春山?

連休の八ヶ岳南麓。
富士山をはじめ南アルプス、八ヶ岳。
みんなほとんど雪がない。

まるで春の山。

例年、雲ひとつ無い寒風の夕焼けが多い冬の南麓だが、この日はお天気の変わり目のせいか濃い赤色の夕焼け雲が珍しい。
a0091680_20282208.jpg


刻々と紅色が変化し、あちこちに濃い茜雲が出没する。

鳥のかたちの雲が、あかい羽をたなびかせて飛び去っていった。
a0091680_20282291.jpg



例年より暖かいとはいえ、そこは寒風の八ヶ岳南麓。
薪ストーブの炎が何よりの御馳走。
a0091680_20282222.jpg


(でも、あんクロワッサンも美味しいけど。
a0091680_20282322.jpg

これ、ストーブの上であっためてたべたら美味しいだろなぁ。。)
a0091680_20282398.jpg











[PR]
by chatadon-06 | 2016-01-13 19:57 | 八ヶ岳 | Comments(2)

眺める釜飯

勿論、この連休もバックハウスインノに行った。
名前は忘れたが、ドライトマトのフガス(平たい穴あきのパン)の上にあるオリーブオイルの入ったパンがソフトでおいしかった。隣のバタールのような見かけのものは「本日のパン」。。。。
a0091680_12401468.jpg


今回、外食は恒例のZENZOWのまかない定食と
a0091680_12405965.jpg

夫が気になっていたらしい、清里の釜飯やさんへ行ってみた。
ナンデ南麓でわざわざ釜飯なの?とちょっと引き気味だったのだが、通るたびに「釜飯って書いてある」と口にしていた夫なので、シカタナイ・・・。
a0091680_12421231.jpg
テーブルにはコンロが並び、早速お米とダシ入りの釜が火にかけられる。
ご主人らしき方が具を運んでいらして、トイレに行った夫のために画像を撮っていると早く早くと具の投入をせかされた。
いきなり全部投入。
あとは頬杖着いてぐつぐついってる釜の中を眺める。
a0091680_1242561.jpg


実録!誰も知らなかった釜飯の釜の中!!ナンチャッテ・・・

 釜の蓋は開けちゃいけないと言う常識を破り、
       楽しく覗き込む煮立った釜の中。


・・・蓋はどのタイミングで?
        ・・・もう水分が無い。
などと不安と焦りを感じる頃、お店の方がちゃんと蓋をしに来てくれる。

大きなタイマーがなるまで待つこと5分。
..3・・2・・1・・0。   オープン!
a0091680_12434633.jpg

最近無かったワクワク感を味わえる釜飯でした。
a0091680_1244341.jpg
a0091680_12442250.jpg





昨日の記事の富士スバルラインと同じメロディーロードがビーナスラインにもあるそうです。曲は「スカボロフェア」
さすが長野県側、おしゃれな感じです。
           ・・・・・でもなんでスカボロフェア???

いつか行ってみようっと。
でも、ビーナスラインのどのあたりなんだろう?
[PR]
by chatadon-06 | 2010-05-12 12:53 | 八ヶ岳 | Comments(2)

春のZopf

少し前のこと、久しぶりに大好きなパン屋さん、Zopf (ツォップ)へ出かけた。
看板も少し古びていい感じに貫禄が出てきている。
a0091680_17171377.jpg

例によって店の前にしばし並ぶ。
足元の小さな花壇ににっこり笑顔が。
a0091680_17172914.jpg

駐車場がまた増えたようだ。これだけあるのに路駐する車も。
ちゃんと駐車場に停めましょう。
a0091680_17174755.jpg


またしても必要量の三倍は買ってしまった。
しかも、またしても買ったパンがなんだったのか良く検討もせず買ってしまった。なので相変わらず名前はわからない・・・。おいしいからいいけど。
手前はマンゴー入り。カスタードたっぷり。
ケーキではなく、ちゃんとパンの風味をキープしているところが好きだ。
a0091680_17183358.jpg

