平地の秋も終わり

もう十一月も終わり。
今年は黄色が綺麗だったカツラの葉も、↓背景の黄色がカツラ
a0091680_1713989.jpg

先週、雨の後に一気に散った。
散るというよりは、ぼとぼとと風情の無い音を立てて落ちまくった。
a0091680_170693.jpg

今年のサクラ(ソメイヨシノ)の紅葉はいつもの年とはっきり違った。
例年、画像を撮りに行く場所でも、かなり黄色味が強い。・・・というか、深紅の葉があまり無い。
a0091680_1704419.jpg

手前はドウダンツツジの紅葉。

ソメイヨシノの、こんな黄色い紅葉は今まで見たことがない。
今年はいつまでも紅葉せず緑の葉が茂っていたが、秋が深まるまで木が活動していたので、赤くならなかったのだろうか?
そうだとするとこれからも、今年のような暑い夏が続く限り、花よりも好きな夕焼け色の ソメイヨシノの紅葉はもう見られないのだろうか?
[PR]
by chatadon-06 | 2010-11-30 16:39 | 季節 | Comments(0)

八ヶ岳南麓の旧料金所。
鉢巻道路の入り口にあり、今ではすっかり古びている。
ここで何回、
「これだけでお金取られるの」と思ったことか。。。
今は有料道路だったことすら知らないヒトが多いのでは。
今、ここを通るあなた方、
ウチが支払った料金のお陰で、あなた方はここを無料で通れるのです!

まぁ、払ったのはうちだけじゃアリマセンが。
a0091680_15103349.jpg



自宅近くで横に居たJR貨物のコンテナ。
昔懐かしい色、形。
アチこち塗り重ねて補修してある。
こちらは古くても現役バリバリ。・・・がんばれ。
a0091680_15105917.jpg


そして八ヶ岳南麓で見かけたこちらの会社。
外観は昭和レトロな建物。
東京光音電波・・・。
いかにも昭和風の、でも謎めいた名前。
怪人20面相とか、少年探偵団、などに通ずる、怪しいオーラをはなつ。
きっと、マッドサイエンティストが地球征服の野望を実現する為に
古くからず~~~っと研究を続けているに違いない。
a0091680_15112054.jpg


ぐぐって見ると、実は
先進の機器(パーツ?)を製造する会社らしい・・・・
ちょっとHPを見てみた。以下は引用


電源不要の信号系統、マルチコネクタ1つの簡易接続
はそのままに、ファンタム電源スルー機能を追加。

フェーダ2本搭載のフェージングユニットです。
トランス入出力式ながら薄型形状となっております。
ファンタム電源スルーも対応。

            やはり謎だ・・・。かなり怪しい。。。

[PR]
by chatadon-06 | 2010-11-26 14:43 | お気に入り | Comments(10)

紅葉画像は気に入るものがなかったが、ブログにアップしておかないと後で思い出せなくなる・・・。
(エキサイトブログでいつまで続けられるかはわからないが。。
そ~だ、そう言えばブログのバックアップも遅々として進んでいない。。
ここ二年分くらいがまだだ・・・アハハはは。・・・汗。)

兎に角、忘れないうちに。
ちょっとだけお出かけの川上村方面。。
a0091680_14461510.jpg

天然記念物、川上犬の展示舎を見学してきた。
私が知っている日本犬は甲斐犬、北海道犬など小型で短毛の柴犬的外見の種類が多いので、この川上犬もそうだとばかり思っていたら、ツヤツヤの長い毛がフサフサ。
a0091680_14471265.jpg
ちょっと洋犬テイストの個性的な外見。カワイイ。
a0091680_14473855.jpg

このまま帰るのもつまらないので、観光案内の地図を見て、近隣の行った事のない方面へ。
ちょっと林道テイストの道を行く。
このルートを突き詰めると、どうも千曲川の源流にたどり着くらしいが、勿論、私たちはそんな無謀な行動はとらない。道の脇の白樺林の中、くんにゃりと曲がった白樺が多い。
今年は雪が多かったのだろうか?それとも今年の雨氷や着雪のせいだろうか?
a0091680_14493835.jpg

