近所のスーパーのロックアイス。
良く見たら、なんだ、小屋と同じ市内、八ヶ岳南麓の水源から採取した水で作られている。
a0091680_1534432.jpg
この水はその一帯の水道の水源にもなっている。
固定資産税と住民税(住んでないのに何で~~!!)を取られているのに、前の道路に水道はひいてもらえない我がボロ小屋。
コレを買と、どうしてかわからないが、なんとなく損したような気がする。

a0091680_1545078.jpg
↑同じ北杜市内のフォッサマグナを挟んだお向かいの南アルプス山麓白州町の地下水。
おいしいと思う。一度、他の水を「あ、コレもおいしい」、と思ってラベルを見たらメーカーは違うが同じ白州町の水源だった。
八ヶ岳の小屋に行く時は、飲み水は持参するのだが、↑この水を自宅近辺で買う方が北杜市内で買うよりかなり安いので、遠路はるばる持っていく。
水の里帰り。往復分のの燃料の無駄使い。
「やっぱりこのあたりの水はおいしい」
・・・なんてUターンして運んだ水を小屋で飲んでるのよね~。
正確には川向こうの水だけど、同じ市内だし。


八ヶ岳の伏流水も南アルプス側に劣らず良い水だ。
この名水の郷、南麓一帯では、近年、ブルーベリーの栽培が盛んになって来ている。
…ずっと昔、ブルーベリーはジャムにするしかないすっぱいものだと思っていた。
後年、自宅庭で鉢植えにして、鳥どもの魔のクチバシから逃れたものを食したら、やはりすっぱかったので、ぎりぎりまで熟させることにして見たが、今度はぼけた味でちっともおいしくなかった。
近頃までケーキの飾り用のブルーベリーを食べる機会はあっても、彩りだけで、特においしいと思えるものに出会ったことは無かった。・・・昨年までは。
昨年、友人に連れて行ってもらった、北杜市長坂の古参のブルーベリー農園の果実は、衝撃的においしかった。
果物としての芳醇な香り。みずみずしく甘く、そして巨大。
500円玉大を超えるものもあるそうだ。(画像は昨年のもの、もっと大きい実もあるそうです)
a0091680_1553828.jpg
それまでの、ブルーベリーに対する偏見を、伏して謝りたいくらい (ブルーベリーにね) のおいしさだった。八ヶ岳南麓ブランドで宣伝しまくりたいくらいの、日本一のブルーベリーだと思う。
ただし、完熟の状態で出荷するのは難しいらしい。どうしても、完熟直前のものしか出せないようだ。それでもとてもおいしいと思うが、正真正銘のジャスト完熟の味は八ヶ岳南麓の農園の中で食べるのが確実な気がする。
・・・でも、今年は食べられそうに無い。小屋にもしばらく行けなくなるかも知れないが、またいつか行く時には、南麓のあちこちの農園で同じような味のブルーベリーが作られるようになっているといいな。
頑張れ、八ヶ岳南麓ブルーベリー。

先日、近所のスーパーでアメリカ産のブルーベリーを買った。
予想外に・・・結構おいしかった。
アメリカンチェリーと同じ、甘さを強調した味。
a0091680_156697.jpg

薫り高さと味の繊細さでは、やはり八ヶ岳南麓完熟ブルーベリーに軍配を上げるが、一般消費者は北杜市ブルーベリーの本当のおいしさを知らないと思うので、結構な強敵になりそうだ。
・・・でも、私にとっては比較の対象にならないけれど。
ブルーベリー栽培を極めることだけを目指し、普及(布教?)に飛び回っている御主人に代わって、完全に無農薬を目指して、奥様が人力で虫を駆除するこだわり、栽培される環境の素晴らしさを知る長坂町のブルーベリーは、私にとっては、味の差だけではない磨きぬかれた品質の逸品です。


※時間がなくって皆さんのところへ伺っても、コメントなしの読み逃げで済みません。。。
[PR]
by chatadon-06 | 2007-07-31 15:18 | 八ヶ岳 | Comments(0)

