秋、終わり。

この頃旅行記ばかりでちっとも面白くない、と子ちゃたに言われたが、秋が終わる前にあちこち出かけるのに忙しく、
まだ秋の画像の整理すらできていない。

そんな秋の締めくくりはなぜか今年も利根川下流、水郷佐原のウナギ。
子ちゃたA.B、今年もご馳走さまでした。
a0091680_16252199.jpg
↑巨大なうな重。なぜか値下がりしていた。

ところで、そんな日々だったこのところのテレビのワイドショーは、毎日相撲の話題てんこ盛りだ。
まあ、こんな話題ばかり長々扱ってれば誰かに都合悪そうなほかの話題はスルーできるって事なのだろうが。

ウナギは何度でも良いけれど、お相撲ネタはもうご馳走さまだ。
a0091680_16401863.jpg
↑こちらは白いご飯とウナギが別のタイプ。

でも。
私にもちょっとだけ興味ある点が。
お相撲さんが最低でも4人、4畳半のスペースに入って、しかもそこで暴力沙汰が…って物理的に(空間的に)どんな配置で?
隙間なくギッチリ詰まってる感じなんだけど。
箱に風船を詰めてグリグリと動かしたみたいな感じ?
誰か3Dで再現して見せて〜(*⁰▿⁰*)

以下はこの騒動の先行きについての我が家の予想。
分裂して新日本相撲協会とかができる。
⬇︎
当然、日本一を決めるための相撲日本シリーズ的なのが必要。
⬇︎
そうなったら相撲にもクライマックスシリーズみたいなのが出来て…
⬇︎
プロ野球みたいに、本当に強いのは誰だったのか今ひとつわかんなくなるんじゃ。。。



それにしても、
モノで殴ったりしてないで、
「表に出ろ!」
巨大な一団が、ゾロゾロと店の外へ。
誰かが土俵ラインを引く。
「誰も手を出すんじゃないぞ!
相撲で決着だ!」
突然のガチンコ勝負に居合わせた鳥取の相撲ファン狂喜乱舞。
って展開なら良かったのにね。。


…ウナギ屋さんの横を巨大なタイヤを積んだトレーラーが通っていった。
画像を見ていて、またしても「四畳半に力士4人」を連想してしまった。
a0091680_16395379.jpg





[PR]
by chatadon-06 | 2017-12-01 15:41 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

父の日

父の日の今日、子ちゃた達が昼ごはんをご馳走してくれた。
a0091680_22380532.jpg


カロリーやら消化能力やら、典型的なトシヨリ的選択により、魚の美味しいお店へ。
私たちは早めに入店したので好きなメニューを選べたが、続々とお客さんがふえるにつれ、だんだん品切れが増えて来た様子だった。
生け簀の中のあじの一群は次々に捕獲されて数が減っていった。
a0091680_22380693.jpg


飛び切り美味しい刺身が目の前に並ぶころには
a0091680_22380750.jpg


「アジは…。あと一匹残ってます。」
との声。
a0091680_22380725.jpg



そして最後の一尾が水槽から消えた。

ほんの少しアジが可哀想な気がして来て、アジにも家族が…とか、金子みすゞの詩「大漁」とかが脳裏をよぎる。
(ほ〜んの一瞬だけね。)
アジさん、からっとあがった中骨、頭から尻尾の先まで美味し〜く食べ切ったから、許してね〜


a0091680_22380821.jpg


マグロにだって家族が…
というマグロの中落ちからの抗議の声には気がつかなかったことにしよう。


子ちゃたA&B、ご馳走様でしたー!



[PR]
by chatadon-06 | 2017-06-18 20:38 | ある日。 | Comments(0)

鰻腹

先週のこと、子ちゃた達が鰻を食べに連れて行ってくらるというので、はるばる利根川沿いの鰻屋さんまでドライブ。
事前にネットで見ると、入店までに長時間並び、更に入店後、注文してからも長〜〜〜〜く待たされる、とのことだった。
a0091680_11342458.jpg



早めに着けたので、すぐに入店は出来たが、「一時間くらいかかりますが」と念を押された。
覚悟の上なので、座敷席で待つ。
川海老の素揚げが出て来るまで15分ほど。
a0091680_11342642.jpg