前回、湯の丸高原で見かけた特別母樹林の看板をまた発見。
こちらはすっかり風化していて、オマケに何の母樹林か書いてない。
伝えようという意欲の無い、やる気のない看板・・・。
a0091680_1450187.jpg

無謀にも(笑)千曲川源流方面に分け入る人々は既に山中にあるらしく、登山口の毛木場駐車場は人気が無い。高い秋空に白樺の白い幹、カラマツの斜面が綺麗。
a0091680_1451395.jpg


せっかくだから、やはり峠を越えて一面のカラマツの黄葉と北アルプス(?)を眺め、
a0091680_14512799.jpg

いつものナンチャッテ山奥の湖水、立岩湖
今年は紅葉バツ。 湖自体も土が堆積して島が大きくなりススキがぼうぼうでいまひとつ綺麗でない眺め。
綺麗に見える湖岸の一部分だけ定点撮影。
a0091680_14521162.jpg

今年は他の方向は見なかったことにしよう。
[PR]
by chatadon-06 | 2010-11-22 14:18 | 八ヶ岳 | Comments(2)

意味不明・・・

意味不明な表示、二題。


☆試運転☆
台風が接近中、午後最接近という昼下がり。。。
一体何を試すというのだろうか。。。
台風の中走らせても大丈夫かどうか???
でも、綾瀬までは地下だ。。
浸水箇所でも!?
        何を試しているのか教えてくれないと、不安だ・・・。
a0091680_1749114.jpg



☆化粧品売り場で☆
文法的には間違っていない。。。
          が、全く意味がわからない
わかるように書いておかないと、防止効果が無いような気がする
a0091680_17504368.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2010-11-18 17:37 | 何か変・・・? | Comments(2)

夕景・夜景 

上旬の八ヶ岳南麓行きは、紅葉空振りで、さしたる画像もとれずに帰ってきた。
で、今回は行きの道すがら、夕暮れ~夜の景色から。
自宅を出たのは夕方。
夕焼けの中、遠くにスカイツリーと、小さな小さな富士山を望む。
a0091680_15135246.jpg

やがて日は暮れ、東京の街を外側から眺める中央環状線では、
スカイツリーとビルの谷間の小さな東京タワーを同時に眺めながら走る。
a0091680_15141288.jpg

中央道を進み、甲府盆地へと下ると、見下ろす夜景が左右に一気に広がる箇所がある。
時間が早いと、まだ消灯されていない明かりも多く、いろんな色が溢れて、綺麗だ。
a0091680_15145254.jpg


昔、新宿発松本行きの夜行普通列車ではじめて見た、甲府盆地の夜景を思い出す瞬間だ。
当時の甲府盆地辺りには、ネオンや色とりどりの明かりが無かったようで、列車が滑り込んでゆく甲府盆地の夜景は、細かい銀の砂だけをはらはらと一面に振り撒いたような静かな煌きだった。。。

若かった私も、あまりに静かで胸を締め付けられるようだった甲府盆地の夜景も、
今では遥かな時のかなただ。。。
[PR]
by chatadon-06 | 2010-11-15 14:43 | 八ヶ岳 | Comments(5)

山菜グッズ

先月の小屋からのお出かけ帰り、佐久のHCにて
山菜グッズコーナーがあった。
秋だから、山菜と言ってもキノコ用なのだろう。
山菜レジャーリュック
写っていないが、確か山菜前掛けも横にあったと思う。
a0091680_16162315.jpg

定番の竹かご、掻き切るための鎌はアスパラ鎌。
歯に刻みがある。雑草とりにも使えそう・・・。
a0091680_16163947.jpg

熊よけの鈴まで一箇所で揃います。
[PR]
by chatadon-06 | 2010-11-10 16:06 | 八ヶ岳 | Comments(0)

