桃色の甲府盆地

神代桜と王仁塚の桜は昨年堪能し尽くした感があって、今年はわざわざ人ごみの中観桜に出掛ける気にならなかった。
甲府盆地の桃も何回か見ているので今回は帰りに眺めれば良いかと思っていたが、帰る道すがら、高速の周りがあまりに初々しいピンクに染まっていたので、
a0091680_13341419.jpg

ちょっとだけ眺めに出た。
あいにくの曇天で遠くの色が写らないが、遠景には霞むピンクの桃畑。
a0091680_13341140.jpg


これから満開に向かうところ。
a0091680_13341399.jpg


向かい側の色とりどりの植栽の桃とレンギョウの黄色を楽しんだあとは、
a0091680_13341392.jpg



……今回もまた渋滞。。。
[PR]
by chatadon-06 | 2013-03-30 12:57 | 季節 | Comments(0)

あっという間に夏鳥。

ダンコウバイの花が輝き、
a0091680_22324380.jpg

見上げる梢の色が少しずつ変わって来た八ケ岳南麓。
a0091680_22324945.jpg


今回こそもう絶対帰ったはず、と頭ではわかっていても、朝ごはんのあとはつい、庭にオオマシコの姿を探してしまう。
確実に帰ったと判ると、寂しい。

日本は異常に高温な3月だけど、シベリアはまだ寒さでカチンコチン※なんじゃ…。
※シベリアに行った事無いのでこれ以上の想像及ばず。
つい10日前までは毎日居たのに。

そんな今日、今年の富士見方面のサクラの「偵察」にいった帰りに立ち寄った小淵沢の駅でいきなりツバメのさえずりが真上から降って来た。
まさかこんなに早く、ソメイヨシノもまだまだつぼみの高原に?と驚いて見上げると電線の上に小さな姿。
a0091680_22323710.jpg


あっという間にツバメの季節。
a0091680_22323955.jpg


小鳥たちは季節と共にこんなにも素早く飛びさり、飛び来る。
[PR]
by chatadon-06 | 2013-03-29 22:04 | 八ヶ岳 | Comments(0)

リスって…

2月末に八ヶ岳南麓から帰る際、クルミを庭に置いて帰ったが、気がつかないのか、何処かに行ってしまったのか、3月半ばに小屋についた時はまだ、減ったようすもなかった。
リスを見かけるのは、長く滞在していても都度に一回くらいなので、しょっちゅう来ている訳ではないらしい。
まわりの森の木があちこち切られるなか、住処が失われて引越しちゃうかな?といつも気になっている。
今回も無理かな〜、とオオマシコを毎日眺め、裏山を通りかかった10頭くらいの鹿の群れのボスらしい大角の雄鹿と少し離れて睨めっこしたり…
リス待ちの間もお客様多数だったのでまあいいか、と思っていた。


帰る前日も、朝ごはんのあといつものの「マッシー※チェック」

※オオマシコだと長すぎるので、「マッシー」と呼ぶ事にした。
で、リスは「リッスー」と
…何故か長く。(^◇^)

チェックと言ってもご馳走さましてそのまま庭をしっかり見るだけ。

マッシーは今日もまた居る。
でもなんかが庭の隅から入って来た。
a0091680_13271487.jpg

もちろん大騒ぎで夫を呼ぶ。
あちこちウロウロしてからカラマツの木の上でじっと食休み?
a0091680_13271151.jpg
木から降りて来るリス、みつけられますか?
a0091680_1327896.jpg
拡大
a0091680_1327960.jpg

クルミを一つずつ大急ぎで運んで
a0091680_13271374.jpg
あちこちの木の根元に埋め、そのあとお尻フリフリしてところどころの木にマーキング。
どこに埋めたか見られてるけど、いーのか?との疑問を込めた人間の視線の中
a0091680_13271025.jpg

しっかり5個全部運んで埋めて、デッキの上の木からこっちを見て、しばらくお休み。
a0091680_13271121.jpg
騒ぐでもなくすばしっこい走りでまた去っていった。
a0091680_13271247.jpg

リスって、すばしっこくて、敏感で愛らしくて、ちょっと精悍なヤツかとおもっていたが、すばしこくて可愛い事は確かでも、
「大丈夫なのか?それで。」
と心配になって来ちゃうくらい、ぼーっとしたお間抜けなところのありそうな生き物だ。
ますます可愛く、一層気掛かりになった。

リッスーの住む森の木が、これ以上切られませんように。
[PR]
by chatadon-06 | 2013-03-25 13:27 | 八ヶ岳 | Comments(0)