ようやく少し外出が出来る時間が取れた・・・と言ってもまだ夕方までには帰らなければならないので、久しぶりに新鮮な野菜を求めて出かけた。
今回はいつもの道の駅ではなく、もっと足を伸ばして、先日TVで見たて「かしわで」、という農産物直売所へ向かう。
a0091680_22542892.jpg
いきなりカブトムシを売っているので、これも農産物なのか?と疑問だったが、桃の畑のカブトムシとの解説で、やや納得。
a0091680_22553340.jpg

いつもの道の駅より広く、見てまわるのは楽だ。
季節柄まだまだ枝豆が多い。
またまた新顔。a0091680_225617100.jpga0091680_22563466.jpg
豆太郎、おつな姫、京娘、さや小町。
何故か娘系の名前が多い。
ビールはやはり若い娘と飲みたいんでしょうなぁ・・・
まあ、好きにしてください。
a0091680_22574039.jpg

花オクラ。興味津々だったが、何故か夫に却下された。
何故かzopfの食パンや、箱入りあんぱんセットも売っていたが、この日は隣のコーナーの「パオ」というパン屋さんのパンを買った。
a0091680_2258618.jpg

JA系の直売所ではなく、農家が集まっての株式会社としての企業形態がなかなか面白いと思ったが、今のところの私の好みとしては狭い店内で色々な生産者の野菜がひしめき合う、いつもの道の駅の方が気にいっている。
でも、こちらはまだ始まったばかり。素晴らしい試みと思うので、今後いろいろ改良、成長していってくれることを期待している。
筑波エクスプレスの駅からも比較的近く、これから人口増、需要の拡大が大いに望める立地なので、良質の野菜を生産し続けられれば、未来は明るいと思う。
頑張れ。近郊農家。
[PR]
by chatadon-06 | 2007-07-28 23:01 | 野菜 | Comments(4)

良く覚えていないけれど、若者向け、ケータイサイトとのタイアップから生まれた小説らしい。
予約のついていない新刊だったので、何気なく借りた。
ストーリーのの進展の折々に、キャラクターの心理にからめて解説とノウハウのページが挟まれる。
恋愛心理の生物学的(?)医学的解説はちょっと面白かったが、登場人物の設定が・・・・
a0091680_2395588.jpg

ヒロイン 心臓に持病があるせいで、恋に臆病。 彼氏 大手設計事務所の御曹司。 恋敵の女の子 建設会社の社長令嬢。 元カレ ニューヨークで名を上げた新進気鋭の建築家。
最後まで読んだら、地平がパッと開けて、「目からうろこ」になるかもしれないと思って頑張って読んだが・・・
おばさん、もう、ついてけな~い。
・・・って言うかもうやってらんな~い。
知らんわっ!もうっ!


ずうっと昔、TVで見たオペラ「サロメ」の主人公、
絶世の美女であるはずのサロメが、縦になっても横になってもほとんど変わらないような、ころころに太った体型で横たわっていたのを見た時以来の、
馬鹿にしてんのかっと絶叫したい小説だった・・・・。
[PR]
by chatadon-06 | 2007-07-27 23:07 | 読書感想文

『白いい犬とワルツを』
・・・『西の魔女が死んだ』の次に読んだのがこれ。
こちらも、ドラマか映画になっているらしいが、見ていない。

こちらは妻を失った81歳の老人と、妻の死後、彼のそばに現れ、見え隠れする白い犬の話。
白い犬が実在したのか、妻なのかどうかというようなことよりも、この老人の生き方、自分自身の人生の一歩一歩を、淡々と着実に刻んで行く姿が印象に残る一冊だった。

