夜と昼の高速風景

前回の八ヶ岳行きは夜の出発だったので、
首都高の渋滞が少しでも少ないようなルートを取ることにした。
でも、川沿いの夜景を撮れるくらいのスローペース。
a0091680_1526685.jpg

ふと、高速の脇を見るとライトがともりクレーンの見える建造物が・・・・
そうだ!あれが東京スカイツリーでは・・。
しばらくこのルートを通らないうちに、ずいぶん育っていたらしい。
a0091680_1525358.jpg

なんだかCG映画のような、近未来のような、過去のような。
過去と未来が同時にそこに有るような、奇妙な感覚に捉われる。
スカイツリーが視野から外れる頃、横にはワイン樽(・・・たぶん。メル○ャンだもの。笑)が走っていた。
a0091680_15251817.jpg


帰りの長坂インター入り口交差点。
いつもながらの山岳パノラマ。
あたりの山々と同じく、新雪が粉砂糖を降りかけたように山肌のこまかな起伏を際立たせている。この時期だけの山肌の眺め。
a0091680_15253419.jpg

甲府盆地から後ろを振り向くと雪を被ったアルプスの峰が長々と連なる
a0091680_15565744.jpg

そしてそのまま帰る中央道ルートの先、新宿には高層ビル群の上を飛ぶ飛行船
a0091680_15265864.jpg


東京の高速には油田だって走っている。
廃油処理らしい、東京油田。
a0091680_15272443.jpg

なんだか場所だけでなく、色々な時代を往き来してきたような感じだ。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-11-30 14:56 | 八ヶ岳 | Comments(2)

出たがりの看板

連休の八ヶ岳高原大橋の清里側への上り坂
途中から見る八ヶ岳が綺麗なので、走りながら助手席から「ダメもと」で撮る。
ここの先、手前に障害物がないであろう・・・
と予測をつけてテキトーにシャッターを押すのだが、
なかなか上手く八ヶ岳が画像に納まらない。
それでも何枚かは撮れている。
その何枚かのうちの一枚。
看板がちょうど写ってる
a0091680_1214110.jpg

データを見るとシャッタースピードは1250分の一秒・・・・・
私ってスゴイ。

?そういえば、このあいだ、11月上旬も確か・・・
うわっ。ほっとんど同じ位置!
ここを通過するほんの一瞬の奇跡。
私って本当にスゴイ。
a0091680_12279.jpg


いやいや、そうではないのかも知れない・・・。
この場所のナニモノかが私にシャッターを切らせているのかも
心霊写真?008.gif

どうしても伝えたい何かを伝えるためにこの画像を撮らせるのだ。。。


一体何を・・・?

それはもちろん

「ここは標高1150メートルだよ~~~ん。」


きっと、出たがり屋の看板の撮らせる、分かりやすい心霊写真なのだ。笑。

以前の心霊写真

[PR]
by chatadon-06 | 2009-11-30 11:40 | 八ヶ岳 | Comments(3)

写真日和 2

時間がないので画像のみ
天気さえ良ければどこからだって絶景の八ヶ岳南麓。
先週末、黄色い橋で撮影会(笑)の後、買い物に長坂へと下る途中でも、
ちょっと車を降りてぐるっと見渡せば・・・
もちろん富士山
a0091680_1617041.jpg

南アルプス
a0091680_1617204.jpg

降りてきた方向を振り返ると
後ろ側に並んでる白い連なりは三つ頭?なのかな。新雪で白く光っている。
a0091680_16173851.jpg

なんとまあ、いつでも、どっち向いても360度絶景だらけの場所ばかりなんだろう・・・。
なかなか店までたどりつけない・・・
[PR]
by chatadon-06 | 2009-11-27 16:07 | 八ヶ岳 | Comments(4)

写真日和

先週末の八ヶ岳南麓、降るような星空の翌日はど快晴だった。
降るような、抜けるような、と陳腐な表現だが、まさに抜けるような青空。
作業は買い物をしてからに(まだまだ作業があるのです。。。涙)先延ばしし、
買い物がてらあちこち撮影に行く。
おなじみの定点撮影、黄色い橋(八ヶ岳高原大橋)周辺からの八ヶ岳は、
新雪をまとう初冬の姿。
イヤというほど何度も来ているが、なかなか出会えない絶妙の天気、光の角度、雪の積もり方。
ベストスリーには入りそうなタイミング。
a0091680_1213572.jpg

八ヶ岳を背景に幸せそうな三世代家族の記念写真を夫が撮ってあげていたが、
こんな日に撮れて良かったですね~とこちらも嬉しくなる。
a0091680_11453730.jpg


