顔。

顔に見えるものを様々ピックアップしてる方が居る、とテレビで紹介されていた。

確かに常日頃そんな顔に接している。

見習って画像をいくつか。

古い硝子切り。 
           「私がなにか?」    
a0091680_1551135.jpg
  

段ボール。   
     ちょっと必死な感じ。「ねえねえ、きいてったら。」
a0091680_1554351.jpg



以前の記事  笑うアイス
[PR]
by chatadon-06 | 2012-06-29 11:52 | 何か変・・・? | Comments(0)

なかったこと。

先週末、6/22のN〇K夜7時のニュース。
a0091680_1146965.jpg


ライブ中継で並行してPCで見ていた、↓首相官邸前のこのデモについてはニュースの終わりまで全く触れられなかった。
このデモはN〇K的には「なかったこと」になった。
a0091680_11463257.jpg


人数やらなにやら、報道の仕方は色々あって良いと思うが、警察発表でさえ1万1千人に上る人数のデモを全く無視。  ただ単に「行われています。」。。って報道すらないなんて。

東南海地震が戦時下で「なかったこと」として全く報道されなかった逸話を思い出し、ぞっとする。
今日もまたデモはあるようだが、「22日も報道しなったから」とかいってまたシカトするのだろうか?
 

6/29 19:00追記:本日のデモは
間もなくネットでライブor録画でヘリからの動画を配信予定らしいです。Uストリームの埋め込みが上手くいかないので
こちらからすいません、リンク先、配信してませんね。
リンクはれませんが、首相官邸前空撮チャンネルで配信中。(21:40終了しました)

2012/6/29 21:56現在は
http://www.ustream.tv/recorded/23643181
http://www.ustream.tv/recorded/23643432
http://www.ustream.tv/recorded/23641517 で見られるようです。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-06-29 11:51 | ある日。 | Comments(2)

笑うカメムシ

八ヶ岳南麓の庭は虫たちの天下。
今年は巣作りの遅かった蜂たちもようやく巣作りを始めた。
(・・・って、うちには作らなくっていいから。)

体型はアシナガバチのようだが、とてつもなく大きいアシナガバチ。
もしやスズメバチでは?と調べた。
やはりアシナガバチではあるようだ。
キアシナガバチ、らしい。けれど、セグロアシナガバチにもにていて、よくわからない。
a0091680_13304977.jpg
何しろ大きい。
幼虫がたくさん。間一髪だった。


枯れ枝の剪定をしていたら、カメムシ体型の虫が一匹。
獲物の芋虫を掲げて逃走中。
逃げないように夫に監視を依頼。(=「ちょっとこれ持ってて♪」)
あわててカメラを取ってくる。
a0091680_13502258.jpg

虫嫌いなかたはここまでで。以下、カメムシのお食事シーン。

More    カメムシのお食事
[PR]
by chatadon-06 | 2012-06-28 18:49 | 植物・動物 | Comments(0)

なんの花でしょうか?
a0091680_17182328.jpg


なぜか白い(黄色い?)キバナノヤマオダマキの多い我が家あたり。
オダマキらしいのはうつむいたこういう風情だが、
a0091680_17185811.jpg

下から見るとこんな筋入りつぶつぶがついた蕊。
a0091680_17193573.jpg

今回、自宅に持って帰るために切る際、オダマキの茎を触ると全体に粘ついていた。
へー。ねばねばしてるんだ、おだまき。

自宅ではこの辺でも勝手に生えてるピンクの花と一緒に生けると。
a0091680_17215191.jpg

あらら、こっちもなんだか粘つくところがある。
以前からあちこちのお宅や、道路ッぷちに見かける、在来種ではなさそうなこの花。
ムシトリナデシコ、ハエトリナデシコなどと呼ばれる、帰化植物らしい。
でも、このナデシコの面白いところは。。。。
粘つきが、茎から葉が出る少し下の、きっちり決まった箇所に限られること。
画像は少し時間がたって茶色く色が付いてきているが、初めは無色だった。
a0091680_17222057.jpg

誰かが所定の位置にすべてきっちりと両面テープを巻いたように、帯状にそこだけ粘つく不思議な植物。
幅までまるっきり両面テープそのものだったので、検索して確かめるまでは誰かの仕業?との疑いを捨てきれなかったくらいだ。
で、食虫植物なのかとも思ったが、そうではないらしい。
受粉の助けにならないアリなどがやたらに登るのを防ぐため、らしい。