大きな袋を持って歩く私の先には、ジャージ姿の女の子(中学生?)が頭をくっつけて小さなパンの袋を覗き込みながら食べ歩き。
この風景が物語るように、超有名店なのにいつまでも、地域の、町のパン屋さんというスタンスを崩さない、気さくな雰囲気が大好き
パンの種類はいろいろ変化して楽しいZopfだが、このスタンスだけはいつまでも変えないで欲しい。
a0091680_17181860.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2010-04-22 16:57 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(2)

どこに行っても景色の良い八ヶ岳南麓
先週末の美味しいものとお店の近辺からの風景をいくつか。
お気に入りのパン屋さんバックハウスインノは、建物自体も絵になるが
その背景の八ヶ岳がまたすばらしい。
店のそばから、電線が入らないようにちょっと工夫して撮るとこんな感じ。
a0091680_16502214.jpg

もちろんパンは大好物。
どうしても買い物ついでに寄ってしまう。
またしても他のパン屋さんに行く機会を逃した。。。
a0091680_16503687.jpg


もう一つのお店は、昨年末に入った時、横の席のメニューがとても気になり、
今度はそれ、と決めて出かけた蕎麦屋さん
蕎麦がきとモツ煮。
釜揚げうどんの入っているような蓋付きの器に木の葉の形の蕎麦がきが浮かんでいる。
もっちりした蕎麦がきを、削り節とねぎのたっぷり入ったつゆで食べる。
そばもおいしいが、たまにはこんな味も楽しい。
モツ煮は他の店で食べたものとは違い、こってりとした甘露煮のようなたれのからんだ鳥モツ。
コリコリした食感の砂肝らしいものが多い。
こちらも変わっていて美味しい。
a0091680_16513294.jpg

店の前から八ヶ岳がしっかり見える。
a0091680_16522811.jpg

この日は天気がよく、山小屋の屋根らしきものもみえた。
a0091680_16514857.jpg


自宅付近よりも景色が良いのは当たり前だが、
美味しいものがあちこちにあって、選ぶのに苦労するくらいだ。
景色も、味の楽しめる店も、どちらも八ヶ岳南麓に比べると負けている自宅付近。
美味しい店が少ない方が、お財布にも健康にも良いのかもしれないが。
[PR]
by chatadon-06 | 2010-01-13 16:23 | 八ヶ岳 | Comments(0)

もたもたしてたら、yannさんに先を越された、
地元製麺所のほうとう画像
アクセントとイントネーションがわかるような字体が素敵です。
意味はyannさんに聞いてください。。笑。
自宅でも豆乳をスープで割ってなべにしたが、幅広くて、もちもちとおいしかった。
a0091680_1455152.jpg

ラザニアのように幅広のパスタとして、洋風の味付けでも合いそうなので、機会があったら試して見たい。


も一つのおいしいもの
バックハウスインノ(正式には八ヶ岳店、があとにつくらしい。)のシュトーレン。
a0091680_1463578.jpg

                   ↑ぬいぐるみとそのタグは記事と関係アリマセン
シュトーレンがどういうものか、知ってはいた。
一度は食したいと思っても居た。
しかし、我が家にはハーブを「変な草」と呼び、胡桃を除くナッツ類もドライフルーツも食べない、子ちゃたA が居るので、なかなか大きなカタマリを買う気にもならない。
さらに、どう見ても「メタボには危険」だと警告音と点滅灯が脳内でちらつくので手を出せない。
なので、お気に入りのパン屋・Zopfでも以前、買わずにぐっと我慢した経緯がある。
しかし、たまたまインノで昨年末出合ってしまった。・・・買うしかなかった。
正月に皆で食べることにした。(子ちゃたAにはチョコマフィンを与えた。)
切り口を見て、あまりにも危険そうなので、私は外側の白い、お砂糖たっぷりのコーティングを切り落として食べた。(・・・・ソンナラ買ウナ。)
a0091680_14103239.jpg

