<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

八ヶ岳ブルー

遠雷は聞こえてもほとんど雨のない、湿度の高いこの頃だったが、ようやく今日は抜けるような青空。
a0091680_1521572.jpg
涼風吹きぬけるこれぞ八ヶ岳南麓の夏。…なのだが、残念ながら夏休み第一弾は終わり。
…帰宅ちう
a0091680_15215728.jpg


これから夏型の気圧配置が安定して続くようにになると、高原にはどことなく秋の気配が漂いはじめる。

お盆過ぎれば秋がはっきり感じられる(…はず)。

薪ストーブまでは、あと1~2ヶ月。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-07-31 15:21 | Comments(0)

少し涼しく。

先週、車の温度計で最高44℃だった首都高をぬけ、たどり着いた八ヶ岳南麓でもやたら暑かった。家の中で28℃。
日盛りに買い物に出ると33℃だの34℃だのかんたんに出る。高原にあるまじき猛暑。

でも暑い思いをして買ってきた美味しいものが沢山♪

久しぶりのバックハウスインノのパン。
a0091680_11544545.jpg

そして夏野菜。
a0091680_11544542.jpg

南麓のブランド、フジハラ製麺…にしてはとても普通でシンプル表記のゆでうどん。
あまりの普通さに惹かれてつい買ってしまった。
で、暑い夏に煮込みうどん…滝汗。
a0091680_11544575.jpg


きょうは朝から曇りのせいか、猛暑は一段落。
まだまだ暑いながらも、家の中にはひんやりとした風が吹きぬける高原らしい朝です。

…と思ったけどやっぱり蒸し暑い25℃
:10分後に追記
[PR]
by chatadon-06 | 2012-07-29 11:54 | Comments(0)

キリンの集会?

中央道のかたわらでキリンの集会。
a0091680_15214075.jpg

・・・・みたいなゴルフ練習場。
a0091680_15225320.jpg

よく見るとそれぞれ専用避雷針つき
一角キリンの集会。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-07-28 15:11 | 八ヶ岳 | Comments(0)

泥団子?

このスライスに入っているもの。
松の実、くるみ、ごま。
味は甘いみそ味、かみしめるとゆず味。

五月連休に行った白川郷・荘川桜・郡上八幡弾丸ツアーの道すがら、
休憩した道の駅飛騨金山で購入した。
a0091680_1357267.jpg

ゆべし。
とだけ書いてあったが、よくある薄甘い餅菓子風のゆべし(くるみゆべしが好きです。)とはまるっきり、天と地ほど違う。
・・・これはもう買わなければならない。
私は今、ここでこれを買うために運命に導かれてきたのかもしれないと直感し、いままで特に気にもかけなったゆべしの「ゆ」の字の存在に思いをはせる。。

これゆずだよね!ゆずそのものになんかつめて、なんかしてから吊るすとかしてほっといて、こうなってるよね?
売り場の女性にどんな味、どうやって食べるんですか?と聞くと
「私にはあんまり、う~ん??な味で、お酒を飲むときなんかに崩して食べるらしい、けどよく知りません」と素敵なコメントをいただいた。
見た目で超引き気味の夫をしり目に、小さくて安めの物※を探す。
(※運命の出会いに裏切られた場合の被害を最小にとどめるため)

大事に冷蔵しつつ自宅冷蔵庫まで持ち帰った割には、いつものごとく賞味期限ぎりぎりになって思い出す。
で、冷やしぶっかけうどんという決定的にミスマッチな夕飯のタイミングで、恐る恐るな心境が透けて見えるよな超薄切りにしてみた。

警戒しつつ食べた夫。「ウマいこれ」と喜ぶ。
食感は生ハムくらいの硬さ。甘味噌味にナッツ類のコクがよく合う。
周りのゆずの皮の風味とほろ苦さがきいていて珍味。

ゆべし、とはそもそも柚子をつかった事に由来した食べ物で、菓子系、保存食系のものと、今回の味噌あじ、熟成柚子釜タイプの珍味系もの、さらに各地で様々な形に変化して残っている伝統食品の名だそうだ。

私が知っていたタイプの東北系のゆべし、くるみゆべしは柚子とは無縁になったタイプ。
柚子の産地から遠かったことで柚子は使われず、名のみにが残ってきたらしい。
甘食のときと同じく、自分の知識が地域限定であることをまたしても思い知る。

子ちゃたAはこういう「変なもの」はもとより食さないので感想はわからない。
遅く帰ってきて、出してあったゆべしを何の予備知識もなく食べた子ちゃたBのコメントは
「サラミかと思って食べたら違った」だった。
a0091680_13574730.jpg


みなさんにとっては、ゆべしとはどんな物?
[PR]
by chatadon-06 | 2012-07-26 13:09 | 興味津々 | Comments(7)

UFO!

