<   2015年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

いつものメンバー

4月中旬、八ヶ岳南麓の庭。
芽吹き始めたカエデの木の上、そぼ降る雨の中ぐっしょり濡れてエナガが二羽。
a0091680_20575871.jpg

いつもいるヤマガラも、つがいで行動している。
ヤマガラ♂(夫はヤマイチと命名)が一緒に行動している♀(順番から行くとヤマジだが♀なのでヤマミちゃんだそうだ)にせっせと餌を届ける。
a0091680_20575928.jpg

ヤマミちゃんはすぐそばでエサをもらう。

ゴジュウカラもペアで、♂が♀に給餌。
ゴジュウカラらしく、逆さまに木の幹を降りながらエサを与えているのが面白い。

雨が小降りになったり晴れ間が見えると、
a0091680_2058063.jpg
鳥たちやリスが一斉に動き出す。
a0091680_2058186.jpg

a0091680_205819.jpg
齧ったクルミの殻の粉が画像の下の方に散ってる。
ちょっと痩せ気味?と気になる。

夕暮れのエナガを撮ってたら、シャッターと同時に翔ぶ。
あはは、まん丸。何者?
a0091680_2058213.jpg





小屋の窓際に近づくと、裏の大木の同じ場所あたりからしょっちゅう監視の眼差しを感じる。
その辺りに巣があるらしいアカゲラ。
a0091680_2058679.jpg



これから巣作り、子育ての本番。
a0091680_2058527.jpg
リスも、
a0091680_2058595.jpg
カケスも、

みんな頑張れ。



キッチンの窓の前で、食休み中のヤマガラ。
a0091680_2058310.jpg


なに?とカメラ目線
a0091680_2058486.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2015-04-28 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(2)

アトリからオオルリへ

4月中旬の八ヶ岳南麓。
渡り鳥、通りすがりの鳥篇
小屋に着いたとたん、庭にアトリ発見。
a0091680_13211741.jpg


頭がだいぶ黒く変わった♂と♀のペア。
あれれ?まだいるの?冬鳥でしょ?
a0091680_13211892.jpg


一方、少し下に降りるともうツバメが営巣中。
a0091680_13211811.jpg



朝ごはんを食べていると庭を通りかかった、青い尾羽はルリビタキ。
この辺りにずっといたのかな?
それとももっと標高の高い営巣地を目指して山を登る途中?
a0091680_13212072.jpg



そして晴れた日に沢の上の枝でさえずる鳥を撮ってみると。。。
青い!
初めて撮ったルリ色のオオルリに感激。
(オオルリは巣しか撮ったことがなかったのだ。)
a0091680_13211657.jpg



翌日のオオルリ君。
遠〜〜くの木の天辺で独唱中。
豆粒のように小さいが、ハッキリと瑠璃色。
a0091680_13211778.jpg



のんびり渡る冬鳥と気の早い夏鳥の同居する、季節の変わり目、4月半ばの八ヶ岳南麓だった。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-04-27 12:18 | 八ヶ岳 | Comments(0)

遅咲きのサクラ

八ヶ岳南麓4月半ばの桜。
例年より早く満開を迎えて、神代桜や王仁塚のサクラより遅く咲く、違うスポットの桜の満開を鑑賞出来た。

昔から、すぐそばの物置風の建物が残念な東原のイトザクラ。
a0091680_1225693.jpg

a0091680_1225790.jpg

a0091680_122578.jpg
古木になり見事な風格が出て来た。


そしてだんだん小さく寂しげになって来てしまった神田の大イトザクラ。
a0091680_1225878.jpg


大イトザクラの背景、八ヶ岳方向には(未確認だが)メガソーラー建設中?
a0091680_122596.jpg
左下拡大
a0091680_1225911.jpg
(他にも林が刈り払われてソーラーパネルだらけになりそうな所を見かけた。)
それでも、富士山をバックに南アルプスの山々に向かい合い、健気に咲く
大イトザクラ。
a0091680_123013.jpg


昔、両親が南麓に小屋を建てたころから存在は聞いていたのに、元気な時に見にきていればと悔やむが、往年の姿を知っていたらもっと切なかっただろう。

富士山の麓から買って来たフジザクラも、今年はやたらに早く咲いた。
a0091680_123164.jpg


珍しく、遅咲きのサクラ達の花盛りに出会えた今年の春だった。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-04-26 22:55 | 八ヶ岳 | Comments(0)

落し物詐欺

最近では落し物センターを騙った詐欺が登場しているという。
まず、落し物のカバンが届いているとセンターから電話があり、その後に手形の入った鞄を落とした、と子供役の詐欺師から電話がある。と言った手順らしい。

信ぴょう性を増すための手段として、あらかじめ落し物センターから電話がある、みたいな詐欺なのかな?

a0091680_23301962.jpg





なんだか私の脳内妄想では…

あなたが落としたのはこの合皮のカバンですか?
それともこの銀のカバンですか?
あるいはこちらの金のカバンですか?


