南麓の冬

 これから紅葉の盛りを迎える八ヶ岳南麓だが、これは今年一月上旬の高原大橋(黄色い橋)からの画像。川俣川の上流方向、左岸の崖の中腹辺り。斜面の途中から流れ落ちる水が、凍っていた。
 谷底から吹き上げられて、下から小雪が舞いあがって来ていた。
 この時は例年になく寒さが厳しく、パノラマの湯もボイラー故障で入れなかった。
ただ、小屋の温度計で見る限りでは、父から聞いていた「昔の寒さ」と数字的には極端には違わないのかな?と思う面もある。長いスパンで確実に温暖化が進んで来ているのでしょう。

a0091680_1473791.jpg
a0091680_1475151.jpg
 厳冬の時期に来たことは何度もないけれど、冬枯れの林の持つ静けさ、きりきりと澄み渡る空気と青空の下、シジュウカラや、ヒガラ、ヤマガラなどの混群が通り過ぎる時の声と翼のきらめき。
・・・寒冷地でありながら、光豊かな南麓の冬は別世界の風情がある。
山々の景色はそれはもう、清冽。(今年は余り好天に恵まれなかったが。)

 子供たちが小さかった頃は、霜の降りる時期までキャンプに行っていた私達なので、寒さに対する覚悟はある程度していたが、今年の一月の寒さはかなりのものだった。でも、めげてませんよ~。温泉もあるし。機会があればまたチャレンジ(!)したいと思います。
 ただし、雪や路面凍結があると危険なので、事前にライブカメラ、お天気サイトで十分調べて出かける事にしている。4駆だがもちろんタイヤチェーンも持って行きます。余り雪は多くない南麓ですが、一旦降れば寒冷地ゆえ、場所によっては、容易に融けないアイスバーンとなるので、無理は禁物と思っています。
a0091680_14102078.jpg

[PR]
# by chatadon-06 | 2006-10-23 14:29 | 八ヶ岳 | Comments(4)

夜明けの3・3・7拍子

首都圏から中央道を走ると、甲府盆地に入る手前、笹子トンネルを出たところからの下りカーブに黄色いラインが入っている。
以前、東北方面のどこかの高速では、このラインが三・三・七拍子になるように引かれていると聞いていたので、中央道を注意して通ってみると、笹子から下りきるまでの区間は、見事にみんな三・三・七拍子だった。

東京方面に向かう時も、初狩の近辺に一箇所ある。

四国の徳島自動車道には阿波踊りのリズムのラインがあるそうだが、四国に旅した時は丁度この区間だけ別ルートをとってしまったためか、体験できなかった。

検索してみたら、北海道には知床旅情が聞こえる道路があるという話が・・・・。

本当でしょうか?
a0091680_11512613.jpg

[PR]
# by chatadon-06 | 2006-10-19 11:53 | 何か変・・・? | Comments(10)

南麓のお店と朝のパン

a0091680_16303481.jpg
     
南麓にはおいしい物がたくさんある。
中でも蕎麦屋ベーカリーの密度が高い気がする。
蕎麦屋は行っただけでも、森ぴか、月舎、うすたろす、ゆう和、花泉、曄(よう)、藤乃屋、さかさい、蕎麦どころ三分一(さんぶいち)、蕎麦処いずみ、(順不同)があり、まだこれから訪れてみたいところも数え切れないほどある。
 ベーカリーは、買ったことがあるだけでも、くのパン、じょいち、ごりらのぱんやさん、小麦畑、バックハウスインノ、セルクル、桑の実、等等。そのほかにも何軒もある。
レストランも、オーナーシェフの小さな店がたくさん。
和食系の店も結構出来てきている。
自宅付近より南麓のほうがはるかに選択の幅が広い。