3月半ばの八ヶ岳南麓。
とっくにシベリアへ帰ってしまったと思っていたオオマシコ♀タイプは相変わらず毎日庭にいた。
こちらがご飯を食べている間にあっちもすぐその辺でなんか食べてる日が続くと、赤っぽいスズメに見えてくる。
枯葉の中では完璧な保護色。
a0091680_23273016.jpg
…だったが、ある日突然、派手派手君がやって来た。
a0091680_23273192.jpg
後頭部なんかもう紅一色。
a0091680_23275582.jpg
首に髭のような白い部分がある。
a0091680_23273148.jpg
♀より警戒心が強そう。
(と言ってもメスのオオマシコは警戒心がなさ過ぎなのだが。)
オスを見たのはこの日の暫くの間だけ。
この日はほかに何羽かの群れが立ち寄って去って行ったので、いよいよ渡りに向けて移動するのかな?とちょっと寂しく思っていたのだか。。。
その後も前回八ヶ岳南麓から帰るまで毎日、♀タイプの二羽は庭に現れ、私達が外に出るたび迷惑顔をしていた。…流石にこの次の南麓行きでは会えないかな?元気で旅立ってね。
a0091680_23273330.jpg




♀「そんなに食べると飛べないわよ。」
♂「ぐ…。」

a0091680_23273295.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2013-03-24 21:15 | 八ヶ岳 | Comments(0)

サクラ咲く

古木の幹に可憐なピンク。
自宅付近ではソメイヨシノが開花。
a0091680_15135120.jpg



そんな春の日。

人型ロボットの開発と聞くと
a0091680_15135012.jpg


あれ?
猫型ロボットは?
…と思ってしまう。
[PR]
by chatadon-06 | 2013-03-18 15:01 | 季節 | Comments(0)

春霞

春霞…なのか、はたまた黄砂かpm2.5か
なんだか分からないけど霞む八ヶ岳。
a0091680_1459683.jpg


レタスの苗が花のように綺麗で可愛らしい。
a0091680_1459614.jpg


南アルプスもはっきりしない。
a0091680_145973.jpg


八ヶ岳南麓からの帰途、
甲府あたりからの富士山は霞と雲で噴火してるみたい。
a0091680_1459879.jpg


やたら車の多い中央道の上りだが、もうすぐ渋滞に追いつきそうで、鬱。
と書いてる間に久しぶりの渋滞に出逢う、上野原。
あ〜あ。
[PR]
by chatadon-06 | 2013-03-17 14:38 | 八ヶ岳 | Comments(0)

まだまだ寒い春の宵

冬の鮮かな夕映えとは違う、
オレンジがかった優しいグラデーションの夕暮れ。
a0091680_234890.jpg


細い月が芽生えの季節に色を変えつつあるカラマツの梢にかかり
a0091680_2341325.jpg

オオマシコ♀はまだシベリアに帰らず庭に、鹿は群れをなして裏をとおり、リスは元気にとびまわる春。
まだまだ寒い八ヶ岳南麓の宵。
[PR]
by chatadon-06 | 2013-03-16 22:54 | Comments(0)

甲斐駒☆スター

気温が高いせいか、山々の雪も淡雪に見える八ヶ岳南麓。
白州へ向かう道すがらの南アルプスも早春の景色。
a0091680_2342756.jpg


道の駅白州から見上げる甲斐駒ヶ岳には白く輝く残雪。
…そして雪形が!!
上が少しぼやけながらもくっきり光る白金の星。
a0091680_2343392.jpg

3/13 拡大画像追加
a0091680_16431847.jpg



美味しい昼ごはんを食べている間に
a0091680_2342865.jpg

陽射しの角度が変わり、見えなくなってしまった。

小屋に戻って、白州へ向かう道すがらの画像をみてみたら、あはは…
a0091680_2343421.jpg



補正してみた。
道の駅からは☆だけだったけれど、途中の画像にはXまでくっきり。
a0091680_2343188.jpg



さすが我らが甲斐駒ヶ岳。
良くある牧歌的な雪形じゃなく、山容に見合う個性派独自路線、記号系雪形。
[PR]
by chatadon-06 | 2013-03-12 22:35 | 八ヶ岳 | Comments(0)

3月11日

冷たい八ヶ岳ブルーの空にようやく膨らみ始めたダンコウバイの蕾。

北国の3月11日はまだこんなに寒かったんだと実感する今日の八ヶ岳南麓。
a0091680_12441170.jpg

あの日傷付いたすべてのものに
優しい未来が訪れますように
[PR]
by chatadon-06 | 2013-03-11 12:17 | 感慨 | Comments(0)

もうシベリアへ帰っちゃったかな?

とおもっていたら、先日のマシコ3姉妹とは違う群れなのか、明らかに♂を含む♀の色合いも先日とは違う3羽のオオマシコちゃんズ。

のんびりしてた3姉妹に比べ、白い襟着けた濃い紅色の派手派手の♂君はちょっと警戒心が強く、エラそうな態度。
a0091680_1265868.jpg


キッチンのまど越しにこちらに
「ジロジロ見んなヨ」とガン飛ばし中。
[PR]
by chatadon-06 | 2013-03-11 11:15 | Comments(0)