前に買い損なったハナオクラ。
道の駅にも有ったので今度は購入。
アオイやフヨウ、ハイビスカスの花にめしべまで良く似ていて、大振りの華やかな薄いレモンイエローの花。
a0091680_21414014.jpg

早速食べてみた。
生で刻んで・・・と言われても、ヘタの部分はなんだかごそごそしそうなので、ちぎり取ることにする。ちぎってみるとそこには・・・ちっこ~~いオクラ!
a0091680_2142365.jpg

どれどれ、とちびオクラの根元を切ると、あははは♪
ちゃんと花形に種が詰まっている。
a0091680_21422647.jpg
・・・とこうしてはいられない。ご飯ご飯・・・。
ざくざくと2センチ幅くらいに切り、盛って、け削り節をトッピング。
食感はレタス。
僅かに花の味。(他のエディブルフラワーと同じく種類は違っても花弁には花弁の共通した感じの味があると思う) そして少し噛むと、ちゃんと軽い粘りがある。
もっと細かく刻んで混ぜるとある程度糸をひくかもしれない。
花ズッキーニのように花で何かを包んで料理するにも向いているのではないかと思う。
でも、花がかなり大きいから、巨大な料理になっちゃうかも。

一緒に買ってきたフルーツパプリカ
a0091680_21425438.jpg

フルーツ感覚で生食、と書いてあったが、それほど既存のカラーピーマンと味が違うわけではなく、同じように甘みがあり、かすかに酸味もあって、サラダにも、炒めてもおいしそう。
ただ、こうしてころころと小さいものが色とりどりに並ぶと見ているだけで楽しいし、一度に何色もつかえるところが大きいカラーピーマンより使いやすそうだ。栄養価は色それぞれに違うらしい。
a0091680_21442270.jpg


夏に元気な野菜たち。
その元気を夏バテの私にも分けて欲しい。
[PR]
by chatadon-06 | 2007-08-28 21:30 | 野菜 | Comments(8)

濃緑色の小さなゴーヤと黄色のころっとしたゴーヤ。
二つ一組で袋入りになっていた。
あまりに綺麗なので即買ってしまった。
一昨日、いよいよ使うことにして、二つに割った。
a0091680_15185045.jpg


あけてびっくり・・・・
[PR]
by chatadon-06 | 2007-08-27 14:32 | おぉ~! | Comments(6)

案山子・・・・!!

稲穂がこうべを垂れ、黄金色に染まりはじめた田んぼの中。
ひとり全体を見渡すスキンヘッドの指揮官(?)を注視する精鋭たち。
a0091680_22335552.jpg
a0091680_22341241.jpg
a0091680_2234304.jpg
・・・これからがいよいよ出番です。
この案山子を担いで一つずつ立ててゆく光景を、早回しで見てみたい。
想像するだけで一人でにんまりしちゃう。
この案山子立てた人、ありがとう。
わざわざ連れて行ってくれた夫、ありがとう。

ほかにもこんなのが・・・・・
みんな浴衣姿ですが、夜見たらかなり怖い風景では・・・。
a0091680_2235522.jpg

もっと他にもあるのでは・・・。探しに行きたいっっ。
[PR]
by chatadon-06 | 2007-08-25 22:22 | おぉ~! | Comments(0)