今なら50万円で合皮のカバンから銀のカバン、250万円で金のカバンにバージョンアップ出来ます。
さらに、このお電話から30分以内にお支払いいただく方には、500万で宝クジ(1等の当たりクジ)つき。
ただし、初めてお支払い頂く方だけの特典です。


みたいな話になってて、収束不能。


とにかく…
落し物には気をつけよう!(…違)




a0091680_23301944.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2015-04-22 22:47 | 何か変・・・? | Comments(0)

またまた曇天

このところ、ようやく晴れ間の見えた八ヶ岳南麓。
昨夕は、春らしい雲の多い青空ながら極上の夕焼け。
時折薄雲をまとう夜空には驚くほど大きな星々が光っていた。
a0091680_1442462.jpg

a0091680_1442530.jpg


なのにまた今朝は曇天。
時折大粒の雨。
こんな晴れ間のない春に来たのは、は
じめてかもしれない。

いつもより早く新緑のカラマツに、この先晴ればっかりだったら悔しいな、と思いつつ帰る中央道は新緑真っ盛りだ。
a0091680_1442493.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2015-04-19 14:32 | 八ヶ岳 | Comments(2)

彩雲

a0091680_21521429.jpg
南アルプスと八ヶ岳の真ん中、天頂に掛かっていた彩雲。
a0091680_21522278.jpg

こんなに鮮やかな彩雲は初めて見た。
吉兆だ。(勝手に決定)
a0091680_21522545.jpg


宝クジ、買うべきなのだろうか。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-04-17 21:38 | 八ヶ岳 | Comments(0)

雨ばかり。

先週の八ヶ岳南麓。

今年は例年よりはるかに芽吹きが早いが、時折凍えるような寒さが訪れたり、気温の変化がめまぐるしい。
そして何しろ雨がよく降る。
中旬にはいっても寒い日はみぞれになる。
せっかくの晴れの日曜日だけ、用事で出かけられなかった。涙。

雨の中でも新緑は着々と進むのだが、せっかくの淡い緑も今ひとつ映えない。
今年は柳?の新緑も早い。芽吹き間近の梢は赤や黄緑の色合いが濃くなって来て美しい。カラマツの梢も緑がかってきたような。。
a0091680_17204499.jpg


鳥たちは雨の中でも餌を求めて飛び交うが、羽毛の表面だけはぐっしょり濡れている。
今シーズン「つくり納め」の薪ストーブ料理を美味しいパンで。
a0091680_17204920.jpg



押し寄せては薄れる濃霧の中、アブラチャンの新芽の向こうは雨に濡れるカラマツの幹。
a0091680_17205213.jpg
a0091680_17205894.jpg

雨続きの森の中でも少し小降りになるとヤマガラがやって来た。たまにリスの姿も見かけた。
これから巣作りの時期なのに、こんなに雨ばかりの年は、苦労しそうだなぁ。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-04-14 16:35 | 八ヶ岳 | Comments(2)

機能性表示?

子ちゃたBの金沢土産。
ボケ除け守り。
a0091680_23141247.jpg


…効くのだろうか?
実験した人はいないようだから、「願望」的効能表示、みたいなものだ。

そう言えば、食品の機能性表示がこれまでより容易になるらしい。
そのせいかどうか、食品売り場にはこんな表示が並ぶ。
プリン体と戦う乳酸菌。
a0091680_23133758.jpg

ふ〜ん。最近の乳酸菌はそんなものとも戦わなきゃいけないんだ。
タイヘンだなぁ。
(…プリンとプリン体との違いを説明できない私は、なぜかヨーグルトとプリンの死闘を妄想。)


小腹を黙らせるヨーグルト。
小腹はすくけれど鳴らない。
鳴るのは腹。
空腹感が無くなるのか、腹が鳴らなくなるのか、はっきり書かないと。
a0091680_23134729.jpg


このくらい分かりやすくハッキリとね。
a0091680_23135650.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2015-04-11 21:42 | 何か変・・・? | Comments(0)

カニ味

昨年、殻付きの牡蠣を買ったら、裏の注意書に、
a0091680_08551.jpg


「カニと共生している」ことがあります。
a0091680_08534.jpg


と書いてあった。


世の中に蔓延している「一応言いましたから。」という文だろうが、だからどうだと言う点には何の言及もない。
単に生物の生態をお伝えするためとも思えないし。
たとえば、
カニアレルギーに注意するのか
カニさんだー!と喜ぶのか
カニを買った覚えはないっ!と怒るのか。
カニまで食べられる!とお得感にひたるのか。
あのー、カニも入ってたんですけど、と正直にカニだけ返すのか。
…どう反応して良いのかわからない。

などと考え込んでしまったのだが、幸か不幸かその時の牡蠣の中にはカニはいなかった。


牡蠣の季節が終わり、今年も春のアサリの季節がやって来た。
あまり大きくないアサリをワイン蒸しにして食べたら…

カニさんだー!
と大喜びで、撮影。
a0091680_08526.jpg

a0091680_08688.jpg


小さすぎてひっくり返してもどーなってるのかよく分からない。
(横の黒い点は粗挽きの黒胡椒。)
最後にカニさんだけ食べてみた。
小さくてよく分からないけれど、プチッと桜海老の食感のでもカニっぽい味。
a0091680_0876.jpg


アサリ一粒で二度(二種類)美味しい、
ピンノと呼ばれる共生ガニだった。








[PR]
by chatadon-06 | 2015-04-07 00:07 | 植物・動物 | Comments(2)

拭き取り不能

暖かく春めいてきた先週。

夕飯の食卓の上をなにやら羽虫のようなものが飛ぶ。
捕まえようとした夫だが、逃げられる。
見失ってしまったので諦めて、天気予報を見ながら食事を始めた。。。

と、テレビ画面を横切る影。

慌ててティッシュで画面を押さえた夫、
「やった。」と満足げにテレビ画面から虫を拭き取ろうとするも、やけに手こずる。


言って良いものどうかちょっと迷ったが、やはり現実を伝えることにした。



「それ、拭き取れないよ。諏訪湖だから。」

a0091680_23424929.jpg


夫、一瞬呆然としたのち、爆笑。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-04-01 23:40 | ある日。 | Comments(2)