トップライトの四季

自宅を建て替えることになったとき、どうしてもほしいいと思ったものの一つがトップライトだった。
家の中に居ながら空が見える。
ただそれだけの事が、どんなに気持ちを静かにしてくれるか、よく分かる。
青空と雲は、四季折々の特徴があるかと思いきや、季節特有といわれる雲も他の季節に見えていたりする。天空すべてが見えるわけではないので、尚更、見える範囲の空の姿だけでは季節は感じ難い。ペアガラスで一応遮熱構造になっているらしく、陽射しの熱は夏場でも極端に上がりはしないが、差し込む日射の角度だけは、季節によって着実に変わる

予算の都合で電動式ではないので、ブラインドの開閉はなかなか大仕事だ。大変なのでロールブラインドは梅雨の終わりに閉め、秋に開ける。今年は腰痛のせいなどで、延び延びになっていたが、昨日開けた。5ヶ月ぶりの明るさ。深呼吸。
a0091680_1015695.jpg

見慣れてくると、そうそう見上げてばかりは居なくなるが、夜起きた時に煌々と明るく、驚いて見上げるとトップライトの向こうを渡っていく満月だったことがある。
満月は光でそれとわかるが、限られた範囲に何かが差し掛かるその時に、偶然振り仰いでいて 目撃することが出来た光景もある。
飛行機、花吹雪、そして
a0091680_11174222.jpg


a0091680_10534830.jpg
寒冷地の方には見慣れた光景かもしれないが、凍りつくトップライトが月明かりにきらめく夜景は、比較的温暖なこの地には珍しく、しばし見とれた。数年前の事だが、その一夜以来凍ることはない。
a0091680_12144057.jpg
                                ・・・また何時か、見られるでしょうか。
[PR]
# by chatadon-06 | 2006-11-17 12:30 | お気に入り | Comments(0)

道の駅

・・・デジカメ入院中。当分携帯画像です。
週末はよく、郊外の道の駅に野菜の買出しに行く。
山梨の道の駅のように高原野菜などの特色があるわけではないが、「都市近郊の野菜畑」がそのまま集まっている感がある。
a0091680_1833387.jpg

ほうれん草、小松菜、大根、にんじん、などおなじみのものばかりだが、なぜか、りんごやバナナまで売っている。
先週は珍しいりんごを見つけて買って見た。
我が家の場合、りんごは来るときにはとめどなく届くが、それが何時からかは神のみぞ知る
いや、送るほうは知っているに相違ないが、そもそも「何時送ってくるんですか?」と聞けるようなら、な~んの苦労もないのだ。大概は、我慢しきれなくなって、りんごを買ってしまった直後に第一陣が届くので、そろそろ危ない(!?)かも知れない。
a0091680_1834625.jpg

ともあれ、このりんごはおいしかった。
王林の香りの良さと千秋のジューシーさをちゃんと併せ持っていた。おいしかったから、「この辺じゃりんごは取れないでしょ」と心の中でも突っ込みを入れないことにした。

野菜の種類がとても豊富というわけでもないが、同じ種類でも生産者ごとに分けておいてある。
価格は大体統一されているが、農家により、育ち方、大きさ等、様々なのが面白い。
野菜ならいくら買ってもあまりカロリー計算に影響しないので、盛大に買う。
この日は、残念ながら、焼き芋はなかった。
・・・チョット不満。
         でも外に出ると秋模様の大空。
                    広い空は心を開放してくれる。                        
a0091680_1046174.jpg

                      解き放つというより開け放つ感じで「開放」。
[PR]
# by chatadon-06 | 2006-11-15 17:40 | お気に入り | Comments(0)

今年の見納め

今年は小屋にはもう行けないかもしれない。
しばらくは近隣日常テーマが主になると思う。
今年最後の八ヶ岳近辺の画像です。
          ++++++11月3~5日の画像++++++
金峰山方向に向かう途中。
カラマツ林だが、植林ではなく自然林らしい。
a0091680_16515732.jpg

西沢渓谷入り口近くの谷。
紅葉が終わりかけのところと、これからのところがある。
南麓ではあまり見かけない、色とりどりの錦の紅葉。
a0091680_16514675.jpg

夕焼けの南アルプス。
この夕焼けも今年はこれで見納め。
a0091680_1652996.jpg

[PR]
# by chatadon-06 | 2006-11-11 16:30 | 八ヶ岳 | Comments(2)

キャンプに行かなくなってから、「アウトドア飯」の機会があまりなかった。
小屋の片付けに通うようになっても、食事を作る暇がなくて、外食ばかり。
折角、庭で遠慮なく火を焚ける環境にいるのに、先月のバーベキューがはじめての「外での飯」だった。
先週末は、夕方になってから、Jマートで燻製用具を購入。(泥縄!!)
本来、時間を掛けた下準備がいろいろ必要な燻製なのに、いきなりもくもくいぶし始める。
a0091680_1346465.jpg

まぁ、予想通り、それなりの結果に。
・・・何が肝心かは、いろいろ判ってきたので、この次は何とかなると思う。
燻製づくりは楽しいが、本来のアウトドア飯とは少し意味合いが違う。

翌日は、外食にかなり飽きてきたのと、夫の「アウトドア飯熱」が臨界に達し、何が何でも、たとえカップラーメンだけでも、外で食べるぞ!という運びに。
で、行き先はキャンプ場のあるところ、と無意識に思っていたらしい。
在庫食糧をテキトーに持って出発。
丁度カラマツの黄葉の時期だろうということで、金峰山の麓へ向かったのだった。
(「今年のカラマツ」参照)
a0091680_1347293.jpg
じつにしょぼい光景だが、(トクホ飲料なんてのまであったりして・・・) とびっきり美味しい!
            外で食べるご飯は何物にも勝る
昨日の燻製の残りまで、なんだかおいしいような気がしてくる。
a0091680_13472210.jpg
a0091680_13473676.jpg
たとえ雨の中でも美味しかったと思うけれど、こんなお天気、景色の真ん中だもの、尚更ね・・・
            でも、今度はせめて味噌汁とか煮込みうどんくらい作りたいな。
[PR]
# by chatadon-06 | 2006-11-09 14:34 | お気に入り | Comments(4)

林道の看板その2

甲信越と関東の境にある峠を目指し、霧の林道を行く。
湧き上がってくる霧の中の幻想的なカラマツ。
a0091680_8394022.jpg
ここまでは舗装路だったが、この峠を境に関東側は未舗装路。
霧のあふれ出てくる切通しの向こうに、看板が立っていた。
a0091680_84056.jpg
a0091680_840247.jpg
「危ないぞ!何があっても絶対責任は取らないぞ!」という強固な意思の宣言文
a0091680_8464793.jpg

濃霧に加えて、この日は時間がなかったので残念ながら引き返す。
いつか通ってみたい。
[PR]
# by chatadon-06 | 2006-11-08 09:00 | 八ヶ岳 | Comments(2)