まだまだ画像がたくさんありました・・・。
燃えるごみ。可燃ごみ。という表現にいつも疑問を抱いていた私。
(・・・金属以外、大概のものは燃えるよ?)
そんな私にまるっきり違う切り口からキッパリと宣言してくれた寺泊の決意
「燃やしてくれっ。頼んだぞっ・・」  (でも、それでいいのだろうか・・・笑。)
a0091680_1255735.jpg

路駐大賞in寺泊
斜面に立てかけてある感じ・・・。片輪、浮いてる?ちなみに昨年の路駐大賞はこちら
a0091680_1261771.jpg
金パリ食肉店。店名から何からもうサイコー。
これだから、高速を使わない一般道ドライブはやめられない。
ともかくじっくり文字をご覧下さい・・・。
a0091680_1265148.jpg


楽しい家族旅行でした・・・。

[PR]
by chatadon-06 | 2009-03-30 11:43 | 何か変・・・? | Comments(0)

雪国の信号機は縦型。雪が積もりにくいから、らしい。
(雪国に限らず最近の感応式信号機は、「感知中」という表示が出て、わかりやすい。)
a0091680_2210175.jpg
新潟県の名物といえば、蟹とコシヒカリ。
コシヒカリアイス 所々にコシヒカリの御飯粒が入っている。
ま、確かにコシヒカリアイスではある。。。
a0091680_22111777.jpg
コシヒカリクッキー。中はチョコ味。
カタチがころっとかわいい太目の米粒型。
a0091680_2211551.jpg
かに味のばかうけ、蟹塩ラーメンは新潟限定。そしてご存知、柿の種チョコ。
a0091680_22123810.jpg


でも、今回のお気に入り新潟土産はこちら。
計量スプーンとハチミツスプーン。
ハチミツスプーンは、容器のふちに掛けられるようになっているが、バランスの良い、かわいいデザインだ。
計量スプーンと同じようなデザインの計量カップを三条で見かけたが、燕の店ではスプーンしかなく、買い損なった。残念。
通販で探すのでは、何だかつまらないので、またどこかで巡り会うまで待つことにしよう。
a0091680_22141951.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2009-03-28 21:53 | 何か変・・・? | Comments(2)

連休最終日。
都合で帰り際に南麓で早めの昼食をとることに。
本当は「いち」にしようと思っていたが、いちは時間がた~~っぷりあるときで無いといけない『こだわりの待ち時間』(笑)の店。
時間とルート(割引!)の関係で、今回は久しぶりのウドン店にする。
a0091680_1110165.jpg

正確にはうどんと称していたと思う。
今回初めて釜揚げを食べる。
a0091680_11103675.jpg
ここは煮物が美味しく、セットメニューが断然お得なのだが、今回はみな食べすぎで無理だったので一つだけ単品で煮物500円。おいし~。
a0091680_11111064.jpg
ウドンはざるの方が好きかな~。ココは胡麻ダレしかないのがちょっと不満。醤油味のつゆでで食べたいな~。
入り口にあるのは木製の製麺機?かな。
[4/1追記:どうやら唐箕(とうみ)、穀物を送風で選別する機械らしい]

こだま号、と書いてあった。
a0091680_1113397.jpg

ところで昨年の事、夫が突然小屋の壁を見て「熊さんが居る…」とつぶやいた。
ナルホド・・・。
汗と涙の古小屋の片付けも終盤に差し掛かり、やっとすっきりと現れた壁に熊の顔がある。
a0091680_11143151.jpg


ここはまさしく、ちゃたろう小屋だったのだ。
a0091680_11144954.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2009-03-27 10:30 | 八ヶ岳 | Comments(0)

連休二日目
午前中は今回の観光の目玉(私には)、三条市、燕市の洋食器(金属加工)産業の展示センターめぐり。
三条市にある洋食器センター。
一角にはスプーンの製作機械と、製造工程の実演コーナー(工場)がある。
ステンレスの平板から原型を打ち抜き、いくつかのプレス機で順に加工していく。
打ち抜いた後の穴あき板がかわいい。(欲しいかも。笑)
a0091680_1618464.jpg
なたでもナイフでも、珍しい種類がたくさん。
なた、欲しい・・・。でも、なにに使う?と考えて思い浮かぶのは「薮こぎ。」
(どんだけ山奥の専業主婦なんだ・・・?)
a0091680_16191431.jpg

