3周年の感謝をこめて。

歯医者の予約以外のことはすっかり忘れていたブログ開設3周年目の今日だった。
大急ぎで感謝のご挨拶。

日々記事を書く時間がストレスを忘れさせてくれています。
お付き合いいただいている皆様、本当にありがとうございます。
楽しんでいたければシアワセです。

・・・年月が経つとおばさん魂が透けて見えて、引き気味の方も多いかもしれませんが、
例によってうっかり見てしまったあなた、逃げる場所はアリマセンよ。
もれなく、おばさんの心からの感謝の気持ちが憑いてゆきます。
今年も返品不可ですのでご笑納ください。
当分夢でうなされちゃったりするかもしれませんが、しばらくのご辛抱。
なぁに、どんな悪夢だって3年も続けば馴れますから。・・・多分。

ということで、035.gif感謝の花束画像035.gifです。
a0091680_16511788.jpg


このシックな花束の中の、フジバカマに似た花を見たら、何となくヒヨドリ・・・というコトバが脳裡に浮かんだので、携帯検索サイトで調べてみた。
結果、似た花の画像がいくつか見られたが、良く分からず、パケット料節約の為、あとはPCサイトで検索した。ヒヨドリソウではなくフジバカマの園芸種のようだ。
なんと、自生のフジバカマは絶滅状態らしい。
記憶にあるフジバカマはあちこちでよく見かける花だったのに・・・。

もう一つオマケの(迷惑でない)プレゼント。
素敵で使いやすく、極めて優れた植物検索サイト
035.gif「四季の山野草」035.gif(・・・のURL。笑。)をどうぞ。
↓綺麗な画像入りでわかりやすいけれど、楽しくってパケット通信料使いすぎるかも知れない。

携帯版四季の山野草 
[PR]
by chatadon-06 | 2009-09-29 16:43 | 挨拶・連絡 | Comments(6)

もう一週間がたってしまった。
先週の八ヶ岳南麓からのちょっとお出かけ後編。
高ボッチのお昼ごはんの後もまだ青空が続いている・・・
このまま帰るにはまだ少し早い。
ふと駐車場の脇を見ると、細めの舗装路が伸びている。
舗装路ではあるが林道テイスト。
コナシの林を抜けて少しばかり崩れている路肩を横目に鉢伏スカイラインと銘打たれた道を行く。
a0091680_16115529.jpg

林の中をしばらく進むとスカイラインの名の通り、時々稜線上をくねる道へと出る。
両肩が斜面のところも。
有料駐車場に車を置き、なだらかな道を少し歩くと展望台に出る。
a0091680_16141874.jpg

ちょうどトリカブトの花の時期で、青空に映えてきれい。
a0091680_16143923.jpg

谷を挟む向かい側には美ヶ原。
緑の斜面を雲の影がゆっくりと動いてゆく。
a0091680_1615275.jpg

更にレンゲツツジの紅葉と草紅葉の始まった傾斜路を登る。
遠くの山はかすんできたが、青空と秋風の高原に透き通った陽光がきらめき踊る。
頂上の神社の画像を撮っていたら、夫がしきりに呼ぶ。
急いでいい感じに赤錆びた展望台の方へ向かった。
逆光に夫の後姿ともう一つ
a0091680_1617268.jpg

・・・鹿。
急いで近づくと鹿が一頭、こちらを気にしつつもけっこうのんびり草を食んでいる。
意外に平気なようなので、夫がこちらを向かせようと声をかける。
「お~~い。鹿く~~ん。こっちだよ~~」
          (・・・でもあなた。「くん」って呼んでるそのコはメスですから。)
a0091680_16185234.jpg

「こっちこっちって、なんなのよ。ウルサイわね。」と思ったのかこっち向いてくれる鹿さん。
a0091680_16191756.jpg

↓夫の一眼画像を使わせてもらう。
a0091680_1651889.jpg

しばらくあちこち食べながら林の中の方に去って行った。
ここは2000メートル近い高原だ。きっと以前は鹿がいなかった地域ではないかと思う。
鹿はただえさを求めて食べ歩くだけだが、その行動範囲が広がれば、いずれ鹿が食べる高山植物は食い尽くされて植生がガラッと変わることになる。
何を守り、何を排除するか、価値観の問われるところだ。

