和洋野苺

前記事からのワイルドつながり、、と言うわけではないが、
今日はワイルドストロベリーについて。(今日は真面目ネタです。笑)
我が家には西洋種の野苺、いわゆるワイルドストロベリーと、
日本の自生種である山野草の野苺二種類がある
どれも見た目は良く似ていてほとんど区別が付かない。
花の時期をのぞくとどれも区別が付きにくい
・・・と思っていたが、自宅の苗ではもう一つ違いがあった。
関東の温暖な地域にある自宅での庭での冬越しでは、
ワイルドストロベリーは外葉が枯れて少なくなったくらいで、中央部には葉がしっかり残ったまま、雪をかぶっても平気だった。
a0091680_16424159.jpg

一方ノウゴウイチゴ、シロバナノヘビイチゴ(別名モリイチゴ)はどちらも、
冬に入ると地上部はさっさとと枯れて芽だけがひっそり春を待っていたようだ。
ワイルドストロベリーが勢いをましていたころようやく、緑の葉が辺りをうかがうように伸びてきた。
a0091680_164316100.jpg

ちょっと暖かくなるやワイルドストロベリーは猛ダッシュで繁り開花し、今ではたわわに実っている。
a0091680_16433995.jpg

遅く葉を出した国産野苺達は、このくらい。↓ノウゴウイチゴ
a0091680_16441069.jpg

早くおいしい実を食べたいものだが。。。
一説によると、ワイルドストロベリーはジャムにすると渋みだか苦味だかがあるという。
ジャムも国産野苺のほうがおいしいらしいが、そんなに採れるのはいつの日になるか判らないので、当分は謎のままだ。

味はともかく、見た目は実に可愛い和洋の野苺さんたち。
これからランナーの先に子株をつける姿もまた可愛いのだ。
特に、ノウゴウイチゴの子株は見ているだけで幸せになれそうなメルヘンチックな形をしている。
いつまでも実が成らなくてもま、いいか、って思えるほど。(当社比)
a0091680_16445958.jpg


★シロバナヘビイチゴ、と検索してお出での皆様。
正しくはシロバナヘビイチゴ、です。
[PR]
by chatadon-06 | 2010-05-27 16:52 | 植物・動物 | Comments(10)

勝手に殖える鉄鍋。

我が家のキッチンダッチオーブンは
いつの間にかコンボクッカーという連れ合いを得ていたのだが。。
a0091680_22551373.jpg

先日、ふと見ると、なんと可愛い子供まで殖えていた。
この可愛い一粒種、
大きなとってつきで持ちやすく、3.4キロと取り扱いに苦労しない適度な重さ。
これなら日々IHで気軽に使えそう♪
この大きさなら、親ダッチオーブン達のように
大きすぎ=料理作りすぎ=食べすぎも防げるし。
a0091680_22555541.jpg

良い子だ良い子だ。。
いつか薪ストーブの中の料理にも使ってあげるからね。。。
この子ダッチ君、実はサービングポットと言う名だ。
アメリカ製品らしく、シーズニングが剥げてたり
a0091680_22562691.jpg

バリ(?)のようにはみ出た部分があったり。
a0091680_22564119.jpg

日本製ならちょっとむかっと来るところだが、
米国製品とはそ~ゆ~もんだ
・・・というワタクシ的常識があるので、もともと期待していなかった。
「い~のよここがワイルドで。」と許せるのが米国製アウトドア用品。
これは何しろ、蓋は隙間無くちゃんと閉まるから、上等なほうなのだ。笑。

ところで、ワイルドと言えば、以前の看板画像があったはず。
がさごそ。。あった~。
こんどる※という店のワイルドランチ※混んどる?
a0091680_22575294.jpg

店先に看板以外全く何も無く、ワイルドと言うより殺風景・・。
ブログねただけのために入るのはちょっと冒険。
    ・・・でも、なんて素敵なネーミング。興味津々。
[PR]
by chatadon-06 | 2010-05-25 23:02 | お気に入り | Comments(2)