暇つぶしに川エビの接写などしたり。
a0091680_11434876.jpg


さらに40分あまり待ち(喋らせておけば際限なく会話しまくる我が家なので、さしたる「待った感」は無かったが)、予告通り一時間後に見たこともないくらい巨大な蒲焼がお重からはみ出した状態の鰻重がやって来た。
a0091680_11342688.jpg


かり、フワ、とろ、の香ばしくも豊潤な蒲焼を半分ほど食べたところからすでに満腹になりかけたが、それでもまだ美味しい。
我が家の日常の味付けからすると、かなり甘から目の濃い味なのだが、この濃い味ゆえにタラふく、ならぬウナギで満タンになった鰻腹(まんぷく?)でも美味しく食べられるんだろうな、と合点が行く。
ご飯を食べきれずに残しウナギだけを完食した後で、なぜこの店に、蒲焼とタレのかかっていないご飯のセットの鰻重が別に有るのか分かった気がした。
…濃い味の鰻に白いご飯、も美味しそう。
もう鰻は一年分くらいたっぷり食べたな、と鰻腹を撫でながら思ったばかりなのに、
今度ご馳走になる時は白いごはんの方にしよう、とか思ったり。
アイコーヒー、アイス(^◇^)がちょいウケだった。
a0091680_11342757.jpg


a0091680_11342764.jpg




折角ここまで来てるから、と成田山新勝寺へお参りに向かう。
a0091680_11342887.jpg


参道の坂の向こう、お寺の上を成田空港を離発着する飛行機が頻繁に通る。
a0091680_11342842.jpg



おみくじマニアの子ちゃたBは自販機の御神籤をひく。
a0091680_11342975.jpg


半吉という珍しげな運。
a0091680_11342903.jpg


この人はあっちこっちでおみくじをひいているけれど全体として運勢の整合性はあるのだろうか?
細かい部分のそれぞれは矛盾していても、全体の統計をとれば何らかの趨勢はみられるのだろうか?
折角あちこちひいてるのだから、ひいた翌年の年初に前年のデータを集計し、一番的中率の高かったところでひけば事足りるのではないだろうか?

と、罰当たりっぽいことばっかり考える親ですが、親孝行な我が家の連中には幸福な未来をお願い申し上げます。。


子ちゃたA&B、
ご馳走様でした!

[PR]
by chatadon-06 | 2016-11-28 11:44 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(3)

11年目に入った

さっき、突然に、
ブログを始めたのが10年前の昨日だった事に気がついた。

何しろ「昨日」の話なので、ご覧になってる方に抽選で何か当たるとか、そういう企画も(あったとしても)今更間に合わないので、慌てて探した画像を感謝の気持ちに代えてアップします。

幸せの青い鳥、ルリビタキ。
a0091680_23151383.jpg

ご覧頂いているあなたのもとに、
幸せが訪れますように。


ご覧いただき、
ありがとう御座います。



おっと〜!2016/9/30 23:12
なんとか9月中には間に合った。(^^;;







[PR]
by chatadon-06 | 2016-09-30 22:46 | 挨拶・連絡 | Comments(2)

良いお年をお迎え下さい

今年もご覧いただき
ありがとうございました。

a0091680_23280726.jpg

↑11月、佐渡の夕暮れ

どうぞ良いお年をお迎え下さい。


[PR]
by chatadon-06 | 2015-12-30 23:13 | 挨拶・連絡 | Comments(0)

お土産色々。

この暑いのにあちこち行きまくっている子ちゃたBに色々お土産をもらった。

この中に一つだけ、ちょっと違う地域のお土産。
どーれだ。
a0091680_07363738.jpg


鎌倉、江ノ島のお土産の中に。。。

筑波山みやげ。
これって、遠い昔から存在を知っていたし、ガマの油売りの口上を見たこともあったが。。

こんなの実際に買う人も居るんだ。
a0091680_10493615.jpg

…と我が子によって知ったこの夏。(^◇^)

(書いてある効能は、「保湿とお肌スベスベ。」のような。)

子ちゃたB、お盆休みには鎌倉、江ノ島に生シラス丼とパンケーキを食べに行き、子ちゃたAと自分用に買って来たのが
仕事守!!
a0091680_07363716.jpg