 以前は観光客の多く来る店は夜は早仕舞いだったり、シーズンしか夜の営業をしていなかったりだったが、団塊の世代の移住、滞在を見込んでか、夜も営業する店が出てきた。

洋食系と、和食系でお酒も飲める店が割合と夕食時まで開いている。
飲まないでご飯が食べたいんだけどな~。
洋食系は(とんかつも!)ちょっとハイカロリー過ぎる気がするな~。
それにランチタイムの方が断然お得だしな~。
・・・ということになるのだが、観光シーズンのランチタイムは混み合う。
夕食時はすいていることが多いので、お店の方とお話しする機会もあったりする。
いろいろなオーナーシェフやらお店の御主人、奥様がいて楽しめる。
小さなレストランのおいしいパンが、先に移住して来たお子さんのお店のもの、なんてお話も聞ける。皆さんいろいろな夢を持って南麓にいらしているが、ミドル~シニアエイジの方が多いので、健康、体力上の問題や、店の後継者問題等、おせっかいな心配をしてしまう。

便利に、活気が出てくるのは良いことなのだろうが、人里はなれた、奥まったところでボーっと暮らしたいほうなので、何か落ち着かない気分にもなる。

静かな環境を守りつつブームで終わらないような南麓の未来を願っています。
a0091680_1627478.jpg

・・ところでパン屋さん
先日書いた小麦畑は7時15分くらい(?)、この画像のごりらのパン屋さんは8時半ころからパンが買える。朝ご飯に焼き立てパンを食べることも出来る。
・・・・・10月7日の朝、くのパンの前を通りかかったら店の駐車場から車が出てきてなんとなく活気のある雰囲気だった。(なんとなく。・・全く根拠なし。)開いているのかな?
[PR]
# by chatadon-06 | 2006-10-18 11:20 | 八ヶ岳 | Comments(2)

コケモモとブルーベリー

10月8日に御泉水自然園の少し上のほうで撮影。
コケモモは、他の草の下、あたり一面に生えていることが多い。
ここも、枯れかかった草の下、コケモモのじゅうたんがひろがっていた。

コケモモはブルーベリーと同じツツジ科に属し、同じようにかわいいい花が咲く。
ブルーベリーの花はドウダンツツジに似ているといえば良いかな?
コケモモの花は、うっすらピンクがかった釣鐘の先がいくつかに分かれて、小さく反り返った、それはかわいらしいものです。

花と、まだ固い赤い実は見たことがあったが、これほど完熟の実は初めて見た。
透き通るルビー色。山の秋の宝石
a0091680_1625816.jpg


a0091680_1633059.jpg画像が悪くてごめんなさい。
この夏、南麓の農場で摘ませていただいたブルーベリー。
もっと大きいものもあるそうです。
そのおいしかったことと言ったら・・・・
甘さ、程よい酸味、芳醇な風味。
今まで知っていたブルーベリーとは全く別物でした。
こちらは南麓の夏の宝石
[PR]
# by chatadon-06 | 2006-10-16 16:18 | 八ヶ岳 | Comments(0)

a0091680_1046728.jpg
自宅の玄関アプローチに出しておいたベンジャミンの鉢植えの、丁度目線の高さに、
忽然と現れた。・・というかある日突然気がついて驚愕した。

目の前僅か15センチ
画面に目を近づけて驚愕度を実感してください。
ほぼ原寸大に見えるかな?3.5×4.5センチ程です。

蜂の巣、という推測は出来た。
今まで何度か泥で出来た蜂の巣は見たことがあるけれど、皆、はるかに小さくて、かわいいトックリ型をしたものが多かった。

早速調べてみた。
ドロバチ>トックリバチ>スズバチという分類になるらしい。
はじめは小さい巣をいくつか作り、まとめて外側を一つに覆う構造の巣。

ヒト社会と同じで、集合住宅には強固な構造物が必要らしい。

取って、中を調べてみようと思ったが、蛾の幼虫を食べてくれる蜂達を処分するのは忍びない。
だからといって、室内に入れて部屋の中で孵ってしまうのも危険。
良い方法があったら教えてください。
[PR]
# by chatadon-06 | 2006-10-13 10:50 | 植物・動物 | Comments(0)