2012年5月連休、看板篇 

はいっ
いつもの看板シリーズ。
道路の反対側には日本海へと流れ下る庄川があるが、こっちの支流ははほんの小さな渓流のように見える。
盆地も平地も、大きな川の周りの地形はすべて、水の巨大な力によって形成されたものだと改めて思い知る。
a0091680_157182.jpg


重複区間の看板
平地の少ない谷あい、山中にはこんな看板があちこちにあり、まっすぐ同じ道を走ってるつもりなのに訳がわからなくなる。先に行くとまた別の道と重複したり。
a0091680_1574927.jpg


そんな道を走ってると
「崩壊した斜面をなおしています。」

走っていいのか・・・・?
    走れるのか・・・・・・!?
 
斜面をなおすって表現が。。。怖い。  
a0091680_1581438.jpg
 

で、現場は分厚い鉄板で覆われている。
a0091680_1583518.jpg



途中、分水嶺公園という看板があった。
前出の庄川は日本海へと流れて居たはず。
ではこっちは太平洋へ・・・・?
a0091680_159446.jpg


さらに道端の看板を見てようやく、
分水嶺とは庄川と長良川の分水嶺だったことに気がついて
わ~わ~騒いで喜ぶ中部の地理に不案内な関東人。
長良川と言えば鵜飼=中部東海地方の風物詩。
ほとんどなじみのない異国情緒的な(笑)文化圏なのだ。
(分水嶺の看板だけで十分楽しめる私って本当に安上がりだ。)
a0091680_1593931.jpg


山ん中のカラオケ看板も素敵。
a0091680_1510357.jpg


今回の路傍看板大賞は・・・・



郡上八幡の橋の上の看板
真夏に、子供たちが清流に飛び込む姿があまりにも有名な場所だ。

不慣れな方等のむやみな飛び込みは」
というくだりに、全面禁止にして地元の伝統を途切れさせたくないという苦渋が見て取れる。
a0091680_1511694.jpg



・・・が、しかし。

タイガースファンが

「道頓堀川で慣れてるからダイジョブや~っ」

             って言ったら?  さあ、どうする?

[PR]
by chatadon-06 | 2012-05-31 15:15 | 何か変・・・? | Comments(0)

サクラ・さくら

テレビのソフトバンクのCM「竜馬の休日」は我が家で大うけだが、本家ほんもとの映画「ローマの休日」ではオードリー・ヘップバーンの
ローマです!なんと言ってもローマです。」というセリフが余りにも有名だ。



で、私も言わせてもらう。

「今年の5月連休は、白川郷や郡上八幡など、いずれも美しく・・・」
             
               「サクラです!なんといっても荘川桜です

・・・・我が家のいつもの、出たとこ勝負突然ドライブの旅
そのコース上に忽然と現れた(笑)その名。

御母衣(みぼろ)ダムという素敵な名のロックフィルダムの湖のほとり。
あらら~~ん。
荘川桜ってどっかで聞いた覚えが。。。

脳裡のカタスミで鳴りはじめた「風の中のす~ばる~・・・」
そうだっ!プロジェクトXで見た!
やった~~とガッツポーズ。
しかもルートの国道は荘川桜に感動したバスの運転手さん車掌さんがコツコツとサクラを植え続けたと言う国道。
白川郷を楽しみにする夫を横目に、密かに最大の楽しみは荘川桜の私。

この木とサクラ道にまつわるお話は長くなるのでリンクを参考にどうぞ。
荘川桜
さくら道

旅行直前の日々、何度も見るケータイの桜開花予想。
やっと咲き始めが一日前なのに、当日はもう満開のツイッターが飛び交っている。
寒くて開花できなかったところが、急に暖かくなって一日にして一気に満開にいたったらしい。
a0091680_11385214.jpg

全然予定になかったのに、奇跡的に急遽満開になるなんて、私ってどんだけ日頃の行いが良かったのだろう?
白川郷を出て、雨が降らないうちになんとか。。。
素敵に車の少ないダム湖沿いの道を対岸の新緑とヤマザクラに見ほれながら走ること暫し。
行く手に見える湖岸の高台の桜の花のカタマリ。二つある。
a0091680_1134655.jpg
ぽつぽつと降り出した雨(少し行いが悪かった分?)もなんのその、
a0091680_11401129.jpg

