お忙しそうですね?

またもや、「数字の苦手な経済出」のワタクシの鬼門、大ッ嫌いな確定申告の時期です。
 領収書、って何で全部大きさが違うのっ?
 これって返してもらえるんだっけ?
 全部コピーとっとかないといけないのかな?
 インフルエンザ予防接種、人間ドックは不可だったよね・・・。
 もうやだっ。
オマケに、いろいろなものの名義変更手続きやらなにやらもしなければならず、
宇宙のかなた、全てが「ま、いいか。」のアバウト星から来た私の脳はパニック寸前。
慌しい気分のせいか、見るもの全てが忙しそうにしている気がしてきます。
↓忙しく作業中のロボットに見えます
a0091680_1730727.jpg

「年度末、予算消化工事。ロボットの手も借りたい忙しさ。」・・・などとつぶやきたくなります。
私だけかもしれませんが。・・・私だけでしょうね。

                 ・・・頑張れ、私

[PR]
by chatadon-06 | 2008-01-31 17:18 | 通りすがり | Comments(6)

寒中の美女?

寒いっ。  寒さも「底」の今日この頃ですが

健気に強く花を咲かせる日枝。
a0091680_12215632.jpg

二ヶ月前から蕾のままほとんど変化がないように見えるが、じりじりと膨らみ、色を増しているガーデンシクラメンは、植えっぱなしの越夏、越冬組。
a0091680_12233366.jpg
近くのお仲間、強い子組のシクラメンもカチカチ冷凍⇒⇒⇒解凍
          と日々繰り返しながらもしっかり蕾をキープしている。
a0091680_12365891.jpga0091680_12373469.jpg


今年新たに買ったコチラ↓のガーデンシクラメンも「・・冬も屋外で咲き続けます。」
というふれ込みだったのだが・・・。
隣り合った二株を購入したのに、庭に出して一週間ほどすると他の一つは元気に咲き続け、コチラはうなだれてきて、完璧に、しんなりぐったり。
もともと傷んでいたのかな~ダメかな~?まだ、凍るほどじゃないのにな??
でも、万が一?と室内に置くとあ~ら不思議、一晩でピッカピカの元気顔。
寒さにめげてしまう落ちこぼれガーデンシクラメンだったのね。
・・・・と思ったが、どうもアヤシイ。
隣り合っていた姉妹株は今でも同じ寒さのなかで元気に咲いているのだから。
いかにもしんなりぐったりと息も絶え絶えだったにしては取り込んでからの回復が早すぎる。
速攻回復し、白々しいほどけろっとしている。
a0091680_12393437.jpg
・・・・・わざと
人間の目を欺き、環境の良い室内に取り込ませる偽態だったのでは?
落ちこぼれでなく、人を手玉に取るほど進化しているのかも。

呆れるほど素早く快復し、そしらぬ顔で次々と花を開いているコヤツ・・・。
気を失うふりして、介抱させる悪女なのかも?

私も、「あ、めまいが・・・」
などとふらついて見せて、ちやほやされてみようかと想像してみるものの、

脳内の現場では
「大変だ、フォークリフトもってこい!」
「いや、クレーンじゃないと無理」
なんて会話が交わされた。
ははは・・・。

[PR]
by chatadon-06 | 2008-01-28 12:19 | 植物・動物 | Comments(2)

超・泥縄

田んぼの真ん中。
ここが整地され、建物の影も形も無いうちに、いきなり出現したこの看板。
a0091680_17342910.jpg
もうすぐ建物は完成らしいのに、看板はまだ立っている。
a0091680_17352021.jpg
経営者募集中
経営者はいまだに出現しないのだろうか・・・?
ヒトゴトながら心配です・・・。

そこのアナタ、いかがですか?
[PR]
by chatadon-06 | 2008-01-25 17:21 | 何か変・・・? | Comments(0)