ものたりないっっ。
夫はコーティングごと食べていた。
大変うまかったソウデス・・・涙。

ん?夫よ。アナタこそ食べてはいけないのでは。。。
[PR]
by chatadon-06 | 2010-01-08 13:42 | 八ヶ岳 | Comments(8)

七月の八ヶ岳南麓ネタ、まだ続きです。
久しぶりに買ったバックハウスインノ八ヶ岳店のパン。
これまでは、固いのだけが唯一の難点(当社比)だったのだが、
なんとなんと、シニアに嬉しい普通に近い固さに
これなら、もっとがしがし食べられる!
  (でも、ソンナニタベテハイケナイんだけどね) やった~~!
インノさん、ありがとう・・・。
焼きたてのラタトュイユいりパンをほおばる。
a0091680_15103748.jpg
スモークチーズ、ジェノベーゼソース、オレンジとくるみ入りのパンを堪能。
真ん中の丸いのはジャガイモとゴルゴンゾーラが乗っていたと思う。
a0091680_1511524.jpg
a0091680_15112617.jpg

今回のほかのお店のパン。
パイの店M1の米粉入りパン。
もっちり感が好き。
a0091680_15122493.jpg


その他のおいしいもの。
三色ズッキーニ。韮崎産。
あまりにきれいなので買わずにいられなくなってしまう。
a0091680_15135220.jpg

↓説明文の改行の仕方が楽しい。
a0091680_15151137.jpg

1.2・・・と箇条書きに見えたけど、チガッタ・・。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-08-03 14:56 | 八ヶ岳 | Comments(4)

八ヶ岳南麓 2009年6月

梅雨の晴れ間の今日、自宅の蒸し暑さにへばり気味。
でも、前回の八ヶ岳の画像が残ってる・・・。

今日は、南麓で天気が悪いとき、ちょこっと出かけるところの紹介。。
そう、ショッピングモール。笑。
電機やさんの見学がてら、新しく出来た韮崎のショッピングモールへ出かけた。
忽然と現れる駐車場。
a0091680_1545994.jpg

エレベーターからは日本百名山の一つ、茅ガ岳の絶景が見える。
「日本百名山」の著者(選定者?)深田久弥さんの最後の山(頂上間近でなくなったらしい)。
八ヶ岳を低く小規模にしたような、長い裾野をひく美しい山だ。
あいにく曇り空でいまひとつはっきり撮れなかったが、二階のエレベーターホールからは
丁度額縁に入っているようにきっちりと収まって見える。
a0091680_14514384.jpg
横の別棟との間の通路から反対側を見ると韮崎観音とJR韮崎駅。
丁度あずさらしき列車が居た。
電車好きにもオススメ。
a0091680_14521710.jpg
もちろん、オギノ(地元スーパーチェーン)も入ってるので、食料品も買える。
しかも、ケイヨーデイツー、という、一部地域のかたにはお馴染みのホームセンターもある。
近所にくろがねや、という気合の入った名前の大きなホームセンターがあるが、くろがねやのほうは、本格「ガテン系」ニーズにも対応って感じで、デイツーはシロートさん用の文字通り「ホーム」センターな感じ。
このショッピングモール【ライフガーデンという名前と地味目のマークがちょっと誤解を招きそう(当社比)だけれど
買い物がてら、韮崎の景色も見られるお勧めスポットです。

さて、今回の南麓のおいしいもの画像。
きたのかおり、は北海道の秋蒔き小麦の名前らしい。
結構お気に入り。
でも、色々おいしいパンや焼き菓子があるのに、二種類しか味わえない悲しさ・・・・。
a0091680_14545830.jpg

そして初めて行った清里のレストラン
昭和の面影漂う店内。かつて清里ブームの頃の開店だろうか?
a0091680_14554758.jpg
八ヶ岳・・・という名前だったと思うが、はっきりしない。
食べすぎ警報が出ていたので、一番ヘルシーそうなこちらの定食。
外食続きにはうれしい家庭の夕食風。1200円。
今回食べなかったが、手作りコロッケがおいしいそうだ。
a0091680_14561352.jpg