花に寄るミツバチのように二本の巨大な桜の周りをぐるぐる回ってながめつつ撮りまくる。
a0091680_11404554.jpg
a0091680_11415212.jpg


知っていたつもりでも、ダムに沈む谷底から高台へ苦労して曳きあげる当時の写真の展示で、移植の際に全ての枝を落として丸坊主になった巨木の姿を見ると、人の思いや尽力に見事に応え、健やかに生き延びた樹のいのちの力に胸を打たれる。
a0091680_1284061.jpg
ほとんど無理だと思われる移植に見事に成功したのみならず、再び枝を茂らせ、長い年月、見事な樹形を保ち健やかに育んできたことに、深く畏敬の念を覚える。
冬は深い雪に閉ざされるのか、高い柱から雪つりのように丁寧に吊ってあるせいで、細めの枝の枝張りも美しい。
a0091680_1143129.jpg

二本ともに健やかに咲き誇る姿を胸に焼付け、いつまでも咲き続けてと振り返りながらサクラ道を宿へと向かった。
a0091680_11441419.jpg


満開の2000歳・神代桜、春の夢のような王仁塚の桜つぼみ葉桜の神田の大糸桜、素晴しい桜の古木を堪能した今年の春。
締めくくりは思いがけず出会った感動の桜だった。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-05-28 14:17 | おぉ~! | Comments(0)

二日目。
朝から雨が降り始め、ちょっと落胆しつつも出発。
今日は一般道をたどりながら郡上八幡を観光し、さらに山間を抜けて中央道の恵那へ向かう予定。
宿を出るころにはいったん雨が上がり、通りすがりの施設、
荘川の里を外から^^観光。
a0091680_1716976.jpg

さらにお蕎麦屋さんの巨大な5連水車を駐車場から^^観光。
a0091680_17174564.jpg
a0091680_17163432.jpg

開店前なので貸し切り観光地状態。
a0091680_17171216.jpg

大水車の水車小屋の臼も巨大。
a0091680_17183344.jpg

さて、一路郡上八幡へ。途中道の駅で御昼やお土産の漬物などかいつつ、雨が降り出した郡上八幡へ。
川沿いに建物がびっしりと建つ。
a0091680_17194957.jpg

名水百選の一番目だという宋祇水。
a0091680_17185127.jpg

古い町並みをそぞろ歩き、

「うちのとち餅は他のお店のマロニエの実を使ったものとは違うっ」
a0091680_17204443.jpg
と熱く語るお店のご主人に、特別に京の町屋のような細長い家の奥にある蔵と秘蔵の甲冑まで見せていただき夫、大感激。
a0091680_17225313.jpg

素晴らしい旅の思い出をいただき、ありがとうございました。

郡上城からは周囲の街並みと、盆地を囲む山々が絵のように見える。
a0091680_172195.jpg
a0091680_17215262.jpg
a0091680_17222026.jpg

雨模様のなか、郡上八幡を離れ、道なり(うげげっ)表示のカーナビを頼りに帰り道へ
a0091680_17235486.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2012-05-24 17:44 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(2)

金環蝕やスカイツリー騒ぎも一段落、またまたもどる五月連休篇
白川郷、郡上八幡おでかけ篇。
あまりに盛りだくさんなおでかけだったので、何をどう書いてよいかわからない。
ランダム進行。
例年、五月は林道っぽいところをあちこち行っていたのだが、今年は少し長く休めるのでもっと遠くに行きたい、と夫が言う。
せっかくだから一泊で行こうというので、行ったことのない方面、一泊じゃないときつい旅程の方向。

私はどうせ行くなら真冬の雪景色がいいと思ったのだが、夫はとにかく一度白川郷へ行きたいという。
生粋の関東人である私たちの脳内地図はおおよそ上高地くらいまでしかインプットされておらず岐阜県に入るとそろそろあやしくなり、飛騨高山くらいまでは「安房峠の向こうがわ」とか「新穂高温泉のあっち側」と、かなりいい加減になる。(飛騨高山には行ったことがあるにもかかわらず。)
白川郷になると「高山の北側のどっか」
、。
で、今回は地図を見る。

