置いて、また忘れていた。
ある日、思い出して「捨てられたかも!と」現場に急行。
そこで目にしたのは。。。。
a0091680_10464563.jpg

かわいらしく開いたサヤぎっしり詰まった種。
かっわい~~~。
以前に見つけた小さなシクラメンはこうやってこぼれた種から発芽したのね~。
また一つ、おばさんの人生に微笑んでくれた自然の造形。
ありがと~。
a0091680_1048347.jpg

でも、この種をちゃんと蒔いて栽培する時間と意欲がもう無い。
ガーデンシクラメンなんだから、直にガーデンに蒔くことにした。
我が家の放置植物群のサバイバルレースを勝ち残って、ウチ独自の固有種になれるように
健闘を祈る

[PR]
by chatadon-06 | 2007-08-06 10:31 | お気に入り | Comments(10)

ちょっと天気が悪かった先週末の道の駅。
傘をさして水辺でウォーキング。
蓮の葉は幾重にも盛り上がり、雨のしずくをたたえては傾き、下の葉へと次々に滴らせる。
a0091680_18252631.jpg

農産物直売所は夏野菜の季節となった。
ゴールドラッシュという名のトウモロコシのダンボールブースがいくつも続いている。
向かい側には枝豆が各種競い合っている。↓
a0091680_18262817.jpg
a0091680_18274129.jpg
たぶん、サッポロみどりを買ったのだと思うが、(どれだかわからなくなった)実が大きくパンパンになっているのに、もそもそせず、とってもおいしかった。

綺麗な夏野菜たち。
先日の丸ズッキーニがだいぶ大きく育っていて、今度はさらに黄色の丸ズッキーニ登場。
葉っぱがついて居るのはキャベツの仲間の根菜 (根ではなく茎だが) コールラビ。
サヤインゲン二種類。どちらもまだ若くてやわらかく、小さめ。
モロッコサヤの小さいものと、ぺちゃんこで細長いまだ若そうな「氏名不詳」のサヤインゲン
a0091680_1829847.jpg
皆、夏を謳歌するように瑞々しく輝いている。
どうしてここまで綺麗な必要があるのだろうか?と思ってしまうほどいつも美しい旬の野菜。
[PR]
by chatadon-06 | 2007-06-28 17:30 | お気に入り | Comments(4)