鵜の胃

The stomach of a cormorant.(鵜の胃)
以前読んだ本の中に、英国人が日本語-「鵜の胃」-に感嘆した、との記述があった。
正確にはもっと長い文だったと思う※が、図書館から借りた本なので確めようが無い。
まあ、↑だけでもニュアンス(の一部だけ)は伝わると思うので、ご容赦ください。
「うのい」。という三音で、上記の英文をあらわせてしまうところは凄い!
・・・確かに。  

a0091680_2293352.jpg
※ちょっと語順が違うかもしれないけれど、「鵜の胃と尾の絵」(ウのイとオのエ)だったらしい。
忘れてたのにも拘わらず、ちゃんと鵜の胃と尾の絵じゃない、えらいぞ、自分。058.gif
・・・と思ったが、
カワウの足と尾が良く判らなかったので、水の中。(笑)しかも尾の付き方が、なんか変。
そして「鵜の胃」が、果たして↑の位置にあるかどうかは、ワカリマセン。
ところで、カワウ、ウミウはペリカン目ウ科に属するそうです。
060.gifあはは・・・ペリカン目~~!なるほど~060.gif

・・・もっと感心したのが、少し前に良く聞いた
非姉歯物件
もちろんそのようないかがわしい物件に感心するはずはなく、言葉による表現にだけれど。

『主にマンションなどの住居系の鉄筋コンクリートの中高層建築で、姉歯建築士によって耐震強度が擬装され、十分な強度を持たぬまま建築された、または建築中の建物』
・・・・を姉歯物件と呼ぶのだと思う。(ちゃた的定義)
すると、非・姉歯物件とはそれ以外の世の中の全ての物件
・・・・・のはずなのだがところがどっこい。
『姉歯建築士以外、他の建築士や企業による耐震擬装
・・・という定義がさらに加わったのが「非姉歯物件」

「非」という一文字のこの雄弁さ。そしてこの「非姉歯物件」一語を形成する定義の数の多さ。

「鵜の胃」は外国語との比較による相対的な凄さだったけれど、「非姉歯物件」は絶対に凄い。・・・こういう表現は文法的に変だけれど、断然、絶対的に、凄い。

[PR]
by chatadon-06 | 2008-01-22 22:04 | おぉ~! | Comments(6)

春よ来い

夜半に雪
a0091680_17223916.jpg
淡雪は朝日に消えて、凍りつく寒風の吹きすさぶ霜柱の庭だけれど、クロッカスの芽はもう緑を吹いている。
a0091680_17242660.jpg

道の駅から来た、露地物らしい菜の花は黄金の花の輪を広げていく。
a0091680_17245429.jpg


今日1月17日は阪神淡路大震災の有った日。
ひたすら歩む時の流れが、喪失の痛みを和らげ、再生の望みと力をもたらしていますように。
[PR]
by chatadon-06 | 2008-01-17 17:20 | 季節 | Comments(8)

童謡の謎

子ちゃたBと、童謡・森の子ヤギについて協議した。
♪めぇ~めぇ~森の子ヤギ。♪♪
まあ、ヤギだってたまには森にもいるだろうから、そこは置いといて、
・・・あんよが痛いと啼いていた子ヤギは最後には転んで首を折り
060.gif折れりゃ子ヤギはめえ~~となあく♪♪

「首が折れたらそんなもんじゃ済まないよね。」
「て言うか鳴けないよね、既に」
今回、検索してみたらあちこちでそう書いておられる方がいる。
・・・・うちでも検証の末、
「とにかく、啼いてる場合じゃない」との結論に達した。

a0091680_1533960.jpg

そこで思い出したのが、はるか以前、子ちゃたBの通う幼稚園で聞いた歌について。
先生が歌い始める。
060.gif一人の象さん♪♪
・・・・母はいきなり度肝を抜かれる。ひとり・・・・。象さんがひとり・・・・。
         呆然と聞く母の耳にさらに追い討ちをかけるその続き。
060.gif・・・蜘蛛の巣にかかって遊んでおりました♪♪
060.gifあんまり愉快になったので~♪もひとりおいでと呼びました♪♪