久しぶりの雨上がり

何のことも無い水たまりに映る青空とサルスベリの花。
単なる雨上がりがとても久しぶりの美しい景色に思えた、涼しい朝の昨日でした。
a0091680_16125584.jpg
なのに今日ははまた蒸し暑い・・・
もういいかげんにして~~~。
一昨日の夕食。
新鮮な野菜の買出しに行けないので、近所でとにかく買い集める。
調理用トマトが安かったので一箱。
焼いたトマトが食べたかったのでズッキーニも一緒に焼くことにする。
買ってあった小ナスも盛って撮影。
てんこ盛りの野菜を見ていると、なんだか元気になれる気がする。
a0091680_16132797.jpg
珍しくスーパーで見かけた丸い小ナスは秋田産。
以前、この小さなナスをミョウバンで色を出し、丸ごと漬けたものを何度かもらって食べたことがある。丸ごと漬けたものを冷水に浮かべて食卓に出すのだが、それはそれは鮮やかな「茄子紺」で、まるかじりするときのぷりっとした皮の歯ざわりと緻密でやわらかい実の味は、忘れられない。
今回ミョウバンは無かったので、色は気にしないことにして、いくつかに切って、からし醤油にいきなり漬けた。日が経ってしまったせいか、少しあくが残ってかすかに苦味が感じられる出来だったが、ぱりっとした食感は以前食べたものと同じだった。

トマトのお供(?)で残りの小ナスたちはフライパンで焼かれて冷製パスタのトッピングになることになった。レシピ・・・は希望が無いと思うので、省略。
a0091680_1614919.jpg
普通のナスより身(実?)がしっかりしていて、食べてるって実感がありました。
少しこげていたせいで、夫は途中までズッキーニだとばかり思っていたらしい。
ズッキーニよりしっかり身のある感じです。
夫は食べ終えるまでに5回くらい、「これ、美味い♪」と言っておりました。


モンゴル出身の横綱問題で報道しきりですが、母国での横綱の乗馬映像を見て、
「何てスゴイ馬達なんだろう」
と小さい身体であの重いお相撲さんを運べるモンゴル馬に感動してしまいました。
さすがに、歴史にその名をとどろかす名馬達です。
馬の方をもっと映して欲しかったと思いました。(笑)

[PR]
by chatadon-06 | 2007-08-24 15:35 | 野菜 | Comments(4)

お詫び

読書感想文  西の魔女が死んだ
・・・・と語句検索で来ている君達~。


このごろ検索でのアクセス数が増えてるけど、きっと皆、宿題の感想文が追い込みにはいったんだね。

全然参考にならなくってごめんね~。

おばさん応援してるから(何の役にもたたんケド)頑張ってね~!
[PR]
by chatadon-06 | 2007-08-21 13:06 | 挨拶・連絡 | Comments(9)

庭先の・・・

先週、お盆の墓参りのついでに、霊園の近くの梨園に寄った。
工業団地のような一帯のまっただなか、恐る恐る入り込んだ農家の庭先。
自家用?みたいなキウイだな、地面の近くに左右に延びるイチジク棚(?)。
a0091680_12332451.jpg
梨の農家の奥さん(娘さんかも?)がとても素敵な人だった。
テンポの良いツッコミ話術で、夫たじたじ。
カリスマガーデナー果樹園のカルト伝道師的なカリスマオーラを漂わせた、果樹園の陽気な魔女。魔女の宅急便の画家とか、パン屋のおかみさん役がぴったりな感じの人。
梨もとてもおいしかったので、是非また行こうっと。

帰りに見上げた農家の庭先には、世界規模の企業の本社。
梨畑の中、軒先に聳え立つ世界シェア5割。
a0091680_12335310.jpg

魔女が生息するに見合う不思議の世界、異空間への入り口に迷い込んだ思いの黄昏時だった。
[PR]
by chatadon-06 | 2007-08-21 12:07 | おぉ~! | Comments(0)

予想最高気温前日比

今日は昨日よりうんと気温が低いんだ~~~!
やった~
今日は涼しい!!
a0091680_1115120.jpg
本当に「昨日よりうんと涼しく」なってる。。。。気がしてきてしまう今日。
前日比-5度なんてところもあるんだから、間違ってないのよね?