昼ごはんは寺泊へ。
魚のアメ横、というキャッチフレーズどおり、何店もの鮮魚店が並ぶ。
時期なのか、蟹が多い。
かに専門店。みそ少な目はお買い得価格らしい。
浜焼きが名物らしいが、既に焼いたものを並べて売るだけなのでいまひとつインパクトに欠ける。
店の二階の大食堂で定食をたべるも、頭痛で不調だったためか、そこそこの美味しさ(当社比)って感じで、観光バスの団体さん向けかな?とも思う。
時折寿司を買いに行く自宅方面の鮮魚店の本店はこの寺泊にあるが、支店も寺泊なみに新鮮で安くて美味しい。ウチでゆっくり食べたほうがいいんじゃない、と思ったが、日本海に面し、佐渡の雪山まで見渡せる景色の中でほおばる串焼きは格別だった。
a0091680_1623317.jpg

寺泊からは一路八ヶ岳南麓へ。
高速へ入る道を行き過ぎてしまい、日本海沿いを南下することになってしまった。
佐渡を眺めながらいかにも日本海らしい(当社比。北海道の日本海沿いを思い起こさせる景色)海岸線を進み、柏崎刈羽原発の横をすり抜けて北陸道に乗る。
高速もまた海を臨む良い景色だった。
さらに進めば上信越の雪山が高く立ちはだかる。
a0091680_16232871.jpg
まだまだ真冬の妙高高原を抜け、小布施P.Aでは名物の栗を使ったソフトクリーム。
P.A.から高速をはさんだ向かいに浮かぶ夕暮れの北信五岳は濃淡の青いシルエット。
a0091680_1624855.jpg
トンネルと夜景の安曇野を一気に南下したこの日は、予定より遅れたため高速の割引を二回しか使えず。涙。
予約してあった南麓の、暖炉のあるレストランでローストビーフのコースを堪能してから小屋に到着。
a0091680_16252129.jpg
ここのロースとビーフ、文字通り「血も滴る」レアです。気の弱い人には向かないかも~。笑。
a0091680_16392897.jpg
ばたばたと23時に小淵沢の温泉に駆け込んだ。

あ~~。また食べ過ぎた~。反省。でも今度はドコで食べようかなっ♪
[PR]
by chatadon-06 | 2009-03-26 16:16 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(4)

行楽弁当に誘われたせいではないが、久しぶりに家族で出かけることになった。
せっかくだから、いつもと違う方面。
いままで行ったことのないところ。
でも、二日目は八ヶ岳南麓の小屋で泊る。
近くはほとんど行きつくしているので、以上の条件から、新潟方面に決定。
東北‐磐越‐北陸-長野-中央と高速を乗り継いでぐるっと回ることに。
・・・夫はなにやら行程表を作っていた。
月末からは例の「高速乗り放題1000円」が実施されるけれど、この連休は従来どおりの割引。
総距離が長いので、既存の割引を最大限に利用しようと距離計算をしていたらしい。
こまめに降りて観光したりと工夫した結果、一日に通勤割引2回、土日祝日割引2回と、
一日に計4回、初日の全行程が半額となった。
素晴しい!038.gif
途中観光のうちの一箇所、猪苗代湖。
寒風吹きすさぶ湖面だが、暖冬の影響か周囲には余り雪がない。
a0091680_17191176.jpg

笹に黄金が♪と歌われるだけあって、ここにもちゃんとカントリーエレベーターが。
a0091680_17234780.jpg

観光湖のお約束、白鳥の船だってちゃんとある。
a0091680_17243851.jpg

雪のない田圃では白鳥さんが泥んこになってべたべたと歩いていた。
下回りが泥んこで」真っ黒な白鳥も。
暖冬は白鳥を黒くする?
a0091680_17361430.jpg