・・・ん?食虫植物と言えば、だいぶ前に「お食事風景」をテレビで見た記憶が。
画像を探してみた。
確か、食虫植物のえさには、良質のたんぱく質が必要なので、という愛好家のコメントだった。

餌のチーズもさることながら、驚きは
a0091680_17232591.jpg

納豆!
a0091680_17233952.jpg

おいしそうに食いついてたっけ。。。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-06-27 16:23 | 植物・動物 | Comments(0)

6月らしさは・・・

先週末の八ヶ岳南麓。
寒くなって薪ストーブを焚いたかと思えば、翌日はこの夏一番の暑さとか。
八ヶ岳南麓、大泉の観測点ではかなりの暑さの予報だし、買い物におりた長坂では確かに暑かった。
でも、小屋まで上るとひんやりと涼しい、そんな日々。

梅雨時の風景画像は曇っていると山が見えず、晴れていても田圃の稲の育ち具合以外は季節を表現するが難しい。
5月の水を張ったばかりの田んぼなら山々がくっきり映るのだが、苗が伸びると山かげががはっきりしなくていまひとつ。。。
諦めて麦など撮ってみても、秋なのか麦秋なのか、直感ではわかりづらい。
a0091680_1953338.jpg

一年中いつでも見られる風景ながら、霧に浮かぶカラマツのほうがいっそ梅雨時らしい気もする。
a0091680_1954473.jpg


丁度あちこちでヤマボウシが花ざかり。
何気なく撮ったら花のてっぺんにおしべが何本かつんつん映っていたので・・・接写♪
拡大するとこちらが正真正銘の花であることがはっきりわかる。カワイイ。
a0091680_1963642.jpg


早めに花が咲いていたほうはもう実になってきている。
a0091680_1972318.jpg


へ~~~!!!
     最初はこんななんだ。

この一つ一つの赤いジューシーそうな実がくっついて、あの面白い格好の赤い丸い実になるのかな?
興味津々。。。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-06-23 19:08 | 八ヶ岳 | Comments(0)

寒い…?

八ヶ岳南麓。
さすがに高原だから6月といえども梅雨時は寒い。

  寒い。
さむーい!

…え?気温はそれ程じゃないって?
→いやいや、体感温度は寒い。

…でもさっき、カッコウも鳴いてたって?
→うん、寒い寒いって鳴いてた。

で、焚くのだ。
a0091680_18231582.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2012-06-16 18:23 | Comments(8)

現在はふらここ食堂になった古民家の、2008年秋の画像を見つけた。
瓦屋根の棟が、瓦で出来た欄間のようにうろこ模様(青海波風?)に透けている。
近隣のあちこちで見かけるので、この辺の古い瓦屋根の特徴のようだ。

現在は金属瓦に葺き替えられている
屋根のかたちはそのままなので、雰囲気だけはなんとか残っていると思う。

・・・古い瓦ぶきのままで修復し維持するには莫大な経費がかかりそうなので止むおえないと思うが、こうして以前の画像を見るとちょっと残念だ。
a0091680_11224096.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2012-06-15 14:20 | 八ヶ岳 | Comments(0)

常識を疑え。。

前回の南麓からの帰り道
中央道の初狩SAで、珍しくおにぎりとうどん以外のメニューを選んだ。
フジザクラポーク丼
お肉をウチで食べる時は何時も、なるべく脂肪分の少ない部位を食べるので、この丼のバラ肉のジューシーな脂身は、天上の美味に思えた。
a0091680_11208100.jpg


そういえば、先日夫がぼそっと。。。。
「フジザクラポークってフジザクラを食べさせてるの?」と訊く。

え?フジザクラって名前はイメージで、実際にフジザクラ食べてるワケがないじゃん。。。
とおもったが、いちおう、

「フジザクラポークは、山梨県畜産試験場が長い年月をかけ開発した肉質の良い「系統豚フジザクラ」(ランドレース種)をもとに生産される豚肉です。生産組合員は飼養マニュアルを遵守し、指定配合飼料を給与しており、肉質、脂肪ともに良質であり、旨味と風味があります。」(山梨県HPより抜粋)

・・・・・・的な事をアバウトにざっくり説明した。
a0091680_11203338.jpg


それにしてもあなたってホントにユニーク。素敵。。
・・・と嬉しくなっちゃったのだが。

さらに夫の話を聞くと。。。
ワインビーフはワインの搾りかす。麦芽ビーフは麦芽のかす。
ワイン豚はなんだかわからないがワイン系の飼料。
ホエー豚はチーズを作った残りののホエーという液を飲ませる。

だから、フジザクラポークはフジザクラの何かを食べさせているのだ。
と思ったそうだ。

             う~~~~ん。


       確かに。


                        その通り。


常識を語っているつもりの私の言い分のほうが理に適っていなかった
たまたまフジザクラポークについてあらかじめ知っていただけで、ほかの銘柄肉の名と飼料の関連についての考察を怠っていたのだ。(←そんな大層なことか?)
今回は私の負け。(←なんの競技?)


