諏訪~八ヶ岳南麓にかけて、いくつか見かけた面白い看板。
諏訪では江戸屋紙店
『江戸』屋がはるかお江戸への憧れを見るようで楽しいし、
紙店・・・って紙屋さんな訳だけれど・・・
ふと、以前見かけた犬店を思い出す。ワシントン犬店
a0091680_12554425.jpg
こちらは韮崎。
良く見れば違うが、いつも何だか、月・金・木・土・・に見えてしまう。
で、こうして画像にしないとちゃんと思い出せない。
望月さん、が名前だと思うので、金木が取り扱い商品?
銘木、という呼び方のように金木って表現がありそうな気が・・・。
検索では、建材、木材系の業種って所までしかわからないので、いまだ
a0091680_1256821.jpg


国道沿いのこちらは・・ビジネス民宿
ふつーの民宿とどこが違うのか、ドコがビジネスなのか興味津々。
う~~んと、ね。
朝食がマック(関西ではマクドらしい。)のハンバーガーだとか。
「お客さん、お客さん、もう起きないと仕事まにあわねぇずら。」
って起してくれる、とか。
・・・コレも謎。
a0091680_12562624.jpg
で、ビジネス民宿を検索すると、
あ~らびっくり18万件のヒット。。。。

[PR]
by chatadon-06 | 2009-02-26 12:17 | 八ヶ岳 | Comments(0)

リンクいただいているjunoさんのお友達の大事なワンちゃんが行方不明です。
北海道です。
画像、情報はこちら
a0091680_13243192.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2009-02-26 12:00 | 挨拶・連絡 | Comments(0)

春間近・南麓風景

もう10日もたってしまったが、今回の南麓行、残りの画像。
ぽかぽか陽気に、雪のとけ加減が「もう春」の甲斐駒ケ岳。
a0091680_1295016.jpg

南アルプスも、春霞のような揺らぐ大気の向こう側。
畦や田では草が焼かれ、あちこちで煙が立っている。
a0091680_1210882.jpg

諏訪大社の帰り、諏訪湖近辺からの八ヶ岳。
見慣れた姿「山塊風」とはまるで違う、長く連なる堂々たる「連峰」の姿。
a0091680_12102616.jpg
14日に南麓の温泉でチョコレートをもらった。
温泉でバレンタインデー。。。。026.gif良くわからないけど、アリガトー!056.gif
a0091680_12104720.jpg


どうせなら
ゆず湯、菖蒲湯、ついでにチョコ湯。。。。なんてどうかな?
チョコフォンデュ風

注:北杜市の温泉ではゆず湯と菖蒲湯はなかった気がします。もちろんチョコ湯もね。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-02-24 12:14 | 八ヶ岳 | Comments(2)

諏訪大社 その2

諏訪大社への道すがら、あちこちの神社で祭礼準備のような光景を見かけた。
a0091680_12473661.jpg
こちらは注連縄(しめなわ)の架け替え風景。古い注連縄が下に。
a0091680_12483373.jpg

架け終わって礼。
a0091680_124937.jpg
そろそろ春。今年の豊作を祈るのだろうか。
上社で見かけた、筒粥※殿跡。 
そういえば、以前訪れた筒粥の行事の残る長坂の神社も諏訪神社だった。 
筒粥の行事。農作物の作柄、作付けの品種まで占う行事。山梨県北杜市長坂町の穂見諏訪十五所神社(ほみすわじゅうごしょじんじゃ)にも筒粥占い(つつかゆうらない)が保存されている。
a0091680_12492146.jpg
富士見町乙事の諏訪神社には、昔の諏訪大社の拝殿が移築されているというが、
現存のものは火災で痛手を受け、かなりの部分が修復後のものらしい。


私が物心つくやつかずのころ(えらく昔。笑。)から、中央本線の駅のホームの蛇口からも温泉が出ていたほどの豊富な湯量の温泉地。神社にだって温泉の湯
a0091680_12505562.jpg

安産系三社の出先機関。一箇所で回れます。笑。
a0091680_12511529.jpg
諏訪神社って全国に一万社以上あるって。。。
ここはその大元締め。元祖・本家・諏訪神社。
にもかかわらず、ものすごく荘厳でも、巨大でもないが、山をご神体とあがめる上社や御柱祭の姿には、山々や森と人との長く深い交わりを感じる。神社や信仰が生まれる以前、太古からの人と山(森)との結びつきを。

あちこちに書かれている現行の神社の信仰の由来だのナンダノはあまり興味なく、ちゃんと読んでません。
・・・スミマセン。
でも、お守りも買ったし、ウチとしては破格のお賽銭、100円(お守りが100円単位なので、くずしたつり銭も・・)をお納めいたしましたので、
なにとぞヨロシク。。。
a0091680_12521026.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2009-02-23 12:39 | 八ヶ岳 | Comments(4)