あらら~~ん、こんな位置だったのね。
と認識し、ケータイ版のじゃらんで宿を予約。
天気を見ながらその日の旅程を決めることとする。
当日は白川郷は午前中天気が持つようなのでとにかく一路安房峠をトンネルでぬける。
相当の難工事だったらしい安房トンネル。
噴煙上がる活火山にトンネルを穿つなんて無謀なことを考えるのは日本人くらいだな、とおもいつつ。
(古くなってきたら通りたくない。)
トンネルの前後も道のわきのあちこちの斜面が崩れているというか流れ落ちている感じ。道路維持費で大損。
a0091680_17352938.jpg

そんなこんなで白川郷でおひるごはん。
合掌造りの家を集めた施設の一郭にある合掌造りの蕎麦屋さんでおそば。
一時に多数の観光客をさばく店なのに意外においしいそばだった。
ちょっと前に食べた南麓の新しいおそばやさんよりもおいしい。
さて、腹ごしらえのあとは白川郷散策。
だいたいお決まりのコースらしいところを見て歩く、写真でよく見る展望台からの風景。
a0091680_16481299.jpg

なかなかのものだが、やや(?笑)へそ曲がりな感性の持ち主なので、それより、遠く白山方向の見える山々に囲まれた盆地の中にある集落という地形的なたたずまいにじんと感動する。
こうして山また山の地形の、わずかな平地に適応しつつ、ひとは長く長く暮らし続けてきたのだ。
a0091680_16483381.jpg

合掌造りの郷は世界遺産としてしっかり整備され保護され、観光地として洗練されてすばらしいものではあった。きっとじっくり時間をかけて滞在すればいろいろな発見や感動が味わえるだろう。
しかし、観光地化された観光地、特に人が多い観光地はやはり苦手だ。
きっと昔、ここがあまり有名でないころに来ていたら熱狂的に惚れ込んでまた来たいと熱く思ったかもしれないが。
a0091680_17363247.jpg

見どころだらけでいろいろ撮ったが、あちこちにもっと良い画像があふれていると思うので、省略。

庭先のトラクターや軽トラ、田起こしの風景はここがもともとは農村である事を思い出させてくれ、ホッとする。
a0091680_16495749.jpg
物置小屋
a0091680_1651199.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2012-05-24 17:43 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

天空の指輪

晴れてくれ、と言う願いが少しは通じたのか、今朝の日蝕の初めは雲の切れ間が多かった。
2009年の日食グラスの出番。
コンデジにグラスをかませて撮ってみると、赤い三日月。
a0091680_1559451.jpg

さらに三日月が細くなってきたころ、無情の雲が厚くなり始め、日食グラスでは見えなくなる。
「もうちょっともって~~」との願いもむなしく、雲の切れ目はほとんどなくなる。
・・・がしかし。
なんと雲がフィルターの役割を果たし、肉眼で楽に欠け具合が見えるときがある。
コンデジのNDフィルターモードにしてみたら、
あ~~らなんと
きれいな三日月
a0091680_160535.jpg

次第にリング
a0091680_1651269.jpg

もう少しで環。
a0091680_1654128.jpg


風景の中の金環蝕が撮れた。
曇り具合がこれ以上でも、これ以下でも鮮明に撮ることができなかったと思う。
しかも、肉眼で鑑賞できた完全な環への過程。

まさに天恵。

日食も月食も三日月形に欠けてゆき、黒い丸から再び円へと満ちる点では同じだが、この金環蝕は黒い丸の新月状ではなく、完全な光の環となる。
皆既食のダイヤモンドリングのような華やかさは無いが、金環蝕だけの独特のかたち。
今日の金環食はさらに、雲のフィルターを通したいぶし銀の輝きだった。
ダイヤのエンゲージリングではなく、プラチナのマリッジリング。

a0091680_1665488.jpg


ふと、結婚指輪を、結婚式の前日、閉店間際の高○屋で買ってもらった(買うの忘れて、あわてて買いに行った)事を思い出す。

 その時には想像もしなかった2012年、遠い未来にいる私たち。
a0091680_1671296.jpg

・・・・並んで見上げる天空の結婚指輪

[PR]
by chatadon-06 | 2012-05-21 16:12 | おぉ~! | Comments(4)

