なんか寂しい。。。

いつも通り美しい八ヶ岳南麓の秋。
a0091680_22574680.jpg


でも、今回は少し寂しかった帰り道。


10月1日から市内の温泉が一斉に値上げ。
と同時に、これまでの別荘所有者への割引が廃止され、観光客と同じ「市民以外」料金になった。

これまで我が家は二人で900円あまりだったところが、1640円に一気に値上げ。

温泉一回にこの金額はキツイので、これからは余程のことがない限り行かないことにした。

…どうやら、今回の値上げにはあちこちから驚愕と苦情の声があったらしく、泉温泉センターではチケット10枚綴りを購入すると何回分かの市内の温泉の共通利用チケットがついてくる、というサービスを始めたらしい。(使用期限あり)
他の温泉施設については不明。

ザックリ計算するとそこそこ割引になる感じはあるが、このサービスが今後も同じ内容で継続されるのか、値上げ直後の今だけなのかは分からない。

…でも、ウチが今後温泉に行かないことになりそうなのは、金額だけの問題じゃ無い。

これまで、温泉で地元の方と別荘の方とが交流する風景を見かけるのは楽しかった。
さらに「別荘?定住?」と尋ねるこの辺りの習慣が物語っているように、この地を愛して家を持つ人々を、住民票の有無ではなく滞在の軸足の置き方で緩やかに区別する雰囲気は、日本の他の別荘地とは違っているように思えてちょっとした自慢でもあった。

だから、今回の値上げは、
「住民票のない別荘族は単なる市外のひと、訪れる観光客と扱いは同じ。」
…と宣告されるに等しく、ショックだった。

チケットをまとめて購入するとお得になるならそれで良いようなものだが、それは単に多数購入に対するサービスで、市外からの観光客、団体さんや友達でも数がまとまれば同じ扱い。

「別荘でも固定資産税、住民税払ってるのに」と声高に言いたいわけでなく、

今までなんとなく「友達の端くれくらいには思ってくれてるかな?」と密かに期待していたのに、いきなり
「え?赤の他人だよ。」
と言われたようで、なんか寂しく、情けない気分だからだ。


例えばここで別荘所有者にだけはほんの心ばかりでも特別扱いすれば、「しょうがないよね」と同情しないでもないのに、見事に「外して」いる気がする。
…今までの好感度をこうもあっさりと急落させるこのセンスって….。。


気を取り直して、美味しいもの画像。

八ヶ岳南麓に行くたびにさんざんテレビCMで聴かされて、探すこと一年以上。
ようやく巡り会えた桔梗信玄生プリン。

「ちょっと大きな信玄餅」風の包みを開けると、
ほんわりときなこの香るクリーミーな美味しさ。
a0091680_22574734.jpg


寂しい心がほんの少しだけ、慰められたかも。

a0091680_22574741.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2014-10-23 22:58 | 八ヶ岳 | Comments(0)

八ヶ岳南麓行きも我慢して回数を減らし、自宅の片付けに励む日々だが、またもや精神的な限界が。

…だって秋だから。

今年は紅葉のスタートが早かったので、
南麓の紅葉やらあちこちの紅葉やらを見逃すのではないかと毎日気もそぞろ。

とうとう、
「もう少しだから頑張るのだ!」
という良心の声に背を向けて、片付けからの逃避行を夫とともに決行。
日本一長いロープウェイで紅葉の中を飛び、
a0091680_1431620.jpg
a0091680_1431758.jpg


引き続き瞬間地上高が日本一高いロープウェイで
a0091680_1431893.jpg
飛び降りるように下り、身を潜めた(?)宿から翌日はそそくさと立ち去ってさらに逃げ込む秘境。
a0091680_143196.jpg

a0091680_143191.jpg
紅葉の始まった秘境の絶景の中を林道より狭いんとちゃうか?と思う国道を進むと、とうとう国道はぷっつりと途絶える。
ここは地の果て、国道の果て。