逆光の鹿の後ろ側、はるか下にきらきらと光って見えるのは塩尻盆地方向だと思う。
左手には諏訪湖と諏訪盆地、右手には松本盆地が続く。
ちょうど糸魚川静岡構造線=フォッサマグナの西辺の曲がり角を上から見ていることになる。
汽車や夜行列車、国道や高速で何度も何度も通った盆地のルートをこうしてぐるっと見渡すのはじめての気がする。・・・少なくとも、そうと意識したのははじめてだった。
ここにはフォッサマグナって看板は無いけれど。

私の好きな、風がわたるだけで、人があまりいない場所。
そんな場所だった。
帰るころにはすっかり陽も傾き、斜面のススキが夕日に輝いていた。
a0091680_16281540.jpg


また行きたいけれど、駐車場は少なく、路駐はムリそうだし、渋滞したら引き返すのも難しそうだ。
人が行かない時を狙っていくしかないだろうな。
というわけで、素敵なところですが安易にオススメは出来ません。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-09-28 15:03 | 八ヶ岳 | Comments(0)

ススキの原を堪能

連休中の晴天は残すところあと半日あまり、との無情な天気予報。
半日で行かれる「懸案の場所」というと・・・・
もう何十年も前から名前だけは知っていて、夫がかねてよりどんな場所だかぜひ見たいといっていたところ、高ボッチへ。
風景撮影のメッカみたいなところらしく、諏訪盆地越しの富士山画像をあちこちで見飽きて(失礼・・・)いた私は、ちょっと「ひく」ところもあったのだが、夫の念願なので、兎に角出発。
高速が安いので近くまで高速を使う。
1000円取られるのかと思ったら通常の半額、700円
ヘアピンカーブの道を行くとなだらかな高原に着く。駐車場=「アルプス展望台」。
北アルプスの山並みに槍ヶ岳がひときわ目立つ。
足元は松本盆地らしく、伸びやかに広がる風景の中に一箇所、ビルが立ち並ぶ一角があった。
a0091680_1627368.jpg

更にピークを目指し、なだらかなのぼりを少しばかり行くと、眼下に諏訪湖が広がる草山の上に出る。
久しぶりのアウトドア飯は・・・・
バナナ。。。。
南麓にだってあちこちコンビニが有るくらいだから、国道20号にはアルダロー。。。
と油断していたら無かった。
バナナと天然水とダイエットビスケット(私のおやつ用)とドライマンゴー。
何だかヘルシー(?)でトロピカルなアウトドア飯だけど、最高。
a0091680_16273037.jpg
ぐる~~っと見渡せる大展望。蓼科山から南アルプス・北アルプス北端まで見渡せる。
a0091680_16284759.jpg
この日は見え無かったが、富士山も、もちろん絶好の位置に鎮座しているはず。
(北杜市絶景ポイント、ちょっと負けてるかも。)
ゆっくりと、見渡す限りのススキの原の真ん中の遊歩道を下る。
a0091680_16291377.jpg
ぽっかり浮かぶ雲と青空。
a0091680_16305017.jpg

昔我が家にあった葉祥明の絵本に、こんな挿絵があった気がする。
a0091680_1636503.jpg
ススキの根本はまだ緑だが、風に吹かれる上部は赤紫に紅葉してきている。
草もみじのかなたの諏訪盆地。
a0091680_16375466.jpg
チャリンコ部隊は遊歩道を歩いてるのかな?
a0091680_16421315.jpg

気の早い植物達は、もう真っ赤。
a0091680_1638103.jpg

後ろのイチゴ風の葉が気になるが、シロバナノヘビイチゴだろうか?
それともただのヘビイチゴ?
a0091680_16382153.jpg


流石にお腹がすいたので、松本方向から帰ろうと少し先へ進み、
見るからに古くからあったような山荘できのこウドンを食べる。
a0091680_16401052.jpg

味より何より、同じ品なのに私の方のウドンは手打ち風に腰があり、夫の方は茹でてからどれだけの年月(笑)がたったのか判らない位、ぶわぶわに柔らかかったコトがやたらに印象的だった。

ここで帰る予定だったが、まだ天気がもってくれているので、さらに足を伸ばすことにした。。。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-09-25 15:14 | 八ヶ岳 | Comments(6)