妻を失った老人に老いと病いがいやおう無く訪れる。
不自由な片足と、腰の痛みを押して妻と行くはずだった同窓会へ出席するために、老人は子供達に黙っておんぼろトラックで白い犬と出かけ、苦労してたどり着く。同窓会には出ず、妻との思い出の場所を巡る。
・・・最愛の妻とともに重ねてきた月日の記憶は、妻を失った痛みをも超えてよみがえる。
旅を終えた老人は、その後の人生を、自分ひとりで決め、日常を暮らし、去っていった。
読む前は、妻を失い病に斃れるまでの数年間を描いているらしいので、どうなんだろ?と思ったが、読後は妙なくらいに元気を与えられた。
a0091680_15551490.jpg

老いながらも、残された力と気概で行動してゆく。
これまでの人生がそうであったように、最期まで自分で決め、判断し生き切る。
深く思いを注ぎ、また注がれた記憶は、そうした生き方への強い肯定と力になり、愛するものを喪失してもなお、人生を最期まで生き尽くすに足るものにしてくれるのではないかと思う。
その意味で、西の魔女が死んだ、と同じテーマをも持つ気がした。
私的には「白い犬とワルツを」の方が好みだ。

きっと、私もこんなふうな、周りのものには「困ったちゃん」な老人になると思う。
(子ちゃた達よごめん・・・)
でも、夫婦揃って困ったチャンな老人になりたいな。
・・・なおさらはた迷惑ですけどね。
[PR]
by chatadon-06 | 2007-07-25 15:56 | 読書感想文 | Comments(0)

あまりに更新しないでいると、ストレスがたまるので、メモしてあった読書感想文をいくつか、upします。私の場合、本を読むのは解釈ではなく快楽なので、深く読みはしないから、内容が正しく伝わる保障はありません。念の為。

西の魔女が死んだ
清里で撮影が進んでいる映画のタイトルだ。
原作は同名の児童文学。
あちこちの紹介記事を見ると不登校気味の少女が祖母の家で過ごしたひと月の日々の話だという。
当然、魔女の宅急便風に、少女の自立と成長物語を連想する。
早速文庫本を購入して読んでみる。
詳しくは書かないが、まあ↑そんな理解で良いような・・・。

自分の年齢からか、作中の祖母の方により強く感情移入をしてしまう。
(流石にそこまでは年寄りじゃないですけどね。)
祖母として、いとしいもの、思いをかけるものの心に寄り添い、見守り、日々の着実な生活の歩みの中で「自分」を見出し、育むすべを伝える姿に。
a0091680_1233137.jpg


人は愛するもの、子や孫といったおのれが育むいとしいものを、いつまでも羽根の下に抱いているわけには行かない。やがて飛び立つ日を目指し、荒海を渡る力を持てるように打ち鍛えなければならない。
戸惑い、傷つくいとしい存在を前に、本音ではおろおろと右往左往する自分の心を抱えながらも、「強くあれ」と突き放さなければならない日がいつかは必ず来る。
いつも見守り、密かに心に寄り添い、密かに涙することはあっても、独り立ちさせようとする子へ送ってやれるのは、それまでに育んできた心と人格が、この先の生きる力となってくれるようにとの祈りと、見守る眼差しだけだ
でも、この眼差しの深さに子がいつか気が付くとき、『己の存在が深く愛されていた記憶』は自分自身の存在への肯定と、生きる力となって人を支えてくれるのだろう。
この本で、亡くなった祖母のメッセージが主人公に届くように。

私の魂なんてものがもしこの世に残ることがあったら、おそらくは、この世に残した気がかりな者の周りをくるくる舞いながら暮らすのだろう。悲しみにや苦しみに見舞われている姿を見るとき、何も出来ない私の魂は胸をかきむしり、涙を流しながら届かぬ手を延べる。
そして、幸せな未来を確信したとき、安堵の吐息となって消滅するような気がする。

そんな感慨を持った一冊だった。

まあ、私の場合は、見方を変えれば「余計なお世話のおばば守護霊」みたいなものになるだろうけど・・・・。

何しろ、この小説の中で、イチゴつみをしてジャムを作る描写に、
『バケツ3杯分のイチゴを綺麗にごみを取って洗って、同じ3杯分の量が残るなんて・・・
そんなに歩留まりが良いはずが無い! ホントに苺を摘んでジャム作ったこと有るのか?』
などと、ツマラン事に突っ込みを入れたくなる私だからして・・


8月21日追記
読書感想文  西の魔女が死んだ・・と語句検索で来ている君達~。
参考にならなくってごめんね~。
おばさん応援してるから(何の役にもたたんケド)頑張ってね~!