八ヶ岳南麓の夏、夏は嫌いなんて言っていても色とりどりで様々な形のズッキーニが並ぶ直売所だけは、なんだかテンションが上がってしまう。
考えてみたら、八ヶ岳南麓、おいしい野菜の最盛期は夏だ。。。
野菜だけが安心して食べられるメタボぎみ体型。
涼しい風にあたりながら、野菜たっぷりの食事ができる。

夫は果物が大好物で、南麓の夏、桃が出始めると直売所でのテンションが上がる。
夏野菜の季節はサクランボ~桃~ブドウとなだれ込む、くだものの季節でもある。
もちろん、もう季節は終わりかと思うが、とびっきりの美味、南麓産ブルーベリーも!
(これでもし、おいしいスイカとミカン類が豊富だったらとっくの昔に移住していたかも。)
ただし、果物はカロリー要注意なのがお気の毒。

さて、前記事KGBの次はUFO

前回八ヶ岳南麓から買って帰ったもの。
黄色いズッキーニ。
こちらは裏(下)側。
a0091680_12494511.jpg

こちらのほうが中央の緑がくっきり鮮やか。
なんでこんなにきれいな必要があるの?って見ほれてしまう色合い。
a0091680_12501012.jpg



以前、これの白バージョンも食べたことがある。
味は同じ感じだった。
白い部分の割合がが高いぶん、全体に柔らかい食感だが、今回も薄切りで炒めたので独特の歯ごたえも残っていた。

南麓は、今頃はもう、トマトの季節に突入してるんだろうな~♪
次行くのが楽しみ。。。

八ヶ岳南麓、おいしい野菜と果物だらけの、夏もやっぱり大好きだ。

                                結局いつでも好きなのだ。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-07-24 12:58 | 野菜 | Comments(0)

KGB!

KGBをご存知でしょか?
あ~旧ソ連の・・・とすぐわかるなら、
・・・・あなたは若者ではありませんw


って、そのKGBじゃなくって、
もっとおぞましいKGB


はいっ。
虫嫌いさんはここまで。
また後日おいでください。


梅雨明け宣言まえの雨模様の日、
道端のブロック塀になにやら黄色いひもが張り付いている。
見たところ「極細な蛇」ふうの見かけ。
ヘビは嫌いじゃないので、ちょっとつついてみる。
顔の部分らしきほうの端っこをもたげたので、観察したが、目鼻のないのっぺらぼう・・・・。
ヘビは平気でもナメクジ(カタツムリも仲間よ。)等のぐちゃぐちゃ系(しいたけも仲間)は苦手なので、ヘビでない、と認識した瞬間、激しくひるむ。
でも、あとで正体を確かめないと・・と、散する前にケータイで接写(これで最接近^^)までしたのに、焦りからかファイルサイズが小さすぎて撮ったはいいが拡大できず。。。

「こ~んな感じの、細くって黄色くってぐねぐねしててう~~んと長いの。」
と書いて見ると、「隣のトトロ」でメイがトトロの説明してる程度の描写。w
a0091680_138971.jpg


ネットでヘビで調べたらなかなかヒットしなかったが、
形状をキーワードにするうちに一部では「KGB」として有名であることが判明。

K=KOU
     G=GAI
          B=BIRU

つまり、コウガイビル、だった。コウガイはかんざしのコウガイ。

ヒルも私にとってはナメクジ一味なのだが、コウガイビルはヒルの仲間ではないらしい。
でも、ヒルって名前だけでも私の好奇心に冷水を浴びせる効果がある。
そこをぐっと我慢しつつあちこち検索すると
「コウガイビルにナメクジを与える」実験をしている猛者もいた。

き、キモ過ぎる。

本来ならもっといろいろ検索しまくりたいところだが、興味津津の熱気と、ヒルって名前やらのっぺら坊のような頭部ではなく胴体にある口(うげ~~)でメナクジを食べるイメージのもたらす寒気やらに、交互に襲われて、いつもの意欲がわかなかった。


興味のある方はぜひコウガイビルで検索してみてください・・・・。私はもうイイです。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-07-19 13:20 | 植物・動物 | Comments(2)

冬、まだ?

八ヶ岳南麓はこれから真夏。
高原の夏を求めて観光客がわんさか押し寄せるシーズンだ。

冷涼な地の遺伝子だけでできている私は寒冷地仕様らしく※、夏にはめっぽう弱い。
ちょっと気温が上がると不調。    ※単にメタボなだけかもしれないが
小屋から麓のホームセンターに行くのも覚悟してから出かける。
南麓の小屋では夏が一年で一番テンションが上がらない季節だ。

だから梅雨が明け真夏の日差しが高原に訪れると、待ち焦がれるのは紅葉とストーブの季節。
で、暑さはこれからというこの時期、来シーズンの薪ストーブライフのためにダンパーを取り付けた。
(もちろん、夫が。でも、しっかり口出しだけはしたので、「いろいろ言うな」と。w)

ついでに塗装の焼けもスプレーで塗り直し。
さ~来い。寒さ。
a0091680_11503356.jpg


「試し焚き、したいね。」と何度も顔を見合わせたが、ホタルの季節ではさすがにお互い寒いと言い張れず。

        あ~きよ来い。
             は~やく来い。。
・・・な 私たちだが、

「早く季節が廻ると、早く年取っちゃうんだよね。」と、ちょっとへこむ。

とはいえ、

こういう変わり者以外の皆様には

これからが八ヶ岳南麓のメインシーズン、
涼しくさわやかな緑滴る高原の夏(そりゃもう素敵です)を
存分にお楽しみくださいませ。



ちなみに去年は9月23日には焚いた。
だからあと二か月の我慢♪
[PR]
by chatadon-06 | 2012-07-15 11:10 | 薪ストーブ | Comments(0)