秋色の南麓

a0091680_98534.jpg

a0091680_98525.jpg

突然の予定変更で連休前半の好天気を逃してしまったが、曇りがちでも八ヶ岳南麓は黄金色の田んぼと白い花の蕎麦畑の秋色がきれいだった。
残念ながら、渋滞を避けて早めに帰宅中… 車は多めながら今のところは順調。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-09-23 09:08 | Comments(0)

見るのが楽しい紅葉図鑑

少しでも暑いと全く使い物にならない程、暑さに弱い太め体型の私。
このところのひんやりとした空気が嬉しい。
この時期になると気がかりなのが、紅葉。
今年は紅葉の盛りに八ヶ岳南麓にいけるのだろうか・・・。
温暖化の影響か、このところ何年も、紅葉はあまり冴えなかった。
今年は涼しくなるのが早く、暑さのぶり返しも無い。
今年こそ冴えた紅葉を見たい・・・と思っても、その時期に八ヶ岳に行けるかどうか。
(多分、この調子だと10月が見ごろだと思う。)

紅葉が待ちどおしいこんな時期、ぱらぱらめくって楽しめるこんな図鑑を買った。
a0091680_10495755.jpg

何しろ綺麗。
実物のカラー画像だけでできた紅葉の図鑑なのだ。
薄くって携行に便利そうだし、薄いわりには主要な種は網羅されている。
色別の一覧 ↓ も興味深かった。
a0091680_1051054.jpg


ぱらぱらめくると「秋の青空の下」気分が味わえます。
紅葉の時期を待ち焦がれる胸の昂揚。。。。なんちゃって。
a0091680_10512261.jpg

オススメです。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-09-18 11:31 | お気に入り | Comments(4)

小沢一郎さん。

政権交代・鳩山首相誕生のニュースの中継で、小沢さんの横顔を見かけました。

そこで一言

ウチの風呂場の壁には小沢一郎さんが居ます
a0091680_16335920.jpg


それだけです。   ・・・スイマセン。

[PR]
by chatadon-06 | 2009-09-16 16:23 | 今日の一言 | Comments(2)

錆びても頑張れ。

前回に続き、錆びゆくものたちがこちらにも・・・・
自宅最寄スーパーで隣の車をふと見ると・・・
私の好きなジムニー
更に、私の好きな錆び穴。(笑)
年季の入ったボコボコのアウトドア車ってホントに良い感じ。
擦ったって平気という安心感もあるし。(・・・そこか)
a0091680_17345585.jpg
以前のランクルも素敵だったけど。

でも、本当はこちらの方が更にすきなのだ。
一時期しか生産されなかった、ラシーンという日産車。
ひらべったさがなんとも良い。
今走っているのはそうとうに古い車体だが、こちらは何故かいまだに、ぴっかぴかに綺麗な場合が多い。
・・・なぜだか八ヶ岳南麓は、このラシーンの走っている率が非常に高い。
あちこちで出くわす。
・・・いいな~~。(↓別の色のほうが好みダケド)
a0091680_17312853.jpg
いつか私もラシーンを・・・。
しかし、その前にちょっとだけ必要なことがある。
         脱GPD。

           GPDとは?
[PR]
by chatadon-06 | 2009-09-14 16:52 | 頑張れ! | Comments(2)

しずかに錆びてゆくもの

前回の蕎麦屋さんにはあちこちに面白いものが置いてあるが、このあいだから気になっていたのがこれ。
a0091680_17143451.jpg
今回はワレモコウが活けてあった。
錆びた鉄板だと思う。
ふちはボロボロ欠けてしまった・・・という風情。
そして今回気がついたのはこちらの小さい明かり。
a0091680_1715020.jpg

木が朽ちていくように、金属もまた酸化し、腐食し、形や組成を変え、時をその身に刻んでゆく。  やがてハラハラと崩れ、そのようにして細粒となった他のあまたのものと混じり合い、再びこの惑星の要素となる。
・・・・なんて、わざわざ感慨にふけったりしなくても、好きだな~これ。


↓ 同じように時とともに古びて、いずれは失われていくものの姿。。。。
筑波エクスプレスの駅の周りの再開発地区。
・・・・限りなく心ひかれる風景がある。
a0091680_17193778.jpg
もうすぐ取り壊されるのだろうな~。
東横道路。と書かれた道路を作る会社の古い設備は、今度はその道路によって姿を消す。
a0091680_1720022.jpg