毎日突っ込みたいチラシが入るこの頃・・・・
★園芸シーズンたけなわのHCのチラシ。★
お~食用ほおずきの苗がある!
その上はきゅうり・・・うどんこつよし
うどんこってうどん粉病のことね。
a0091680_17281824.jpg

 ・・・でも「うどん粉、強し」 って・・
うどん粉病に、いきなり負けてるじゃない。   
その他
★まだ寒い時期、スーパーの靴下売り場で。★
a0091680_1728494.jpg

「なぜ、外出時は禁止なのですか?」
だって室内用だから・・・。」
       さっぱりわからん。
041.gif


コメントのお返事、少々お待ちクダサイ。
[PR]
by chatadon-06 | 2010-05-21 17:02 | 何か変・・・? | Comments(2)

チラシ 2010年5月

リゾート宿泊案内のチラシ

そりゃ広大だね~~。笑。
でも、130㎡=13m×10mじゃ点在はムリでしょ・・・。
a0091680_1233221.jpg
  

パソコンショップのチラシ

自作PC のギブアップ券付き組み立てキット。
65歳以上と女子は「最初からギブアップ」できるらしい・・・。
そして「コテンパンに」組み立ててくれるらしい。
a0091680_12334735.jpg

     スバラシイ・・・
[PR]
by chatadon-06 | 2010-05-20 12:03 | 何か変・・・? | Comments(2)

ホームセンター2010年5月

久しぶりのHCねたです。

アウトドア用品コーナーでは
火吹竹
a0091680_1747130.jpg

一見するとただの竹筒ですが、良くみると・・
a0091680_17471712.jpg
良く見ても、穴が開いてるだけの、ただの竹筒・・・

こちらは箒コーナー
おちばミックスってとってもわかりやすい・・
・・・ような気がするけど、全く意味不明のネーミング。
落ち葉かき混ぜ用具。。。?
これさえあれば、何種類の落ち葉でも簡単にミックスできます。。とか?
a0091680_17592641.jpg



プロ向けコーナーには
UNIMAX豚レンジャー
では、家畜戦隊ユニマックスの豚レンジャーなのか!?
a0091680_17564037.jpg

仲間の牛レンジャー、羊レンジャー、馬レンジャー
・・は、居ないようだ。残念ながら。
(※豚皮素材の手袋です)
[PR]
by chatadon-06 | 2010-05-19 17:35 | 何か変・・・? | Comments(0)

八日目の蝉、というドラマが先日終わった。
・・・ちょっとしか観なかったのでよく分からないが、
失うことを余儀なくされたわが子の替わりに、不倫相手の妻の産んだ子をさらい、母となる。
と言ったあらすじらしい。
羽化してから7日で繁殖を終え、命をまっとうするはずだったセミの八日目の生ってこと?
なんて想像するけれど、良く分からない。見てなかったから。。。


・・・特にそのことと関係は無いのだが、このドラマのタイトルを観るたびに思い出していたのがこちら
八日の七草
a0091680_15424444.jpg

七日で役割を終えているはずなのに、半額でまだ八日の売り場にある。

・・・・何だか、オーバーラップするでしょ?八日目の蝉と。003.gif

クリスマスケーキみたいに、そもそも根拠が薄いものなら値引きで半額もありだと思うけれど、
八日の七草じゃ99パーセント引きでも高い気がするけど。



蝉の寿命に関してはこちらこちら
[PR]
by chatadon-06 | 2010-05-18 15:06 | 何か変・・・? | Comments(2)

路傍 2010年5月

五月の連休の八ヶ岳南麓への行きかえり、中央道を中心とした路傍の風景

出かけたのは夜。
どんどん伸びてゆくスカイツリーとは対照的に、
ビルの谷間にひっそり輝く東京タワー。
a0091680_10572036.jpg

河口湖のそばで渋滞中の一般道から
歯医者だけど耳鼻科に思えてしまう。。。鼻中隔弯曲症、とか
a0091680_1058160.jpg

高速には楽器も走ってる。楽しげな名前の、松本音楽団
a0091680_10581678.jpg

路肩には藤が満開。
a0091680_1059547.jpg

寒さ暑さの振れ幅が大きく、丁度良い爽やかな日は余り無かった今年の春。
暑いとなれば思いっきり暑く、八王子手前で車の温度計は32度。
a0091680_10592786.jpg