猪苗代湖を後に、雪の残る山々のなかを新潟方面へとすすむ。
阿賀野川をはさんだ磐越道の対岸に宿泊する温泉地が見えてきた。
静かでよいところ。
a0091680_17445747.jpg
旅館は設備が素晴しいとか(リフォームしてはあったが)、食材が超高級なわけではないが、費用をあまりかけずに、できる範囲で、なんとか客の要望にこたえようという姿勢が見られ、大変好感が持てた。
(費用をあまりかけない、ということは宿泊料をあげなくて済むということでもある。)
設備、家具調度は少々古ぼけたところもあるが、部屋に風呂がなくともほとんどウォッシュレットつき、というツボを押さえたリフォームにも感心する。
ネットでのクチコミ対応も、なんとか工夫で乗り越えようという気持ちが随所でカタチになっていて、
「ナルホド、頑張ってるね~。」と見つけるのが楽しかった。
露天風呂がぬるい、(でも夏場は熱い。笑。)というクチコミへの対応だと思うが、露天が板で半分に仕切ってあり、掛け流し源泉流入口側は熱め、反対側はぬるめになっていた。
露天風呂の幅が狭くなってしまったが、思わずニヤッとしちゃうこの工夫!
食事も、一つ一つが丁寧に考えられた感じで、工夫と努力がうかがわれる。
高級旅館や料亭の設備や料理をお望みのかたには向かないと思うし、接客も洗練されているとは思わないが、全体的に気配りと工夫があり、食事もありきたりで適当な感じがなくて美味しかった。
近かったらリピーターになっていたかもしれない。
このまま頑張って行って欲しい。

さて、そんな旅行一日目の面白いもの。
猪苗代湖のほとりのセブンイレブン。
京都ではコンビニの看板の色が違う、と聞いていたが、新しくできたらしいここは茶系。
a0091680_1805440.jpg
画像を撮った駐車場に居た焼き芋屋さん。
a0091680_174907.jpg
夏場は網戸屋さん?
a0091680_17492573.jpg
お昼を食べた猪苗代の和食屋さんの親子丼。
八ヶ岳南麓の有名店、中村農場のとおなじような、つゆだくならぬ
「玉子だく親子丼」
a0091680_17513518.jpg
お品書きには
ミニ丼の大盛りはございません!!」と但し書き。
a0091680_17531125.jpg
そうか!、そんな手があったか!
今度どこかのお店で使って見よう・・・・・
[PR]
by chatadon-06 | 2009-03-24 17:53 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

春!

菜の花畑でも一輪咲き始め・・
a0091680_2125381.jpg

どんぐりのチビさんも二年目の芽ぶき時。
ケータイ画像、ピンボケ
a0091680_21252585.jpg


新芽も赤いチビ楓。
a0091680_2125483.jpg
ただでさえこころ浮き立つ春の陽気。
こんなお弁当を見たら買わずにいられますか?
a0091680_21255613.jpg

どこか行きたいっっ。

3/24追記:去年も春にこのお弁当買ってました。⇒
[PR]
by chatadon-06 | 2009-03-19 20:17 | 季節 | Comments(2)

時間がないけど、更新したい・・・。
食物画像を二つ三つ。
a0091680_1616286.jpg

焦がしキャラメルアイスを夫と半分こした。
先に夫が半分食べた。
。。。。半分は二分の一とは違うのだろうか?
a0091680_16283339.jpg


カップスープのアレルギー物質表示。
a0091680_16285883.jpg

 ただ一つだけ登場するきのこが
  椎茸(汗)
         シメジ
             ヒラタケ
                  マイタケ
                        エノキダケ
                             ・・・・・では無くて、
何で、まつたけなのだろうか?
財布に危険なのは知っていたが。。。

[PR]
by chatadon-06 | 2009-03-18 16:01 | 何か変・・・? | Comments(2)

さてっっ、次。
巨大ホームセンターの農業コーナーには、ありとあらゆる農作業関連品がある。
以前は農家か農協職員でも無いとお目にかかからなかったようなプロ仕様のモノがあちこちに並んでいて、興味津々。
「こんなのあるんだー。」「コレってなに?」の連続。
お米関連コーナーではこんな感じ。
下にあるのは米袋に米を詰める為のじょうご用スタンド。
a0091680_17261285.jpg