前回からは別ルートを通ることにしたので、この建物のその後はわからない。
このつぎ通ることがあっても、その時はもう無いような気がして、寂しい。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-09-11 17:23 | お気に入り | Comments(2)

さっさとアップしないと9月も半ばになってしまう・・・
まきばレストランの横の売店で買った富士桜ポークのウインナと小淵沢チーズ研究所のチーズ。
a0091680_12423892.jpg

新鮮野菜とインノのパンでご馳走朝ごはん。
チーズ淡雪はミルクの香りたっぷりのおいしさ。
クセは少ないし塩味も薄め。
食感は全く違うが、モッツァレラのような優しい味。
ジャムなどとあわせてもおいしいかも知れない。
子ちゃたどもが珍しく来たのでおごって買ったけれど
・・結構高い。
a0091680_12365662.jpg


インノでやっと買えた小尾農園のブルーベリー入りデニッシュ。
もうブルーベリーの時期は終わりなのでどうかな?と思ったが
酸味は強めながら香りがよく果肉が充実していて瑞々しい。
a0091680_12442466.jpg
やはりおいしい八ヶ岳南麓ブルーベリー。

ところで・・・・
最近、店の前に客向けの注意書きが登場。
ハイハイ、承知しております。
a0091680_12471350.jpg
た~~~~~っぷり待つ時間が有る日にだけ行けるお蕎麦家さん。
ずっと前からそうだけどね。でも大のお気に入り。
a0091680_12475810.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2009-09-08 12:10 | 八ヶ岳 | Comments(4)

先週末の八ヶ岳南麓。
なんやかやとすることが多くて、お昼を食べに出かける時間が遅くなった。
昼、遅くまであいていそうなところは・・・
ということで、まきば公園のレストラン(標高1400m)へ
まきば公園は八ヶ岳中腹に広がる県営牧場の中にある。
周り中が山並み。
a0091680_15344072.jpg
振り向けば八ヶ岳の峰々が間近に聳え立つ。
a0091680_15341220.jpg

見慣れているけれど、いつ来ても素晴しい景色だ。
山の景色を見慣れていない方には、日帰りでここへ来るだけでも十分に行楽の価値があると思う。
レストハウス下の羊の放牧場(観光用だと思うが)。
羊とヤギが放してあり、柵を開けて自由に出入りできる。
羊のそばにいると、ザクッザクッと草を噛む音がする。
羊を追い掛け回す悪ガキどももいるが、観光客慣れしているのか羊達はちょっと逃げるか移動するとかして、のんびり草を食べ続ける。
今年生まれのような小さめのヤギは、真っ白でぴかぴかに綺麗。
お子様接客用にお手入れしてもらってるのかな?
a0091680_15351368.jpg

斜面の牧草地に長く影を引く羊たちの、背中のラインが光をまとう。
その向こうには峰々のシルエット。日本じゃないみたい・・・。
a0091680_15404318.jpg


さて、お昼は名物のハンバーガー。
たかがハンバーガーのくせに高い。
でも、兎に角いろいろ食べたいおばちゃん心理にはピッタリ。
a0091680_15411644.jpg

富士桜ポークのベーコン、ハム、富士桜ポークと甲州ワインビーフのハンバーグ。
言わずと知れた高原野菜。
厚く重なるレタスも、特製のタルタルソース風ドレッシングでおいしい。
食べづらいので時間も手間もかかるが、そのせいか「食べた」という達成感(笑)はある。
ただし、ナイフとフォークでばらしながら食べるので、皿の上は瓦礫の山状態でぐっちゃぐちゃ。
☆綺麗に食べる必要のある人(誰よ?)
☆味が混ざるのが嫌いな人(そんな人、ハンバーガー食べないか。)
               にはオススメできません
☆摂取カロリーを抑えている人も(誰よ?。・・・汗。)
★あ、それから、ちいさなお子様にも。(悲劇の予感・・)
これから秋風が立ち、空は高く澄み渡り、風景は冴え、紅葉も綺麗な場所です。
この秋はまきば公園でハンバーガー、いかがでしょう?
a0091680_15413852.jpg

             ↑左は甲州ワインビーフのシチュー。
       
[PR]
by chatadon-06 | 2009-09-03 14:40 | 八ヶ岳 | Comments(4)