ホタルブクロの開封前。

先週末の八ヶ岳南麓。
朝、歯磨きしながら何となく小屋の横の大木の幹に眼をやる。
何かがいる気配がするのでそのまま見ていたら、頭を下にして平たく幹に張り付き、ずるずるとリスが降りてきた。
夫を呼ぶ私が見えているのかいないのか、リスはそのまま急ぐでもなく幹をあちこちチェックしながら下り、視界から消えた。夫間に合わず。
その夜のこと。
そういえば南麓の上のほうででもそろそろホタルが見えてるらしい。。と
だめもとで探してみようか、と電気を消して歯磨きしながら外を見ると。。。
カラマツの梢近くをふわ~ふわ~と緑っぽい光が通過していった。

もちろん、わ~わ~と夫を呼ぶ。
今度は夫もちゃんと見られた。

たまたま外を見ただけですぐに、あっさりいろんなものが見えるんだから、もちょっとしっかり見たらさぞや?
・・・とじっと小屋の横の木の幹を見たり、温泉の帰りに田圃や沢沿いを回って見たりしても、
さっぱり。。。

「しっかり探すと見られない。。
    探すと奇跡は起こらない。
探しちゃ奇跡といえないし、
      探さなければいいんんだよ。」

とか金子みすヾ風につぶやいても、見られないものは見られない。
ま、世の中こんなもの。と長年の人生経験から速攻あきらめる。(早っ)


蛍の季節はホタルブクロの花の季節でもある。
雨降り花と広く呼ばれているのは、雨の季節の花だかららしい。

この時は花の咲き始めで、ほんのちいさなつぼみから、花が開いて先がクルンと反り返っているものまで、順番についているものが多かった。
a0091680_18192194.jpg

中でも面白かったのはこれ。
いかにもキキョウ科らしい「開封前」のつぼみ。。後続のつぼみたちが並ぶ。
まだ膨らまないつぼみは折り山に沿って折りたたまれていたよう。
緑のほんの小さなつぼみはちいさな三角にちかいアウトライン。
a0091680_18185618.jpg

切り取って活けておいたらすぐにつぼみは綻びはじめた。
帰る前には二つめが開き、自宅で三つ目も開花。
調べてみたら、ホタルブクロではなく、ヤマホタルブクロのほうらしい。
ホタルブクロより、肩の張った存在感満点の「がく」の形、どっしりとしたアイアンワークの作品のような重厚かつ繊細な形をしている。
ホタルブクロが和紙の照明器具なら、ヤマホタルブクロはアイアンの金具から下がった赤紫の擦り硝子のランプといった風情。
がくだけでなく茎、葉のアウトラインや付け根、がくの隆起部分のあたりも花と同じ赤紫を帯び、全体にくっきりとした印象の植物だ。
a0091680_10391670.jpg

自宅に持ち帰り6日後、特に日に当てたわけでもなく、水を日に二回替えていただけだが、すべてのつぼみが大きく膨らんで咲き、小さな緑の三角くんもちゃんと少し白っぽいホタルブクロの花となって咲いた。
a0091680_10441731.jpg

a0091680_11552247.jpg

☆☆     ☆☆    ☆☆    ☆☆    ☆☆

そういえば、リスやホタルを見たのは歯磨きしてる時だった。
どこからか
「見ようとするんじゃないんだよ。
歯磨きしてればいいんだよ。。。」  と声がきこえる。。
  
         ・・・・しまった、歯磨きして探せばよかったんだ。

一面の闇のなか、明りを消した車中で二人で歯磨き・・・・。

[PR]
by chatadon-06 | 2012-07-13 11:05 | 八ヶ岳 | Comments(0)

七夕

a0091680_1519579.jpg

一瞬の青空もつかの間、また曇る七夕の空。
新暦ではたいてい梅雨のさなかにあたる7月7日に、晴れだった記憶はほとんどない。
子供たちが小さかった頃は毎年笹を軒下に飾っていたので、七夕には大概、短冊が雨に濡れていた。…短冊の願い事って雨でも叶うんだったかなぁ?


今年、東京タワーの展望台には客が願い事を書いた短冊を飾って置く場所があり、子ちゃたAの同僚「スカイツリーに登れますように。」
と書いたそうだ。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-07-07 15:19 | Comments(2)

広告価格

a0091680_21581092.jpg

ある日。
スーパーのレジで前に並んでいた人が…
四つ折りにしたチラシをレジに差し出し、指差し。

レジのひと
「あ、はい」と受け取り、じっと見る。「では141円で。」

…固唾を呑んで見守る私の目の前で、「他店のチラシ価格」まで値引きして売られたケチャップなのだった♪

(画像はウチの使いかけケチャップです。)
[PR]
by chatadon-06 | 2012-07-06 21:58 | Comments(0)