冬枯れから復活中の新緑の戦艦。
a0091680_1103243.jpg

トンネルのなかの恐い表示、「この先解消
道路の行く先が「解消」して消えているところなのでは・・とどうしても思ってしまう。
やっと字が読み取れるように撮れた♪
a0091680_111129.jpg

そういえば、行きの夜の首都高には、はじめて見る電光表示があった。
  この先 歩行者! 走行注意。
a0091680_112781.jpg

  歩行者・・・
     歩行者、と言う危機感の無い表現が面白い。
            フツーにのんびり歩いていたのだろうか????謎。

余り気に入る画像が撮れなかったこの五月連休だった・・・。
a0091680_1134969.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2010-05-15 10:39 | 八ヶ岳 | Comments(6)

早く帰れ・・・・

庭を歩くとカエルがあちこちから飛び出す。
冬から春への周囲に色に合わせてなのか、色んな色合いのがいる。
a0091680_18431752.jpg
a0091680_18434449.jpg


朝ごはんを作ろうとキッチンのカーテンを開け、換気扇を回すと・・・。
・・・殺気!
a0091680_18441168.jpg
今年はアナタですか。
巣をかけては困るのです。
いえいえ、アナタがオオルリじゃなくてキセキレイだから差別、と言うわけでなく、
場所が。
だから、換気扇はダメだってば!
今回も、巣は撤去させてもらう。ゴメンネ。
昨年のオオルリの巣に比べると、庶民的な感じ。
中央には黒い毛が敷いてある。
a0091680_18444416.jpg

獣毛だろうか?
それとも私達の毛髪を集めた?

・・・・・獣毛だ。
     だって黒いもん。笑。

歯ブラシをくわえて何気なく敷地入り口を眺めるていたら・・・
こんなのが、道を走りながら入り口の真ん中で立ち止まってこちらにガンを飛ばし、またちょんちょんちょんと跳ねとんで走り去っていった。
・・・一瞬で「迷惑なヤツ出て行けオーラ」が、がが~~んと届いた。
a0091680_1845379.jpg

一瞬のイメージで描いているので、細部は不詳。
もう少しメタボ気味で尾の長さももうちょっと長かったかも。
五分の三くらい黒。腹は白。クチバシ、黄系オレンジ。
羽の一部に白紋(不確か)。と言った印象です。

調べたらどうも、クロツグミらしい。
さえずりの綺麗な鳥だって。
どんな声なんだろう?
録音が聞けるサイトもあるが、いまひとつはっきりわからない。
オオルリとはどう違う声なのだろう?
昨年のは本当にオオルリの声だったのだろうか?クロツグミだったりして、とちょっと自信が無くなる

兎に角、五月の連休は八ヶ岳南麓の生き物達には迷惑千万らしい。
この次ぎ行くのは梅雨時かな?
それまで、小屋の周囲は生き物達の、鬼の居ぬ間の子育て天国だろうな。
居ない時は使ってもいいよ。。。
[PR]
by chatadon-06 | 2010-05-14 18:13 | 八ヶ岳 | Comments(4)

眺める釜飯

勿論、この連休もバックハウスインノに行った。
名前は忘れたが、ドライトマトのフガス(平たい穴あきのパン)の上にあるオリーブオイルの入ったパンがソフトでおいしかった。隣のバタールのような見かけのものは「本日のパン」。。。。
a0091680_12401468.jpg


今回、外食は恒例のZENZOWのまかない定食と
a0091680_12405965.jpg

夫が気になっていたらしい、清里の釜飯やさんへ行ってみた。
ナンデ南麓でわざわざ釜飯なの?とちょっと引き気味だったのだが、通るたびに「釜飯って書いてある」と口にしていた夫なので、シカタナイ・・・。
a0091680_12421231.jpg
テーブルにはコンロが並び、早速お米とダシ入りの釜が火にかけられる。
ご主人らしき方が具を運んでいらして、トイレに行った夫のために画像を撮っていると早く早くと具の投入をせかされた。
いきなり全部投入。
あとは頬杖着いてぐつぐついってる釜の中を眺める。
a0091680_1242561.jpg