・・・眼からうろこの思いで改めてさらに発展的考察。

例えば、チューリップ染めとか桜染めとかいった草木染は、その色合いの美しさに加え
「これはあの美しい花で染めてあるのだ」・・と思う付加価値が満足度に上積みされている。

だったら豚さんにちょっと位フジザクラを食べさせといたら?
a0091680_11355832.jpg



満開のフジザクラの花を思い浮かべながら食したら、お肉の味わいが更に深~~くなるのでは?

生産者の皆さ~~~ん。ご検討クダサイ。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-06-12 11:38 | 何か変・・・? | Comments(2)

2012年5月連休、残り画像

まだ5月連休画像?    

とお思いでしょうね。 

・・・私もそう思います。(でも続ける。)



今回の八ヶ岳南麓の小屋からの白川郷遠征の宿泊先。
オハヨーサンホテル&コテージという謎な名前。
ケータイ版じゃらんで検索した中で一番コスパに優れていた。
部屋は古いがリフォーム済みで清潔だったし、夫の話では大浴場も露天もよかったようだ。
食事もなかなかよかった。

急きょ予約したのでどんなところだか検索しないで行ったが、面白い立地だった。
荘川桜の興奮冷めやらぬ夕方にも、ホテル手前で思わず車を停めて戻ったこんな湿地が。
a0091680_17552227.jpg

オハヨーサンホテル&コテージ※は東京ドーム6個分の敷地を持つ、岐阜県高山市、標高1000mにあるリゾートホテル。
・・・・だそうだが、特に眺望が良いわけではない。
何しろ広い敷地らしく、周囲にほかのホテルなど全くない。
別荘風の建物が数棟、ぽつんぽつんとあるくらい。
このあたりもホテルの敷地なのだろうか?
(側溝の脇の水芭蕉を見たのは初めてだ。)
a0091680_17555180.jpg

帰りに停めてもらって撮ったやはりホテル近くの斜面林。
針葉樹の林だが、根元の曲がり具合が雪の深さを思わせる。
東北のブナ林の画像で根元の曲がった木を見たことがはあるが、これほどの角度ではなかった。
こうなってしまうと木材としてはどうなんだろう?と思いつつ眺めた。
このほかにも、近隣のあちこちの斜面で多様な樹種が同じように曲がっていた。
豪雪地帯の冬、雪の力の恐ろしさを見た思いがする。
a0091680_13592230.jpg

私には、思わぬ楽しい自然観察も出来た面白いホテルだった。

それにつけても面白い名前だ。。。
夫は未だに、フロントで名前の由来を聞いて来るべきだったと残念がっている。
おしゃれかどうかはともかく、一瞬にして深~く印象に残る名であることだけは確かだ。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-06-07 18:34 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(2)

見えた…のだろうか?

金星の日面通過の今日は、朝から諦めモードの雨模様の曇天。
でもそろそろ終わっちゃうからと一時半ごろ、またまた2009日蝕グラスの出番。雲の流れが時折薄くなると太陽の輪郭がはっきり見える。
あれかな?と思う瞬間にまた雲の濃淡が日輪をよぎり、再び判らなくなる。
同時刻に同じような位置の金星の影を撮り、投稿(ウェザーニューズに)していた方々が居たので、きっとあれがそうだったのだろうと、自己満足的判断。
a0091680_16411513.jpg

日蝕グラスもさすがに今後の出番はないだろうと思ったが、部分日食はまだ何回か機会がありそうだし、大規模な黒点は見える事があるそうなので、とっておくことにした。

この文を入力中、
居たので~ が
板野で~ と変換される。。
板野って誰?
AKBにならいるけど。

…そう言えば今日はAKB48総選挙の開票日。

次の金環蝕は北海道でなら2030年に有るらしいけれど、その頃AKB48は懐メロ入りしてるだろな~
[PR]
by chatadon-06 | 2012-06-06 16:41 | Comments(0)