「涼しい」木陰を選び、大急ぎでクリーニング屋へ往復した道すがら。
歩道の上にはもう秋の便りがたくさん届いていた。
a0091680_1115244.jpg
a0091680_1257879.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2007-08-17 11:08 | 季節 | Comments(6)

旅気分・・・・

何処にもいけない旅行シーズン・・・
大急ぎで図書館に本を返しに行ったついでに
旅行コーナー(?)の棚からざざっと引っこ抜いて来た本たち。
a0091680_23565765.jpg
どうせ読んでる暇もないんだけれど、アイスコーヒーでも飲みながらぱらぱらめくり、眺める時間を想像して、ちょっとストレス解消。
いやはやどれだけ実際の旅行とかけ離れるんだか・・・・

くさらず頑張れ私、な気分の日々なのです。
[PR]
by chatadon-06 | 2007-08-12 23:46 | 頑張れ! | Comments(6)

いが栗レース

先週の事、いつもの栗の木のそばを通りかかったら、一面に青い栗のイガが転がっていた。
全部落ちたわけではないが、残っている方が数少ない。
a0091680_15222052.jpg

落ちたばかりのようだが、落ちているイガは、枝に残っているものより小さい気がする。
今まで観察して来たような勢いを保って大きくなり続けていたら、こんなに小さめではなかったはずだ。途中で成長速度がスローダウンしたのかな?って大きさだった。

きっと環境の良いところの実が生き延びて、他のは淘汰されていくのだろう。
残念ながら、これまで観察中だったイガもなくなっていた。
それにしても、一面のイガ。いくら可愛い小さなイガとは言え、ちゃんととげとげだらけだ。
こんなにたくさん落ちてくるときに下に居たら大変だろうな~。
と思いつつ通り過ぎようとしたら、歩道にこんな配置のイガがあった。
     。。。皆で走ってるように見える。
a0091680_15325759.jpg

「隣のトトロ」に出て来る「真っ黒くろすけ」みたいだな。。。
緑色だけど・・・。


人間は暑くてぐったりするこの季節、植物は太陽エネルギーをその葉一杯に取り込んで光合成に励むのだろう。より良い種子を残すために着々とイガの数をすぐり、残ったイガに養分を集中して育て、次の世代を託す。
こけつ、まろびつ、ひたすら走り過ぎていくようなイガの姿に、季節とともに無心に営まれていく植物達の生命の時間のさざめきを聞いたような気がした。
[PR]
by chatadon-06 | 2007-08-09 15:09 | 植物・動物 | Comments(0)

ガーデンシクラメンの種

暖冬の間中と、春先まで咲き誇っていたガーデンシクラメン。
忙しさにかまけてほうって置いたらいつのまにか葉はなくなり種だけが残っていた。
原種では、この種の茎がくるっと螺旋状に丸まるので、そのような性質を現すラテン語のcyclamenが語源との記憶があった。今回、ネットで確めるとそういう記述が多かった。
a0091680_10454669.jpg
ウチのも何となく「丸くなりたい・・・・・けどタネが重くて回れない・・・。泣」
って感じだったので
「おお、このことだったのか~」と強引に感激してみる。
ちなみに英語のcircleやcycleはこのラテン語起源のような気がするが、時間がないから調べてない。
さて、先月の事、庭でその後のタネを見てみると、ん?無い・・・・。
周りを探すと、株とは少しはなれたところに、まん丸な種が、からからに乾いて転がっていた。
拾って玄関のカウンター上に置いて、また忘れていた。
ある日、思い出して「捨てられたかも!と」現場に急行。
そこで目にしたのは。。。。
a0091680_10464563.jpg

かわいらしく開いたサヤぎっしり詰まった種。
かっわい~~~。
以前に見つけた小さなシクラメンはこうやってこぼれた種から発芽したのね~。
また一つ、おばさんの人生に微笑んでくれた自然の造形。
ありがと~。
a0091680_1048347.jpg

でも、この種をちゃんと蒔いて栽培する時間と意欲がもう無い。
ガーデンシクラメンなんだから、直にガーデンに蒔くことにした。
我が家の放置植物群のサバイバルレースを勝ち残って、ウチ独自の固有種になれるように
健闘を祈る

[PR]
by chatadon-06 | 2007-08-06 10:31 | お気に入り | Comments(10)