。。。。。あなたは甘食を知っていますか?
a0091680_13394057.jpg
webであちこちお邪魔しているうちに、甘食、らしきパンの記述を見かけた。
円錐形、大きいぼーろ、と書いてあると、私ならすぐに
「あ、甘食!」と思う。
パン屋のガラスのショーケースの中に、底部を合わせた形で置いてあったような、小さい頃のおぼろげな記憶もよみがえってくる。
一時ぱったりと見かけなくなったが、ここ最近、あちこちで見かけるようになった。
a0091680_1340745.jpg
↑私の記憶にある昔の甘食は、もう少しアウトラインの斜辺部分が真直ぐで、横から見ると「三角」だった。

てっきり、インスタントラーメンのような「国民食」だとばかり思っていた。
でも、甘食を知らない人も結構多いらしい。
どうしてだろう。
まず年齢の差。(自慢じゃないが、私結構、歳重ねてます。)
階層の差。(自慢じゃないが、庶民です。)
などと考えたが、どうも違う気もする。
なんだか関西方面では知らない人が多いような。。。。

私だって、節分には恵方寿司なんてつゆ知らず生きてきたので、きっと、地域性によるものだと思う。

ご覧になったそこのあなた、差し支えの無い範囲でコメントいただけないでしょうか?
例えば、
★甘食を知っていた。
★聞いたことはあるけれど、見たのは初めて。
★全く知らなかった。
甘食にまつわる甘く切ないエピソード(。。。在るかそんなのっっ)、
などどんなことでも結構です。色々書いて下さいマセ。

あなたなりの推測なども、書いていただくとウレシイです。
差し支えなければ、見かけた地域。関東、関西くらい大まかでも。

[PR]
by chatadon-06 | 2008-10-31 13:32 | 興味津々 | Comments(21)

個別パックのコーヒー

あまりに投稿の間が開くのもなんなので・・・・画像を一つ。
このコーヒーを淹れるたびに、何となく・・・
a0091680_23154889.jpg

ナスカの地上絵。。。。とつぶやいています。


※コメントのお返事、遅れます。ゴメンナサイ。
[PR]
by chatadon-06 | 2008-10-29 23:12 | お気に入り | Comments(10)

八ヶ岳南麓帰りの長坂インター近く
前を走っていたこのトラックは高速方向へ右折。
首都圏へのりんご便らしい。
三兄弟・・・・とは結構古いキャッチフレーズ。
でも、荷台の後ろ扉に書いてある品種名は
秋映・シナノゴールド・シナノスイート
と皆新品種だ。
a0091680_17273042.jpg


さて、こちらは自宅近くのスーパーから連れて来た(笑)りんご三兄弟
左側が「とき」右が「黄香(おうか)」奥が「さんさ
さんさは近年おなじみになった品種だが手前の二種は初めて目にした。
どちらも浅黄色ベースにほんのりと朱がさしている。
ほとんど見分けがつかないほどそっくりな手前の二兄弟だが、僅かに色味が違い、「とき」のほうは文字通り朱鷺色、サーモンピンク寄りの朱いろ。
そして黄香はまん丸の大玉。     。。。味は全く違う
黄香は果肉がさくさくした食感で酸味もあり、爽やかに甘い。
ときはぱりぱりと緻密でしっかり系。インドりんご(古いか・・・)、王林系の独特の芳香があり、とても甘い。
私は両方とも気に入ったが、夫は後ろ側のさんさの味が一番お好みらしい。

「黄香」について検索したら、このりんごは他の品種の端境期に熟して収穫できること、黄色ベースのりんごなので、赤く着色する為の葉摘みや果実の回転作業を必要としない、省力化面での利点もあるらしい。
新品種の値打ちって味だけじゃないのね~とちょっと感心。
a0091680_1731138.jpg
                それにしても美しいりんごたちです
[PR]
by chatadon-06 | 2008-10-25 17:33 | お気に入り | Comments(4)

岩横のブーケ

10日経ってもまだ前回連休の南麓ねたです。
画像をいくつか。。。
ご当地銘柄肉ナントカポーク・ビーフ・シリーズ第二弾。
甲州信玄豚のロースト
とてもジューシーで味わい深い極上豚。
a0091680_2145850.jpg
新しく南麓に出来たお店トラットリアタダリコにて。

紅葉画像二点、足もとの紅葉
草の黄葉の中の紅葉。
今年芽生えたもみじも、たった二、三枚の葉を染めている。
a0091680_21553140.jpg

岩の脇に生える草の葉の紅葉。
色のグラデーション、イネ科の草らしい長い数本の葉の配置、ほやほやと茂る黄ばんだ葉の風合い。巧まざる自然の造形はさりげないのに圧倒的。
a0091680_22104085.jpg
このままで完璧な秋色のブーケ
[PR]
by chatadon-06 | 2008-10-22 21:18 | 八ヶ岳 | Comments(2)