[PR]
by chatadon-06 | 2007-07-24 12:30 | 読書感想文 | Comments(2)

更新・遅れます

諸事情で更新がしばらく滞りがちになると思います。
皆様のところにお邪魔するのも、ちょっと間があきますが、よろしく・・・・
[PR]
by chatadon-06 | 2007-07-17 23:05 | 挨拶・連絡 | Comments(8)

「青い鳥」なメニュー

帰りが遅くなる子ちゃたBに夕食のメニューを画像で送った。

「ゴーヤチャンプルーと鰻蒲焼って、どうよ?」とメールを添えて。
a0091680_2355661.jpg


「一昨日に比べると、とてもまともな普通のメニューだと思う。」
・・・と返事が来た。

そうだった・・・
一昨日送った夕食メールの添付画像はこれ
a0091680_2362826.jpg

ナポリタンに目刺し。

メーテルリンクの「青い鳥」は自宅にいたが、
おかしなものばかり見かける世の中だといいつつ振り返ってみれば、もっとも変なのはうちのメニューかもしれない。

[PR]
by chatadon-06 | 2007-07-13 23:09 | 何か変・・・? | Comments(2)

なんちゃって階段

タイヤ屋さんの店の入り口に続く階段
a0091680_8593541.jpg
・・・と思ったら階段跡地。
a0091680_8595040.jpg
さすがに外から登ろうとする人は居ないだろうが、中から出てくる人は居そうな気がする。
何も気づかず出てきて空中を歩行し、気付いた瞬間に落ちる。
コレがお約束だ。
実はコレ道路の拡幅工事で削られた部分。
まるで「だまし絵」だ。

ボウリングのピンを乗せた軽トラック。
なにがおかしいのかワカラナイのだが、とにかく可笑しい。
a0091680_902018.jpg
きっと運ぶ方は大真面目で大汗をかきながらトラックの上に突き出した部分を縄で縛ったと思う。ご苦労様。
・・・でも、その光景を想像すると、さらに楽しい。

何気なく通っているだけなのに、こんな変なものだらけの世の中だなんて・・・。
     ああ、神様、仏様・・・・


           ♪ありがとうございますっっ♪

**************************************************
その他

a0091680_934735.jpg



☆カリビアンかまぼこ☆
a0091680_95870.jpg




賞品は
有名ブランドの。。。。
素敵なハンカチ??
・・・漠然としすぎです

[PR]
by chatadon-06 | 2007-07-12 08:30 | 何か変・・・? | Comments(6)

緑のからみ大根

土曜日、午後だったので蓮の花を見るには遅すぎたが、偵察、と称して出かけた。
曇り空。
一週間前、細いうなじをもたげていた蓮の蕾は、半ば開いていた。
ほわっ と開きかけなのか、閉じる途中なのか、周りの空気を吐息で染めている。
a0091680_15533376.jpg


高い位置から見下ろすと風になびく葉の陰にあちこち薄紅色が見え隠れ。
色が良く撮れていませんが、3つくらい写っています。
a0091680_15535419.jpg

枝豆の新顔とからみ大根を買った。↓新顔枝豆・湯上り娘。
「ビールのお供に湯上り娘。」なんて?・・先日のは「キリ○ビールでもサッポロみどり。」
・・・新しい作物に名前をつけるのは誰なんだろう?
種苗会社や、試験場なのかな?
どんな名前でもそれぞれの思い入れで付けて構わないとは思うけれど・・・。
目まぐるしい。
a0091680_15543193.jpg


からみ大根は、この頃あちこちで売られている小さな硬い大根形のものではなく、濃い緑のがっちりと硬い蕪のような見かけ。すりおろすと、綺麗な緑でわさびのような香り。
a0091680_15551440.jpg