…母、朦朧としつつも情景を思い浮かべる事となるのだが。

象がかかる蜘蛛の巣ってどんだけ巨大なのだろう?
そしてその蜘蛛は?。。。恐怖の巨大蜘蛛。。。
暴走しそうになる思考回路を押しとどめ、プラス思考へ誘導する。
・・・いやいや、小さい象さんなのかも知れない。
。。。ん?これは可愛い。ぜひ飼ってみたい。
ジオラマのようにアフリカの大草原など自宅に再現して。

・・・で蜘蛛は?
「かかって遊べる」蜘蛛の巣の主はほぼ象さんと同じ位の体格であると考えられる。
何頭もの可愛い象さんが懸かって遊んでいる様子は蜘蛛にとっては・・・。ご馳走の山~~!!
母は、日夜蜘蛛の駆除に励み、「蜘蛛の巣には懸からないように」と象さんをしつけなければならない。象さんきっと苦情を言うだろうな~。
「え~!面白いのに~~!、○○チャン家のおばちゃんて意地悪ぅ」
「だいじょうぶだよぉ皆いるんだから」
「そのスリルが面白いんだぜ。ばばぁ」なんてヤツもいるかも。
そんな甘い考えで命を落とした象さんがいることを年長者として、ちゃんと教えなければならないことになるだろう
そして家中の蜘蛛の巣を取り去るために、馴れぬ(笑)お掃除に励まねばならないし、うっかり掃除機で象さんを吸い取らないように細心の注意を払わねばならぬ。
疲れる、ゼイゼイ・・。
象さん、
蜘蛛の巣に懸かって遊ぶのはやめましょう・・・・。
a0091680_15335083.jpg

・・・時に、象さん達はその後どうしたかというと
060.gifあんまりあそんで あきたので♪もうやめましょうと いいました060.gif

。。。。とお気楽に解散
ふざけんな~~~!!どんだけ心配したと思ってるんだ~~~!

童謡とは、謎だらけの不条理なものなのだ。
[PR]
by chatadon-06 | 2008-01-15 15:20 | 何か変・・・? | Comments(4)

沼猿・・・・?

先週、野菜の買出しついでにドライブ中の街中。
前方に不審な動き
a0091680_11391193.jpg
街中でボートの点検・・・消防署の前?
横にRESCUE SERVICE と書いてある。
a0091680_1140299.jpg

そういえばその先の曲がり角を曲がって坂道を下れば、道の駅のある水辺。
台風のときでも無ければ、さざ波しかない鏡のような水面だけれど、水難救助するには船は確かに必要。
a0091680_1141832.jpg

水上の救助は海上保安庁、海猿、などと思うが、内水面には海上保安庁は出てこないだろうな、さすがに。
川や湖、池ならあちこちあるものね。水のあるところ水の事故在り
奥多摩湖はPOLICEだったけれどこっちは消防。
思いがけないところで日夜繰り広げられる地道な努力によって、いつも地球は守られてるのだなぁ。
水難救助戦隊(沼猿?)に感謝・・・・。

[PR]
by chatadon-06 | 2008-01-10 11:32

カリブロ・・・・極悪?

a0091680_22375961.jpgコワッ・・・・。
イグアナ?
カメレオン・・
お釈迦様ヘア!?

メキシコあたりの悪党(名前から連想)

漂うオーラはエイリアン・・・。
とにかく得体が知れない物体
欧州からやってきたカリフラワーの仲間だそうですが・・・・
カリフラワーとブロッコリーの中間、だからカリブロなのだろうけれど、どうしてこんなに怖い顔?