…って、
どうご利益があるのか今一つ掴めない。



親には健康守

健康守りは以前やはり子ちゃたBが買ってくれた金沢みやげの「ボケ封じ守り」(こっちは具体的。)と一緒に机のうえにかけてある。
これできっと「無敵の年寄り」になれるに違いない。



↓コレはダイオウグソクムシ。。
a0091680_10531774.jpg


…カワイイ。
でもこれは貰えないらしい。








[PR]
by chatadon-06 | 2015-08-16 22:17 | ある日。 | Comments(0)

今年も年の暮れを迎えました。
a0091680_10281669.jpg
6月、風蓮湖から斜里岳を望む夕暮。

今年一年、
片づけからあちこち逃げ回るナマケモノにお付き合いいただき、ありがとうございました。
でも、8月以降極端に投稿数が少ないのは片づけに精を出していたからです!(…家にいる時だけは、だけど。。)


良いお年をお迎えください
a0091680_10281759.jpg
夕暮の中のタンチョウ。
[PR]
by chatadon-06 | 2014-12-31 10:00 | 挨拶・連絡 | Comments(2)

クリスマス。

クリスマスとは言っても、特に信心も無い我が家のこと。
今年などツリーすら飾らなかった。
でも「誕生日のお祝い」的なノリの宴会(ある意味正解)だけは今年も続いている。
まめ、かつ文房具好きな子ちゃたAは今年もプレゼントを用意してくれた。


a0091680_1971218.jpg
木肌の色が綺麗なコースター。
ゆらゆら揺れる起き上がり小法師の修正ペンとテープのり。
a0091680_1971221.jpg
ガムテープがくっつきにくいチタンコート鋏。
ペン先が可愛い万年筆。
a0091680_1971361.jpg


小〜さい金太郎飴?のクリスマスバージョン。
a0091680_1971373.jpg


それぞれ味が違う。
a0091680_1971452.jpg


☆他のメンバーは全て宴会準備担当
\( ̄▽ ̄)/
子ちゃたBはガッツリとチキン買い込み担当。
今年も楽しいクリスマスイブだった。

(こんな不信心者一家にも、ともに愉しむ機会をありがとうございます。。
…と感謝。)
[PR]
by chatadon-06 | 2014-12-25 19:06 | 季節 | Comments(0)

昨日は母の日

エプロンやお鍋などもらうことはまず無い。
(お掃除ロボット、ルンバを買ってあげようか?とのお申し出はあったが、今のところ辞退……。)


母の日は取り敢えずこんな感じ。
a0091680_2303672.jpg



つまり、家事が大嫌いでお菓子が大好きなのがウチの母だと思われて居る訳だ。



さすが、良くわかっている。

[PR]
by chatadon-06 | 2014-05-12 22:42 | ある日。 | Comments(0)

月山の虹

もう帰るからちょっとだけ近所を回って行こうと立ち寄ったビジターセンターではブナの森の雪上ネイチャーウォークがスタートする直前だった。
ガイドの方にさそっていただいたが、ここで2時間以上歩いて帰るのは運転が大変(夫がね)なのでためらった。
かしかし、かねてからこんなの参加してみたいね、と憧れていた事なので急遽、長靴を借りて参加することに。

厚く積もった雪の上では、普段では歩けないルートを自在に歩ける。
大木の森の雪の下には、雪に埋れたブナの若木が雪解けまで横たわっている。

天にも登る心地で歩いた月山のブナの森、中盤からは午後からの雨の予兆のように太陽にくっきり鮮やかな虹の暈。(正確には虹でなく日暈?)
a0091680_16452024.jpg

a0091680_16452850.jpg


楽しい時間はあっという間に過ぎて、昼過ぎに帰途につく。
月山麓の道の駅で美味しい山形牛とおそばを(頼みすぎて)お腹が苦しくなるまでたべている間に、曇天と強風が月山を下りてきた。
a0091680_16452617.jpg
↑右下はアケビの肉詰め。
ほろ苦さが美味しい。

東北の旅、最終最後に…
夢の雪山原生林ウォークを実現していただき、ありがとうごさいました。
a0091680_16452379.jpg



(素晴らしいブナ林の画像は後日また。。)
[PR]
by chatadon-06 | 2014-05-03 16:44 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)