やまがら?

この秋、横谷観音に行った折。
紅葉降り敷くお堂の脇で
警戒音を発し続けるウルサイ鳥がいる。
イチイの木の下で観察。
騒ぎ続ける割には、わざわざ人のいるあたりに近付き、また決まった枝に戻る。
何度も何度も同じように近所の枝に飛んでは戻り、戻った位置でキツツキのようにコンコンコンコン、と足元をつつく。
綺麗な色の腹。
ヤマガラらしい。
a0091680_12235462.jpg

小屋に戻ってから調べると、やはりきつつきのように実をつついて食べる習性があるらしい。
やまがら、と言えば小さい頃、道端に鳥かごをすえて、小さな社からおみくじを取って来させる商売を見た記憶がある。
夫に聞いたら知らないと言っていたので、検索したら、やはり昔はあったらしい。
子供ごころに、オウムやカラスといった頭の良さそうな鳥でなく、ごくふつうの野鳥そのもののような鳥に芸を仕込めることがとても不思議に思えた記憶があるが、この習性を利用して芸を仕込んだとすれば納得だ。
(どう習性を使うかま聞かれてもワカリマセン。何となく感覚的に納得)

兎に角、赤いイチイの実をすぐそばまでびゅんと飛んで来てもぎ、同じ小枝に戻ってこんこんこん…。
じゃまな人間どもに文句を言いながら、冬に耐える力をせっせと蓄える、紅葉散る季節。

今頃はもう、寒い寒い蓼科の冬。
a0091680_12232434.jpg

がんばれ。。。。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-11-30 13:17 | 八ヶ岳 | Comments(2)

自宅あたりはまだまだ紅葉が綺麗だが、きっと八ヶ岳南麓では冬枯の季節だろうと思う。
今年の見納めの紅葉画像のうちから何枚か。
みずがき湖
a0091680_2132495.jpg

大門ダムの斜面。
a0091680_21324594.jpg
小屋の近所の斜面の紅葉。
a0091680_21362072.jpg

雪の麦草峠を下り、冷たい雨の中で眺めた北八ヶ岳の一面のカラマツの黄葉。(是非拡大してご覧下さい。)
a0091680_21393745.jpg
さよなら、今年の秋。
a0091680_21415055.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2012-11-25 09:19 | 八ヶ岳 | Comments(0)

11月はカラマツの季節

11月の上旬はカラマツ狩りが恒例の我が家。
今年は11月の10日からと遅めになったが、幸い今年は黄葉が遅く、カラマツの黄葉三昧ドライブとなった。
晴れの日の野辺山あたり。
a0091680_10192991.jpg

馬越峠
a0091680_1021346.jpg

信州峠あたり。
a0091680_10212836.jpg
車も秋の装い。
a0091680_10222453.jpg

でも、あちこち回ってきた後でいつも思うのは、八ヶ岳南麓、レインボーライン辺りから下の裾野の奇跡のような大景観の壮麗さ。
北は八ヶ岳に抱かれ、東は金峰山、瑞牆山が連なり、茅ヶ岳が長い裾野をひく。
茅ヶ岳のなだらかな稜線と南アルプスの合間には秀麗な富士が浮かぶ。

八ヶ岳南麓の夕暮れ。
田んぼのあぜにも草もみじ。
a0091680_10232652.jpg

あくまでも広く、大きく美しい八ケ岳南麓の田圃と山岳風景。
どこもかしこも360度壮大な眺めの里山の景観は、損なうことなく後世に遺すべき宝。

(この景観は観光資源として¥お金を産む宝¥でもあります。高速道路が通ることで「瑕疵つき景観」になり、観光客に「高速で通過」される未来が来ませんように。)
[PR]
by chatadon-06 | 2012-11-22 09:31 | 八ヶ岳

滞っております

スマフォのお世話に( ̄▽ ̄)忙殺され
更新がとどこおっております。

アドレス帳のデータを手入力で移行中なので
(…友達少ないから。・゜・(ノД`)・゜・。)
関係筋への新メアドご連絡が遅れておりますが、
なにとぞ御容赦下さいませ。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-11-20 11:24 | 挨拶・連絡 | Comments(0)

雪化粧

a0091680_20553730.jpg

a0091680_20553761.jpg

昨日の八ヶ岳南麓は雨。
快晴の今日はどの山も雪化粧していた。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-11-12 20:55 | Comments(2)

