一月ほど前のこと、衝動買いだとは分かっているのに、
通販でイチゴ苗を色々と買った。

イチゴと言っても、園芸種でなく、自生種、原種系。
いろいろイチゴについて調べているうちに、ふと
「そういえば昔、登山道の脇で、自生種のオランダイチゴ系のイチゴを見たことがあった。」
と思い出した。
その当時は、それが何という種類か知っており、
「おお~~!これがあの×◎×△イチゴ!」とえらく感激したのだが、
今思い返すと名前が・・・・どちらだったか・・・汗。
どこで見たかの記憶もオボロなので、分布域で決定できない。
こうなったら自分で実物を観察するしかない。
で、本州に自生する二種類の容疑者^^をピックアップすることになった。
あのときは食べなかった赤い実を食べてみたいし。

で、やって来たのがこの二種類。
ノウゴウイチゴ(左・能郷苺)とシロバナノヘビイチゴ(白花の蛇苺)。
a0091680_12275440.jpg
どちらも「ヘビイチゴ」の仲間ではなく、果物のイチゴと同じ「オランダイチゴ」属
学名は
岐阜県能郷村で発見されたことにちなむ和名のノウゴウイチゴが
Fragaria iinumae(イイヌマさんが見つけたのかな?)
シロバナノヘビイチゴが
Fragaria nipponica(ニッポニカ・・・)と、どちらも生粋の国産風。
記憶にある登山道脇のイチゴの姿と良く似た、栽培イチゴのミニチュア版のような
とてもかわいらしい画像がネットで見られる。
かわいいだけじゃなく、洋モノ苺、ワイルドストロベリーよりも
おいしいらしい。(ここが重要。

来年、花の時期と実の時期、実物二種を実際に比較してみれば、どちらだったか解明できるに違いない。

シロバナノヘビイチゴは山野草を専門に扱っているショップから購入。
大事に包装されて無事に届く。
ポットで根が落ち着くまでしばらく待ってから出荷との連絡で、少し待っただけあって
小ぶりながら葉の多く出た、元気な良い苗が来た。
嬉しい事に花もついている。

そしてノウゴウイチゴ・・・・
山菜を扱っているショップから。
「ノウゴウイチゴ10株、定形外郵便でお届けします」とのメールが来た。
??10株だよ?・・?・・?・・・・?定形外???
本当にポストに届いた・・・。
a0091680_12292258.jpg
a0091680_12305597.jpg
チャックつき食品パックに入ってる。
畑から掘りたてをお届けします。
冷蔵庫に保管してお早めにお召し上がりください・・・・って感じ。
爆笑してしまった。
a0091680_12311470.jpg


翌日ばらして(笑)みると、畑から抜いて束ねただけのような、ますます山菜風。
小さいのや大きいの、長い根のものやほとんど「根無し草」のも。
ちょっとしなび加減の苗もあったが、あとから数えると11株あったので文句はない。
結局しなびた苗も復活し生き延びたし、ことごとく予想外の展開がとても楽しい荷物だった。

この二種類、一株あたりにすると価格は5:1
それぞれの価格に納得の面白い買い物だった。
それにしても、繁殖力の強い植物らしい・・・。どんどんランナーが出て来る。
シロバナノヘビイチゴなんて、そもそも八ヶ岳に特に多いらしいし、
大丈夫だろうか、常時監視できない小屋の庭に植えても・・・。
ま、いいか、なら。
a0091680_12323167.jpg



7/2追記
国産野苺の学名は正確には
Fragaria iinumae Makino
Fragaria nipponica Makino   ・・・らしい。
Makinoは有名な植物学者、牧野富太郎博士にちなむ。
ノウゴウイチゴは牧野さんの発見。・・・イイヌマって人名じゃないのかな?
書き忘れましたがシロバナノヘビイチゴの別名は モリイチゴ(森苺)。・・・メルヘン♪





035.gif035.gif035.gif
2015/6/18追記
シロバナノヘビイチゴの記事を書こうと思い、アクセスの多いこの過去記事を読み直して見たら
…((((;゚Д゚)))))))

な、何と、能郷苺を「農」郷苺と変換ミスしていた事に6年経ってから気がつきました。。。

私の誤記です。
ごめんなさ〜〜い!
6年目にして訂正いたしました。。




[PR]
by chatadon-06 | 2009-06-30 11:26 | 植物・動物 | Comments(8)