実録!誰も知らなかった釜飯の釜の中!!ナンチャッテ・・・

 釜の蓋は開けちゃいけないと言う常識を破り、
       楽しく覗き込む煮立った釜の中。


・・・蓋はどのタイミングで?
        ・・・もう水分が無い。
などと不安と焦りを感じる頃、お店の方がちゃんと蓋をしに来てくれる。

大きなタイマーがなるまで待つこと5分。
..3・・2・・1・・0。   オープン!
a0091680_12434633.jpg

最近無かったワクワク感を味わえる釜飯でした。
a0091680_1244341.jpg
a0091680_12442250.jpg





昨日の記事の富士スバルラインと同じメロディーロードがビーナスラインにもあるそうです。曲は「スカボロフェア」
さすが長野県側、おしゃれな感じです。
           ・・・・・でもなんでスカボロフェア???

いつか行ってみようっと。
でも、ビーナスラインのどのあたりなんだろう?
[PR]
by chatadon-06 | 2010-05-12 12:53 | 八ヶ岳 | Comments(2)

このところ何年か、新緑の時期は必ず林道めぐりをしていたが、今年はなし。
でも、どこかへは出かけたいので、フジザクラを見に富士山の麓へと向かった。
フジザクラは本名マメザクラ。
木も、花も葉も小さくかわいらしい在来種の桜だ。
火山性の土壌に良くある矮性種なのでは、と思う。
富士山付近を中心に箱根、八ヶ岳などに自生して居る。
富士山の見える斜面に咲く、と何かで読んだ。・・・富士を見つめて生きる桜。
山梨県の花でもある。
フジザクラの花をはじめて見たのは20年ほど前、八ヶ岳南麓の天女山近くの道の脇でだった。
a0091680_18281088.jpg
(検索するとフジザクラポークと入り混じってメンドクサイ。)
創造の森という公園施設で富士山を背景にありがちな構図を撮り、
a0091680_1828445.jpg
丁度満開だと聞いて、群生地、中の茶屋へ行く。
大河ドラマのオープニングの撮影地だそうだが、義経は見ていなかったので、ワカラナイ。
a0091680_18295532.jpg

唐松林の下の方の空間、背丈~3、4メートル位の位置に一面、花霞の層が延々と、はるかな視野の果てまで続く。
a0091680_18321495.jpg

歩けども、歩けども見渡す限りの花空間。
a0091680_18322812.jpg
いろいろ画像は見てから行ったのだが、これほどとは思わなかった。
a0091680_18324830.jpg

いちめんの菜の花・・・と繰り返す詩があるが、
そんな表現が想い起こされる、見渡すかぎりの小さな桜。
a0091680_1833717.jpg

今年は寒さで開花が遅く、例年なら終わってるこの時期に満開になったそうだ。

行きに富士山へと真直ぐ向かう富士スバルラインの途中、路面の音がメロディーになっている箇所があった。
確かに♪あ~たま~をくも~のう~えにだ~し※♪と鳴っていた。
録音できず、残念。。。※音だけです、歌詞はアリマセン。
a0091680_1834547.jpg

行きは甲府南から精進湖~河口湖と渋滞とは逆コースで行けたが、帰りは渋滞。
五月の連休は観光地など行くもんじゃない、と思いながら、一応観光地である八ヶ岳南麓へ帰った。
渋滞の中から眺める富士急ハイランド。ジェットコースター「フジヤマ」がもうすぐ急降下地点だ。
以前※乗ったことがあるが、夫は二度とゴメンだそうだ。
もっとも、年齢制限があったのでもう乗れないと思う。。。
a0091680_18343973.jpg

※このブログのキャラクター、ちゃたろうのぬいぐるみは、その時、富士急ハイランドの福引き(有料)で当たった3等の景品だ。
[PR]
by chatadon-06 | 2010-05-11 17:50 | 八ヶ岳 | Comments(0)