諏訪大社

先週末、八ヶ岳南麓の小屋で。
もう、作業は程々にして、今回は、観光しよう!と決めていたので、
近場、しかも余り運転のきつくない(。。。もちろん夫が、笑。)ドライブルートを探す。
ドコでもいいよ、と言われたので、「諏訪大社。」と答えるとひどく珍しがられる。
常日頃、有名観光地には行きたがらない私なので。
そもそも、ぞろぞろ人と同じところに行くのが苦手。
お土産屋さんが並んでいるのも苦手。
加えて、古い建築物は好きだが、壮麗さや荘厳さ、歴史より、隅っこの変わったモノとか、古い木材の木組み、年降りた板の木目、境内の古い樹木の方が「萌え~」なので、特に有名な場所でなくても良い。

それなのになぜ、諏訪大社?
         御柱(おんばしら)を一目見たかったから。
この巨大な柱=御柱は、六年に一度、人の手で山から引き出され、諏訪大社の各宮に四本ずつ立てられる。
人力搬送で、巨木を山から引きおろし、急斜面を落とし、あろうことか滑落する巨柱の上に群がってまたがり乗り、下敷きになって大怪我をしたりする無茶な祭りだ。
a0091680_15293332.jpg

昔、地元の人に御柱祭の話を聞いたことが有り、当時、御柱祭の日の病院の休日当直医は必ず外科医だ、とのことで、その巨木の運ばれる様がいかに激しいものか、片鱗をうすうす感じてはいたが、近年、有名になって来てテレビで放映されるようになり、ようやくこのときの話が理解できた。
御柱の進路には救急車が何台もしっかり待機していて、怪我人は速攻、救助、運ばれていった。。。

諏訪湖を取り巻く平地はさほど広くない。
諏訪郡、諏訪市、岡谷市、茅野市。
この諏訪湖周辺の全域を挙げた六年に一度の祭り。
さぞや「祭りがすべて」の一年になるのだろう。

運び込まれる時期の行事ばかりが有名な御柱祭だが、御柱になる木は、祭りの二年前にはすでに八ヶ岳や霧が峰の山中で選ばれ、決められている。
樹齢200年近くのもみの木だそうだ。
そして、来年がその御柱祭の年。
今諏訪大社に立っているもみの柱は来年には役目を終える。この古い御柱は、新たな御柱が引かれて来るのと併行して、古御柱祭という祭礼を経て引きおろされ「普通の柱」へと戻り、それぞれの余生を送るらしい。
次の御柱の伐採の時期は各社で違うが、下社の御柱は今年伐採されるはず。
すでに今は、選ばれたもみの木が森の中で静かにそのときを待っているのだ。
森のしじまと星空に抱かれて200年。・・そして、人の群れを見続ける6年。
。。できることなら、伐採前の森の中のもみの木、そしてその後切り出され、御柱になって建ってからのもみの木の話を聞きたいものです。。。


御柱画像、興味のある方はどうぞ。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-02-20 14:44 | 興味津々 | Comments(0)

先週末、春霞(?)でぼうっと煙る高層ビル群を眺めながらのお出かけ。
a0091680_12365189.jpg

車の温度計は19度。※
暑いの苦手なので少し頭痛がするくらいの車内。
a0091680_12374331.jpg

翌日足を伸ばしてお出かけの水辺では薄着の人が多く、
私もコート無し、カーディガンでちょうどいい。
a0091680_12384213.jpg
ツバメでも飛んでいそうな暖かいうららかな水辺のそばで名物を食べる。
a0091680_1239185.jpg

こんがりと焼けた香ばしい食感は、おなじみのスーパーのウナギとは一味も二味も違う。タレが甘ったるくなく、少し醤油味が濃く塩から目で私好み。
…でも「創業30年」って、しっかり強調して書くほど古くないよね。と思うひねくれたシニア二人。

・・・ここはなんと諏訪湖畔。   「ココはドコ?私は誰?」・・・ならぬ

氷はドコ? 御神渡りってナニ?  

まるで春たけなわの房総半島並みの気温。
異常気象をひしひしと体感。

※八ヶ岳南麓、700メートルくらい(?)昼頃の車外気温
[PR]
by chatadon-06 | 2009-02-18 12:24 | 八ヶ岳 | Comments(2)

白・オレンジ・黄色

先週、ランチを食べに和食どころへ出かけた。
自宅近辺では珍しく、リーズナブルで美味しく、
八ヶ岳まで行かなくても(笑)ココならまた食べに来たいと思った。
野菜は契約農家で作っているらしいが、レジの横に
「ご自由にお持ちください」とその農家の蕪が置いてあった。
早速家でサラダにしてみた。
スライスしてハムとわけぎと和風ドレッシングで和えただけだが、
飛び切り美味しかった。
蕪臭さが少なく、甘く滑らかで水っぽくない。
ゆきわらしかぶ
お気に入りに決定。
a0091680_1820132.jpg