昨日の記事中の巣。
植木鉢の方は主の姿を見ていないので、皆目見当がつかない。
シジュウカラは良く植木鉢に巣を掛けるそうだが、それにしては巣に羽毛が無い。
ねずみ系かな?と思い、ハタネズミ、ヒメネズミ、など検索するも、ワカラナイ。
以前両親が、「山の戸袋の中でねずみが巣を作った」というのでよくよく話を聞くと、どうもヤマネらしかった (その当時は今ほど有名ではなく、両親は知らなかった) ので、ヤマネの可能性もある。
データ不足で不明のまま。

苔と植物の茎からできた、きれいな鳥の巣のほうは、画像で検索できないかな~と思い、
「鳥 巣 図鑑 」と入れて検索すると
ちゃんと、大阪の博物館が運営するWeb上の
 実物 日本鳥の巣図鑑 がヒットする。
(リンクの可否について書いてなかったので、各自検索してください)
どうやらオオルリのものらしい。

でも、怒りながらガン飛ばしてきた親鳥は茶系地味めだった
瑠璃色、白エプロン姿の美しい、さえずりの名手オオルリとは全く違う。
そうか~~。雌だったんだ~と検索してみると、見たことあるような姿の雌鳥の画像が。
巣を迷惑に思ってたくせに、以前のセキレイの巣のときより「邪魔に思ってゴメンナサイ感」が強い、
えこひいき。(エコだからいいか。笑)
さすがオオルリ・・・美しい巣です、とか感嘆する調子よさ。
セキレイさん、怒んないで~。
巣の中央はワイヤープランツの茎のようなエンジっぽい色の細い茎がいとも美しくグルグルと敷きまわされている。
a0091680_11493951.jpg
オオルリの巣、であちこちで検索すると、何箇所かで
「巣の中に細根やリゾモルファーを敷く・・・」と書いてあったが、検索してもわからない。
リゾモルファーってなに~~?!誰かおしえて~~~!
[PR]
by chatadon-06 | 2009-06-25 11:16 | 興味津々 | Comments(8)

まだ6月中旬南麓画像が残ってる・・・
自宅ヤマボウシの花は既に散って久しい時期だったが
清里牧場通りの有名ケーキ店、清里マチスの前のヤマボウシが満開だった。
絵になる風景・・ぼろ小屋とは大違い。。。
紅葉の時期も綺麗だろうな。
a0091680_1035385.jpg
その頃また食べたい。。。あ、いや。。また撮りたいな。

小屋の換気扇フード脇に有った巣。
前回来た時は親鳥がお怒りだった。
気の毒な気がしたが、まだ作りはじめったのでダニの侵入回避のため、巣を撤去させてもらった。
一ヵ月半で巣の再建、子育て、巣立ちと首尾よく終えたらしい。良かった。
フカフカの苔で作ったきれいな巣。
大きな口をあける雛がぎっしり詰まってたんだろうな。
元気でね。でも今度は他に巣を掛けてね。
a0091680_10395482.jpg


巣といえば・・・
春に来たときに、小屋の庭の、植木鉢を伏せてある横を掘り返した跡があった。
思い出して画像を探してみた。   ↓四月上旬の携帯画像
誰か(四ツ足の)球根でも掘ったのかな?と観察してみると
画像上側の、鉢の底穴にぎっしりと干草が詰まっていた。
a0091680_116675.jpg

ひっくり返すとこんな巣がでてきた。
a0091680_1163345.jpg
空き家だったが、まだ寒い四月の南麓に、ほっこりと暖かい干草のゆりかご。
小さな命がここでぬくぬくと夢を見ていたのだろう。
掘り返そうとした誰かの餌にもならず、無事だったようだ。
いったい誰だったんだろう?

これから検索。結果は後ほどUP予定。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-06-24 10:19 | 八ヶ岳 | Comments(4)

八ヶ岳南麓 2009年6月

梅雨の晴れ間の今日、自宅の蒸し暑さにへばり気味。
でも、前回の八ヶ岳の画像が残ってる・・・。

今日は、南麓で天気が悪いとき、ちょこっと出かけるところの紹介。。
そう、ショッピングモール。笑。
電機やさんの見学がてら、新しく出来た韮崎のショッピングモールへ出かけた。
忽然と現れる駐車場。
a0091680_1545994.jpg