で国道は終わっても道はそのまま引き続き更に細く険しく、久しぶりの林道に突入♪
秘境の奥の奥、冬季閉鎖(11〜6月くらいまで。)の林道のそのまた奥に、私達を待っていてくれた今まさに紅葉ピークの絶景。
a0091680_1432110.jpg

a0091680_1432327.jpg

a0091680_143244.jpg
ここにこのまま留まってこの景色を見続けて居たかったけれど、もう少し先に行けばもっと美しい景色が待ってるかも知れない、光が翳る前にさらなる絶景を見損なわないように進まねば、と何かに(欲に?)追い立てられ林道の先へ。

やがてあたりの植生が一変し、
a0091680_1432656.jpg
山々は見渡す限り落葉の梢。
a0091680_14326100.jpg



とうとう秋を追い越し、冬枯れの高原へと出てしまった。
こういう景色も大好物なので、これも運命かと諦めて進むうち道は山を下り季節は巻き戻り、再び秋のはじめの気配の中。

最後に有料道路の料金所が現れ、100円ボッタクられ、片付けからの逃避行の夢破れ、北信五岳に見送られて
a0091680_1432778.jpg

そのまま高速で連れ戻されることとなったのだった。

…orz。




ん?でも。。

苗場のロープウェイ楽しかったな。

いつかは行きたかった秋山郷、良かったな。

志賀高原の晩秋も綺麗だったな。

ひっさ〜〜〜っしぶりの林道、
紅葉が最高だったな。。


運転お疲れ様(夫のみ)でした、
と感謝感激。

で、



さあ片付け、かたづけ。。
[PR]
by chatadon-06 | 2014-10-19 12:00 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

台風の猛烈な雨にもマケズ
「この辺でもうテキトーに終わらせれば?」
と言う心の中の悪魔の囁きにも耳を貸さず
早起きして朝から片付けに励み
現実逃避のブログ更新などせず
食事の支度も手を抜かず

ひたすらストイックに捨て続ける


そんな人間に私はなりたい…



けど無理。



分別のためフロッピーディスクから金属部分を外すついでにバラして構造を見たりしてるから、片付けは進まない。。
a0091680_9535449.jpg


このフロッピーという旧式メディアだって当初は最先端。
こんな風にポイする日が来るなんて想像しなかった。
でも、思い出してみると、「青焼きコピー」の時代、知ってる自分。

フロッピーディスクの構造を今回初めて見たってレベルの私には、青焼きコピーからフロッピーに至るまでの技術の進歩を解説するなんてとても無理だろう。
説明するとしたら、「想像もしなかったような怒涛の技術革新」くらいザックリとしか思いつかない。



……今日という日は、過去の遠い未来。


なんて感慨に耽る



…という現実逃避中


★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆


何て昨晩書いてたら、
ノーベル賞のニュース


焼きコピーを思い出してたら
色発光ダイオードがノーベル賞

って、なんか凄くない?

などと朝から脳内は片付けのかの字も浮かばない。

で、この大発明の鍵となる物質
a0091680_9535448.jpg


はい〜〜??
a0091680_9535575.jpg


このケースの中の、
どこがどう窒化ガリウムなのでしょうか?
そこからもうわからん。。

私にゃムリ。




…さ、片付け、かたづけ。
[PR]
by chatadon-06 | 2014-10-08 09:39 | ある日。 | Comments(0)

先週末の八ヶ岳南麓。

自宅でも八ヶ岳南麓の小屋でもなんだか片付けやメンテナンスでお出かけ出来ないこのごろなので、せめて野菜の買い出しドライブでも、と南麓のパン屋さんに行った後、ちょっとだけ走ってお隣の長野県、原村にある自由農園へ。

小淵沢あたりはすでに桜の紅葉がキレイ。
a0091680_23275279.jpg

いつもと角度の違う八ヶ岳。
a0091680_23275576.jpg


自由農園の前の植栽も紅葉。
a0091680_23275320.jpg



山梨県の美味しいパンと長野県の牛乳、サラミで久しぶりの(ちょっとだけ)アウトドアな昼ごはん。
a0091680_2327531.jpg


デサートの豆かんてんも美味。
そう言えば寒天は諏訪の名物。。と思い出した。
a0091680_23275498.jpg


(よく見たらサラミ作ってるのは群馬県だったけど。)
[PR]
by chatadon-06 | 2014-10-02 23:27 | 八ヶ岳 | Comments(0)