中央道・上りの楽しみ

もう一週間経ってしまったが、連休帰りの「中央道の上りの楽しみ」画像。
このごろあちこちで、ナントカビーフナントカポークを見かけるが、
これは帰りのサービスエリアでの最近のお気に入り。
甲州麦芽ビーフ重
牛丼の具よりしっかり味がついていて、意外にもサッパリ食べられる
・・・・が、お値段1000円を越え
・・そしてカロリーも1000を超える。・・・涙。
そうだ、「半分こ」ならい~わよね~。と注文。

a0091680_2192640.jpg
でも、もうひとつも同じ甲州麦芽ビーフ料理。半分ずつにするも、
価格、カロリー、あまりかわらず。美味しかったけど。
a0091680_2194671.jpg


そして一週間前の上野原の戦艦
だいぶ葉の色が変わり、優しい雰囲気の「森の舟」に見える。
今日あたりはもう、紅葉の舟、になっているのだろうか?
a0091680_2110711.jpg
抜けるような青空のもと、復活した首都高中央環状線にひさしぶりにはいる。
今度はいつ南麓に行けるかな~。
a0091680_2111165.jpg


↓ サービスエリアの売店を物色中に発見。
ブログねた探しのおばさんの魂胆、お見通し!
a0091680_21122229.jpg
お言葉に甘えて、使わせてもらうことにした。もちろん、買わずに画像だけね。
[PR]
by chatadon-06 | 2008-10-20 20:41 | 八ヶ岳 | Comments(8)

渋滞。路駐大賞。

先週末の北八ヶ岳、麦草峠前の道路。
バイクも通り抜けできないほど、びっしり渋滞。
a0091680_10522392.jpg

標高2127メートル、駐車場はおそらく早朝には満車となっているだろうこの時期だから、広くない国道の両肩は路上駐車の列が続く。
a0091680_10524378.jpg
でも、「路」なのだろうか?↓ ソコは。。。
a0091680_10525562.jpg

夫と二人、路上駐車難易度の評価で楽しんで、渋滞のイライラをやり過ごす。

↓おっとっと・・・とタイヤの向きが心境を物語る。
a0091680_10531125.jpg
ガードレールとの間隔が気になる二台。
a0091680_1053519.jpg

a0091680_10541335.jpg
スポーツタイプはひょっとして外国車?
良く見えないけれど、左ハンドルだったら?・・・・汗。
看板の反対側に停まっている、チャレンジャーな車。そっち側はいいのよね~きっと。笑。
a0091680_10543574.jpg

対向車線の車間が一箇所、ぐ~っと開いたと思ったら、後ろの車にクラクションを鳴らされてる。
おどろいて目を覚まし、あわてて発進させた運転手のおじいさん。。。
白駒池の駐車場横を過ぎると路駐は途切れ、渋滞は解消した。


さて、この日の栄えある路駐大賞は・・・・
a0091680_10545894.jpg

完全に路肩も外れているし、
突っ込んで停まった?。。。と見まがうほど、傾いている。
夫と二人、文句なく一致。
路駐大賞はこのジムニーに決定!
さすがジムニー、と妙な感心しきり・・・。
a0091680_10552474.jpg

私の大好きなジムニーちゃん、捨ててあるみたいだから、拾っていっちゃうよ~。
と心の中でつぶやいてみた。

[PR]
by chatadon-06 | 2008-10-18 10:27 | 八ヶ岳 | Comments(4)

富士山の形

富士山がすこしでも見える地域の校歌にはあまねく「富士」が登場するという。
生粋の関東人の私も、確かに富士が出てくる校歌を歌った覚えがある。
先日、北八ヶ岳で、「今日は富士山が見えます。」と、
浅間山が良く見渡せるレストハウスに掲示があった。
振り向くと、はるか唐松林の向こうに、頭だけぽちっと浮かぶ、
確かに富士山。
??でも、関東で見慣れた富士山の形と少し違う。
南麓で見かける富士山の形とも違う。
先がぎざぎざ、三角横並び。
子供がクレヨンでかくようなでこぼこな山頂。
はじめてみる富士山頂の形だった。
a0091680_144823100.jpg


見つかる範囲の画像で比較してみた。
韮崎から
a0091680_14484133.jpg
初狩から。少し似ているかな
a0091680_14491187.jpg

そして以前住んでいたあたり、市川市から。
a0091680_14492946.jpg

現在の自宅近くから。
a0091680_14494571.jpg
う~~ん、やはり北八ツからが、一番特徴があるぎざぎざ頭。

小さい時から、東側からの富士山(↑下の二枚の画像)を見慣れて育った私には、
「何ていう山?」ときいてしまいそうな、富士山らしくない富士山、だった。
[PR]
by chatadon-06 | 2008-10-16 14:26 | 八ヶ岳 | Comments(6)