こちらも初めて。
カリー屋アウルのアウルズプレート 1480円
特製カレーとチキン、野菜炒めの三品盛り。カレーはスパイシーでおいしい。
とっても個性的、とか主張が強い・・・という味ではなく、しつこくなく、脂っこくないのがうれしい。
ご主人は雰囲気の良い方で、気持ちよく食事できる。
「そうだ、今日はまたアウルに行って、今度はキーマカレーを食べてみよう」
。。。などと、「カレーな気分」の時は思い出しそうなお店
(ちなみに、南麓の某・観光名所的有名カレー店には以前行ったが、アウルの方が遥かに好み。)
a0091680_14575195.jpg
あ~また南麓お食事どころリストにお店が増えた。。
どうしよう~~。メタボ対策。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-06-23 14:50 | 八ヶ岳 | Comments(0)

2009/5月連休② 引き続き、今度はパン篇
スーパーのパンコーナーで何種類か。

おいしい学校の大納言と抹茶のパン。
綺麗・・・。お味も見たとおりに優しく甘くおいしい。(でも、私好み系とは少し違う)
a0091680_14123838.jpg

クレッシェンド ベーグルとショコラ
あんこ好きの夫は、「ショコラ」を食べてみるまであんぱんだと思い込んでいて、二つに割ってから愕然としていた。クリームチーズベーグルは特にチーズの味付けなし。ジャムがあれば堪能できたのに・・・と今でもくやしい。笑。
a0091680_14135798.jpg

新規開店らしい。麦の家
国産小麦、塩、地元産そば粉など、素材にこだわっているようだ。
とても私好み系なのだが、そば粉入りパンは私にはちょっとだけ塩味が強かった。
そのままワインのつまみなんかになりそうな塩加減。
塩気のあるものと一緒に食べるとそれほど感じないが、単独だと
「あ~。。。これで、もうほんの少し塩味薄ければ最高!」って感じ。
でもまた食べたい。できれば薄塩のを。。。。
a0091680_14144611.jpg


ターシャ(前回参照)のパンも巨大でおいしく、ともするとパンをおかわりし勝ちな(ダメでしょ!)私達にも十分過ぎるほどだった。
八ヶ岳南麓は食べるものが豊富すぎて、選択に困る。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-05-20 14:08 | 八ヶ岳 | Comments(0)

時間がなくて画像の整理が追いつかない・・・・。
連休の八ヶ岳南麓、食べ物画像が溜まっているのでupしておきます。
今回のアウトドア飯以外の昼ごはん。
昨年見かけた移動ピザやさんのピザ
あちこちのお店で食べるのとそれほどは遜色なし。
こんがりとしたクラストの焼け加減がおいしいかった。
a0091680_12575478.jpg
たまにはお隣長野県の富士見方向へと、お蕎麦を食べに行ったが、お高い割には我が家好みではなく、今ひとつ。無駄足だったかも・・・。

さて、滝に行った次の日、3月にも行った暖炉レストラン ターシャへ。
今回はランチタイムの、前菜からデザートまでのコース。
手前が富士桜ポークのローストポーク。向こうがハンバーグ。もちろん全部半分こ。
ハンバーグはぎゅっと固めた粗挽き肉のステーキ風。
肉そのもののうまみが味わえる感じで、好みだ。
大きくておいしいパンがついたコースは前菜、ポタージュ、デザート、たっぷりのコーヒーでもう満腹・満足。
a0091680_12595451.jpg

日本で最大の調理用暖炉の炎と薪の香が魅力的な店で、アウトドア飯好きの私達にはそれだけでツボ。今後もぜひこの路線を極めて行って欲しい。
。。。。。でも値段は上げないで欲しい・・・。
ドアの前には真っ黒な花のパンジーが。
濃い紫の花は色々見たことがあるが、これは真っ黒。
・・・お花炭にしても、生花と区別がつかないかも。笑。
初めて見るが、好きかどうかは微妙。
a0091680_1311740.jpg