麦草峠は雪

a0091680_14123050.jpg

うっすら積もってます。

15日(11時?)から通行止め。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-11-11 14:12 | Comments(0)

10月末に出かけた七色大カエデのある大峰高原は長野県北安曇郡池田町にある。
近隣が安曇野市なんて名前になっても、池田町は北安曇郡池田町のまんまだ。(そういうの好き。)
池田町の東はこの大峰高原。
西には北アルプスの山並みが視野の限り続く。
安曇野は全体が扇状地の連なりだそうだが、急峻な高山の直下に、南北を山にはさまれた底の底に、南北に細長く続いている。
七色大カエデのある西斜面を登りきった稜線に出ると、北アルプス展望台がある。
小さい頃訪れたおぼろげな記憶の中の安曇野は、道の脇の用水路に溢れんばかりに豊かな水が流れ、広い緑の田の中にぽつんぽつんと屋敷森が見える風景だったが、いまこうしてみると家ばかりのような気がする。。。
a0091680_10364956.jpg

でも、北アルプスの山懐に抱かれる佇まいは変えようも無い。
昔見た、冬の夜の月明かりに煌々と輝く北アルプスの山並みを思い出した。

大カエデのほかの株立ちの大きなカエデもあるというので元牧場だったらしい場所を散策。
カツラも株立ちの大きなものがなん株もある。
カツラの葉の、卵クッキーのような香りが漂っている。
そもそも牧場にするのに皆伐した後に株立ちで育ったらしいのでなんでも見事な大株が多い。

でも、端のほうにすらっと高い黄色と真っ赤な紅葉。
黄色はかんば系らしいが、この見事な深紅はなに?
a0091680_1039037.jpg


落ち葉の形は紅葉図鑑で見たハナノキ?と思い、比較したが、やや形がちがう気もする。
個体の差かもしれないし、全くの原野ではないようなので、園芸種でないとは言い切れない。
アウトラインはトウカエデと似ているが、見慣れているトウカエデとは明らかに違う。
謎。
a0091680_10392195.jpg

さて大カエデの樹種について検索したどこのサイトにも出ていなかったので、興味津々だった。
拾ってきた落ち葉の形は、オオモミジそのもの。
a0091680_10394492.jpg

私的推定ではオオモミジ。
でも、紅葉の色合いが条件に特に鋭敏な変異株。
・・・・どうかな? ^^
a0091680_1041348.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2012-11-09 20:43 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(2)

最近とみに有名な長野県池田町、大峰高原の七色大カエデ。
夫がテレビで見て興味をもったので、今回初めて見学に。
a0091680_11373589.jpg

まだ緑が残る色合いで、もう少し発色が進んでからのほうが色が美しいかな?
でも、この紅葉の色の染めわけは、世界のどこにも無さそうな独特のインパクトがある。
枝ごとにはっきりと発色が違う。まさに七色・・・いやいや、十色。
a0091680_11381873.jpg

陽光の少ない側から見ると、株立ちの幹の迫力と、濃く重なる七彩の色合いは和風で絢爛。
a0091680_11391418.jpg


小さい子供連れの若い夫婦。
a0091680_1140516.jpg

この子の記憶に大カエデは残るのだろうか?
いつか写真を見せられて、「覚えてないもん」というのだろうか?
そういえば我が家にもあんな時期が・・・とやたら回顧的な今日この頃。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-11-06 15:16 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

いくら撮っても切り取れない、一瞬の秋の絶景。
a0091680_9493378.jpg


赤く華やかな色合いだけでなく
霧の中にかすむ様も
a0091680_2151633.jpg

日陰の染め分けの紅葉も
a0091680_21512670.jpg

苔の上の落ち葉も
a0091680_2152213.jpg

どこを撮っても自然に美しくなる、秋の奇跡。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-11-05 09:53 | 八ヶ岳 | Comments(0)

もう一週間以上前の横谷観音の画像の続き。

見下ろす景色も見事だったが、丁度もみじの紅葉が真っ盛り。

何時も紅葉狩りといっても少し早いか、終わり間近かが多く、木全体が燃えるような紅葉の時期にはほとんど見たことがなかった。
今回は、見事にとしか言いようのないタイミングで、一斉に紅葉していた。

駐車場への道も
a0091680_21403598.jpg
すかして見える向こうのもみじも
a0091680_21412638.jpg
透けて見えていた先の紅葉の山も。
a0091680_21384538.jpg

どこを見てももみじの季節。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-11-04 21:29 | 八ヶ岳 | Comments(0)