奥蓼科と八千穂の秋

12日は奥蓼科方面へ
きっと混みまくるとの予測のもと、朝早く出ることにした。
と言っても夫は作業疲れなので、6時起きが限度。
それでも結構お疲れ気味。
(でもハンドル握ると少し元気が出る、車好き。)
早朝(ウチにとっては)の光の中、画像のコントラストがきつくなってしまったが、レインボーライン沿いの田圃は稲刈りが進んでいる。
いつもながらの富士山の絶景ポイント。
a0091680_1342058.jpg

長年、橋脚だけが虚しく立ち並んでいたエコーラインも先のほうまでつながり、蓼科方向へのアクセスはかなり良くなった。
a0091680_13422777.jpg
ビーナスライン~奥蓼科側には新しい展望台がいくつかできていて、絶景ポイントがいくつもある。
a0091680_13471447.jpg
a0091680_1348868.jpg

天気の良いこの日は、はるかかなたの槍ヶ岳、穂高連峰、北アルプスがハッキリくっきり見え、木曽御嶽までも見える展望台もあった。
展望台ではないが、今回の絶景ポイント。↓ クリックで拡大します。
a0091680_2154379.jpg
270度くらいぐるりと見渡せる地平線はすべて、幾層もの山並みのかなたの稜線。
西はたぶん、乗鞍くらいから、日本海へ落ち込んでいる立山のほうまで続く北アルプス。
                             ↓このへんに穂高連峰と槍ヶ岳↓
a0091680_13494918.jpg
北は浅間?~東は信越、上信、関東の山並み。
パノラマで撮った携帯画像は、設定マチガイですべて極小サイズだった。号泣。

素晴しい大展望を堪能して、昼食後、渋滞の麦草峠、白駒池ルートをやっと通り抜け、お気に入りスポットの白樺林へ。
a0091680_1355775.jpg

八千穂レイクのチェック(笑)を終えるころにはすっかり曇天で、かなりの寒風が吹いていた。
せっかくだからと帰路、赤い橋(東沢大橋)の紅葉もチェックして小屋へと帰った。
a0091680_1355269.jpg


八ヶ岳南麓の紅葉はこれからが盛り。
八ヶ岳高原大橋(黄色い橋)近辺はまだ緑でした。
[PR]
by chatadon-06 | 2008-10-15 13:38 | 八ヶ岳 | Comments(0)

八千穂レイク・・・

先週末からの連休に八ヶ岳南麓に行ってきました。しばらくは八ヶ岳近辺ネタです。

小屋の繕い(笑)も少しは進んだので、紅葉の時期を逃さぬよう、12日はは奥蓼科方面に出かけることにした。
道すがら、美しい白樺の原生林を見にいくついでに、先日「貸し出し中」と書いた八千穂レイクに寄ってきた。
周りに観光施設があるわけではないので、しん、と静まり返る湖。
a0091680_1301366.jpg
こう見ると美しい高原の湖だが・・・
手前はこんな感じ。湖と言っても人造湖らしい。
つり用の桟橋が並ぶ、巨大な管理釣り場・・・???
水深も浅め。
けれど、まるまる貸し出すには、やはり巨大なシロモノだ。
遠くに噴煙をたなびかせる浅間山が見える。
湖畔の森ははもう一息で紅葉の盛り。
唐松も、紅葉樹も全山紅葉の絶景を見せてくれそうな場所だった。
a0091680_1303383.jpg
さ、どうです?
貸し出しの申し込みは20日までですよ。


ボーダーコリーと一緒に釣りを楽しむひと。いいな~。
a0091680_1314114.jpg
ちょっとつまらなそうだったけれど、良い子でお供していた。
a0091680_1323824.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2008-10-14 12:34 | 八ヶ岳 | Comments(2)

感謝のきもち第二弾

a0091680_1244545.jpg

a0091680_1244569.jpg

公開二周年記念日ですので、自作ケーキの画像をどうぞ。
おばさんの感謝の気持ち、ハートが一つ載ってます。(みかんの皮製なので、おばさん同様、喰えないシロモノですが)
そして、もう一つおまけ画像。
めでたい星型のピノ、「願いのピノ」
皆さんに幸運が届きますように。
この夏の山梨県下全域の大停電にもめげず、冷蔵庫の中で無事だったアイスクリーム、ピノ。
そのピノの箱にあった一粒の星ですから、きっと霊験あらたかに違いありません。
…でも、このピノが停電に耐えた、ということ自体が『幸運』で、
「このピノは幸運なピノだった。」
「良かったねーピノ、幸運で。」
って話はそれで終わってる気が・・・。
♪めでたし、めでたし♪
      ★これにて、幸運、終了★
                    。。。みたいな

その場合はご容赦くださいマセ。

[PR]
by chatadon-06 | 2008-10-11 12:04 | Comments(0)