同じ仲間の植物だし、からみ成分はそれほど違わないと思うので、ここまで緑が濃いと「からみ大根」ではなく「わさび大根」、と思ってしまう。でも「わさび大根」はたぶん「ホースラディッシュ」の日本での呼び名だったと思うので、そうは呼べない。
皮がわさびよりずっと濃い緑色なので「おろし」は白と緑が混ざる見た目。辛味の強さの加減も、色の加減も「もみじおろし」の緑色、わさび版といったところ。
二種類取り合わせる手間もかからず、結構おろしの量もあるので、お買い得です。

警報機の上のツバメの巣はもう空っぽだったけれど、その横手のほうに新たに製作中のツバメの巣があった。
a0091680_15555112.jpg

心底、感心してしまう。この難度の高さ。庇の下、外敵の少なさを考えたロケーション。
きっと、警報機の上に巣作りをしていたツバメの一族に違いない。
こういう立地条件(?)の雨どいなら、コンビニに限らず全国のいたるところにありそうな気がする。この一族が繁殖し、版図を広げていくにつれ、全国の雨樋はツバメの支配下に・・・。
いやいや、この一族なら、もっと奇抜かつ目からうろこの営巣を見せてくれるに違いない。
そしてきっと、全国各地にもこんな巣を作るライバル一族は居るに違いない。
今後のツバメ界が楽しみだ・・・。
[PR]
by chatadon-06 | 2007-07-09 14:31 | 季節 | Comments(11)

今度はまたしても、ZOPF。
ネタ無し生活です。
先日、念願のzopf二階のレストランで食事が出来た。
今回はプレート料理のセット。
a0091680_10274732.jpg
夫は若鶏のマスタードソースのプレート1100円
私は豚肉の無花果ソース煮1400円(↑左端)
両方スープと、勿論パンつき。
それぞれの料理にあわせたパンをお店側でチョイスして、盛り合わせてくれる。
パン各種一、二切れで種類が沢山。
少ないように思えた(ウチだけかも。)が結構ボリュームがある。
a0091680_10282044.jpg
若者には少し足りないかもしれないけれど、御安心を。
Zopfパンセット 500円10種類以上のいろいろなパンの盛り合わせと 3種類のFixing(ペースト・ジャム)のセットなど追加でいかが?他にキッシュなんかもあります。

このパンにはこの料理、この料理にはこのパン。
「たぶんこういう味がいいのよね~」と何となくイメージするとおりの味。パンも料理もさらに引き立てあって期待以上のパーフェクトなzopf ワールド。
フランス料理の名店なんかに比べれば、洗練度とか、ソースとか素材とか、いろいろ意見のある方も居ると思うけれど、そのような料理ではここのパンの味わいは極められないと思う。
飛び切りのパンの織り成すZopfワールドを完結させるには、飛び切りの家庭料理が必要なのだ。私には文句無く最上の取り合わせのお料理だった。
食べきれない方も多いらしく、お持ち帰り用の袋も用意してある。
私もふた切れ持ち帰りました。
このほかにデザートとコーヒーセットで追加400円
a0091680_10305938.jpg
・・コレはちょっと要らなかったかな?
個性的かつ、ハイクォリティな食事の〆としては、「普通においしい」気がする。
誤解のないよう書き添えますが、結構おいしかったんです。ただし、食事、パンと同レベルでは無かった。
ケーキに費やしたカロリーを他のもの向ければ良かった~。
・・・今度はそうしようっと♪ ソーセージ、ザワークラウトなんかの正統ドイツ風のセットも味わって見たいし、なんと朝7時からの朝食メニューもやたらにおいしそうだし。
・・・でも、そのとき思い立って行ったのではまず席がないのが、この店の最大の欠点です。
a0091680_10322156.jpg
Zopf入り口。
小麦の生産者の写真と麦の穂。ついこの間が、「麦秋」でしたものね。
[PR]
by chatadon-06 | 2007-07-05 10:19 | 食事処 | Comments(10)