米袋は当然何種類かあるし、米贈答用テープ。。。
a0091680_1727111.jpg
スタンプに至ってはこんなに種類が。
品種スタンプの空きスペースはコシヒカリ?
a0091680_17272129.jpg
↓もみすり器って籾殻を取るためかと思いきや、水分量測定用なんだって~~。
鉛筆削りのようなハンドルがついた高級仕様ローラースリ器3980円
黒い筒の中間にはさんでぐりぐりするらしい普及版スリ器1680円。
a0091680_17345529.jpg


米に想いをはせていたら、アウトドア(防災兼用?)用品コーナーの
かまどDE御飯がこっちを見ていた。
a0091680_17352825.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2009-03-12 16:28 | Comments(4)

10日ほど前の巨大ホームセンター。
もうすぐ畑の季節だからだと思うが、新製品のお試しキャンペーン中だった。
ホームセンター内の畑を、実際に耕してみられる。
長靴だって貸してもらえる。
a0091680_1133385.jpg
なんと動力源は卓上コンロなどに使われているお馴染みのカセットボンベ。
なかなか威力はありそうだ。
a0091680_11341650.jpg
きっとこれからもこうした実演はあると思うので、気になる方はぜひお試しを。
その名もピ・ア・ン・タ、とかわいく、コンパクト。
畑が遠くっても大丈夫。車に余裕で積み込めます。
キャッチコピーがふるっている。
第二の人生は大地の人生。
a0091680_11345463.jpg
でも、我が家は「大地の人生」の予定では無いので、
カセットボンベだけ買うことにした。
a0091680_11363052.jpg

夫はお店の人に、ぜひぜひ、カセットボンベの草刈機(刈払い機)を出して、とメーカーに伝えるよう、熱くお願いしていた。
「出たら絶対買うから伝えて」と確約までしていた。
よっぽど欲しいらしい。。。ホンダさん、私からもお願い。
電気式よりパワフルなカセットボンベ式刈払い機を出してくださいな。
必ず買いますので。(でも耕運機よりうんと安くしてねっ

それにしても耕うん機って。。。
運をわざわざヒラガナにするのはなぜだろう???
[PR]
by chatadon-06 | 2009-03-10 11:11 | 季節 | Comments(2)

すっかり忘れていたバレンタインチョコ(・・のおすそ分け、だけど。)の画像。
ポテトチップの裏側にはチョコは着いていない。
ぎざぎざの溝にチョコが溜まっていて、たっぷりチョコ味。
・・・なんだけどポテトチップス味。
想像通りなんだけれど、妙に美味しい。
チョコとポテチ。
やめられない、とまらない最強コンビだから当然、
きっちりと袋をとじてしまわないと、誰かの手がでて「もう一枚。」と抜け駆けする。
素早く一巡配っておいて、ささっとゴムで封をした。
a0091680_14582712.jpg

蓋の裏。 自然のジャガイモ・・・・・と書いてあった
   我が家一同、いっせいにツッコむ。
 
          『自然じゃないジャガイモって・・・・。』

自然のジャガイモがあるなら、当然、不自然なジャガイモがあるはず。
皆忙しそうで散っていったので、私一人で考察を重ねた。

不自然なジャガイモとは・・・
非遺伝子組み換えジャガイモと書かずにわざわざこう表記するんだから、
きっと「遺伝子組み換え」以外に不自然なジャガイモのファクターが存在するに違いない。

例えば・・・
    地中でなく、空中で栽培される。とか
                  あるいは水耕栽培
   いや栽培方法ではないのかも。
太陽系外から来たジャガイモ。(でも自然・・・。)
合成ジャガイモ。
ジャガイモiPS細胞から培養されたジャガイモ。
悪意に満ちたジャガイモ
(ジャガイモって「平和でお人よしな性格」ってイメージだから
a0091680_14591226.jpg

今回もまた謎は、(楽しく)深まるばかり・・・・。

[PR]
by chatadon-06 | 2009-03-05 14:36 | お気に入り | Comments(6)