そういえば、野菜画像がたまってきていた。
ついでに紹介します。。。
白菜、オレンジクイーン
画像を撮るまもなく、ココまで食べちゃった。
オレンジ、と言うワリには、赤味の少ない濃い黄色なので、
「オレンジってちょっと言い過ぎじゃな~い?」と思っていたのだが、
味噌汁に入れ加熱すると、しばらくは濃い黄色のままだが、そのうちにオレンジに変わった。
市販の人参の中心の近くによく見られる、黄色の強い部分くらいのオレンジ色。
コレならオレンジと自称して良い。と認定することに。
味は水っぽくなく緻密な食感、甘みもある。きっとベータカロテンなど多いのだろう。
a0091680_18204159.jpg


黄色の人参
a0091680_1821344.jpg

時間がなかったので、乱切り気味だが、千切りにして炒めてみた。
黄色の人参。普通の人参。ピーマン。たまねぎ。
何を思ったか(笑)カレー味の炒め物にしてしまったので、たまねぎが人参の色とカレー色に染まり、黄色くなった。黄色い人参がどれか、わかんないじゃない~。ショック。
美味しい人参だったが、黄色い味がするわけでもないので、サラダ、とかスティックとか、色を楽しめないとツマラナイ気がする。
a0091680_1822249.jpg

この人参のラベルに人参です。かつみです。と書いてあった。
かつみ、と言うにんじんなのかと思ったが、検索してもhitしない・・・。
もしかして生産者さんの名前の読み方?・・・謎。
a0091680_18223983.jpg


そういえば紫のカリフラワーは茹でると緑色になるらしい。
でもそれってブロッコリーなのでは・・・。
        ブロッコリー鍋で、茹でながら色の変化を楽しむとか?
同じ野菜の色違い、味もくっきり違うといいのにな~。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-02-13 17:43 | 野菜 | Comments(6)

GPDの見る夢

何を隠そう、私は筋金入りのGPDだ。
(=ゴールドペーパードライバー)
今回の免許更新では、道交法改正の追い風(笑)を受けて、
普通免許だったものが限定付きの中型免許にアップグレード(??)してもいる。
そんな私のささやかな夢は、
免許更新時に免許センターまで自分で運転していくこと。
しかし、この夢も、夫の愛情あふれる(※1)申し出を断りきれず(※2)、今回は断念。
次回まで、持越しとなった。
※1:不安に耐えかねての。とも言う ※2:「わ^^い、お願い!」

駐車場では、運転席で奥様を待つご主人も多く、なかなかに心強い光景だった。
・・・次回の更新は五年後だ。
        諦めなければ、夢はいつか叶う。
          待ってろよ免許センター。
a0091680_10434790.jpg


a0091680_11305153.jpg
視力検査コーナーでは、前のオジサマが「よこ!」と答えていた。
このオジサマに比べると、まだまだ修行が足りない気がした。。。




[PR]
by chatadon-06 | 2009-02-10 11:02 | 何か変・・・? | Comments(4)

家族の為の健康グッズ。

景品です。
蜘蛛型ロボット・・・?
ぶるぶると振動します。
a0091680_122924.jpg


     こうして使います・・・
[PR]
by chatadon-06 | 2009-02-06 12:02 | 何か変・・・? | Comments(7)

食用ほおずきとトマト

昨日のNHKの番組、鶴瓶の家族に乾杯。。
北杜市産のミニトマと食用ほおずきが出てきた。

そういえば、同じ「パノラマの湯」横の農産物直売所で昨年、色々とトマトを買った。
番組に登場した農園産ではないらしいが。
昨年は画像を使う機会がなく、お蔵入りしていたが、ちょうど良い機会(?)なので、アップします。
食用ほおずきは別の直売所で入手。以前の記事参照⇒こちら
こちらはパノラマの湯横の売店の色とりどりのトマト。
レモントマト グリーンハート パスタトマト
そしてサラダピーマンのアナスタシアと万願寺唐辛子など。
何ともきれいな色。
a0091680_16595761.jpg

さらに秋が深まった南麓の直売所で、(同じ売店だったかどうか忘れたが)
小さなちいさなトマトと
a0091680_172215.jpg
トマト系またはほおずき系らしきけったいなモノ、トマテーヨも買った。
トマテーヨは自宅に持ちかえってしばらく保存してから食べたせいか、
ちょっと青臭みが強かった。(書いてあったとおり、炒めてみたのだが。。。)
a0091680_1764411.jpg

この変り種のナス科野菜たちの中で、一番印象的だったのが、グリーンハート。
青いトマトの見掛けからは、固い未熟な味を想像するが、この子(笑)はどうして、もろもろとした食感が混じる、少しだけぼけ加減な味。もう季節はずれだったのかも。
青いトマトは未熟、硬い、青臭い、という先入観と実際の食味とのギャップに舌が混乱。カルチャーショックでした。笑。

今度は、おいしいトマテーヨとグリーンハートに出会ってみたい。
今年の夏、トマトの旬が楽しみです。行けるといいな~。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-02-03 16:41 | 八ヶ岳 | Comments(2)