エレベーターからは日本百名山の一つ、茅ガ岳の絶景が見える。
「日本百名山」の著者(選定者?)深田久弥さんの最後の山(頂上間近でなくなったらしい)。
八ヶ岳を低く小規模にしたような、長い裾野をひく美しい山だ。
あいにく曇り空でいまひとつはっきり撮れなかったが、二階のエレベーターホールからは
丁度額縁に入っているようにきっちりと収まって見える。
a0091680_14514384.jpg
横の別棟との間の通路から反対側を見ると韮崎観音とJR韮崎駅。
丁度あずさらしき列車が居た。
電車好きにもオススメ。
a0091680_14521710.jpg
もちろん、オギノ(地元スーパーチェーン)も入ってるので、食料品も買える。
しかも、ケイヨーデイツー、という、一部地域のかたにはお馴染みのホームセンターもある。
近所にくろがねや、という気合の入った名前の大きなホームセンターがあるが、くろがねやのほうは、本格「ガテン系」ニーズにも対応って感じで、デイツーはシロートさん用の文字通り「ホーム」センターな感じ。
このショッピングモール【ライフガーデンという名前と地味目のマークがちょっと誤解を招きそう(当社比)だけれど
買い物がてら、韮崎の景色も見られるお勧めスポットです。

さて、今回の南麓のおいしいもの画像。
きたのかおり、は北海道の秋蒔き小麦の名前らしい。
結構お気に入り。
でも、色々おいしいパンや焼き菓子があるのに、二種類しか味わえない悲しさ・・・・。
a0091680_14545830.jpg

そして初めて行った清里のレストラン
昭和の面影漂う店内。かつて清里ブームの頃の開店だろうか?
a0091680_14554758.jpg
八ヶ岳・・・という名前だったと思うが、はっきりしない。
食べすぎ警報が出ていたので、一番ヘルシーそうなこちらの定食。
外食続きにはうれしい家庭の夕食風。1200円。
今回食べなかったが、手作りコロッケがおいしいそうだ。
a0091680_14561352.jpg


こちらも初めて。
カリー屋アウルのアウルズプレート 1480円
特製カレーとチキン、野菜炒めの三品盛り。カレーはスパイシーでおいしい。
とっても個性的、とか主張が強い・・・という味ではなく、しつこくなく、脂っこくないのがうれしい。
ご主人は雰囲気の良い方で、気持ちよく食事できる。
「そうだ、今日はまたアウルに行って、今度はキーマカレーを食べてみよう」
。。。などと、「カレーな気分」の時は思い出しそうなお店
(ちなみに、南麓の某・観光名所的有名カレー店には以前行ったが、アウルの方が遥かに好み。)
a0091680_14575195.jpg
あ~また南麓お食事どころリストにお店が増えた。。
どうしよう~~。メタボ対策。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-06-23 14:50 | 八ヶ岳 | Comments(0)

八ヶ岳南麓は蛍の季節

今回の南麓行きでは、梅雨空が続き何時ものような感動的な風景に出会えない・・・
と思っていたら、八ヶ岳南麓の標高の低い地域ではもう蛍の季節。
清里に滞在中の友人が蛍を見に誘ってくれた。
清里で食事をして居る間に豪雨が通り過ぎて行ったので、友人が下界(笑)の天気と蛍の様子を電話で聞いてくれて、下界で雷雨が来る前に、と大急ぎで山を下る。
山の上の雷雲から遠ざかり、飛び交う蛍の舞いに見ほれている間に雷雲に追いつかれた。
あたり一面の、真昼より明るい閃光に一瞬目がくらむ。
すざまじい稲妻と雷鳴の中、雨が降り出したので、しぶしぶ退却。
降りてくる雷雲の中へ突っ込むように再び南麓を上る。
フロントグラスにホースで一斉放水をしているような土砂降りの豪雨と、水煙で路面が見えなくなる道、そこらじゅうに落ちまくる雷の轟音の中をまた温泉へ。
でも、雷や豪雨が大好きなので、助手席はお祭り気分♪
何故か車の外にでる時だけは雨がやんでいる幸運にも恵まれた。

↓何とか携帯で撮れた八ヶ岳南麓の蛍の光。(ほんの一瞬)
蛍と稲妻。対照的な二つの自然の光を堪能した夜だった。
帰りの高速に向かう道すがら通りかかった韮崎の道路沿いには「20日・小田川蛍祭り」と書いてあった。
これから、「蛍の光」が次第に八ヶ岳南麓を上って行くのだろうか?
それとも、里も山もほとんど同時に、「一瞬の光の季節」を迎え、終えるのだろうか?
来年はもっとじっくり見たい。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-06-19 08:57 | 八ヶ岳 | Comments(2)

