またまた時間なく、11月中旬の画像のみ
定点画像、黄色い橋(八ヶ岳高原大橋)
今年はうちの好みに合った紅葉。
a0091680_1653950.jpg

橋げたの影がおちる、向かいの斜面も綺麗。
a0091680_1661966.jpg

何故か秋が足踏みしていたので、今年も金色のカラマツが見られた。
a0091680_16103884.jpg
季節の歩みがごちゃまぜで、紅葉もあれば、すべて葉が落ち、冬支度の木もあった。
すっかり冬眠中の花芽(?)の背景はまだ色とりどり。
a0091680_16105334.jpg

なんだか変だった今年の紅葉でした。

a0091680_1617478.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2011-11-25 16:11 | 八ヶ岳 | Comments(0)

南麓の秋 2011.11 その2

大門ダムを後に、次はどこに行こう?
お昼ごはんの気になる時間になったので、検討・・・。
白州方向に向かうことも考えたが、また逆戻りもなんだし、久しぶりに昔行ったことのある瑞垣方向の蕎麦どころを思い出して、そちらへ向かう。
a0091680_15432996.jpg

何度か通った林道には例のラーメン屋さんの看板もあったが、ラーメンよりお蕎麦な気分だったので、そのまま先へと向かう。
a0091680_15434329.jpg

林道出口でいつものように道を間違い、でも綺麗な景色に騒ぎながら
a0091680_1616230.jpg
古い学校の建物前などに迷い込み、見物しながら集落へ出ると・・・
a0091680_1544511.jpg

あらら、前から行ってみたかった焼き鳥屋さんの目の前だった。
焼鳥を焼いてもらい、また先へと向かう。
a0091680_15442649.jpg


目指すそば処は、みずがきそば処

子供達が小さい頃だから17、8年以上は前だと思うが、まだここが出来たばかりの頃で、混んでも居ないのにたっぷり一時間は待たされた想い出があり、
私たち夫婦の間では「みずがき一時間蕎麦」として伝説化している。
待たされたのに嫌な想い出にならなかったのは、蕎麦がおいしかったからだ。

で、今回は・・・
地元の人たちが次々入ってきて結構にぎわっていたが、その割りにそれほど待たされることもなく、お蕎麦はとてもおいしかった。。
また食べたい、と思うくらい。
a0091680_15473352.jpg
この秋、ウチ的にそう思えたのはこことほかに一軒。

車の中で食べた焼鳥もまた、とてもおいしかった。
折角だから名残の紅葉の渓谷沿いを増富湖にむかい、
a0091680_15481015.jpg
湖岸の紅葉より綺麗な、湖水に映る紅葉を楽しんで帰った。
a0091680_15561294.jpg


新しくなった交差点の向こう、南アルプスに光がさす。。。
絶景交差点、五町田。
a0091680_1552330.jpg

どこを見ても絵になる南麓の景色。
[PR]
by chatadon-06 | 2011-11-22 15:12 | 八ヶ岳 | Comments(0)

2011.11南麓の秋

なんだかんだと忙しくしているうちに、前回の更新からはや一週間。。。
中年老い易くダイエットなりがたし。な毎日だから、意地で更新。
従ってあんまり内容なし。

さて、もう一週間ほど前、凍結防止作業もかね、ナントカ今年の紅葉の最後だけでも見たいと、八ヶ岳南麓の小屋へ。
全体的に紅葉はいまひとつ。
さっさと茶色くなって、すっかり真冬の姿の木もあれば、まだまだこれから秋という風情の木々もある。
今年もまた、カラマツの黄葉にはナントカ巡り会えた。

長年通う勘から、今の時期は大門ダム辺り、と狙いをつけて出かける。
途中、??テレビで見かけたような・・・。
a0091680_1729335.jpg

フジハラセイメンでした^^。・・・喜。
a0091680_17291346.jpg


湖岸は概ねさえない色。
でも植栽のモミジがえらく綺麗。
a0091680_17305566.jpg
a0091680_17293427.jpg


大門ダムのうえに出ると、見下ろす斜面には影から浮き上がる錦の紅葉!
a0091680_17311944.jpg

一番好きな時期の紅葉を見られて満足。
[PR]
by chatadon-06 | 2011-11-18 17:07 | 八ヶ岳 | Comments(2)

撮〜れたっと♪

a0091680_22412868.jpg

たまたま車中。
デジカメ片手に助手席でその瞬間を待った。
2011年11月11日11時11分11秒

果たしてこの時計はあってるのだろうか。(笑)


そんな今日は震災から8ヶ月。
文科省の航空機モニタリングによる山梨県のセシウム汚染地図がやっと公表された。まだ携帯でしか見ていないので細かいところがわからないが、ちょっとだけ安心かな?
[PR]
by chatadon-06 | 2011-11-11 22:41 | Comments(3)