紅葉いまいち

昨日はこの時期恒例の、川上村方面紅葉見物に出かけた。
最初に定点撮影、黄色い橋(八ヶ岳高原大橋)…紅葉いまいち。
a0091680_1483411.jpg

さすがに川上村のカラマツの黄葉は圧巻だったが…
例年は見事な周辺の地域の広葉樹の色づきは今年は今一つ。まだまだこれからの色合い。
a0091680_148341.jpg
遠出して美味しくないお蕎麦を食べるよりウチの小屋の紅葉↓を眺めて焚き火でもしていれば良かったと、すっかり空振りの1日だった。
a0091680_1483435.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2010-11-08 14:08 | 八ヶ岳 | Comments(4)

幸運な秋

前回からあまり日が経たないうちにまた、八ヶ岳南麓に来ることが出来た。

幸運な事に今年は紅葉が遅れていて、まだまだ楽しめそうだ。
a0091680_2129415.jpg
さらに幸運な事に、南麓で新たに素敵な御夫婦と知り合えた。

少し残念なのは、せっかく買ってあったポテチチョコをお出しするタイミングがなかったこと。
a0091680_2129411.jpg

…次にお会いするときは賞味期限を過ぎてしまうので、仕方がないから食べてしまうことにしよう♪
 ♪あ〜残念♪
[PR]
by chatadon-06 | 2010-11-06 21:29 | Comments(2)

前月の八ヶ岳南麓。
巨大なキノコが生えていた。

a0091680_9562731.jpg
これが多分、カラカサタケで、
決してチチタケでないことは十分承知している。
でも、私の脳内ではどうしてもチチタケと呼んでしまう、ある理由がある。

だって・・・
[PR]
by chatadon-06 | 2010-11-04 09:41 | 八ヶ岳 | Comments(8)

野生動物は、どちらといえば人間を避ける傾向にあると思う。
わざわざ体色を変えたり、遠くへ逃げたり隠れたり。。。

でも、中には目立ちたいヤツラがいるらしい。

先月歩いた湿原の遊歩道で、ぎゃーつく騒ぎながら谷を越えてわざわざやってきた鳥。
木道の近くで餌をついばむ。
a0091680_1225090.jpg

おりしも高山植物は豊な稔りの季節。これを食べているらしい。
a0091680_123331.jpg


逃げないうちにと息を潜め、あわてて画像を撮っていたら・・・
いつの間にか二羽にふえ、しかもがんを飛ばしつつこちらの行く手をウロウロ。
a0091680_123429.jpg
お陰で私のカメラでも、色まではっきり写った。
a0091680_1235560.jpg

ホシガラスだとすぐにわかったが、こんなにシックな美しい茶系鳥だとは想像もしていなかった。
図鑑や画像で見ていたはずなのに、モノトーンの白黒鳥だとばかり思っていた・・・。
人が少なかったその日、遠くから見ていると、コイツらの縄張りに人が近付くたびに
ぎゃあぎゃあ、がーがー、とちょっとしゃがれた声が響いていた。

翌日、人の少ない横手山リフトでは、私達のゴンドラが近付くと、わざわざリフト脇の高い木のてっぺんに飛んできて、またしても縄張り主張。。。。
a0091680_1252347.jpg

更に先月の奥蓼科ではすぐ横に飛んできて不満そうにガンを飛ばしていった。
夫は先に行っていたが、特に文句はつけられなかったらしい。
ひょっとして、近所のはしぶと君と同じように、私が特に気に入らないのだろうか?
a0091680_1211497.jpg


先月はもう一種類、目立ちたいヤツを見かけた。
保護色で緑色をしているはずなのに、わざわざ。。。
a0091680_1292915.jpg

撮ったら逃げてしまったが、近寄らず放置しておいて色の変化を見れば良かった。残念。
まさか赤くはならなかったろうケド。
[PR]
by chatadon-06 | 2010-11-02 11:28 | 植物・動物 | Comments(0)