すぐそばにデッキのcafe(同経営?)があり、スモークの香りがするので、見学。
和風タレにじっくり漬け込み、いぶし焼きにした地鶏のモモを買う。
a0091680_1322120.jpg
後ろのボックスにはなんと熟成中の生ハムがある。
地元の出身だというご主人。
この場所が大好きで、息子さんとここでレストランをはじめられたとのことで、暖炉のことやスモークや生ハム作りについて、楽しそうに熱心に語る姿が印象的だった。
a0091680_1334242.jpg
確かにこの辺りからの景色は絶品で、360度の展望。
ことにこの日は、谷(須玉方向?)をはさんだ向かいに聳え立つ南アルプス・鳳凰三山の迫力が、前日に林道で懐に分け入ったこともあってひとしお。
生ハムとお店の、ますますの熟成が楽しみになった昼下がりだった。

その日の夕御飯はモモのあぶり焼と地元スーパーのお寿司、直売コーナーのかき菜(美味でした~)。大泉のしにせ、いずみきのこ園の大根とシメジの甘酢漬け。
しっかり味のついたおいしいあぶり地鶏は白い御飯の方がきっと合ったと思う。
。。。心残り。
a0091680_1310252.jpg
山の中なのに、スーパーの寿司だってそこそこいける、南麓の不思議。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-05-20 13:20 | 八ヶ岳 | Comments(0)

りんご箱の底でちょっとしなびたりんごが残っていた。
ぼけるのではなく、しんなり水分が抜けてきて、勝手に『干しりんごへの道』を歩み始めた感じで、味は決して悪くない。
新人参、新たまねぎ、新ジャガイモ、と新物たちを投入したローストポークのうえに、さらに散らしてのせ、焼いてみた。・・・大成功。新野菜と古りんご。春ならではのオーブンの中。
a0091680_16511035.jpg
そんなある日のご馳走・Zopfのパン。
最近このZopfはいつでも店の前の歩道に行列ができていて、たまに行っても横目で見ながら諦めて素通りすることが多い。なので久しぶり。わ~~い、おいしそ~。
この店には珍しく、グラタン風のパンの味付けが塩辛く、ピタパン風の豆入りの甘めのフィりングが他の様々な惣菜パンのように「至福の味」ではなかったが、りんごのワイン煮(わたし的には洋梨?とも思ったが、買いに行った夫はそう言っていた)の乗ったパンは文句なし、目をつぶってガッツポーズ。
a0091680_16534799.jpg

八ヶ岳のバックハウスインノも年々美味しくなってきたが、美味しいけれど固すぎる場合がある。原材料とか製法とか、固くてもこだわりたいところがあるのだろうか?
インノ様、世間一般の固いパン並みに、もう少しだけやわらかくしてクダサイ・・・。画像は参考資料。↓ インノで売り切れパンが少なく、たくさんの種類のパンがあった幸運な日(昨年)の記念写真。棚にほとんど何にも無いこともある。
a0091680_16543929.jpg
南麓に行くといつも買うほど大すきなインノのパンだが、たまに食べるZopfのパンは、やはり各段においしい。
Zopfは、たとえ有名店としては型破りでも、「トニカク楽しく美味しく作ってます。さあ、食べて食べて!」と客を喜ばせる気持が溢れている気がする。町の陽気なパン屋さんのスタンスを忘れない感じで、大歓迎されもてなされる気分で買える。
(たまに?な味のものもあるけれど、きっとそれは私がグルメで無いからでしょう。それに、そこがまた面白い)
今回は、夫に買いに行ってもらったので、夫好みのパンが多い。
ほうれん草と大納言(・・・らしい)パンやらなにやらでその週末は「パンがご馳走」の朝食でした。
a0091680_1654436.jpg

美味しいパンは一年中あるけれど、野菜には旬がある。
今年はまだ道の駅に買出しにいけず、葉つきの新人参が買えない。
人参の若葉のソテーが食べたいな~。  
昨年のきれいな新物野菜たちはこちら
去年もZopfのパンと同じ記事。 同じような事、書いてある。笑。
[PR]
by chatadon-06 | 2009-04-06 16:23 | 食べ物 | Comments(6)