沢山絵葉書のような画像を撮りすぎて、どれを選んだらよいか分からないが、適当にいくつか。
車を止めて少し遊歩道を歩く。
a0091680_1145551.jpg
走る車の助手席から撮る。
a0091680_114764.jpg

また戻って橋の上から撮る。
a0091680_11552921.jpg

一瞬後でも光や雲の様子が違う。。。。


今回のお気に入り。
画像がというより、大きな金色の多分カラマツのミズナラ(コナラ?)の大樹が素敵。
a0091680_11542981.jpg


何度行って感激しても、そのあとから更にまた、より美しい瞬間が現れる。
ひと時も目が離せない南麓の景色。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-11-25 11:08 | 八ヶ岳 | Comments(4)

先週末、今月二度目の南麓行きでしつこく手持ちで八ヶ岳の星空を撮って見た。

前回、今月の上旬に撮った画像は高感度モード、ISO12800でシャッタースピードは1/15秒だった。
撮れるには撮れたが、なんとも薄い。でも、この高感度モードはオート設定でしか撮れず、シャッタースピードは自由に設定できない。(・・・・らしい。・・・多分。笑。)

先週末、小屋には夜中の到着だったが、車を降りると思わずうわ~~っと騒ぐほどの星空だった。
これは再び撮るしかない、とシャッタースピードが選べる範囲での最高感度、ISO3200で再度挑戦する。とりあえず、最長の15秒で試してみた。
車の屋根に置き、セルフタイマーを2秒かけて15秒設定で撮る。
・・・はずが、どう間違えたか13秒になっちゃったけど、まあいいか。
お~~!撮れてる!
     いかにもそれらしい画像が。
a0091680_15555753.jpg

スバルも拡大するとこんな具合。
a0091680_15562434.jpg

でも、13秒なんて手持ちじゃ絶対ムリだから・・・
同条件、5秒でリトライ。
まだまだ立派なもの。
a0091680_15564710.jpg

それではいざ・・・と手持ちで5秒で試してみたが、どうしてもブレて勾玉形の星になっちゃったりする。
a0091680_15581046.jpg

最後に家の中から窓枠に斜めにのせて撮ってみたら何とか。
手ブレのぶん、星が大きく見えていいじゃん。・・・と喜ぶ。笑。
a0091680_15582721.jpg


この画像ではあまりはっきりしないが、オリオン座の一等星ベテルギウスは何となく赤く、リゲルは青みがかって写って居るように見える。
うれし~。
色合いまできちんと撮れるのは、カメラの性能もあるが、この夜空の星の見事さによると思う。
おうし座の一等星アルデバランが赤いという先入観を持たない夫が
「スバルとオリオンの間の赤い星はなんだろう」
と言っていたくらい、色が分かるのだから。。。

さて、「そんなにきれいに撮りたいのなら三脚使えば?」と思った、そこのあなた。
                                     正解です034.gif


   でも、私には向かないのデス。
     ・・・だって面倒なんだもん。
                     
[PR]
by chatadon-06 | 2009-11-24 15:05 | 八ヶ岳 | Comments(2)

渋滞…

八ヶ岳南麓からの帰り道。
渋滞12キロの真っ只中。
仕方ないから走りながらの昼食。
a0091680_13563291.jpg
武川米のおにぎりと「ほうとう」お焼き
味噌味のほうとうの具が中に入ってます。
a0091680_13563227.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2009-11-23 13:56 | 八ヶ岳 | Comments(0)

2009年11月の看板

カラマツの絶景を眺めてから、峠をおりる。
以前は何度か通行止めに遭遇したこの峠道、カーブの連続だ。
曲がり角には律儀に一つずつ、看板が立っている。
以前、ぶどう峠では峠から番号が始まっていたが、こちらは川上村側からの通し番号。
カラマツの山を背景の看板は72号カーブ。
a0091680_17241476.jpg

今回は何番まで続くか確かめてみることにする。
常にそこが最後尾かもしれないので、気が気じゃない。
多分、これが最後だと思う。85号
a0091680_1725116.jpg

運転、ご苦労様でした。

もう一つ、看板。
南相木村の指定名木。ケヤキの大木。
a0091680_17271051.jpg

大きなうろのある素晴しい大樹だ。
a0091680_1727267.jpg


指定という表現にふと、直前にニュースで聞いたコトバ「指定暴力団」を連想してしまった。
さらに最近良く聞く『自称プロサーファー』となんとなく比較してしまい、
指定って付くからには暴力団は公的に認識されるけど、自称プロサーファーは公的にはかなり胡散臭いヤツってこと?」
・・指定○○団自称プロサーファー。。。。ってこと?
などと、明らかにマチガッテル連想の虜になってしまった。