いつもの道の駅野菜販売所で発見。もぅ、見た目だけでも買うしかないっ。


・・・茹でてみました。
a0091680_22402584.jpg
カリフラワーともブロッコリーとも違う、パステル調のグリーンに茹で上がる。
木みたい。昨秋の奥多摩の杉林のようにも見える。
一緒に買った人参二色と付け合せにして、マヨネーズで食した。
全体にパステルトーンな一皿。
a0091680_2241149.jpg

食感はカリフラワーそのまま。味はほのかにブロッコリーなカリフラワー。
色の比率が味の比率になってる感じ。

味にはそれほどのインパクトは無いけれど、何しろこの見た目!。
極悪そうな生の容貌と、メルヘンチックな、それでいてなんだか人工的な感じの茹で上がりへの変身ぶり。
野菜としては結構美味しいんですけど・・・

お前は何者ナニをたくらんでる?と聞いてみたくなる、
とにかくこわもての怪しい野菜です。
a0091680_2245897.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2008-01-08 22:34 | 野菜 | Comments(4)

ごぼうの謎

喪中のたてまえ上、おせち料理はほとんど無しにすることにして、一日から海鮮丼
a0091680_1549795.jpg
など食べていたけれど、冷凍のサトイモなど駆使しての「手抜き煮物」だけは一応作った。
(苦闘の末、椎茸はとても美味しく煮あがった(・・・らしい)。
(椎茸と他の煮物の間にはしっかり隙間が設けてあります。)
a0091680_1550759.jpg

ただし、味は良いのだけれど、ごぼうが青緑
拡大画像は↓
a0091680_15503434.jpg
ごぼうの鍋を焦がした⇒焦げなかったごぼうを救出⇒洗う⇒少なくなったので仕上がり間近のこんにゃくの鍋に投入⇒一緒の容器で冷蔵保存⇒翌朝は緑。
この過程のどこかに緑に変化する要因が潜んでいると思うのだが、調査している暇が無い。

ご意見、ご回答募集中です

おせちの代わりだからってすき焼きだったり、生タラバ蟹鍋だったり、逆に多彩なメニューを堪能することとなり、なんだか本末転倒な気がする年明けだった。
さあ、明日は七草。
いろいろと大変だった去年から、やっと年が切り替った気がする。
良い年になりますように。

追加情報
胡桃の椅子さんからのごぼう情報 コチラ
こんにゃくの立場からの(笑)情報はコチラ

・・・どなたかコーヒーのクロロゲン酸とこんにゃくのアルカリ分で実験してご覧になりませんか?
私はほら、時間がないのでちょっと・・・。とても残念ですが。(嘘)

[PR]
by chatadon-06 | 2008-01-06 15:46 | 興味津々 | Comments(2)

塩入りバターキャラメル

今年は初詣もなく、さして書くべきことも無いので、昨年の書き残しねたをぼちぼちUPします。
フランスの、世界で唯一のキャラメル職人(キャラメリエ)、アンリ・ルルーさんの塩入りキャラメル
世界で唯一の・・・って誰がどう決めるのさっ
・・・ておばさんの疑問はさておいて、昨年末、掃除にくたびれ果てた(精神的にね。)私をほっと和ませてくれた、子ちゃたAのお土産です。
a0091680_21565793.jpg
やわらかく、歯に粘りつき、あま~~~いのにしょっぱい。
でも、おいしい。
a0091680_21574995.jpg
今回は3種類。右がりんご入り。焼りんごの味が濃厚。
中央、看板商品。塩入りバターキャラメルC.B.S.(セー・ベー・エス)。(・・・多分。)
塩味の利いたバター風味とナッツの食感。
左、そば入り。はっきりしないが、蕎麦の実がはいっているようだ。
蕎麦粉の舌触りもある気がする。

歯にくっつく食べ物も、甘いかしょっぱいかはっきりしないものも、どちらも苦手な私なのだが、どっちにもしっかり当てはまるこのキャラメルは何故か美味しかった。

ただし、その甘さとバターの風味、一粒150円以上という価格。
カロリーもお値段も、しょっちゅうという訳には行かないシロモノだ。
[PR]
by chatadon-06 | 2008-01-03 22:02 | お気に入り | Comments(0)