中央道 2009年6月 

入梅とともにやってきた草刈の季節。
南麓にしては珍しく、周囲の山々はおろか、八ヶ岳までもがほとんど見えない、先週末の小屋行きだった。

画像の整理が面倒なので、すぐ目に付いた帰りの中央道の画像からUP。
上野原の戦艦はだいぶ葉が茂って、ちょっともそもそ気味のアウトライン。
a0091680_22202627.jpg

参考までに↓五月連休の画像。
a0091680_22204918.jpg
この先、木の成長にしたがって、だんだんと形が崩れていくのだろうか?

さてお馴染みの石川P.A.のお土産コーナー。
不動のお土産グランプリは会社これでいいやに譲るとして、
今回のお土産大賞はこちら。。。
a0091680_2222282.jpg
巨大です。
そういえば『よっちゃんイカ』の看板を甲府盆地のどこかで見た覚えがある。
白いお台場などとは違う、正真正銘の山梨土産らしい。
。。。しかも、な、なんと税込三百何十円(忘れた・・・)。当然、買いました・・・・。まだ食べてませんが。

そしてP.A.の壁にはこんな掲示も。そ~~だったんだ~。といたく感心。
信号の意味もさることながら、
交通管理隊っていうんだ・・・って感心しきり。
a0091680_2224085.jpg
060.gif今度どこかで見かけるまでに、旗の意味覚えて置こうっと060.gif
[PR]
by chatadon-06 | 2009-06-17 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(2)

八ヶ岳南麓 梅雨時の花

a0091680_23391714.jpg

自宅の暑さから逃れて着いた昨日。
涼しい八ヶ岳南麓の小屋は今年もまたオダマキの花の季節。
所々にノハナショウブアヤメや白い細かいショウマの花が揺れる
『雑草の草原』
と化した庭がそこに。。。

ああ、また草刈りの季節が来ました。
…涙。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-06-14 23:39 | Comments(0)

発芽実験

ゴーヤチャンプルーを作った日。
緑濃いゴーヤでも、種はそこそこ成熟しているようなので、
何気なくキッチンのバジルとナスタチウムの間に埋めておいた。

先週、ふと見るともう、発芽している。
ゴーヤは熟すと真っ赤な種の見るも「エグイ」姿になる。
今回種を取ったような市販の緑のゴーヤは、未熟なものを食用にしている。
この種では、まだ成熟が足りなくて、良い苗に育たない気もするが、
せっかっく発芽したので、今話題の
「緑のカーテン」でも試してみようか・・・・・。
a0091680_11637100.jpg



 ↓その他にも・・・・

☆☆発芽実験その2☆☆
[PR]
by chatadon-06 | 2009-06-12 10:39 | 植物・動物 | Comments(2)

もうトンボの季節

一昨日、今年初めてのトンボを見た。
マクロで撮ろうと、ぐっと寄ると飛ぶ。
a0091680_1125375.jpg
で、すぐ戻ってきて、またとまる。
a0091680_1134537.jpg
近付くと、飛ぶ。
a0091680_115150.jpg
で、またすぐ、とまる。
トンボってどうしてそんなに場所に執着するんだろう。
a0091680_11527100.jpg
webで検索するとオオシオカラトンボの雌、・・・らしい。
それにしても、なんて多くのトンボ好きさん達が
愛溢れるトンボサイトをつくっているのだろう。。。
そして、トンボの種類などすぐに画像で検索できるなんて、
なんて便利な時代に生きているんだろう。
web上の膨大な量の情報には宝もごみもあるだろうけれど、
知りたがりやの私には宝の山。
いつでも情報に手が届く、調べようがある、という無上の喜び。

夏の到来を告げるトンボがいざなってくれた、
webの「トンボ好きさん」達のサイトの数々だった。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-06-10 10:36 | 季節 | Comments(2)

お茶屋さんセット

通りかかったスーパーの中、出店のお茶屋さんの最終日
コンパクトにきっちりカート上に収まる構成に感心しきり。

しかも、「ここに在ったのはお茶屋さん。」
       
と、一瞬にして分かる、いかにもお茶屋さんらしい佇まい。
a0091680_12504646.jpg

周囲にお茶の香りが見えるような、スーパーの片隅なのでした。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-06-08 12:45 | 通りすがり | Comments(0)