(ケヤキの大木さん、ゴメンナサイ)

[PR]
by chatadon-06 | 2009-11-19 16:47 | 八ヶ岳 | Comments(2)

カラマツ狩り その2

上旬の八ヶ岳の古小屋からの紅葉狩りならぬカラマツの黄葉狩りの続き。
さらに峠へと登る。
運がよければ峠に駐車でき、こんなカラマツの風景を楽しむことが出来る。
今年は見下ろす山肌一面、唐松の黄色に染まっていた。
a0091680_14431764.jpg

晴天ながら少しかすんだ空なので、残念ながら以前見た北アルプス方面は見えなかったが。
カラマツの黄色を胸いっぱい吸い込んで、くねくねとカーブの連続を降りてゆく。
滝の見える日帰り温泉を通り過ぎ、通るたびに気になっていたお蕎麦屋さんへ。
素晴しい眺め。
a0091680_14441468.jpg

おいしいお蕎麦だった。お気に入りに追加。
a0091680_14443193.jpg

食後、我が家の定番撮影スポットへ。
水が汚れてきているようで、ちょっと気がかりではあるが、いつもながら絵葉書のように(笑)きれいな構成の水辺写真をとる。
a0091680_14573681.jpg

たまに、後ろの斜面の中腹の道をを軽トラが走ってたりする「なんちゃって山奥の湖水」
a0091680_1459996.jpg

でも、例年と違って今回の主役は白樺でもカラマツでもない、広葉樹の紅葉だった。
帰途をたどりながら、途中でもカラマツの遠景を撮る。
a0091680_14594163.jpg

先月の南麓はいまひとつの紅葉だったが、今回行った先ではミズナラなどの広葉樹の色づきがことに良く、堪能した。
a0091680_150884.jpg

小さなミズナラが真っ赤に染まっていた。
a0091680_151798.jpg

ミズナラなどでも、幼樹では真っ赤な紅葉も見られる、と最近読んだばかりだったので感心しきり。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-11-17 14:21 | 八ヶ岳 | Comments(8)

11月上旬の南麓の、あまりに星のきれいな夜。

高感度に強いコンデジらしいけど、どうせ撮れっこない、とたかをくくりつつも、東の空から登ったばかりのオリオン座にカメラを向け、高感度モードで手持ちオート撮影。15分の一秒。
なんと!!!!
うっすらとだがちゃんと写っているではないか。。。。
a0091680_1119229.jpg

コンデジ、しかも手持ちなのに。
                      びっくり。

修正をかけてみるとさらにくっきり解る。
a0091680_1119178.jpg

今度はRAWモードとやらでとってみようかな?
(RAWがなんだかさっぱりわからないが。笑。)
でも、この南麓の夜空のきれいさ、星の光の強さ、明るさがあってこその画像だとおもう。
いままで、この夜より更に星のきれいな夜は幾度もあった。
私にもっと腕があればさらにきれいな夜空も撮れるかな?
でも、そんな夜はどえらく寒いに決まってるから、ムリかも・・・・。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-11-16 11:04 | 八ヶ岳 | Comments(0)

カラマツ狩り

先週末の八ヶ岳。
とにかくこの時期、11月上旬は我が家の行き先はほぼ決まっている。
八ヶ岳の高所での紅葉はもう終盤の場合が多いので、
この時期はとにかく川上村方面に出かける。
今年は野辺山を抜けるあたりからカラマツの黄葉がきれいだった。
トラクターも絵になる高原の畑地に、カラマツの防風林と山肌一面の黄葉。
a0091680_16595851.jpg

多分カラマツだが、シュールな刈り込み方だ。。。
a0091680_1701857.jpg

秋空と黄葉の八ヶ岳を背景にぽつんとたつ小海線の踏切。
a0091680_1704196.jpg

更にこの時期の定点撮影スポットへ向かうため、峠越えの県道へ入る。
途中、見下ろす牧草地とカラマツに覆われた山が絵葉書のようだ。
newデジカメ君が勝手にピントを合わせるので、
ススキにピントが合ってみたり
a0091680_1721810.jpg

遠景にピントが合ってみたり
a0091680_1723833.jpg

どっちもきれいだからいいんだけど、
・・・勝手に撮らずに少しは私の意見もききなさいっ。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-11-13 16:35 | 八ヶ岳 | Comments(4)