金環蝕なう

a0091680_7364622.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2012-05-21 07:36 | Comments(0)

金環蝕は7時34分30秒

a0091680_2113672.jpg

何で7時台だけ…

…orz
[PR]
by chatadon-06 | 2012-05-20 21:01 | Comments(0)

どんどん季節が進んでしまっているが、まだまだ連休画像。

連休の谷間に八ヶ岳南麓から足をのばし、車で白川郷と郡上八幡をめぐる小旅行をしてきた。
今回は旅行中の食べ物画像。

旅行二日目、白川郷から郡上八幡へ向かう途中の道の駅でゲットしたおひるごはん。
a0091680_0114859.jpg

ほお葉でくるんだ五目寿司。
a0091680_012915.jpg

牡丹餅の中身はとち餅。
a0091680_012352.jpg

製造所の住所が「なんとか駅構内」だったりするのも楽しい。
食べたのは雨の車中、郡上八幡の山の上のお城の小さな駐車場。
a0091680_0133740.jpg

こんな旅が大好き。

おやつはみたらし団子
a0091680_0125911.jpg

帰りは暮れなずむ高速を走り、多分、木曽駒ケ岳を過ぎたあたりで日が暮れたので
a0091680_0135998.jpg
諏訪湖SAでお弁当を買うことに。
一度は食べてみたかった高速道路の特製弁当、速弁(はやべん)。
この速弁の製造所は上州群馬、横川の「峠の釜めし」でおなじみのおぎのや。
でも、「信州の味」って書いた看板だったような?
それは、なんだかな~。
a0091680_0144786.jpg


でも、さすがにおいしいお弁当でした。
a0091680_01593.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2012-05-20 00:17 | 食べ物 | Comments(0)

四月中旬に見に行った時はまだほとんど開花していなかった大糸桜。
葉桜だろうとは思ったが、確かめるために再訪。
途中、葉桜がちの谷戸城址もチェック。
何色ものスミレと桜の花びらが一面に。
a0091680_12193117.jpg

大糸桜は見事に葉桜だったが、八ヶ岳を背に南アルプスに向き合う古木の幹を、四方からじっくり観察できた。
a0091680_12221153.jpg

植栽の水仙と林の山桜がきれい。
a0091680_12223890.jpg

十年以上前、JRのあずさから一瞬みた大糸桜は、緩やかな八ヶ岳南麓の斜面から盛りあがる小山のようだった記憶がある。斜面の下を今日もあずさが通る。
a0091680_12232075.jpg

いまは枝垂れる枝も短く少なくさびしい姿だが、いつか再び咲き誇ってほしい。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-05-18 12:28 | 八ヶ岳 | Comments(0)

2012年5月連休、動物篇

夫が閑職になり、休みが少し多くなり、あちこち遊び歩きすぎて風邪気味な今日この頃。
先月末の連休初めまで時間を巻き戻して画像を探して・・・。

四月末のある日、八ヶ岳南麓の小屋に夜帰り着くと隣地の暗闇からかさこそと音がする。
目を凝らしてもわからないので、フラッシュをたいてあてずっぽうに撮ってみた。
うっかり光量を抑えた設定のままだったので、はっきりしないが。
a0091680_17281587.jpg

びっくりした顔の数頭の鹿さんたち。

すでに角が落ちた時期なので、雄か雌かわからないが。
脅かしてごめん。
a0091680_17283643.jpg

昼間はおなかの大きなとかげが庭の石の上で日向ぼっこ。
a0091680_17292766.jpg



連休の終わりに行った御射鹿池。
a0091680_1729615.jpg

ぼんやりした色合いだが、雲の影と陽光の陰影がこれもまた東山魁夷の世界。
a0091680_17383752.jpg

まだ春が浅い奥蓼科、夢夢舎のランチ
a0091680_17295316.jpg

庭の先の道端では鹿が数頭、道草を食べている。

鹿さんとランチ。
a0091680_17311290.jpg



それにしても、どこに行っても鹿だらけ。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-05-17 17:32 | 八ヶ岳 | Comments(0)