ライブカメラをみる日々

今年の紅葉は、早いところは早く、遅れているところは遅いらしい。
毎年、紅葉に丁度良い時期にはなかなか八ヶ岳南麓の小屋に行けないので、この時期になるといつも指をくわえて役場のライブカメラを見る。
この大泉町のライブカメラ、今年で打ち切りとの噂もあったが、まだ見られる。
最初の頃は赤い橋、パノラマの湯、大開上、と紅葉の様子も見られて楽しくやきもきしたものだが、一つ、また一つと故障リタイヤになるカメラが多く、哀しい。
雪のあまり降らない南麓の、たまの雪景色を見られるのも、楽しみだったのに。

今は旧大泉村役場(現支所)の上にあるライブカメラが楽しみ。
役場のライブカメラからの今日の八ヶ岳。
a0091680_16442059.jpg



昼間、明るい時しか見られないが、壊れずずっと続いてほしい。。。。。

それにしても、この次ぎ行くまで、落葉せずに待ってて、カラマツ林。
a0091680_1646497.jpg



2012年1月追記
とうとう見られなくなりました。
…復活を熱く希望。
[PR]
by chatadon-06 | 2011-11-08 16:36 | 八ヶ岳 | Comments(2)

白樺。。。

高原の代名詞のような白樺だが、日本の自生種は低地に植えるとあまり健康に育たないことが多かった。
気候のせいもあって、低地では病気になりやすかったと聞いたことがある。
だから、平地で庭に白樺を植えるなんて、酔狂なことだ、と思っていた。
植物の生態も知らんで、木が気の毒、とか。

白樺といえば、今回行った御射鹿池を有名にした東山画伯の作品には、数多く白樺が登場する。


以前住んでいた家から車で買い物に出ると、よく信号待ちで停車する場所があって、みるともなく脇の家を見ると、庭にびっしりと白樺が茂っていた。
あらま~~こんなに白樺だらけ。
よっぽど好きなんだゎ。(笑)
と何時も可笑しかった。


で、今の自宅に引っ越して、しばらくしてから、再びそのポイントを通る機会があり。。。。
・・・と、以前家のあった場所はひらけ、奥のほうには、なにやら公共施設っぽい建物が。

そのとき脳裡に電撃が走り、思い出した記憶のひとこま。
以前、前の家でたまたま見た電話帳の一ページ。
東山魁夷 日本画家 記憶が曖昧だが、確か職業別電話等だったと思う。 

      で、時を越え、そのとき脳裡で繋がる白樺ジャングルと東山魁夷邸(←推定)。

(追記:市川市にある東山魁夷記念館は、東山魁夷邸に隣接して建てられた。とのこと。)

白樺、お好きだったんですね。。。東山画伯。
私、ちょっと批判的に眺めておりましたが、お宅様の白樺林は健康そうに見えましたので、その点、お宅のお庭に関しては特段の問題なかったかと・・・(汗。

a0091680_16442924.jpg

↑この画像と東山画伯の作品には何の関連もアリマセン。
・・・・ところで東山画伯、カラマツは植えなかったんだろうか?
一応お庭に植えて見たけど、それこそ低地では育たなかったんだったりして。(←コラコラ。)
[PR]
by chatadon-06 | 2011-11-04 16:44 | 八ヶ岳 | Comments(0)

ぐずぐず更新で、もう10日近く前のことに。。。

北八ヶ岳のカラマツは南麓のカラマツとはちょっと雰囲気が違う気がする。
南麓のカラマツ林は植林のものが多く、規則的に並ぶ。
それはそれで美しい。
北八ヶ岳のカラマツは自然林だろうと思うが、不規則に自然の淘汰に従って並ぶ。
更に標高の高いところのせいか、発色も良い気がする。
麦草峠を通り過ぎ、八ヶ岳の西斜面に入ると、カラマツ林の中をゆく路上にはオレンジ色に落ち葉が降り積もっている。
a0091680_17251745.jpg

さらに降りると、一面に広がるカラマツ林の梢を上から見渡せる。
この日は浅間は見えなかったが、雲の沸き立つカラマツの梢の連なりを存分に楽しめた。
a0091680_17254233.jpg

降りるに従ってカラマツの黄葉は緑を帯び、季節が巻き戻されてゆく。
a0091680_17255639.jpg


今頃はカラマツが黄金の針降らせているのだろうな。
たまたまそんな時期に何度も行っているせいか、「北八ツ」と聞くだけで秋の青空の下、金色の雨が降り注ぐ光景が目に浮かぶ。
たまに一面の杉苔の緑って時もあるが。

途中の景色。
実に綺麗だけど、しっかり電線が三本・・・。
a0091680_1732428.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2011-11-01 17:33 | 八ヶ岳 | Comments(6)